刑事コロンボ/自縛の紐<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 刑事コロンボ/自縛の紐<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

刑事コロンボ/自縛の紐<TVM>

[ケイジコロンボジバクノヒモ]
COLUMBO: AN EXERCISE IN FATALITY
1974年【米】 上映時間:98分
平均点:6.91 / 10(Review 23人) (点数分布表示)
サスペンスTV映画シリーズもの犯罪ものミステリー刑事もの
新規登録(2003-11-13)【--------】さん
タイトル情報更新(2021-06-04)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督バーナード・L・コワルスキー
助監督レイ・テイラー・Jr.
演出左近允洋(日本語吹き替え版【NHK・DVD】)
伊達康将(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
キャストピーター・フォーク(男優)コロンボ
ロバート・コンラッド(男優)マイロ・ジャナス
マイク・ラリー〔男優・1900年生〕(男優)チャーリー(ノンクレジット)
ジュード・ファレス(男優)アル・マーフィー(用務員)
グレッチェン・コーベット(女優)ジェシカ・コンロイ(マイロの秘書)
フィリップ・ブランズ(男優)ジーン・スタッフォード
コリン・ウィルコックス・パクストン(女優)ルース・スタッフォード(ジーンの妻)
J・R・クラーク〔男優〕(男優)パーティーのゲスト
ダレル・ツワリング(男優)ルイス・レイシー(ジーンのトライコン社時代の同僚)
ヴィクター・イジー(男優)検死官
キャスリーン・オマリー〔女優〕(女優)看護師
パット・ハリントン・Jr(男優)バディー・キャスル
レイモンド・オキーフ(男優)リケット刑事
メル・スティーヴンス〔男優〕(男優)フリーマン医師
エド・マクレディ(男優)トライコン社の警備員(ノンクレジット)
ミッキー・ゴールデン(男優)(ノンクレジット)病院の待合室の男
小池朝雄コロンボ(日本語吹き替え版【NHK・DVD】)
銀河万丈コロンボ(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
日下武史マイロ・ジャナス(日本語吹き替え版【NHK・DVD】)
三田和代ジェシカ(日本語吹き替え版【NHK・DVD】)
寺島幹夫(日本語吹き替え版【NHK・DVD】)
雨森雅司(日本語吹き替え版【NHK・DVD】)
神山卓三(日本語吹き替え版【NHK・DVD】)
筈見純(日本語吹き替え版【NHK・DVD】)
八奈見乗児(日本語吹き替え版【NHK・DVD】)
加藤正之(日本語吹き替え版【NHK・DVD】)
山田礼子(日本語吹き替え版【NHK・DVD】)
鈴木れい子(日本語吹き替え版【NHK・DVD】)
辻親八(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
石田太郎コロンボ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
堀勝之祐マイロ・ジャナス(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作リチャード・レヴィンソン(キャラクター創造)
ウィリアム・リンク(キャラクター創造)
ラリー・コーエン(原案)
脚本ピーター・S・フィッシャー
音楽ディック・デ・ベネディクティス
ハル・ムーニー(音楽監督)
撮影ウィリアム・クロンジャガー
製作エドワード・K・ドッズ
製作総指揮ローランド・キビー
ディーン・ハーグローヴ
制作東北新社(日本語版制作【DVD追加録音】)
美術ジョン・W・コルソ
ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
ビル・マクローリン〔美術〕(セット美術)
衣装グレイディ・ハント
編集ボブ・ケイゲイ
録音ジョン・K・キーン
字幕翻訳岸田恵子
日本語翻訳額田やえ子
岸田恵子(日本語吹き替え版【DVD追加録音】)
その他スティーヴ・ジョンソン〔カラリスト〕(ノンクレジット)カラリスト
モーリー・M・スース(ユニットマネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.《ネタバレ》 面白かったけど個人的にあまりパッとしないエピソードでした。
ラスト、コロンボが
「犯人はアンタしかいないんだ!」
……う~ん、もう少しパンチのあるものが欲しかったです。
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2020-09-29 04:43:38)
22.編集が少し雑なのが難ですが、ミステリーとしては傑作だと思います。
電話、靴紐、その他の小道具が実に上手に使われていて、伏線が2重3重に
張られていて、それが最後に「ああ、そうか!」と思います。
コロンボが犯人に激怒するのも珍しいです。
編集がもっと丁寧になされていたら、シリーズ5指に入る大傑作になったと思います。
ひろみつさん [地上波(吹替)] 8点(2014-10-26 00:13:26)
21.絨毯のコーヒー染み、焦げ茶の靴のかかとに始まって、重いバーベル、運動前の中華など怪しげな点というか手がかりがたくさんある。コロンボ警部でなくても犯人を追い詰めるのは楽勝かと思いきや、犯人の方も相当ふてぶてしい。さすがのコロンボも対決心を表に出してしまうが、こういうコロンボもまた良い。
ESPERANZAさん [地上波(吹替)] 6点(2014-09-06 14:11:35)
20.《ネタバレ》 スポーツジム経営者が悪どい経営を暴かれそうになっての犯行。
コロンボが犯人に怒りを露にぶつけるのは珍しく『溶ける糸』以来か。
それほど嫌味で憎らしい奴として描かれているので、対決もそれだけ盛り上がる。
スタンフォードの電話は録音テープを利用して作ったものだったが、ジェシカに対して事務的なリアクションだったことから疑問を抱いたコロンボに見破られる。
その他にも革靴の跡、中華料理の出前、バーベルの重さ、スタッフォードの電話の内容など、細かい疑問や推理も見どころ。
このまとわりつくようなしつこさは、犯人が嫌な奴ほどおもしろい。
ユーモラスなシーンも散りばめられ、ビキニ美女にドギマギしたり、ランニングに付き合わされてヘロヘロになるコロンボが笑える。
ラストの決め手も論理的で、シリーズの特長がバランスよく味わえる佳作。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 8点(2013-11-11 21:28:49)(良:1票)
19.《ネタバレ》 コロンボといえばいつも温厚で、犯人に対しても丁寧な接し方をする印象があるだけに、このように犯人に対して怒りをあらわにする姿を見てビックリしてしまった。被害者の奥さんが担ぎ込まれた病院で犯人と会ってから、犯人に対する態度が変わっているのでおそらくは下の方も書かれているように、被害者を殺した上にその奥さんに対しても精神的に追い詰める犯人がどうしても許せなかったのだろう。犯人のアリバイ工作が実は犯人自身の首を絞めていたというオチで、ラストのコロンボと犯人の対決シーンも緊迫感があって見ごたえじゅうぶんなのだが、靴の紐の結び方を証拠にするのはちょっと強引で、トリックに電話が使われているのだからそっちを調べたほうが確実で早いのにと突っ込みを入れたくなったのも事実。笑いどころは事件の舞台となった健康クラブでトレーニングする青ジャージ姿のコロンボ。いつも同じ衣装なため、新鮮といえばそうなのだが、かなりの違和感があり、それが逆に笑いを誘う。コロンボ以外でピーター・フォークを見たことがないため、もし、彼がコロンボ以外の役で出演している作品を見ることがあったら、同じように違和感を感じて笑ってしまうかもしれない。
イニシャルKさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-02-24 14:06:17)
18.他の回では決定的な証拠になっている通話記録を調べるという落ちにすれば、世界中のみんなに不信を与えないで済んだのに。
みんな嫌いさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2012-11-12 21:44:43)
17.現場に残された不自然な状況の一つ一つを、地道な調査で解き明かし、
徐々に犯人を追いつめていくコロンボ。彼独特のキャラが色濃く出ていて面白い。
犯人にとっての唯一の拠り所は殺害時刻の完璧なアリバイだが、その完璧さが・・・。
オチも実にコロンボらしいエピソード。
MAHITOさん [DVD(吹替)] 5点(2012-05-27 05:50:29)
16.《ネタバレ》 床についたこげ茶の靴の跡で事故ではないと判断し、カーペットのコーヒーをこぼした跡とマイロの火傷で、犯人はこの人だと目星をつけるコロンボ。あとは証拠を集めるだけ。コロンボシリーズのオーソドックスなパターンの作品ですが、ストーリーそのものが面白く、ラストシーンも良かったです。コロンボシリーズの中でかなり好きな作品です。
ramoさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2011-09-25 00:17:37)
15.《ネタバレ》 被害者の紳士靴が紐を結んだままロッカーにあり、
運動靴には誰かに結ばれたとわかる結び目。
これが被害者が何者かにより運動着に着替えさせられた動かぬ証拠であり、犯人しか知りえない秘密。
何故なら被害者はたった一人でオフィスに遅くまで残っていたのだから。
一方で犯人のアリバイ工作。
犯行後自宅に戻った犯人は、被害者の録音テープを使って自宅の別の電話にかけ、電話に出た秘書にその時点で被害者は生きているとみせかける。だかここで犯人は決定的なミスをおかす。「運動着に着かえてトレーニングしているそうだ」などと、客に余計な一言を加える。
捜査により、被害者が何者かによって運動着に着替えさせられた事実が判明した時点で、犯人が明らかになる。鮮やかで爽快感のあるエンディング。
犯人は墓穴を掘ったわけだが、被害者も墓穴を掘っているようにみえる。
まだ不正経理の調査が終わってないのに犯人に内容をぶちまけ、罵詈雑言を浴びせ、集団告訴すると脅している。そして今日から会社にたった一人残って調査を続けるとも。これじゃあ殺してくれと頼んでいるようなもの。普段には電話の会話を録音させている用心さはどこへいったのやら。
それにそんな調査は専門家にまかせればよいのに。後悔先に立たずである。
性急な行動が死につながった典型的な例。
原題「an exercise in fatality」は「死のエクササイズ」。これは「exercise in futility」(無益な行い、徒労)の語呂合わせだろうか。「無益な行い」は被害者にあてはまりそうだ。
ミステリーとしてはシンプル、1ボディ(死体)、2トリック。大部分は刑事のコミックショー。
よしのぶさん [地上波(吹替)] 6点(2011-07-30 19:12:47)
14.《ネタバレ》 靴紐と、自らの供述証書で、敢え無く自爆。題して「自爆の紐」ですね警部。(氷点下レベルの駄洒落で失礼)
aksweetさん [DVD(吹替)] 7点(2011-07-10 00:20:10)
13.《ネタバレ》 いつになく警部が怒っています。途中からはマイロに対し完全に敬語も使わなくなった。警部と比べると富も地位も雲の上の犯人ですが、これはいつも通り。ですがマイロに殺された被害者の奥さんを精神的に苦しめる卑劣なマイロが許せなかったのでしょう。

普段は庶民派の人情刑事で殺害に及ぶしかなかった犯人の事情に同情を示すこともある警部ですが、今回は心底マイロが許せなかったのか、正義の人、コロンボがいつになくカッコ良く熱い一作。

エンドロールでマイロの経営するジムの何とも幸せそうなCMソングが流れますが、マイロの実像とのギャップの大きさを感じさせ、テレビのCMに対する皮肉のようでいいですね。

最後に本作の笑いドコロを。捜査のため訪れたとある会社で、かなりウザい受付のお姉さんとかなり面倒くさい警部との絶妙の間とそのやり取りには笑わせてもらいました。そして皆さんご指摘の通り、警部のあの青ジャージ姿はかなりヤバいです。
とらやさん [DVD(吹替)] 7点(2010-07-29 19:15:52)
12.《ネタバレ》 うぬぬ~流石(さすが)ですな警部、あざやかな結末で犯人はたかが靴紐程度しか思わなかったんでしょうね、自縛の紐というタイトルもうまい! 青ジャージ姿にはちょっと笑っちゃったけど、病院の待合室でのシーンや机に靴をドカっとあげたときなど、コロンボ 怒りの爆発(?w)で警部のお人柄をうかがえる内容で良かったデス
Kanameさん [DVD(字幕)] 7点(2010-02-08 08:14:38)
11.《ネタバレ》 これは余韻というか、後を引く衝撃作品でした。ラストシーンが本当に呼吸も忘れそうなくらいの緊迫度。足をデスクにわざと乗せるのを見て、もう、警部がどれだけこの犯人を嫌いかというのが痛いほど分かります。被害者は犯人によって着替えさせられたことをこれでもかとクドく強調した後、着替えているのを知っていたのはお前だけだ! とたたみかけるのは、賛否両論あるようですが私は怖いほどに秀逸だと思いました。後半で一気に犯人と対決モードになるのですが、激昂して「アンタが犯人だとあたしも思ってる」と宣言する、この滅多に見られないコロンボの計算外(多分。これも計算のうちではあってほしくない・・・)の感情の発露がコロンボファンとしてはたまらないのです。最初のカミさんとの電話のシーンで「話しててもいいよ、こっちは切るけど」の台詞を言っているコロンボの表情が良く、コロンボ夫妻は本当に仲睦まじいのだということが察せられて嬉しくなります。刑事コロンボでなく「人間コロンボ」全開の素晴らしい作品。
すねこすりさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2009-11-27 14:48:31)
10.《ネタバレ》 トレーニングするコロンボや珍しく怒りの感情をあらわにするコロンボが見られるのはいいが、残念なことにラストが弱い。靴紐の結び方って、私なんか昔から紐が結べなくてわっかなんかあっちいったりこっちいったりしてるもの。私が陪審員ならそんなことでとても有罪にはできない。「被害者は不器用だった」で終わり。それよりも、電話の記録とか残ってないの? 「実は自宅のもう一本の電話からかけてた」または「クラブからは電話をかけていない」ことがわかったら、それで犯人はオシマイじゃん。靴紐よりずっと説得力あるし。
空耳さん [DVD(吹替)] 6点(2009-05-10 05:06:23)
9.パチーノの赤ジャージ姿と同様、衝撃(見てはいけない物を見てしまったような)の青ジャージ姿は強烈な印象です。汗だくになって走っていましたが、考えに考えて脳も汗だく状態なのでしょう。哀れな未亡人を思ってなのか、犯人の厚顔さに思わず激昂する姿に、彼が実は激しい気性の持ち主で、その激しさは何時もは執拗に食い下がるという形となって現れる事が想像できます。それと、受付で待たされている時のイライラした様子から実は短気なのだという事も分かりました。彼の違う一面を知る事の出来る作品でした。決め手の鮮やかさを絶妙なタイトルが言い表しています。
The Grey Heronさん 6点(2005-03-14 08:17:37)
8.《ネタバレ》 夜中に見ると中華料理が食べたくなる!ヤキメシ、エッグフーヤン、ポークリブ?あっちゃー、おいしそう。今から何か食べたくなって・・・イヤイヤガマン。
RTNEE USAさん [インターネット(字幕)] 8点(2005-03-12 00:34:57)
7.恥をさらすようだが、練られたストーリーだとは感じたが観終わった時はピンと来なかった。何で靴の紐ごときで、と思ったのですが、皆さん(特にNo1の方)のレビュー拝見して、なるほどとだいぶ遅れて関心した次第です。言い訳ではないが、観ていたときは眠くて、終わったら寝ることだけ考えてたもんで。(立派な言い訳だって?)相変わらず、犯人に思わず同情しそうになるぐらい、これでもかと、犯人の気分を逆なでするコロンボ節が炸裂しています。
パセリセージさん 7点(2004-12-24 18:44:53)(笑:1票)
6.鉄の棒を首に押し付けて殺すなんて!鍛えられた犯人だからこそ出来た荒業だろう。そう、今回の犯人は健康クラブのオーナーでもあるマッチョな筋肉野郎である。さあさあ、今回の相手は手強いぞ!コロンボはいかにして落とすのか? 
というわけでこの作品も犯人対コロンボの対決の快感が十分に味わえる作品となっています。最初は犯人のもの凄いトレーニングに引っ張られて主導権を握られていたコロンボですが、オフィスに乗り込んでからはさりげなく犯人の火傷について指摘したり、どんな些細な手がかりも見逃さず犯人を追い詰めていきます。こうなりゃ完全にコロンボのペースだ!犯人の所有する健康クラブにトレーニングをしに来て「まだやり始めて20分ですが、もうう生まれ変わっちゃったみたいだ」なんて言いつつ、ちゃっかり犯人のオフィスに乗り込む手際の良さは拍手ものです(笑)
そして、いよいよラストの対決!犯人の些細なミスを突いた見事な謎解きでした。これには唸りましたね。いや~、今回ばかりは私の完敗です(いつもだけど)
きのすけさん 8点(2004-06-09 13:02:20)(良:1票)
5.何時になく犯人に激昂するコロンボ、靴への執着は紐だったのかと気付いた時には後戻り出来ないところまで追い詰められていた。悔しいけど完敗だ。
亜流派 十五郎さん 8点(2004-05-20 21:45:29)
4.犯人に向って「あたしゃねえ。あんたが犯人だと思っている」とのように面と向って啖呵を切る作品。これ以外だと「溶ける糸」かな。このシーンを観るだけでも痛快。
Mr.MONKさん 6点(2003-12-14 21:36:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 6.91点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
528.70%
6626.09%
7730.43%
8834.78%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS