御法度のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 御法度
 > (レビュー・クチコミ)

御法度

[ゴハット]
Taboo
(Gohatto)
1999年【日】 上映時間:100分
平均点:5.12 / 10(Review 107人) (点数分布表示)
ドラマ時代劇歴史もの同性愛もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-05-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大島渚
助監督成田裕介(監督補)
中嶋竹彦
キャストビートたけし(男優)土方歳三
松田龍平(男優)加納惣三郎
浅野忠信(男優)田代彪蔵
武田真治(男優)沖田総司
崔洋一(男優)近藤勇
坂上二郎(男優)井上源三郎
田口トモロヲ(男優)湯沢藤次郎
伊武雅刀(男優)伊東甲子太郎
菅田俊(男優)篠原泰之進
的場浩司(男優)菅野平兵衛
梅垣義明(男優)宇土俊蔵
田中要次(男優)武藤誠十郎
トミーズ雅(男優)山崎蒸
寺島進(男優)密偵
神田うの(女優)輪違屋 錦木太夫
桂ざこば(男優)輪違屋 おやじ
吉行和子(女優)輪違屋 仲居おまつ
伊藤洋三郎(男優)吉村貫一郎
中村麻美(女優)小川亭若女将
冨樫真〔女優〕(女優)近藤の妾
青山知可子(女優)「楓亭」の女
佐藤慶ナレーター
原作司馬遼太郎「新選組血風録」のうち「前髪の惣三郎」/「三条磧乱刃」より
脚本大島渚
音楽坂本龍一
作曲坂本龍一
編曲坂本龍一
撮影栗田豊通(撮影監督)
佐光朗(ステディカム)
木村信也(撮影助手)
製作大谷信義
松竹
角川書店
IMAGICA
BS朝日
プロデューサー中川滋弘
山本一郎〔プロデューサー〕(アシスタントプロデューサー)
配給松竹
特撮橋本満明(視覚効果)
美術西岡善信(美術監督)
原口智生(特殊造形)
赤松陽構造(タイトルデザイン)
倉田智子(美術助手)
衣装ワダエミ(衣装デザイン)
編集大島ともよ
録音柴崎憲治(効果)
その他坂本龍一(指揮)
原田大三郎(スチール)
松竹衣裳株式会社
IMAGICA
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
107.Huluで鑑賞。全員がわざと棒読みっぽく淡々と話す。色々と腹に抱えている剣士たちの探り合いを表現したのだろう。特に松田龍平は抑揚も表情もなくミステリアスで良かった。存在感はさすがで、組を揺さぶる美少年としての説得力があった。たけしの剣術シーンが見れます。田口トモロオは「あの顔で?」と言われるほどブスじゃないと思う。
Bebeさん [インターネット(邦画)] 8点(2020-08-19 17:12:07)★《新規》★
106.《ネタバレ》 久しぶりに見て、ちょっと今までと違った感想を持ちました。
ラストで土方(ビートたけし)が惣三郎のことを「化け物が棲みついた」と言ってるけど、
棲みついたというより彼は元々「子どもの化け物」だったのだろうと。
そして新選組に入って化け物として成長したんだと思いました。

入隊試験の時年齢を「18です」と答えて、土方に「本当か」と言われますが、
実際はまだ15,6だったのでしょう。
彼は血の匂いというか人を斬るのが好きなので、初仕事で罪人の首を切り落としても眉一つ動かしませんし、
内心「やったー!新選組に入って良かった!」と喜んだはずです。
自分の魅力に周りの大人たちが色めき立ち、自分を巡って争いが起きる。
最初は面白がって言うとおりにしてるけど、しつこくて面倒くさくなったら斬っちゃう。
つれなくされてムカついたので斬ろうとしたけど失敗したので、人のせいにしちゃう。
発想が単純。子どもだから。
彼の曖昧な笑みや態度に、大人たちが深読みして右往左往するけど、土方の言うように本当に「何も考えてない」のです。

惣三郎が沖田総司に懸想してたのは確かだと思いますが、彼の行動は「菊花の契り」とは一致しないので、
わざわざ挿入される話としては違和感があります。
総司は、隊の規律を守るためバッサリ成敗してしまいますが、表向きは惣三郎には何の罪もないので、本音は「嫌いだから」でしょう。
本音より建前の隊士の中で、沖田だけが正直で清々しいです。
武田真治がはまり役でした。

今まで映像の美しさや、不安定感を煽りながら耳に残る音楽や、
松田龍平の少年期特有の中性的な妖しさに気が取られがちで感じなかったのですが、
今回は、結構要所要所で土方が状況説明してるのが気になりました。
説明しすぎなくらいです。
認めたくないけど、土方自身も惑わされてたのでしょう。
伐られた桜の木はいい迷惑です。

どの視点で見るかによっても結構楽しめるので、忘れたころにまた見ると思います。
nanapinoさん [DVD(邦画)] 7点(2020-07-09 00:05:56)
105.《ネタバレ》 過去に何度も鑑賞した作品。10年以上ぶりの鑑賞でしたが、やっぱりこの映画は好きです。「衆道」については正直言って嫌悪感しかありませんが、この作品においてはなぜか不快感をそれほど感じない。それは、松田龍平の妖艶な見た目があまりにも美しく、この映画独特な世界観とみごとにマッチしているから。ただ、加納と湯沢のシーンだけは本当に気持ち悪い、見たくない。(笑) あのシーンは絶対ないほうが良かったと思います。殺陣はどのシーンも緊張感があり、音楽も作品の内容と世界観にぴったり。ラストシーンは美しく妖艶な雰囲気を残したまま終わります。描いているテーマやストーリーだけでは評価できない映画。独特な世界観、雰囲気。理屈抜きに観ていて引き込まれる。これこそが映画!だと思います。
たけたんさん [インターネット(邦画)] 9点(2019-07-07 11:37:16)
104.《ネタバレ》 ラストがストーリー的にもカメラワーク的にも弱すぎる。「まさかこれで終わらないよね」と思ってたら終わってしまった。サイコパスのが同性愛に惹かれていくという面白い主題があるにも関わらずその描写がイマイチすぎる。一方でたけしをはじめ登場人物の心の声をいちいち音声で入れたりするのはセンスないと思った。全部が描かれないから視聴者は想像するのに、その想像力を奪ってしまっては仕方がない。これは大島渚と宮崎駿の大きな差だと思う。

あとトミーズ雅と桂ざこばが完全に普段の雅とざこばで笑った。演技しない方が良い場合もあるんですね。
なすさん [インターネット(邦画)] 6点(2019-02-10 02:58:03)
103.惣三郎が魔性の存在であることに説得力を持たせられるか否かが鍵だったと思う。松田龍平の惣三郎は、確かに妙な色気はあり、それでいてどこかぼんやりとした雰囲気で、その気がある者ならちょっと手を出してみたくなる存在としては成立していたと思う。でも、個人的にはビジュアル面で納得がいかず、そこは減点対象だった。意外に良かったのは武田真治の沖田総司。武田の芝居が上手くない、そこが却って沖田のどこか人離れした雰囲気が出ていたように思う。ほか坂上二郎の井上源三郎や、トミーズ雅の山崎烝といった脇役に良キャラ、好演があった。
内容的にはどうってことはない。80近かった大島渚には新選組の中の衆道を題材に、というのは一大事だったかもしれないが、いわゆるやおいの世界では使い古されている。「幕末史の中の新選組」を完全に省き、衆道に焦点を絞っただけに、なおさら「新選組モノのやおい」の域を脱することができなかったように思う。そこからもう一段、なにか欲しかった。
C-14219さん [地上波(邦画)] 5点(2015-10-04 01:54:25)
102.《ネタバレ》 名前を知る隊士がたくさん出てくるけど、池田屋も禁門の変も鳥羽・伏見もありません。テーマが「衆道」だからです。たけしさんは言葉通りに唾棄しました。自分も生理的には同じ感想です。妖しい雰囲気は嫌いじゃないし、タブーを暴こうとする大島氏の姿勢は理解するけど、共感するところが無く、説得されることもありませんでした。細かい部分で、武田観柳斎に藤原喜明を当てたキャスティングが唐突で面白かったです。ちなみに、統計的には10人に一人が同性愛者らしいので、「御法度」扱いされる性癖でも無いのでしょうけど…。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-04-02 02:01:27)
101.美少年というか怪しげな雰囲気がある松田龍平です。現在の演技と比べて、喋りに癖が無くて逆に新鮮でした。一部の役者が何を言ってるか分かりづらいシーンがあったのは、かなりマイナスです。
真尋さん [DVD(邦画)] 4点(2013-07-05 10:10:45)
100.《ネタバレ》 先に内容を知っていれば、ここのレビューを見ていれば、わざわざ2時間も費やして観ることのない映画です。男同士の色恋沙汰を娯楽として観るのは受け入れられない。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 3点(2013-06-19 23:50:49)
99.戦争という異常な環境の中で男色が描かれた『戦場のメリークリスマス』のように人殺しをするための集団という異常な環境の中で男色が描かれる。職業俳優を好まない大島渚はここで16歳のまっさらな、しかし松田優作の血をひく青年を主役に抜擢する。まわりを固めるのは二人の映画監督だ。演技をしない面々で作られた新撰組は妖しさを一層引き立てている。衣装も青に白のダンダラ模様といった見慣れたものではなく黒の着物。近藤でも土方でもなく沖田を中心に結束しているのもうまい改変だ。全てはこの集団に最初から潜む妖しさを表している。ロウソクの火のオレンジと月夜のブルーがやはり妖しく画面を覆う。オチだけコントみたいだった。
R&Aさん [DVD(邦画)] 7点(2011-11-22 17:09:31)
98.《ネタバレ》 スタッフ、キャストの顔ぶれは申し分なしです。しかし、映画の出来映えには、あまり満足できませんでした。さすが大島渚、と思わせるものが足りないように感じたからです。また、 台詞を文字表現する方法がはたして有効か、今なぜ衆道というテーマを取り上げたのか、など疑問点が残ります。素晴らしかったのは浅野忠信の存在感ですね。作品を一本筋の通ったものに支えてくれています。
ジャッカルの目さん [映画館(邦画)] 6点(2008-12-09 22:45:29)
97.新選組と衆道(男色)という映画の題名どおりタブーな話題を正面切って扱った映画だし、監督が大島渚だし、話題倒れなんじゃないかと思ったら、大変に面白い作品だった。 近藤勇、土方歳三、井上源三郎いずれも役者の年齢が高すぎるのがやや難だけどそれを逆手にとってエピソードとして入れたりして、好感度は高い。 松田龍平がいい演技をしていたのに感心。 浅野忠信のうまさはやはり光っている。 トミーズ雅もなかなか良かった。 要するに全体的に良く出来ている。 なんだか怖い話だったけど、最後の終わり方だけがちょっと説明しすぎ、やりすぎという感じでじわじわと高まっていた怖さが急に冷めた感じだったのが唯一惜しいところ。 でも決着付けないとしょうがなかったのかな。 もうひとつ、いくら衆道をあつかったからといって床のシーンは見たくなかったかも。
称えよ鉄兜さん [ビデオ(邦画)] 8点(2007-09-10 03:54:38)
96.“衆道”というものを題材に撮られた異色の時代劇。
前知識無しでいきなり観て、単なる時代劇だと思っていたところで、このテーマだった為、正直驚いた。(笑)
そして、この作品を観て、初めて『ヤオイ』という言葉を正確に理解した。(それまで聞いたことはあったが。)

さて、主人公は松田龍平。
あの松田優作の長男だ。
しかし、どうもこの役者が苦手だ。
大体、新撰組の野郎どもに狙われるほど、魅力があるとも思えない。
その辺のリアリティが欠けてるので、いきなり入り込めなかった。
“ヤオイ”モノを観るのは初めてだったが、そんなに抵抗感はなかった。
それよりこの役者のミスマッチぶりの方に抵抗を感じた。
にじばぶさん [DVD(邦画)] 4点(2007-09-01 20:49:38)
95.美少年役が美少年じゃないって時点でこの映画に入り込めません。タッヂオ並の少年を使ってたら!!なんてつくづく残念に思います。また違った印象を残していたでしょう。(ちなみに江戸時代に入って男色は「御法度」になり廃れていったらしいですね。でも皆こそこそやってはいたんですかねやっぱり?)
Mariさん [地上波(邦画)] 5点(2007-03-02 11:59:16)
94.映画全体の雰囲気は嫌いでは無いです。男色映画かと思いますが、そこまで色濃く描かれていると思えないです。隊が浮ついて乱れるというなら、松田龍平君にもっともっと妖しさが漂っていて、彼を狙う者達に何が起ってもおかしくないくらい描かれていてもよかったのでは。でもあの出演者の中では松田くんは女役でしたね、日本人形みたいでした。
にーなさん [ビデオ(邦画)] 6点(2007-01-01 18:23:38)
93.渋い時代劇ものだと思ったら、ホモ映画。
知ってたら、わざわざ見なかったのに。
松田龍平があまり好きじゃない。
愛野弾丸さん [DVD(吹替)] 2点(2006-05-21 21:11:21)
92.《ネタバレ》 面白かった。衣装も映像も殺陣もよかったし、配役も。特に、トミーズ雅と坂上二郎のリリーフぶりは絶妙だった。松田龍平も、特に美貌というわけではないが品があり、あの役をこなせるだけの妖気もあって、なかなかの逸材だと思った。男色映画としても楽しめたが、謎解きの部分が特に面白かった。湯沢を殺したのは誰か?山崎を襲ったのは?惣三郎の「願」とは?最後にはいったい何が起こったのか?などなど。これらをつなぎ合わせて考えようとすると、意外にも、沖田総司の存在が不気味に疑わしく浮かび上がってくる。ひたすら「(男色は)嫌いです」「私にその気はありませんよ」を繰り返しつつ、随所随所でちらりと見せる妖しげな色気や中途半端な含み笑い。とりわけ、『雨月物語』について、ねっとりと熱く語る終盤の見せ場は、圧巻。これらがすべて、物語全体を支配する、「なにか不可解なもの」の伏線に思えてくる。演じた武田真治という役者を見直した。
黒蜥蜴さん [DVD(字幕)] 8点(2006-04-23 04:26:56)
91.《ネタバレ》 すばらしい。監督が体張っているだけのことはある。とにかく男ばっかり。松田龍平の妖しい美少年。彼は完全に集団の中で女の役割である。神田うのの花魁も、数秒だけ。つまり本物の女はこの作品の中で手の届かない霧のむこうに居て、まるでTVの中だけに存在するようなものなのだ。崔洋一の近藤にたけしの土方、ものすごい配役。二人が差し向かいに座るとまわりに異様な空気が。何かへんなものが生まれそうでとてもこわい。特に崔洋一の怪しさよ。セリフが少ないせいか。ところで、浅野忠信についてですが、一重まぶたに細目の三白眼で鼻筋が通っている、という場合は「おしょうゆ顔の美男」なわけですが、これと同じ顔に及川光博がいます。しかし二人はぜんぜん似ていない。浅野はブラピのように「美男の汚な作り」にはげんでいるわけですが、小奇麗にしたとしてもやっぱり似ていない。同じパーツを所持しながらなぜ?それは「唇の端がキュッと上がっているかどうか」の違いによるのでした。女の人もこれからは男性の顔について堂々とえげつなく批評しようではありませんか。えっそんなの私だけ?大島監督の時代物をもっと見たかったのに残念です。
パブロン中毒さん [ビデオ(字幕)] 9点(2005-12-15 21:25:01)
90.初めて大島渚の映画を見たけど、ハッキリ言って微妙。北野映画を見まくった直後に観たからかもしれないけど、やたら台詞が多いたけしには違和感を感じたし、なんで崔洋一やトミーズ雅が出てるんだ? だいたい、新撰組ってあんな奴らばっかりだったのか?
とかげ12号さん [地上波(吹替)] 4点(2005-11-20 15:21:01)
89.私の好きなホモ映画~!う~ん。たまりません。あぁぁ惣三郎・・トモロヲさんの気持ちが分かっちゃいますね。沖田総司役の武田真治君も良いですぅぅ。ふんどしめくりたくなっちゃいます。
ゆみっきぃ♪さん [DVD(吹替)] 7点(2005-08-03 19:41:19)
88.《ネタバレ》 大島渚監督が「戦場のメリークリスマス」で起用したたけしと坂本龍一を再び起用して手掛けた時代劇で、テーマも新撰組内の男色という似通ったものになっている。「戦場のメリークリスマス」を再見したのでこちらもついでにと15、6年ぶりに再見したが、話は「戦場のメリークリスマス」よりわかりやすいものの、戦メリが直接的な同性愛描写自体は思ったより少なかったのに対し、こちらはストレートな同性愛映画になっていて、以前に見たことのある映画にも関わらず思わず面食らってしまった。でも、これがデビュー作となった主演の松田龍平の妖艶な雰囲気が見事に映画にマッチしていて、彼の存在が映画を支えていて、本作での彼が演じる加納の存在は映画の中だけではなく、映画のクオリティ的にも重要なものとなっていて、今の癖のある松田龍平の演技も良い(出演作を見ながら松田優作の息子であることを忘れてる時がある。)のだが、やはりこの加納役はこの時期のまっさらな初々しい松田龍平でなければとあらためて思う。演出的には状況説明を無声映画風字幕で行うというのが面白かったのだが、二か所だけそうではなくナレーター(佐藤慶)により説明されるというのはなにかチグハグな感じもして、どちらか一方に統一したほうが良かったと思う。以前に見たときにたけし演じる土方が桜の木を一刀両断するラストカットがすごく印象に残っていたが、やはり今見てもここは好きだ。戦メリと違って役者としては参加していない坂本龍一の音楽も好きだな。全体的な出来としては戦メリのほうが良かったけど、本作も決して嫌いではない。(2020年1月25日更新)
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 6点(2005-03-20 02:39:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 107人
平均点数 5.12点
021.87%
132.80%
265.61%
31715.89%
41211.21%
51816.82%
61816.82%
71614.95%
81110.28%
943.74%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.33点 Review3人
2 ストーリー評価 5.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review3人
4 音楽評価 5.33点 Review3人
5 感泣評価 3.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS