はるか、ノスタルジィのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > はるか、ノスタルジィ
 > (レビュー・クチコミ)

はるか、ノスタルジィ

[ハルカノスタルジィ]
1992年【日】 上映時間:165分
平均点:5.83 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(1993-02-20)
ドラマラブストーリーファンタジー小説の映画化
新規登録(2003-10-31)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2018-03-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大林宣彦
助監督竹下昌男
キャスト勝野洋(男優)綾瀬慎介
石田ひかり(女優)はるか/三好遥子
松田洋治(男優)佐藤弘
尾美としのり(男優)太田登
ベンガル(男優)紀宮あきら
根岸季衣(女優)その妻
峰岸徹(男優)カメラマン
佐野史郎(男優)家庭教師
赤座美代子(女優)娼家の女
永島暎子(女優)信乃
入江若葉(女優)マダム
小林かおり(女優)女学生
岸部一徳(男優)岡崎編集長
川谷拓三(男優)佐藤統策
増田恵子(女優)佐藤統策の妻
安田伸(男優)マスター
多岐川裕美(女優)バーの女性客
石田ゆり子(女優)バーの女性客
内藤忠司(男優)雪むしの客
薩谷和夫(男優)警官
柴山智加(女優)公園の女子学生
坪井木の実(女優)
原作山中恒「はるか、ノスタルジィ」(映画のための書き下ろし同名小説)
脚本大林宣彦
音楽久石譲(音楽監督)
作詞大林宣彦「追憶のX・T・C」/「アリア・ソリチュード」
作曲久石譲「追憶のX・T・C」/「アリア・ソリチュード」
主題歌石田ひかり「追憶のX・T・C」
撮影阪本善尚(撮影監督)
長野重一(冬景色撮影)
製作大林恭子
企画大林恭子
森岡道夫(企画協力)
プロデューサー大林恭子
配給東映
美術薩谷和夫(美術監督)
編集大林宣彦
録音林昌平(音響デザイン)
東京テレビセンター(光学録音)
照明中村裕樹
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 一人の少女との出会いをきっかけに、忘れ去った過去と向き合う中年の小説家が主人公。
男は少年の姿で現われた自分自身とともに、封印された過去を解いていくファンタジー。
ストーリー、演出、音楽など、どれもツボにハマらず。
中年男と少女の恋愛をファンタジーと文学仕立てに作った感じがついていけない。
少女好きな大林監督の幻想を見せつけられているよう。
はるかは少年時代の綾瀬を愛して現在の綾瀬に抱かれたようだが、男の視点で都合のよすぎる展開だ。
男にとっては三好遥子に対する贖罪でもあり、癒されて安息を得ただろうが、少女にとってはどういう意味があるのか。
『さびしんぼう』のときも感じたが、自分にとっては感傷的になる要素がなく琴線に触れなかった。
大林ワールドに共感できないのは、大林監督の持つ原風景がまったく異なっているということかもしれない。
2時間40分はとても長かった。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 3点(2013-06-12 00:12:34)
5.大林宣彦監督の作り出す世界は舞台がどこであろうと、この監督の描く少女への想い、大人が大人に成り切れないもどかしさ、人の心の中には必ず少年だったり、少女だったりと、いつまでも子供の気持ちというものが観てとれる。自分の過去と現在、人が人として生まれてきた以上、絶対に切って捨てることの出来ない過去と現実、それを大林宣彦監督らしい美しい映像で見せてくれる。この映画もそんな大林映画らしい美しさを感じる。映像の美しさ、久石譲の美しいメロディ、尾道がセピア色ならばこの映画の舞台となっている小樽は透明感のある色合い、空気というものを感じる。大林宣彦監督に小樽てだけで少なくとも半分以上の点数を与えたくなる。この映画を単なる中年親父の妄想と言い捨てるのは簡単かもしれない。大林映画に出てくる少女は少女のまま歳を取らないのが大林映画の基本である。「転校生」の小林聡美、「時をかける少女」他の原田知世、「さびしんぼう」の富田靖子、そして「ふたり」にこの作品の石田ひかり、大林宣彦監督の映画に出てくる少女はどこか一貫性というものを感じるし、また大林映画独自のミステリアスな感じも悪くない。これはけして、笑いや涙、感動を誘うような映画ではないと思う。文学的な香りを味わう映画だと思う。こんな大林映画も私はあっても良いと思うし、好きです。
青観さん [DVD(邦画)] 8点(2008-06-13 21:47:46)(良:1票)
4.おじさんの妄想映画かと思ったらそうでもない。 そういうにおいをわずかに感じさせつつも実は心理劇の様相。 「過去を記憶し苦しみ続けることだけが贖罪になる」 そのテーマは心の奥深くに響いてくる。
過去の自分と向き合うという映像にしにくい話をうまい具合に処理している。 映画の演出としてはなかなか興味深い。 「おじさん」と「少女」のこんなめぐり合いもほとんどあり得ないけど、でもあるかもしれないなんて思う。
石田ひかりがとても魅力的だ。 若さゆえか、撮影がきつくて体調崩したのか、肌荒れが結構気になったりするのだけど、でもそれが返って生々しい「少女」を具現化していた。
大林監督の作品は演劇的というかなんというか、いかにもお芝居って言う感じの作品が多いと思う。 この作品も例外ではない。 でもその独特の雰囲気になじめるのなら思いっきり楽しめるだろう。
しかし監督、原作者の「古里」への想いがとにかく強いのでそれを受け入れるもやり過ごすも観る人しだいだけど肯定的に受け取れなければこの作品を受け入れることは難しいだろう。
称えよ鉄兜さん [DVD(邦画)] 8点(2007-08-07 08:43:41)(良:1票)
3.石田ひかりが魅力的だった時代の作品。
あしたかこさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-01-29 03:45:19)
2.「不思議な美少女」「過去の再検討」などのキーワードがオヤジ臭かった…村上春樹?でも石田ひかりの瑞々しい魅力は文句ナシに素晴らしく現在でもこの役を演じられる女優は存在しないと思います。それだけに(失礼だけど)今のパパットライスな石田ひかりは見たくないよ…イメージ崩れる。
Bebeさん 5点(2004-04-20 13:04:41)
1.中学生の頃、深夜テレビで放映していて、石田ひかりの魅力に魅了されてしまった。しかし、彼女に魅力を感じたのは後にも先にもその時だけだ。映画は何とも言い難いファンタジーテイストの物語で、個人的にはツボにハマってしまった。
鉄腕麗人さん 6点(2003-10-31 11:35:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.83点
000.00%
100.00%
200.00%
3116.67%
400.00%
5233.33%
6116.67%
700.00%
8233.33%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS