アナザヘヴンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アナザヘヴン
 > (レビュー・クチコミ)

アナザヘヴン

[アナザヘヴン]
Another Heaven
2000年【日】 上映時間:131分
平均点:4.38 / 10(Review 102人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-04-29)
ホラーサスペンスSF刑事もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-11-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督飯田譲治
キャスト江口洋介(男優)早瀬マナブ
市川実和子(女優)大庭朝子
原田芳雄(男優)飛鷹健一郎
柏原崇(男優)木村敦
岡元夕紀子(女優)柏木千鶴
加藤晴彦(男優)幕田ユウジ
六平直政(男優)坂本警部
松雪泰子(女優)笹本美奈
柄本明(男優)赤城幸造
塩屋俊(男優)池上検死医
阿藤海(男優)大野慎次
諏訪太朗(男優)田口鑑識
荒川良々(男優)友枝智
大島蓉子(女優)大野和子
乾貴美子(女優)アシスタント
京極夏彦(男優)コメンテーター
大谷亮介(男優)
原作飯田譲治「アナザヘヴン」(角川ホラー文庫)
脚本飯田譲治
橋爪謙始(ストリーボード)
音楽岩代太郎
撮影高瀬比呂志
佐光朗(ステディーカム)
製作松竹(アナザヘヴン・フィルムパートナーズ)
テレビ朝日(アナザヘヴン・フィルムパートナーズ)
早河洋(アナザヘヴン・フィルムパートナーズ)
木村純一(アナザヘヴン・フィルムパートナーズ)
プロデューサー河井真也
宮島秀司(エグゼクティブプロデューサー)
配給松竹
特撮松本肇(ビジュアルエフェクト・スーパーバイザー)
尾上克郎
古賀信明(機材協力)
美術矢内京子(ロケーションデザイン)
編集阿部亙英
録音岩倉雅之
柴崎憲治(サウンド・エフェクト)
柿澤潔(サウンドデザイナー)
照明小野晃
疋田ヨシタケ(照明助手)
その他ギャガ・コミュニケーションズ(宣伝協力)
松竹(宣伝)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
102.《ネタバレ》 原作は読んでいない。TV版もあったようだが映画とは別物だそうである。
話の中身を簡単にいうと、人の心には善悪が並存していて、そのうち悪の部分だけを煮詰めた敵に善の部分が勝ったというようなことらしい。題名の説明らしきものも出ていたが、何にせよ普通の成人の目からすればごく普通の話で特に新たな発見はない。
また全般的に理屈はわかるが感情が伴わない場面が目立ち、特に女医を追い出した後の主人公の感傷などは唐突で、もっと事前の仕込みをしておかなければ共感も何もない。また終盤の「誘ってくれてありがとう」というのはかなり切ない台詞だったはずだが、言われて初めて当該場面に遡ってそういう意味だったのかと考えるようなもので、何かと後付けで納得を迫られる感じだった。そのように物語の構成要素が不足する一方、犯罪マニアの存在などこの映画に必要だったのか不明であり、映画化の際に整理できないまま半端になったような印象もある。
そのほか腹立たしいのは男どもが粗暴なことで、こういう頭の悪い連中は早く死ねばいいだろうと思いながら最後まで死ななかったのは後味が悪かった。善悪が分化する以前のケモノのようなのが人の良心を語るというのは片腹痛い。

そういうことで特に褒められない映画だが、しかし自分にとっては女優の存在が欠点を補っている面があり、特に主人公に拒絶された後の松雪さんの表情などは見ていて切ない。
また個人的には市川実和子という女優が結構好きで、この人の演じる天真爛漫な馴れ馴れしさとか精一杯の健気さなどを見ていると、映画自体の説明不足も何も関係なく全部わかったからもう文句いいませんと言いたくなる。「勝手に運命とか思い込んじゃった」というような台詞も愛しく思われて、かえって主人公の男が馬鹿なのに怒りを感じる。そのことからも、やはり男は全員死んでしまえばすっきり終わっただろうという気がした。それでは続編ができないので困るのだろうが。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 4点(2016-10-18 19:41:26)
101.《ネタバレ》 十数年ぶりに再鑑賞。映画とTVをリンクさせるという、当時としては斬新な展開で話題になった本作。この映画と、TVシリーズ『アナザヘヴンeclipse』二つでワンセットならしいのだが、両方観ても「なんじゃ、これ?」とつぶやいてしまったのを覚えてる。w だって、補い合うも何も、映画とTVは同じ敵じゃないんだよね。映画は水を媒体とする未来から来た肉体を捨てた存在という設定だし、TVは石に宿った正体不明の宇宙生命体だし……。ただ、飯田氏曰く“悪意”という点で共通した存在なんだとか。無理やり過ぎるだろ、それ。www
 ただ、皆さんのレヴューでは尻すぼみという意見が多いけれど、まあホラーとしてはこんなもんかな、とも思う。TVはもっと尻すぼみですから。www でも、ちょっとクーンツ的な展開で嫌いじゃない。結局、やりたかったのはホラーと言うよりスプラッターだったのかな、と。ま、それにしちゃ、ちょっと弱いけどね。
TERRAさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-03-19 13:46:30)
100. 朝子の市川実和子はよく頑張っていたし、原田芳雄もよかった。ただ、だんだんしょぼくなってしまいました。残念。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-09-15 22:49:19)
99.《ネタバレ》 ストーリーは悪くなかった。グロい部分もありますが「パラサイト」をちょっと思い出しました。個人的に朝子の顔はあんまり好きじゃない(笑)のでラストのシーンも全然ぐっと来ませんでした。日本映画にしては頑張ってる方だと感じました。
うさぎ大福さん [DVD(邦画)] 6点(2007-06-24 02:15:46)
98.久しぶりに邦画を鑑賞しましたが、特撮技術は相変わらず低レベルのまま、鑑賞終了。
レンタルして失敗しました
SATさん [DVD(邦画)] 4点(2006-12-12 11:49:17)
97.ヒドゥンのパクリか?寝ないで見た自分に1点・・・・・
わーるさん [地上波(字幕)] 1点(2005-04-04 22:49:13)
96.尻つぼみの典型。エグかったでけ。
PADさん 3点(2004-10-08 17:18:42)
95.《ネタバレ》 これまたオリジナル版を知らずに見たんですが、最初の異常な女がいきなり怖かったです。すごい勢いで男を殺したと思ったら、グチャって感じで死にましたからね。人の体に寄生して次々と乗り換えてくとわかってから、何かありきたりな印象で参ってしまいました。最後はアサコに寄生して命を奪ってしまうという悲しい結末。とことんダークな作品でした。
カーマインTypeⅡさん 7点(2004-07-21 17:59:03)
94.途中まではなかなかおもしろかったけど、なんだか最後の方は急に落ち込んだ感じ。キャストはよかったけれど、あまり雰囲気が良くなかったかな。もっとサスペンスっぽいムードを出して欲しかった。もっとうまく作れば、きっといい映画になるような気がする。
揺香さん 6点(2004-07-05 16:55:19)
93.原作からして、ちょっとガッカリものだったので・・・。読んでて、とにかく尻すぼみ、説得力もどんどん無くなっていきます。あとがき読んでみりゃあ、連載中に読者から来た手紙にまで影響されて書き進められたとか? そんなんじゃあ、まとまる訳ないでしょう。あくまで連載小説として読むならそれもアリかもしれんが、単行本として一気に読むと、どうもパッとしない。さらにはこれを映画にしてしまうと・・・まあ確かに映画らしく纏めてはいますが、どうしたって原作の計算の足りなさ、尻すぼみ感は、映画ではかえって目立っちゃう。キャスティングもいまいち好きになれないし、サスペンスとしても弱い。う~む、「原作者=脚本家=監督」というのは、ある世界を描ききるためのひとつの理想かも、という期待もあったが、なかなか難しいですな。原作の魅力であった部分すら削ぎ落とされ、原作をさらに下回ってしまった感があります。
鱗歌さん 4点(2004-06-27 02:22:34)
92.《ネタバレ》 けっこう好きです。ミスティリックで。ストーリーも展開が新鮮でいいです。
LYLYさん 4点(2004-06-14 16:58:43)
91.《ネタバレ》 好きです、こんな設定

(乗っ取られた後の)柏原君はかっこ良く、岡元さんは不気味で良かった
栗頭豆蔵さん [映画館(字幕)] 6点(2004-06-13 18:30:40)
90.邦画としてみれば、かなりよくがんばった方だと思います。柏原の演技にはかなり不気味さを感じた。ラストはちょっと物足りない感じだったけど、また観てもいいかなって感じです。
rainbowさん 7点(2004-06-13 18:06:10)
89.《ネタバレ》 本の方が断然ぉもろぃネ。でも、水って。。すごいんゃか、すごくないんゃか。。白面の者みたぃ‥。
小星さん 4点(2004-06-02 00:33:15)
88.オゴポゴとか、ネッシーとか、ああいうUMAって姿を見たらおしまいなんですよ。そこでワクワクドキドキのロマンも何も無くなって急速に冷めてつまらなくなる。今どきゴリラを見て胸踊らせる方いないでしょ?どんな生き物なんだろう?って。姿を見て知ってるからです。ちなみにゴリラってちょっと前まで未確認生物だったんですよ。…………その辺を理解してない。この映画は。
もしもそういうのを理解していて、あのヒロインに乗り移る以降の話を構成できていたら、7~8つけてるでしょうね。
マンダムさん 5点(2004-04-28 11:59:42)
87.役者陣に助けられてこの点!!日本映画はどうして最後SFチックにしてしまうんだろう??こう言う話しをちゃんとリアルな地についた物として描けるようになれればもっと面白くなると思います!!
レスマッキャン・KSKさん 3点(2004-04-28 03:51:07)
86.《ネタバレ》 虫の息の恋人だけ助け出し、相棒の原田芳雄を炎の中に置き去りにした江口に問いたい。『そこに愛はあるのかい?』
Minatoさん [地上波(字幕)] 3点(2004-04-12 23:24:47)(良:1票)
85.《ネタバレ》 うはっ、こりゃ駄目ですなぁ・・・いやいや、最初から駄目だとは言いません。むしろ途中までは結構面白くて釘付けだったのに・・・。何でラストでジャパニーズホラーしちゃうかなぁ~・・・中途半端で後味最低な終わり方、確かにホラーですよって終わり方には違いないんだけど、あれだけ興味持たせておいてあれは無しです。

taronさん 6点(2004-04-10 13:23:18)
84.序盤のコメディっぽい感じが良かったです、だけど途中から意外性の無い展開というかつまらない方へ行ってしまったのが残念、予備知識ゼロだったんですが、加藤晴彦くんの存在が???
ないとれいんさん 4点(2004-03-29 20:14:34)
83.《ネタバレ》 <原作未読。今作のみの評価> 

とにかく作品としての方向性が中途半端。

サイコサスペンスかと思っていたら、途中からB級ホラーになったのでビックリ。

そのくせ監督は真面目に恋愛ドラマも撮りたかったみたいで、そこがまた中途半端でカッコ悪い。

で、結局、あの水みたいなのは何がやりたいの?何であの刑事に執着する?猟奇殺人には何か意味があるの?

純粋な心を持っていると支配されないという、安っぽく恥ずかしい終わり方にも脱力。と言うか、助けてくれた先輩刑事を見捨てるなよ!こんな人間性に問題のあるヤツに乗り移っていいのか、水!?

焼け死なず自力で脱出した先輩刑事のバイタリティに+1点献上。
FSSさん [地上波(邦画)] 1点(2004-03-27 03:12:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 102人
平均点数 4.38点
021.96%
165.88%
287.84%
32019.61%
42524.51%
51312.75%
61211.76%
787.84%
821.96%
943.92%
1021.96%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review4人
2 ストーリー評価 3.70点 Review10人
3 鑑賞後の後味 3.40点 Review10人
4 音楽評価 4.71点 Review7人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS