Menu
 >
 >
 > 忠臣蔵(1958)

忠臣蔵(1958)

1958年【日】 上映時間:166分
平均点: / 10(Review 20人) (点数分布表示)
時代劇歴史もの
[チュウシングラ]
新規登録(2003-11-19)【紅蓮天国】さん
タイトル情報更新(2017-08-05)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督渡辺邦男
キャスト長谷川一夫(男優)大石内蔵助
勝新太郎(男優)赤垣源蔵
鶴田浩二(男優)岡野金右衛門
市川雷蔵(男優)浅野内匠頭
京マチ子(女優)女間者 おるい
山本富士子(女優)瑶泉院
木暮実千代(女優)浮橋太夫
淡島千景(女優)大石の妻 りく
若尾文子(女優)大工の娘 お鈴
滝沢修〔男優〕(男優)吉良上野介
黒川弥太郎(男優)多門伝八郎
船越英二(男優)上杉綱憲
川崎敬三(男優)勝田新左衛門
小沢栄太郎(男優)千坂兵部
志村喬(男優)大竹重兵衛
中村鴈治郎(二代目)(男優)垣見五郎兵衛
東山千栄子(女優)大石の母 おたか
中村玉緒(女優)浅野家腰元 みどり
阿井美千子(女優)遊女 刈藻
長谷川季子(女優)腰元 紅梅
穂高のり子(女優)遊女 夕霧
若松和子(女優)塩山の下女 お杉
三益愛子(女優)戸田の局
根上淳(男優)土屋相模守
林成年(男優)堀部安兵衛
川口浩(男優)大石主税
菅原謙二(男優)脇坂淡路守
見明凡太朗(男優)大工政五郎
潮万太郎(男優)町人金太
清水将夫(男優)柳沢出羽守
田崎潤(男優)清水一角
沢村宗之助(男優)荘田下総守
信欣三(男優)大野九郎兵衛
北原義郎(男優)間十次郎
高松英郎(男優)関根弥次郎
松本克平(男優)梶川与惣兵衛
清水元(男優)吉田忠左衛門
寺島雄作(男優)松原多仲
坊屋三郎(男優)町人源吉
竜崎一郎(男優)塩山伊左衛門
香川良介(男優)片岡源五右衛門
滝花久子(女優)矢頭右衛門七の母
朝雲照代(女優)塩山の妻 まき
浦路洋子(女優)勝田の妻 八重
長谷川彰子(女優)大石の長女 おくう
橘公子(女優)仲居 お八重
若杉曜子(女優)遊女 小車
浜世津子(女優)遊女 夕凪
近江輝子(女優)仲居 お梅
市川和子(女優)舞妓 ちょん丸
藤田佳子(女優)遊女 紅葉
荒木忍(男優)堀部弥兵衛
石井竜一(男優)武林唯七
杉山昌三九(男優)不破数右衛門
伊達三郎(男優)杉野十平次
東良之助(男優)本陣の主人 清兵衛
羅門光三郎(男優)吉良家付人 鳥井理右衛門
尾上栄五郎(男優)吉良家付人 新見弥一郎
南部彰三(男優)安井彦右衛門
春本富士夫(男優)田村右京太夫
伊沢一郎(男優)前原伊助
花布辰男(男優)牟岐平右衛門
品川隆二(男優)大高源吾
梅若正二(男優)矢頭右衛門七
千葉敏郎(男優)山岡平八郎
南条新太郎(男優)伊達左京亮
天野一郎(男優)そばや万吉
市川謹也(男優)町人
月田昌也(男優)町人 松造
舟木洋一(男優)神崎与五郎
玉置一恵(男優)近松勘六
原聖四郎(男優)小林平八郎
藤間大輔(男優)倉橋伝助
志摩靖彦(男優)青木久之進
浜田雄史(男優)雲助
葛木香一(男優)原惣右衛門
光岡龍三郎(男優)吉良家付人 須藤与一右衛門
浅尾奥山(男優)小野寺十内
高倉一郎(男優)潮田又之亟
横山文彦(男優)寺崎吉右衛門
藤川準(男優)吉良家付人 添田孫四郎
上田寛(男優)瓦版売り
堀北幸夫(男優)吉良家付人 山吉新八郎
石原須磨男(男優)本陣の番頭
菊野昌代士(男優)和久平太夫
岩田正(男優)三村次郎左衛門
沖時男(男優)大目付の役人
春日清(男優)吉良家付人
桜井勇(男優)吉良家付人
福井隆次(男優)吉良家付人
小柳圭子(女優)
金剛麗子(女優)
三田登喜子(女優)
脚本八尋不二
民門敏雄
松村正温
渡辺邦男
音楽斎藤一郎
撮影渡辺孝
牧浦地志(色彩技術)
製作永田雅一
企画辻久一
蔭山俊夫
配給大映
美術上里義三
衣装吉実シマ
ヘアメイク花井りつ(結髪)
編集宮田味津三
録音大角正夫
照明加藤博也
伊藤貞一
その他IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.そうそうたるメンツの古き良き定番時代劇。中途半端じゃ面白くないとばかりに、善悪描写が両極端。元禄時代の人々の感性が伝わってくるような分かりやすい脚本だけど、他の史実同様真実が知りたい。自分が見たいものしか見えないのは時代が変わっても変らないようだけど。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-12-26 23:38:39)
19.《ネタバレ》 大映オールスターによる忠臣蔵映画。これで忠臣蔵映画見るの三本目だけど、大映だけあって出演者はもちろん、セットも豪華で凝っていてこれぞ大映!という感じの映画になっていて数ある忠臣蔵映画の中でも特に名作とされているのもうなずける。次から次に出てくる豪華な俳優陣の中でもやはりのちにNHK大河ドラマ「赤穂浪士」でも同じ役を演じる長谷川一夫の大石と滝沢修の吉良が見事なはまりぶり。それに群像劇のようにエピソードてんこ盛りで描いているが、166分間、決してだれることなく見せきっているのはうまい。そのエピソード群は泣かせるものが多いが、とくに時間を割かれている鶴田浩二演じる岡野と若尾文子演じる大工の娘との恋のエピソードがやっぱり印象に残り、吉良邸の絵図面を手に入れるために最初から自分に近づいたのかと問う若尾文子に対し、鶴田浩二が本気で惚れていると告げるシーンは良いし、ふたりの別れのシーンも良かった。川崎敬三と志村喬のエピソードも泣ける。すべてのエピソードが史実とは限らないのだが、忠臣蔵はこのように浪士ひとりひとりの物語として見ても面白いものなのだとあらためて気づかされたし、これがこの物語の人気の理由のひとつなんだなと思う。男優陣だけではなく、先ほど書いた若尾文子をはじめ、京マチ子や山本富士子など女優陣も魅力的に描かれていてその点でも満足できた。冒頭に登場する浅野役の雷蔵もうまく、むしろこういう出番の少ない役なのは勿体ない気がするが、それもオールスター映画の贅沢なところ。それにもし、雷蔵がもっと長生きしていれば彼の大石役が見られたかもとつい思った。勝新演じる赤垣源蔵の別れのエピソードもいいのだが、やはり勝新はもっと後年のほうが好きだな。なにはともあれ、大映時代劇自体をかなり久しぶりに見た気がするのだが、じゅうぶんに大映らしさを堪能できる娯楽大作で、最後まで楽しめた。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2016-02-18 00:21:01)
18.この超王道ストーリーでこの豪華キャストならば、つまらなくなるわけがなく、素直に見て楽しんでいれば良いわけです。ただし、浪士側の個々の面々が、せっかくの俳優陣を揃えていながら、鶴田浩二の岡野を除いてはさしたる目立った場面がなく、まとめてすまされている感があるのが残念。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-01-02 01:09:29)
17.娯楽作品なので脚色はあるし、演技も仰々しくて、古き良き時代の映画という印象で、これはこういうものとして割り切ってみれば悪くはないのだが、流石に55年も経つといろいろとちょっとキビシイかなと思わないでもない。
大人になってよくよく考えると、吉良は良い奴ではないが、かといって諸説あるものの理由もハッキリせず、イキナリ殺されそうになって、最後には殺されるという踏んだり蹴ったりで不幸な男だなと思えてくる。まあ何らかの恨みを買うような事はしたのだろうけど、冷静になって見ると、あまり赤穂側に義を感じないんだよね。
「倍返し」に熱狂するように現代になっても仇討ちものはウケルのだろうけど、もういい加減にこのメンタリティーも変えていかないとイカンのではないか?
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 6点(2013-12-25 11:59:17)
16.《ネタバレ》 何を隠そう、忠臣蔵ってちゃんと見たことがありませんでした。一度大河ドラマを見始めたのですが、途中でリタイア。その後もあまり興味が湧かず、今回初めてキチンと見た次第。
とりあえず本作に関しては、台詞回しが時代がかっていてよいです。そもそも時代劇なのにこう言うのも変ですが、最近では時代劇の台詞もわかりやすいように、平易な表現に流れやすいように思います。しかし本作では、キッチリとしたいかにもな時代劇の言葉遣い。映画よりもむしろ舞台の台詞回しに近いのではと思います。人物の所作にしてもそのようなところが感じられ、ある種の古きよき伝統を味わえました。
内容はまさに娯楽の王道で、勧善懲悪。善悪の役割がはっきりしていて、特に悪のボスである滝沢修の憎々しい吉良など、おみごとでした。善玉である赤穂の浪士側では、人情味のあるエピソードが多く、いかにも庶民(町民)が喜びそうな趣向でした。こちらのボスである大石も、大変できた人物であると描写されています。今忠臣蔵を作るとしたら、そこに何らかの「意味」が付け加えられることは不可避だと思います。なので、そうしたテーマ性のない単純な物語は、今となってはかえって貴重でしょう。
けっこうフィクションのエピソードが入っているであろうことは想像に難くありません。現実に起こった赤穂浪士の討ち入り事件(武士の物語)を、大衆娯楽である「忠臣蔵」(町人の物語)へと転換させたことがわかり、なかなか興味深かったです。
映画としては、先に書いたような古きよき伝統を大いに楽しみました。こうした味わいのある映画やドラマは、もはや製作できないかもしれません。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2013-12-23 20:41:27)
15.子どものころは師走になるとだいたいどこかのテレビ局で忠臣蔵をやっていた。ぼんやりとこの話の元は歌舞伎なんだろうとか思って親と一緒に見ていた。そののち長じて歌舞伎の仮名手本忠臣蔵を見ると、かなり違うのに驚いた。刃傷や城明け渡し、京での遊楽などの場はあるものの、映画で繰り返し見た細かなエピソードは全然なく(一晩での畳替えやら、赤垣源蔵徳利の別れやら)、忠臣蔵物語のネタはどこから来たものなんだろうと気になった。当時一番近いと思えたのは三波春夫の浪曲歌謡曲の世界で、映画はこういうのの寄せ集めなんだろう、と思い直した。ちゃんと調べたことはないが、それが近いのではないかと今では思っている。けっこう好きなエピソードは内蔵助が別の武士の名をかたって江戸へ向かう途中、本物と遭遇してしまうやつ。映画では大物をいつも起用していて、本作では鴈治郎だった。これ「勧進帳」をヒントにしてるんではないか。偽装がばれそうなトラブルと、それを「察してくれる」人情の世界、のヴァリエーションになっている。庶民の勧進帳人気で、ああいうのを一つ語ってみたいと講談師なり浪花節語りなりが思い、忠臣蔵を背景にこしらえた一幕が、スタンダードになっていったのだろう、そしてこういう忠臣蔵サーガが次第に結晶していった…、そんなふうに考えている。一本の映画として面白いとは言えないが、知り尽くしている物語に載せて、オールスターを見渡せる楽しさ(たとえば紅白歌合戦のような)が当時はあったと思われる。
なんのかんのさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-12-23 09:39:35)
14.ひゃあああ… なんという豪華な俳優陣。オールスターキャストとはこの事だ。さすがに全員に満足な見せ場があった訳ではないけど、代わる代わる大物俳優が出てくる画面を見ているだけで楽しかった。物語については今さら言うこともないが、忠誠、忍耐、人情、名誉といった日本人が好きなポイントを贅沢に盛り込んでる訳だから感動は必至。目頭が熱くなる。逆に不満らしい不満はないけど、強いて言うなら討ち入りをもう少し派手に撮ってほしかったかなと…。それでも大満足の166分間。日本映画黄金時代の底力を感じる傑作。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2013-12-22 23:31:27)
13.ひとつひとつのエピソードがしっかりとしているから、最後のカタルシスが強烈。少しセリフが早口でわかりにくいのが難点。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-12-22 20:04:03)
12.講談の赤穂義士銘々伝でも有名な「赤垣源蔵徳利の別れ」、「南部坂雪の別れ」、「岡野金右衛門恋の絵図面取り」等々の泣けるエピソード満載の忠臣蔵で、毎年、年末はこの映画を見返します。
史実ではない部分も多いですが、抑えた演技に適度に盛られたデコレーションが花を添え、ザッハトルテに甘くない生クリームを添えたような絶妙さで、忠臣蔵映画の決定版といえる仕上がりになっています。
俳優陣も、上品な色気のある長谷川一夫さん、冷めた色気をたたえた市川雷蔵さん、やんちゃで色気がある頃の勝新太郎さん、少しギラギラしている鶴田浩二さんと充実しています。
特に長谷川一夫さんの大石内蔵助は、上品さ、色気、知性のいずれをとっても、他の追従を許しません。
山沢学円さん [DVD(邦画)] 9点(2013-12-17 08:12:06)
11.今まで数多くの映画やTVドラマが作られた忠臣蔵、何本見たことだろう。もちろん私が生まれる前の忠臣蔵は知らないが、子どもの頃見た忠臣蔵はずいぶん重みがあった。
この長谷川一夫の忠臣蔵はその筆頭といえるだろう。何といっても豪華なキャストとたくさんのエピソードを盛り込んだ内容は、秀逸である。
ただ私好みとしては、片岡知恵蔵の方が好きであり、松本幸四郎も捨てがたい思っている。長谷川一夫はやや浪花節調であり、刀を振り回す内蔵助は好きでない。この映画で好きなのは、幕府目付役の多門伝八郎だ。内匠頭の切腹に対し、堂々と進言しているのに応援したくなる。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 7点(2011-12-15 21:53:44)
10.これが噂に聞いていた「忠臣蔵」映画の中でも最高傑作と言われる作品か!なるほど、これは確かに面白いし、よく出来ている。何よりも大映映画のオールスター勢揃い、男優も女優もこれ以上は無理であろうと言えるほどの豪華な顔ぶれに、それだけでも観ていて飽きないし、それに一つ一つのエピソードがこれまた泣かせるではないですか!どう泣かせるかって?それは見てのお楽しみてことで、いやはや、それにしてもこの顔ぶれは本当に凄い。長谷川一夫の大石蔵之助がはまりすぎていて、台詞にしてもかっこ良い。これほどまでにこっか良い大石蔵之助は他では中村錦之助しか知らない。そんな長谷川一夫の仲間達の中でこれまた鶴田浩二が特に良い。若尾文子との別れのシーンでのあの時の二人が良い。若尾文子に対する鶴田浩二の見せる優しさとそれに応えようとする若尾文子の可愛さ抜群です。他にも山本富士子のこれまた白い服のお似合いなことといったらない。何度も言うようにとにかく出演者の顔ぶれだけでも見ていて飽きないし、そんな中で市川雷蔵と勝新の使い方、使われ方が何だか勿体無く感じたのが残念です。美しい映像美と男たちのかっこ良さに美しく華やかな女性達と見所たっぷりな2時間40分でした。
青観さん [ビデオ(邦画)] 8点(2009-12-20 12:34:46)
9.主君の無念をはらすため、全てを捨てた男達の生き様です。和です。長丁場だし、ヤマはほぼ最後だけなのですが、様々な人物たちのエピソードが泣けます。日本人なら一度くらいはみといてもいいですね。男たちの化粧が濃い。
すべからさん [DVD(邦画)] 8点(2008-06-10 18:28:53)
8.このレビューに登録されている日本映画黄金期に製作された忠臣蔵ものでは、この大映作品が一番評価が高かったので期待してましたが、期待通りの真打ち作品でした。忠臣蔵って各会社のカラーが顕著に出ていて、それぞれ見比べるとホントに面白いですね。大映っていう会社の映画は現代劇でもどこかねっとりした湿りっ気があるのが特色だけど、時代劇においてはその湿り気が逆にプラスに働いて、画面にしっとりした貫禄と落ち着きを与えています。しかも女性陣が単なる彩りに過ぎない東映作品とは違い、大映が誇る三人の美姫、山本富士子、若尾文子、京マチ子がそれぞれに演じどころを与えられ、存在感を遺憾なく示しているのも目の保養。主役の長谷川一夫はじめ、出演者の皆さんいかにもご立派な「時代劇顔」をしてるのも嬉しい。岡野金右衛門=鶴田浩二が一番の儲け役。内蔵助の母親が登場してくるのが珍しい。ただ肝心の討ち入りの殺陣の迫力はチャンバラの本家東映作品の方が勝ってたかなあ・・・。やっぱり新解釈とかを加えない、オーソドックスな展開の方が忠臣蔵は楽しめると思います。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(邦画)] 8点(2008-01-14 10:25:29)
7.映像が綺麗だし質が高い作品。討ち入りの時の羽織姿、いざって感じの覚悟決めてるとことかとてつもなくかっこいい。3時間近くあるけど全然時間感じないで見れました。忠臣蔵初体験ってのもあって見入れたのもある。時代劇といえば東映で、大映の俳優さんはあんまり見たことないけどそれでもかなり豪華キャストなのはわかる。現時点で顔と名前一致するの10人くらいなので、もうちょっとしたらもっと楽しめると思う。
バカ王子さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-08-15 02:13:38)
6.忠臣蔵の基本でしょうか、変に脚色されすぎていないストーリーが好感持てます。滝沢上野介のいやらしさ、憎らしさ、実に似合ってました。千坂兵部はいい感じですが色部が出ずというのが残念。討ち入りもチョッとサッパリしすぎな感もあるが、ここに至るまでが長いから、くどすぎない方がいいんでしょうか。
亜流派 十五郎さん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-05-07 23:13:24)
5.3時間近い長尺ですが、飽きるなんてとんでもない、これでもコンパクトで喰い足りない印象。何しろ相手は忠臣蔵ですからね、日本人の心のルーツですよ、これは。なんちゅうても、タッキーこと滝沢修の演じる吉良コーズケノスケの超イジワルぶり。「この田舎大名が!」う~む、誰もが子供の頃、一度はこんな奴にイジメられた経験あるのでは?(え?社会人になってからも?)。まさにこれぞ心のルーツである所以。この吉良役の憎々しさは、ドリフのコントで志村けんが演じた吉良に間違いなく匹敵します。一方、浅野内匠頭を演じるのは・・・がーん。雷蔵だ。この気丈さと薄幸ぶりは実にハマってますが、殺陣が見られないのが残念!「殿中でござる」シーンでホンの少し見られるけどね。まあ、でももし雷蔵が吉良役だったら? これじゃ、四十七士が乗り込んできたって、円月殺法でイチコロ、返り討ちにしちゃうのは目に見えてる。これでは忠臣蔵にならない。よってまあ妥当なキャスティングと言えましょう。その後の展開はもう、聞くも涙、語るも涙。そして待ちに待った討ち入りへ。全体的に、適度にチャンバラを散りばめているものの、殺陣に破天荒さがなくおとなしい感じは否めない、しかし勿論これはこれでよいのだ(←強引だなあ)。そして意外に爽やかなラスト、誰もが、日本人に生まれてよかったと思う瞬間ではなかろうか。
鱗歌さん 8点(2004-08-01 00:41:20)(良:1票)
4.実は今まで「忠臣蔵モノ」をちゃんと観た事がなく、たまたま先日BSで放送されていた本作を観ました。正直「主君の仇討ち」という考え方はどうなん?ってな気もしたし、いくら美談化してもやったことって結局テロ(百歩譲って押し込み強盗)なんじゃないの?とか、最初は思ってみてたのだけれど、何だかんだで討ち入りのシーンに胸が高まってしまったのは、やはり日本人だからなのだろうか。なんかそういう安易な結論付けはイヤなのだけれど。ともあれ、討ち入りそのものも良いけれど、その周辺の各エピソードが魅力的。名前は忘れたけど、大石がその名を騙っていた大名(か何か)が、偽者が(敵討ちを果たさんとする)大石であることを知り、「申し訳ありません、私が偽者でした」と言って自分の通行手形を大石に渡す所とか、或いは乱痴気遊びにふける大石を見限った家族が仏壇に供えてある大石の位牌を見て彼の決意に気付く所とか、「以心伝心」な場面が、良いですねえ。
ぐるぐるさん 7点(2004-05-29 16:35:38)
3.長い作品だからつまんなかったら嫌だなあとか思って観るのためらっていたのですが、面白かったですー。葛藤とかサスペンスとかが上手く入ってて引き込まれました。赤穂浪士の熱さもかっこいいですよね。
どろさん 8点(2004-05-28 19:03:06)
2.「忠臣蔵」関係の映画は数々あれど、私はこの大映版が一番好きだ。超豪華キャストに加えセット、調度品、着物等美術も素晴らしくて豪華絢爛である。「忠臣蔵」には諸説があるのでアプローチの仕方によって作品の作りも変わってくるが、この大映版はかなりオーソドックス。「忠臣蔵」を見ていると赤穂浪士は勿論のこと、それにまつわる人々の行動に教えられることが多い。劇中の登場人物は常に二通りで、保身に走る格好悪い奴と多少の危険を犯しても筋を通す格好良い奴。私は格好良い奴でありたいといつも心に誓うのだ。それにしても「忠臣蔵」ってホントに良く出来た話しだとつくづく思う。松の廊下での刃傷沙汰、桜吹雪の中での切腹、いちいちドラマチックな人間模様。そして最期は雪の中討ち入りと言う最高のクライマックスがやってくる。年末はこれを見なきゃ年は越せない。
黒猫クロマティさん 8点(2003-11-26 11:43:40)(良:1票)
1.登場人物一人一人が胸に秘めた熱い意志、その周りの人々との深い壮大な人間ドラマ、超骨太な本格時代劇は見ごたえ十分。侍としての忠義から、多くを犠牲に戦う。昔の日本には、彼らのような男たちがいたのだ。江戸の町を歩く四十七人のカッコいいこと。
紅蓮天国さん 8点(2003-11-19 20:09:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 7.30点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5210.00%
6315.00%
7420.00%
8945.00%
9210.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS