Menu
 >
 >
 > ターミネーター2/特別編

ターミネーター2/特別編

TERMINATOR 2: JUDGMENT DAY/SPECIAL EDITION
1993年【米・仏】 上映時間:153分
平均点: / 10(Review 91人) (点数分布表示)
アクションSFシリーズもの
[ターミネーターツートクベツヘン]
新規登録(2003-11-16)【_】さん
タイトル情報更新(2017-04-29)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・キャメロン
キャストアーノルド・シュワルツェネッガー(男優)T-800
リンダ・ハミルトン(女優)サラ・コナー
エドワード・ファーロング(男優)ジョン・コナー
ロバート・パトリック(男優)T-1000
ジョー・モートン(男優)マイルズ・ベネット・ダイソン
ザンダー・バークレイ(男優)トッド・ヴォイト
ジャネット・ゴールドスタイン(女優)ジャネル・ヴォイト
マイケル・ビーン(男優)カイル・リース
ドン・スタントン(男優)
ダン・スタントン(男優)
アール・ボーエン(男優)ピーター・シルバーマン
玄田哲章T-800(日本語吹き替え版【DVD/フジテレビ】)
日野由利加サラ・コナー(日本語吹き替え版【DVD】)
咲野俊介T-1000(日本語吹き替え版【DVD】)
吉田理保子サラ・コナー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
浪川大輔ジョン・コナー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
江原正士T-1000(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
秋元羊介マイルズ・ベネット・ダイソン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
阪脩ピーター・シルバーマン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
鈴鹿千春ダイソンの妻(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
幹本雄之エンリケ/カイル・リース(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
千田光男トッド・ヴォイト(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中田和宏ダグラス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
堀越真己(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
相沢恵子ジャネル・ヴォイト(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
脚本ジェームズ・キャメロン
音楽ブラッド・フィーデル
撮影アダム・グリーンバーグ
製作ジェームズ・キャメロン
製作総指揮ゲイル・アン・ハード
マリオ・カサール
特殊メイクスタン・ウィンストン
エド・フレンチ(メイクアップ)
特撮ILM/Industrial Light & Magic(CG)
デニス・ミューレン(視覚効果スーパーバイザー)
美術スタン・ウィンストン(ターミネーター制作)
編集マーク・ゴールドブラット
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
91.《ネタバレ》 CS放送でやっていたのをたまたま観ました。最初は通常版かと思っていたのですが、要所要所で観たことのない場面が差し込まれていて、特別編だとわかりました。映画としての面白さは説明不要。もう何回も観ているけど見始めたら最後まで止めれません。特別編として追加されたシーンについてですが、個人的には通常版の方が好きです。シュワちゃんの頭からチップを取り出すシーン、うーん、あれは別になくても良いかと。とはいっても150分を超える映画を飽きさせずに見せる映画、やっぱり名作だと思います。
珈琲時間さん [CS・衛星(吹替)] 9点(2016-04-23 08:36:16)
90.この頃のシュワのターミネーターが一番の旬だな。
CG全描写までの過渡期で、CG以外にも、模型を利用しているシーンがあるのが時代を感じる。
festivaljapanさん [DVD(字幕)] 8点(2015-12-12 15:18:26)
89.『ジェニシス』公開に便乗して本作アルティメット版ブルーレイがリリースされたため、久しぶりに鑑賞しました。劇場版は数え切れないほど見てきた一方で、特別編はゴールデン洋画劇場で観たきりなのですが、再度鑑賞してみての印象は、劇場版とほとんど変わりませんねってとこです。追加カットとしてはっきり認識できたのは、サラとジョンがT800のCPUを壊す壊さないでひと悶着したとこくらいで、あとはあってもなくてもいいカットばかりでした。このバージョンを見ると、作品の印象をほとんど変えずに17分も尺を詰めてみせた劇場版の編集が、いかに優れたものであったかが分かります。私としては、よりタイトな劇場版の方が好みです。
公開時、『T2』についてはVFXが凄いという評価ばかりでした。確かに、映像表現を変えたという点では映画史上のターニングポイントとなった作品ではあるのですが、CGによる表現が当たり前になった現在の目で見返すと、意外にもCGが多用されていないことに気付きます。例えばT1000のアクションシーン。T1000がダメージを受ける場面は昔ながらの弾着で表現し、ダメージを回復する場面にのみCGを使う。そして演出や編集の妙により、当該場面全体が最新の映像技術で作られたかのような印象を与えているわけです。この辺りの騙し方は、本当に見事なものだと思います。その他、T1000が他人に化ける場面では双子の役者を使ったり、右腕を失った後のT800の胴体がいきなり太くなったりと、冗談のようなローテクが炸裂しています。映画学校には通わず、ロジャー・コーマンの元で修行したキャメロンならではのフットワークの軽さが本作を支えており、凡百の金満ハリウッド大作とはまるで作りが違うのです。そして、当時のハイテクに依存しなかったからこそ、四半世紀経った今でも面白い作品であり続けているのです。
あらためて見て印象に残った場面はと考えると、狭い通路でジョンを挟んで、あっちからT800、こっちからT1000が迫ってくるとこだったりします。あの場面の緊張感はハンパなものではなかったし、続くアクションの熱さは相当なものでした。T800がジョンの弾除けになるとこはカッコよかったし、周りの壁にボコボコと穴をあけながらの揉み合いも凄かった。あの短いアクションで、人外のパワー表現が見事にできているのです。本作を面白くしているのは予算やCGではなく、そうした的確な描写の積み重ねなのだと思います。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2015-07-10 17:21:08)(良:1票)
88.何年経っても色褪せない、まさに名作中の名作! オリジナル版よりも特別編のほうがより深く楽しめます。ストーリーとその結末が分かっているのに、何度見ても飽きない。毎回最後まで見入ってしまう。ジェームズ・キャメロンは天才ですね。
たけたんさん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2015-01-08 05:51:47)
87.パート1から正当進化し更に面白くなった映画は非常に少ないですが、T2も成功した数少ない続編物の一つだと思います。
パート1のダークさを払拭し、派手なエンタメ作品に昇華した映画です。裏を返せばパート1のほうが深いともいえますが、T2のぶっ飛んだ感じのほうが映画としては完成度が高いと思います。

普通は目新しいものを追加してコケるパターンですが、T2では新型のT1000が素晴らしかった。パート1でもエンドスケルトンの映像にビックリしたものですが、T2でもT1000の映像に驚きます。やっぱりキャメロン監督は凄い。ホント素晴らしい映画です!!
アラジン2014さん [ビデオ(字幕)] 8点(2014-10-20 12:01:21)
86.《ネタバレ》 もう通常版(TV吹き替え版)は何度も観てるけど、今回はシーン追加された特別版を鑑賞致しました。お?と思うシーンはあるけど、あんまり有っても無くても影響ないカナ的印象。まぁそういいつつシュワちゃんのひきつった笑顔には笑わせてもらいましたが(笑)。T-1000のパトリック、絶妙な年齢のE・ファーロング、そしての、リンダ・ハミルトン!もうこの人はやっぱりサラ・コナーだよ!! あまりにもはまったキャスティング・効果的な音楽・壮大な世界観などまさに大作にふさわしい出来。わかっていながら何度見ても面白い映画ってそうそうないですよね。いやほんとよく出来てます、10点満点。
Kanameさん [DVD(字幕)] 10点(2014-08-14 10:13:01)
85.よく出来ている大作である。前作からの流れを見事に受け継ぎ、スケールアップし、矛盾や破綻のないストーリーでVFX技術を巧みに用い、あるはずのないT-800との心の交流まで描いてみせる。僕の減点法の評価では減点要素が見つからず、ほぼ満点にせざるを得ない。タイムマシンものにありがちな荒唐無稽さがなく、上手に作ればこれだけ上質なSFが作れるというBTTFと双璧をなす好例だ。本作があまりにも完璧すぎて、gdgdとの評判も聞かれる続編を観る気にさせないところが欠点か(笑)好み45/50、演出15/15、脚本15/15、演技9/10、技術10/10、合計94/100→9/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 9点(2013-05-15 23:45:56)
84.《ネタバレ》 初めて観たのは映画の魅力に取り付かれはじめた中学生のころ。この作品で完璧に映画中毒者にさせられてしまいました。CGなんてまだほとんど普及していなかった時代に、あの新たなターミネーター・リキッドメタルがドロドロと登場したシーンで、「えぇぇぇ!」と思いっ切り度肝を抜かされたことを今でも鮮明に覚えています。そして、そこから青を基調としたスタイリッシュな映像を背景に、冷酷無比なリキッドメタルが今までの映画の常識を覆すような迫力で暴れまくるころには、もう完全にノックアウト。それに、シュワもカッコいいし、ファーロングも男前だし、リンダ・ハミルトンのムキムキ具合もナイスだし、どれもこれもばっちりはまっちまったよ~。ストーリーの深みとしては、やっぱり一作目には劣るものの、映画の面白さを教えてくれた思い出の一作。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 9点(2013-03-25 12:48:01)(良:1票)
83.オリジナルより16分長いバージョン。これらのシーンがあってもなくても、
ストーリーにそれほど大きな影響があるという訳ではないです。
特別編を鑑賞した方が、何となく得した気分にはなれるけど・・・。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 7点(2011-07-25 03:34:59)
82.個人的には"特別編"でもどちらでも大した違いは無いかなっと思えたので、通常版と同じ点数です。
民朗さん [DVD(字幕)] 8点(2011-07-11 23:46:37)
81.単純に面白いけど、そこまでT-1000の倒し方に工夫があるわけでもなく、既視感もぬぐえないですね。映像は確かにすごい。それにしてもファーロングはかっこいいな。
Balrogさん [DVD(字幕)] 8点(2010-11-16 10:49:55)
80.《ネタバレ》 1作目を好きな者としてはコンセプト自体がダメな作品。
近未来、機械が人間の手を離れ自我を持ち人間抹殺を始める。
そういう背景があるからこそ未来から来た人間を抹殺するためのマシーン、
ターミネーターの怖さがあるんだと思います。
でも頭(プログラム)をいじれば味方にできますよ、とやってしまうと、
機械の怖さが半減し、ターミネーターも所詮は道具、
人間の命令で動くロボットですよということになります。
T-1000のアイデアや派手になったアクションシーンなど、
見所はたくさんあり、1本の映画としては楽しめる作品だと思いますけど、
1作目の世界観や味を台無しにしてくれた作品と、少なくとも私はそう思ってます。
映かったーさん [DVD(字幕)] 3点(2010-07-12 01:18:01)(良:2票)
79.今更語るのもアレだが要するに”名作”。T-1000の存在感はやばい。
ピンフさん [地上波(吹替)] 10点(2010-03-08 13:45:35)
78.本作で「ターミネート」してたらよかったのに、とやっぱり思う。
なたねさん [DVD(字幕)] 9点(2010-02-27 21:48:14)
77.《ネタバレ》 T4を見たあとで、あらためて鑑賞してみました。
やはり出来が違いますね。
T-1000の恐怖、テーマ性、さすが本家本元だけあって、ターミネータらしさが存分に味わえます。
ただ、いくつか難点があるのも事実。技術部長がいきなり「破壊」に合意するのも自ら率先して乗り込むのも無理があるし、前作の「腕」は溶鉱炉に捨てましたが今作で千切れたT-800の腕はそのままだし。
なので、1点減点しておきました。
EOSさん [DVD(字幕)] 9点(2010-02-09 23:31:18)
76.T-1000。映画のことを知らず、最初この名前を人づてに聞いたとき、胃薬の名前かと思ってました。銃で撃たれると、べちゃっとなります。その形を見て、島木譲二の大阪名物『ポコポコヘッド』の灰皿を思い出しました。ターミネーター作品の幅を広げた2は、サラ・コナーをパワフルな女性像で描いていて、非常に満足。
どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(吹替)] 9点(2010-01-17 23:02:07)
75.キャメロンが手を加えて長くしたヴァージョンは全てつまらない。なぜ余計な事を
するのかは理解出来なくもないが、特に、この作品とエイリアン2はひどい。
アクション映画にとって、いかにテンポが重要かが痛感させられる特別編です。
エラリイさん [DVD(字幕)] 2点(2009-11-04 04:29:37)
74.《ネタバレ》 この映画と「ジュラシックパーク」の大成功で、ハリウッドはCG全盛となった。記念碑的作品。最大の見所はCGとアクションだが、それを補完する人間ドラマもよく出来ている。まず設定だが、近未来に核戦争で30億人が死亡する”審判の日”が来るということが前提でなっている。大風呂敷だが、核爆発の映像や未来での機械と人間の戦争などを挿入し、リアリティを与えている。これで映画に重みがぐっと増す。次にキャラのぶっ飛びさ加減を指摘したい。T800が服ほしさに裸でバーで大暴れ、T1000がジョンの育ての親をいきなり刃物で刺す、サラが単独ダイソンの家に乗り込み射殺しようとする。どれも意表を突く行動で、記憶に残る。病院場面で、サラの虐げられている様子と彼女の苦悩がよくわかる。機知に富んだ脱出も秀逸。次はサスペンス。冒頭でT800とT1000の両方が出現し、暫くどちらが善玉が分からない。両者鉢合わせのシーンで、銃撃開始と共に判明する面白さ。前作の悪玉が善玉に替わっているのがミソ。そして度肝を抜く、カーアクション。銃撃戦ばかりじゃ退屈する。ヘリ・アクションもよかった。液体窒素で凍ってからのT1000のしつこさ。本当に恐怖を感じた。最も重要なのは、ジョンとT800の友情部分だろう。ジョンが機械に、かっこいい言葉を教え、命の大切さを教え、感情を理解させようとする。ラストで自ら溶鉱炉に入る場面で、ジョンの涙を見て、T800が「泣く気持ちがわかった気がする」と言う。人間ドラマが描けているから、ここでぐっとくるのだ。徐々に沈んでゆくT800。最後の指のサインは、ジョンに教わった人間らしさの象徴。そして「ターミネーターが生命の価値を学べるなら、人間もできるのではないか」とサラのナレーション。明るい未来の暗示だが、サラも生命の価値を改めて学んだとも解釈できる。残念な点。①裸ではなく、未来の武器を持ってやってきてほしかった。②ジョンにATM現金引き出し詐欺をやらせるな。③ダイソンを殺してはいけない。彼を生かしてこそ”機械に生命の価値を教える”というテーマが生きる。④T1000の破壊力を存分に発揮させる、警官隊との全面対決場面希望。⑤T000が溶鉱炉からも生還し、最後はジョンの機知で倒してほしかった。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 9点(2009-10-14 07:47:11)
73.現在「T2」の単品ソフトとしてセル・レンタルされているのはこのバージョンだが、LD時代のものをそのまま移行してコメンタリーをつけているだけなので芸がないと思う。削除された要素が加えられている分、失笑・陳腐な場面も少なくない。たくさん入っていればいいというものではないし、オリジナルのエディットの方が無駄がないタイトなものである。今はデリートシーンは別にして付属できるのだし、ソフトで初めてこの作品に接するオーディエンスもいるのだから、シアター版をスタンダードとするのが望ましい。
レインさん [DVD(字幕)] 8点(2009-09-20 03:03:09)
72.公開当時,映画館で5回見た。この特別編はドラマが膨らんでいるので3、4から見た人はこの特別編の方が理解しやすいかもしれない。
今,改めて観ると,すごく印象に残っていたCGが的確かつ最小限に使っていたとよくわかる。
ハイテンポなアクション映画という印象があったけど、実はスローモーションが多用されてて、要所要所でストーリーやアクションを印象深くしていることに、今更ながら気づいた。
また、アクションの中にも,さりげなくユーモアも所々に散りばめられているのも感心する。
例えば病院で柵をすり抜けるT-1000が手に持っている銃がひっかかって立ち止まるショット。
T-1000の特性をわかりやすく、一瞬でユーモアの中に表現している優れた演出だ。
最近のアクション映画はこういうちょっとした、予算がかかるわけでもない優れた演出のアイデアがものすごく欠けている。物理法則に説得力の無い,空虚にハデなビジュアルばかりである。
この映画を改めて観ると,アクションとは物理なのだと思う。
傑作とは技術や予算よりも、こういう優れた演出で成立していたはずなのだ。
何度見ても面白いのは,要所要所の計算された演出の賜物だったのだと今は思う。

どっぐすさん [DVD(字幕)] 10点(2009-08-05 02:23:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 91人
平均点数 8.59点
000.00%
100.00%
211.10%
311.10%
400.00%
544.40%
622.20%
744.40%
82628.57%
92123.08%
103235.16%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.40点 Review10人
2 ストーリー評価 8.26点 Review15人
3 鑑賞後の後味 8.12点 Review16人
4 音楽評価 8.70点 Review17人
5 感泣評価 7.09点 Review11人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS