カポネ大いに泣くのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > カポネ大いに泣く
 > (レビュー・クチコミ)

カポネ大いに泣く

[カポネオオイニナク]
Capone Cries a Lot
1985年【日】 上映時間:130分
平均点:6.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(1985-02-16)
ドラマコメディヤクザ・マフィア小説の映画化
新規登録(2003-11-03)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2021-05-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督鈴木清順
キャスト萩原健一(男優)桃中軒海右衛門
沢田研二(男優)大沢鉄五郎
田中裕子(女優)蛸廼舎小染
柄本明(男優)桃中軒牛右衛門
チャック・ウィルソン(男優)アル・カポネ
樹木希林(女優)立川仙枝
加藤治子(女優)女房
梅宮辰夫(男優)堀久兵衛
峰岸徹(男優)親分・吉田
平田満(男優)乾分・寅吉
苅谷俊介(男優)乾分・近藤
ベンガル(男優)中国人
常田富士男(男優)周頭取
阿藤海(男優)銀行支配人
たこ八郎(男優)乞食の親分
原作梶山季之「カポネ大いに泣く」
脚本大和屋竺
木村威夫
音楽井上堯之
撮影藤沢順一
企画奥山和由
配給松竹
松竹富士
美術木村威夫
編集鈴木晄
録音福島信雅
照明大西美津男
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.トランプ遊びをしている加藤治子、そのつながらないカットの効果など、ワクワクしたのは最初のうち、なかなか本調子に入ってくれないままアメリカに行ってしまう。“部屋の中に真新しい盥”の図なんかいいんだけど、雰囲気の統一がないっていうか、たとえば『陽炎座』はわけ分からないながら「怨み」いうものに集中していたが、そういう軸が感じられない。日本人の意地とか、男を立てようという意気込みとか、さむらい論とかに拡散して、ジュリーのあっけなさ・ショーケンの無様さなんか清順的だとは思うが、今回はシナリオに『ツィゴイネルワイゼン』『陽炎座』の田中陽造が加わってなく(田中はもっぱら相米と組み、次に清順とは『夢二』になる)『悲愁物語』の大和屋竺。清順映画ってシナリオなんかどうでもいいかと思いがちだったが、そうでもないんだな。監督に好き勝手させるには、それなりの線路を敷いておかないとダメらしい。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 5点(2013-07-30 09:46:37)
2.ショーケンの浪花節や河内音頭がなんかカッコいいです。田中裕子も流石の存在感がある。2人に比べジュリーは勝手にしやがれやカサブランカ・ダンディーの頃のボギースタイルなんだけど存在感、オーラが全然出ておらず残念。
亜流派 十五郎さん 4点(2004-05-17 00:21:00)
1.清順で何を選ぶか。難しい質問だが、あえて1本となると、私は迷わずこれを挙げる。ヒッチコックの「めまい」に似た、亡き女性への忘れられない、そして決してかなうことのない恋と、「突然炎のごとく」のような聖三角形。鬼気迫る、としか言いようのないショーケンが素晴らしい。もちろん清順である、一筋縄ではいかないことは百も承知で断言する。これは泣ける清順、男騒ぎの清順映画だ。
まぶぜたろうさん 10点(2003-12-03 21:36:00)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4133.33%
5133.33%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
10133.33%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS