エンティティー 霊体のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > エンティティー 霊体
 > (レビュー・クチコミ)

エンティティー 霊体

[エンティティーレイタイ]
THE ENTITY
1982年【米】 上映時間:126分
平均点:5.09 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
ホラーサスペンス実話ものオカルト映画
新規登録(2003-10-31)【クリムゾン・キング】さん
タイトル情報更新(2020-12-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督シドニー・J・フューリー
キャストバーバラ・ハーシー(女優)
ロン・シルヴァー(男優)
岡江久美子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
樋浦勉(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
鳥海勝美(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小林勝彦(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
吉田理保子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
阪脩(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
石丸博也(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
高田由美(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
京田尚子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
喜多川拓郎(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
藤本譲(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
鳳芳野(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
弘中くみ子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
菅生隆之(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
高木渉(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
島香裕(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
徳丸完(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
高島雅羅(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石森達幸(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
仲野裕(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木勝彦(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作フランク・デ・フェリッタ
脚本フランク・デ・フェリッタ
音楽チャールズ・バーンスタイン
挿入曲エルトン・ジョン"Saturday Nights Alright"
撮影スティーヴン・H・ブラム
配給20世紀フォックス
特殊メイクスタン・ウィンストン
字幕翻訳清水俊二
スタントウィリアム・H・バートン
バディ・ジョー・フッカー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 不純な動機で見始めて「あれ、この程度?」なんて思ってると途中からちゃんとおっぱいがでてきます。えらい。まぁさすがに短時間ですけど。で、この映画「実話を元にしてる」んだかなんだかわかりませんが、話にオチとかありません。そこが一番びっくりです。普通だったら「ヒロインの味方」という役どころのはずの精神科医。彼女のために必死ですが、しかし完全に間違ってます。「この現象はあなたの幻想です!」と主張しつづけるわけですから、映画を観てる側からすると完全に妨害者です。しかし劇中での扱われ方はヒロインのナイト役。この矛盾と違和感。まぁでもそれはどうでもいいです。結局、最後は放り投げられて終わりますから。あと、ヒロイン、あんな大きな子がいるから30代後半かと思いきや、[
16のときに産んだ子」だそうで、だから32なんですね。たしかにルックスはそれくらいです、えぇ。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-08-22 00:27:49)
10.《ネタバレ》 ホラー映画とするとおよそ怖くないが、心理物?オカルトSFなのか?最初に観たのはテレビ放映でまだ十代だった。1人で悶えててアブな・・・なとこは吹替えで「感じてしまって…。」となってたが、I had an orgasm.だったのね。イッちゃう演技はやばく、吹替えでもドキドキだった。どのみち充分親の目を気にしながら観ねばならず、怖いのを期待していたのに、こんなことに気を遣うのは理不尽だった(笑)。で、本筋だが、何故彼女が狙われるかもわかんなかったし、液体ヘリウムで捕らえられるってentityは実体を持ってたってこと?中盤現れたところではHe is weak!とか言ってたのに、巨大な氷塊をぶち壊して逃げるし何がなんだか。で、最後の落としは「実話」って。訳解んないけど、こういう事象が本当に起こったのですよ、ってそういうことなのか?うーーーん、なら妄想ヒステリーが高じて彼女が念動力をもったという解釈にでもする方が落ち着かない?
あっかっかさん [地上波(吹替)] 5点(2009-01-05 16:12:54)
9.見る動機は不純でしたね(^_^;)。
しかし、意外とポルターガイストものとしては良かった気がします。
でも昼間のTV再放送で十分ですがね。
森のpoohさんさん [地上波(吹替)] 4点(2005-01-29 16:25:13)
8.おっぱいが揉まれるシーンの他に見どころは皆無。
えいざっくさん [地上波(吹替)] 1点(2004-07-01 03:31:22)
7.予告を観て、すごく観たいと思いました(不純な動機です)。テレビでやるのを楽しみにしてました。観てガッカリしました。日曜洋画劇場とかで放映できるようじゃ、この程度だよね。
マックロウさん 4点(2004-06-08 16:34:38)
6.マイナーかも知れないけど、面白かったです。見終わった後に「えっ、実話なの!?」と思うこと間違いなし!最後に被害者本人のその後が簡単にクレジットされ、それが本当っぽくて、妙に印象に残る映画でした。
ooo-oooo-oさん 7点(2004-04-08 18:40:51)
5.生活に追われるシングルマザーが、見えざる“何ものか”にレイプされると聞いたら、ロン・シルバ-扮する精神科医じゃなくとも「こりゃ性的欲求不満の果てのヒステリー性妄想だわな」と考えるのがフツーでしょ? それを、あんなにもご大層な「ゴーストバスターズ」みたいなオカルト研究機関が登場するとは…。このハナシが実話ってことはその組織も実在していたってこと? こちらの方が、よっぽど“ホラー”かつバカバカしいよなあ。たぶん脚本家もそういった「バカバカしさ」こそを皮肉るように、ロン・シルバーをヒロイックに、超常現象研究者たちを悪役に描き分けていただろうはずなのに(その痕跡は至るところに見られる)、もはやすっかり才能もやる気も枯渇した「御用監督」フューリーが、「余計なメタファーもダブルミーニングも面倒臭いぜ。フロイトなんぞ、俺の映画を見るような観客にゃ必要ないっ! 要するにエロな要素で味付けしたオカルト・ホラーで儲けりゃエエんや!」とばかりに、さっさとデッチ上げたのが、これ。でもさ、そのへんの“裏目読み”ができるところが、逆にこの映画の「面白い」ところなんじゃない? バーバラ・ハーシーも、実はそのへんのところをよく分かっていて、このヒロインの言動をどっちともとれるように演じて、観客に「考える」余地を残しているし…。うん、捨て難い見どころがあったと思いますよ、この映画。
やましんの巻さん 6点(2004-02-09 18:17:47)
4.↓皆さん”エロい、エロい”と。確かにエロかったですね(笑。
これをはじめて見たのが「日曜洋画劇場」だったでしょうか。当時中学生だったわたしは、ちょっとしたシーンでもいちいち反応してしまう多感な時期でしたから。「11PM」なんか親に隠れて見ていたんですけど、この作品はオカルト映画ということで正々堂々と見ることが出来ました。劇中、レイプ魔の幽霊を液体ヘリウムで捉えようと試みるのがドキドキさせられた。
カズゥー柔術さん 6点(2004-01-08 01:54:25)
3.バーバラ・ハーシーのおっぱいが見えない手に揉まれるシーンとか、大好きでした(笑)。奴の正体はいったいなんだったんだろうね?
オオカミさん 7点(2003-11-18 16:53:40)
2.結構怖かった印象が・・・ただ、この人だけに、この実験は、金かけすぎ。
ボバンさん 6点(2003-11-06 01:49:47)
1.その昔、故・淀川氏が「この映画は実話だから怖い」と豪語していたが、怖いというよりはエロいが正しい。悪魔の棲む家やエクソシストなど、実話を元にしたという作品が多いが、それだけアメリカは“憑かれている”のだろうか…?
クリムゾン・キングさん 5点(2003-10-31 18:39:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 5.09点
000.00%
119.09%
200.00%
300.00%
4218.18%
5327.27%
6327.27%
7218.18%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review2人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS