ルパン三世 カリオストロの城のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ル行
 > ルパン三世 カリオストロの城
 > (レビュー・クチコミ)

ルパン三世 カリオストロの城

[ルパンサンセイカリオストロノシロ]
Lupin the Third: The Castle of Cagliostro
1979年【日】 上映時間:100分
平均点:8.20 / 10(Review 518人) (点数分布表示)
公開開始日(1979-12-15)
アクションコメディアドベンチャーアニメシリーズもの犯罪ものロマンスTVの映画化漫画の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2022-02-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督宮崎駿
山田康雄ルパン三世
島本須美クラリス
石田太郎カリオストロ伯爵
小林清志次元大介
井上真樹夫石川五ェ門
増山江威子峰不二子
納谷悟朗銭形警部
永井一郎ジョドー
宮内幸平園丁
平林尚三国際刑事警察機構(インターポール)長官
寺島幹夫ドイツ代表
野島昭生日本代表
阪脩イギリス代表
緑川稔召し使い
加藤正之印刷主任
峰恵研大司教の運転手
あずさ欣平大司教
リチャード・エプカー石川五ェ門(英語吹替/Manga Enternatinment社版)
原作モンキー・パンチ
脚本宮崎駿
山崎晴哉
音楽大野雄二
鈴木清司(選曲)
作詞橋本淳(作詞家)「炎のたからもの」
作曲大野雄二「炎のたからもの」
主題歌ボビー「炎のたからもの」
製作藤岡豊
トムス・エンタテインメント(東京ムービー新社)
配給東宝
作画大塚康生
田中敦子〔作画〕(原画)
友永和秀(原画)
美術シャフト(仕上)
小倉宏昌(背景)
山本二三(背景)
小林七郎
小林プロダクション(背景)
編集鶴渕允寿
録音東北新社
加藤敏
その他IMAGICA(現像)
あらすじ
幻の偽札の秘密を探る為にカリオストロ公国に潜入したルパン三世は、摂政カリオストロ伯爵との政略結婚を迫られる王女クラリスと再会する。ルパンは次元、五右衛門と共に彼女を救う為に奮闘するが伯爵の反撃も手強い。不二子や銭形警部も巻き込んでの救出作戦は公国の秘密を暴く。自覚的に中年になるルパンと、知らずに大人になりつつあるクラリス。人生で一度のそれぞれの瞬間が鮮やかに交錯する忘れ得ぬ冒険活劇。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
212223242526
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
518.《ネタバレ》 私の世代のルパンはピンクジャケットでしょうか。でも全然観てなくて、夕方の再放送の赤ジャケが一番馴染みがありました。
夏休みとかの午前中に放送されていた、もっと古いルパンが緑ジャケですね。チャーリー・コーセイの歌が格好良く(子供には可笑しかったけど)、インパクトが有りましたね。
ルパンのTVアニメは当初、ハードボイルドな怪盗&殺し屋という大人向けの作風でしたが、あまりの低視聴率から監督が自主降板。テコ入れで参加させられたのが宮崎監督。大人向けに完成しているルパンというキャラを、視聴率のために子供向けに軌道修正して創り変えられたそうです。健闘及ばず、緑ジャケのルパンは23話で番組打ち切りという結末を迎えました。
再放送で人気が出たルパン。本作公開当時、テレビでは赤ジャケのルパンが放送されていました。赤ジャケのルパンは155話もの長寿番組となり、以降映画やTVスペシャルでは、赤ジャケがルパンの代名詞となっています。

では何故、カリオストロでは緑ジャケに逆戻りしてたのか?宮崎監督はおそらく、自分が育てた(産んだわけではない)不遇な緑ジャケ・ルパンの、最後の大冒険・引退の物語として、本作を創ったんじゃないでしょうか?そうであれば、本作の優しいルパンが、モンキー・パンチ氏の創ったアダルトなルパンとも、コミカルな赤ジャケとも違うことが観えてきます。

最初のカジノでルパン一味は「ざっと50億」もの大金を手に入れます。モナコだから円ではなくフランかな?'79年あたりは1フラン=50円~60円。これはもう一生遊んで暮らせるお金です。泥棒稼業の“退職金”としては充分な金額だったハズ。
だけどルパンは偽札だからって捨ててしまいます。自分たちの“退職金”が偽札だったなんて恰好悪いコトが出来なかったんでしょう。
「次元、次の仕事は決まったぜ!!」カリオストロ公国のゴート札。ここを攻略したって偽札しか手に入らないはず。尻尾を巻いて逃げ出した、駆け出しのチンピラ時代の精算なのか。思い残しを無くすことが、今のルパンが考える“仕事”なのかもしれません。そう考えると、たまたま出会った少女を悪い奴から助ける事も、今のルパンには立派な“仕事”なんでしょう。
派手なベンツから安い大衆車フィアットに乗り換え、100円ライターを使ってシケモクを吸い、カップうどんを食べる。そして何より不二子を“追わなくなった”ルパン。不二子とは実に1年ぶりの再会。
豪勢なもの、精巧な偽札、不二子との縮まることのない男女の関係さえ、今のルパンには宝物では無くなっていたのかもしれません。

カリオストロのダム湖の秘密を暴き、無垢なお姫様と一緒に暮らす未来も掴めたのに、彼女を抱きしめることなく立ち去るルパン。
「ヤツはとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です」ルパン三世の長い歴史の中で、クラリスの心ほど価値のあるものがあっただろうか?
「おめえ、残っててもいいんだぜ?」返事をしないルパンが、不二子の収穫、偽札の原盤を見て元気を振り絞る。そして追いかけっこはいつまでも続く…
宮崎監督が育てた緑ジャケットのルパン三世は、宮崎監督の考える最も価値のあるものを盗んだからこそ、このカリオストロの城が最終回なんです。
K&Kさん [地上波(邦画)] 10点(2023-05-27 01:23:31)(良:1票)《新規》
517.《ネタバレ》 とにかくクラリスのキャラが理想的でかわいい!
ルパンもサヨナラするの辛かっただろなー、ルパンは男だわ!
にじばぶさん [インターネット(邦画)] 7点(2023-01-21 18:31:24)
516.ルパンとその仲間たちの魅力が一杯詰まった映画だった。
ルパンでこの映画を超える物を作らないでほしい。
これが、1番でいてほしい。そう思える映画だ。
プエルトガレラさん [ビデオ(吹替)] 9点(2020-10-18 15:08:37)(良:1票)
515.《ネタバレ》 シリーズ第2弾は宮崎駿監督によるルパン映画を代表する名作。仕掛けいっぱいのカリオストロ城内を舞台に、純真な少女・クラリス姫を狙うロリコン伯爵と対決。頼もしい助っ人のジゲン、ゴエモン、フジコに加えてルパンを追うとっつぁんも大活躍。城内アクションと姫との純愛、よくできてるけど評判ほどではねえな。我らが怪盗ルパン、最後に姫のココロをかっさらってゆく。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 6点(2020-10-17 23:39:00)
514.映画としては完璧。1979年という事で、そんなに古い映画なのかと驚いた。ただアニメがそんなに好きではないのでちょっとだけマイナス。
まささん [地上波(邦画)] 8点(2020-04-03 17:51:37)
513.宮崎駿の「おじさまルパン」。
ファーストルパンの「じゃじゃ馬娘を助け出せ!」が元ネタとなってるとか。
それでいて、赤ブレザーのルパンですね。キャラ設定が。

青ブレザーのダークさが好きな自分としては、面白かったけど少し優しすぎるかな~と。
作品としては完成度も高く楽しめます。
大治郎さん [DVD(邦画)] 7点(2020-02-12 15:01:17)
512.《ネタバレ》 カタルシスだくだくでそりゃ人気なのも納得の出来映え。
怪盗のスタンスを踏まえつつのヒーロー像に成功してるのが語り継がれる所以でしょう。
あまりにも有名な最後のとっつぁんの台詞も映画ならではのスペシャル感を出しててよかった。
ろにまささん [DVD(邦画)] 8点(2020-01-04 21:01:45)
511.《ネタバレ》 これも昔のビデオ録画時代からずっと見てます。
一番好きなシーンが最初に金をばらまいてから流れるOPなので
そこから先が蛇足にすら感じられるのが難。
よく「これはルパンじゃない」とか言われますが
「コナンvsルパン」程度に見るのが一番いいかと思われます。

最近のルパン映画(TVSP)と違って敵が小国の王というのもいいです。
ヒロインもただのヒロインではなく、かつてルパンと関係があったというところも良い。
ただ、他キャラを立たせ過ぎたか、次元と五エ門のキャラはかなり薄くなってますね。
モンキーパンチ先生は銭形はただのバカキャラじゃない、この作品のはいい、とは言ってましたが
もう少し切れ味のあるシーンをいくつか入れてくれると尚良かった。

なんにせよルパン抜きに考えればかなり完成度の高い作品ですがこれは
「ぼくのかんがえるるぱんさんせいじゃない」って言ったところですかね。
その前の映画が「クローン人間」であることも考えるとどう考えてもあちらが正統ルパンですよ。

とは言いつつも最初のほうのスパゲティのシーンといい、今はこれがせいいっぱいといい、
非常に魅力的な演出で満ち溢れている作品なのでルパンをあまり見ない、全く見ない人ほどおすすめかと。
にんじんさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2019-06-02 04:40:57)(良:2票)
510.素晴らしい出来で楽しい映画。
ルパン三世とアニメの新たな時代を創ったと思う。評価すべき作品。
simpleさん [地上波(邦画)] 9点(2018-01-20 12:55:59)
509.子供の頃は、それほど面白くないルパンだと思ってましたが、
改めてみると、おもしろかった。
へまちさん [DVD(邦画)] 8点(2017-12-03 13:25:17)
508.ルパンと宮崎駿の良き融合アニメーション。
ルパン一味、悪役や銭形、往来メンバーの構図が引き立ちそしてヒロイン・クラリスが活きる。
ストーリーの見やすさが売りでしょう。幅広い年代層に支持があるのは納得できる後世に残る作品。
mighty guardさん [地上波(邦画)] 7点(2017-08-30 12:12:49)
507.ストーリー展開、テンポ申し分なく、面白く、鑑賞後の後味も良いです。
ただ美少女がでてきて、そのために頑張っちゃうルパンに銭形等、関係者いい人、かっこいい人になりすぎで、どうしてもTV1stシリーズの大隅ルパンがベストの自分にとってはもうひとつ。それでも筋がわかっていて再見しても楽しめてしまうというのは、やはり傑作なんでしょう。
クリプトポネさん [地上波(邦画)] 7点(2017-08-17 20:58:19)
506.気持ちいいアニメーション、テンポのいい展開、魅力的なヒロインで言うことないです。
Donatelloさん [DVD(邦画)] 10点(2017-07-17 00:59:17)(良:1票)
505.ルパンルパ〜〜ン。しょっちゅうテレビでやってますが、スピード感があって、個性が立ってて面白いですよね。色褪せない作品です。
SUPISUTAさん [地上波(邦画)] 7点(2016-11-28 22:59:15)
504.《ネタバレ》 名作という評判を聞いて見てみたら、記憶に残っていたシーンが途中にあり、見たことがある映画だったことが判明。見たことがあったけど、ストーリーもラストも全部忘れてました。名作というわりに陳腐なストーリー。だから忘れてたんですね。ルパンが何を目的にしていたのが不明確。
宮崎監督の作品は、どれも登場人物の顔が同じなので、見ている最中に、ほかの作品の登場人物をいろいろ思い出してしまい、気が散ってしかたない。最後のクラリスと老人が出てきたシーンは、犬もいたし、ハイジのおじいさんとクララにしか見えず、何の感動も感じない。どうしてこれが名作なんだろう。
チョコレクターさん [地上波(邦画)] 5点(2016-10-15 20:44:49)
503.《ネタバレ》 少年時代、尊敬する人は?
なんて問いに、ルパン、と答えるほど
実力も能力もあるのに
どんな状況でも余裕と遊び心を失わない
ルパンメンバーの飄々とした姿にいっぱい憧れました。
厳しい状況である時ほど明るさを失わない。
大げさでなく、人としての指針でした。

「どっちにつく?」「オンナァ」「だろうなw」
「本格的に攻めてきやがった」「ああ、面白くたってきやがった」
「まぁ、ゆっくりしようぜ、どうせ出口はねぇんんだから」
「じたばたしたって始まらねぇや。おやすみ、とっつぁん」
「ほんじゃま、握手、と」「馴れ合いはせん」「あれま」

こういう会話ができる自分でありたいと
そして、そういう人に囲まれる自分でありたいと思いました。
こっちゃんさん [ビデオ(字幕)] 10点(2016-09-10 01:44:15)(良:2票)(笑:1票)
502.宮崎アニメらしい心地よいアニメーション。カリオストロとパンダコパンダが宮﨑駿の本質なのだ。
カニばさみさん [DVD(邦画)] 7点(2016-03-14 02:06:24)
501.滝のように流れ落ちる水に逆らって必死で泳ぐあのバカバカしさ。水面の向こうに見える顔がユラユラと揺らめく可笑しさ。ミニロケットでロープを飛ばし城に忍び込もうとする際の細かい仕草の描写と、それを根底から覆す人間離れした大ジャンプ。さまざまな細かいアイデアがあって、その細かさを実際にアニメーション化してみせる手腕と苦労があって。だからこそ何回見ても楽しめるんですね(そういう私だって、その昔、初めて見た時には、“ルパン三世”としては違和感があったのだけど)。古びた塔の描写と、それを舞台にした立体感は、後の『ラピュタ』を思い出させもするし、その一方で『長靴をはいた猫』のチェイスを思い出させる場面もあったり。細部へのこだわりが楽しく、もしかしたらどの宮崎作品よりも「やんちゃ」な作品と言えるかも知れませんが、その一方でもし、本作が後の作品のように膨大な人手と時間をかけて作られていたならば、とも思えたりして。
鱗歌さん [地上波(邦画)] 7点(2015-09-09 22:39:35)(良:1票)
500.《ネタバレ》 小学生のころから何十回も観ています。感想は当時から変わらず「こんなに面白く、感動できるアニメは無い」の一言です。原作のイメージと違う、あんなのルパンじゃない、という意見をよく聞きますが「ルパンの面白さ、ブランド」をここまでのし上げたのはこの映画ではないでしょうか。でないとこんなに何回もTV放映され、高い視聴率を得ることなんて出来ないはずだし。この映画の素敵なところは登場人物も含めて「やさしさ」にあふれている所でしょうか。子供のころ観たときもそれがひしひしと伝わり感動しました。大人になった今でも「大人のやさしさ」が分かるようになりました。この映画を幼少のころから観ていると事件、犯罪というものが世の中から無くなるんじゃないかと思ってしまうほどです(いいすぎか)。少なくとも子供には是非観てもらいたい映画です。
金田一耕助さん [DVD(邦画)] 10点(2015-02-11 22:26:59)
499.満点レビューの多さにビックリです。私には普通のアニメでした。
ProPaceさん [地上波(邦画)] 5点(2015-02-04 21:40:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
212223242526
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 518人
平均点数 8.20点
071.35%
120.39%
250.97%
381.54%
450.97%
5193.67%
6315.98%
76913.32%
89919.11%
99317.95%
1018034.75%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.96点 Review30人
2 ストーリー評価 8.52点 Review50人
3 鑑賞後の後味 8.98点 Review55人
4 音楽評価 8.59点 Review44人
5 感泣評価 6.92点 Review27人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS