パーフェクト・カップルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パーフェクト・カップル
 > (レビュー・クチコミ)

パーフェクト・カップル

[パーフェクトカップル]
Primary Colors
1998年【米・仏・英・独・日】 上映時間:143分
平均点:6.00 / 10(Review 30人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-03-20)
ドラマコメディ政治もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-21)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイク・ニコルズ
助監督マイケル・ヘイリー
キャストジョン・トラヴォルタ(男優)ジャック・スタントン知事
エマ・トンプソン(女優)スーザン・スタントン
ビリー・ボブ・ソーントン(男優)リチャード
キャシー・ベイツ(女優)リビー
ラリー・ハグマン(男優)フレッド・ピッカー知事
モーラ・ティアニー(女優)デイジー
ダイアン・ラッド(女優)ジャックのママ
ポール・ギルフォイル[1949年生](男優)ハワード
ミケルティ・ウィリアムソン(男優)デュウェイン・スミス
ブライアン・マーキンソン(男優)ランディ
ロバート・クライン(男優)ノーマン
ステイシー・エドワーズ(女優)ジェニファー
ジア・カリデス(女優)キャッシュモア
キャロライン・アーロン(女優)ルシル
ロブ・ライナー(男優)イジー
J・C・クイン(男優)チャーリーの伯父
アリソン・ジャネイ(女優)ミス・ウォルシュ
ケヴィン・クーニー〔男優・1945年生〕(男優)ローレンス
トニー・シャルーブ(男優)エディ
ローナ・スコット(女優)空港のバーの女性(ノンクレジット)
チェルシー・ロス(男優)チャーリー・マーティン
ハリソン・ヤング[男優](男優)サム
ジェームズ・アール・ジョーンズCNNのナレーションの声
脚本エレイン・メイ
音楽ライ・クーダー
作詞ライ・クーダー"HAPPY MEETING IN GLORY", "JERICHO BLUES"
編曲トーマス・パサティエリ
挿入曲ライ・クーダー"HAPPY MEETING IN GLORY", "JERICHO BLUES"
ナット・キング・コール"UNFORGETTABLE"
オリヴィア・ニュートン=ジョン"PLEASE, MR. PLEASE"
撮影ミヒャエル・バルハウス
デヴィッド・ノリス〔撮影〕(カメラ・オペレーター)
製作マイク・ニコルズ
マイケル・ヘイリー(製作補)
製作総指揮ジョナサン・D・クレイン
ニール・A・マクリス
配給東宝東和
美術ボー・ウェルチ(プロダクション・デザイン)
シェリル・カラシック(セット装飾)
ニーナ・サクソン(タイトル・デザイン[ノンクレジット])
衣装アン・ロス〔衣装〕
ゲイリー・ジョーンズ[衣装]
ヘアメイクJ・ロイ・ヘランド
編集アーサー・シュミット
録音クリストファー・ニューマン〔録音〕
字幕翻訳戸田奈津子
その他ジュリエット・テイラー(キャスティング)
トーマス・パサティエリ(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.序盤はコメディなのかと思ったけど、意外と真面目な話でした。
大統領選を皮肉った内容ではあるけど、現実の方がもっと酷いような気がしてインパクトに欠ける。
女性にはだらしないけど善人という設定なのは理解できるけど、いまいち魅力的に思えなかった。
あと、邦題の意味はさっぱり理解できなかった。
もとやさん [地上波(吹替)] 5点(2017-12-13 15:59:51)
29.なぜ「パーフェクトカップル」というタイトルなのか全くもって不明。まあ、大統領選の裏側をみることはできたが映画としてはつまらない。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 4点(2017-01-02 17:34:46)
28.聖人君主などいないし、誰でも叩けばホコリぐらいは出てくる。目的のためには手段を選ばない事の是非。相手を潰すために戦う事の難しさについて考えさせられた。政治家や有名人になろうとする人は相当な鈍感か、タフではないといけないのだろうな。この時代よりもネット社会は進行し、衆人監視の中、ありとあらゆる事が検証されて、暴かれるし。先日の五輪エンブレム問題などはよい例だ。一度暴かれたら再起不能になる。それにしても邦題はどうにかならないか。夫婦モノコメディーを連想させてしまい、全く内容と異なる。
東京50km圏道路地図さん [地上波(字幕)] 8点(2015-09-04 12:57:01)
27.《ネタバレ》 なかなか良作 アメリカ大統領ものっていろいろあるけど、これってク…某氏のこと でしょ?(トラボルタなんとなく似てるw) こういうものを世に出してしまうアメリカという国がある意味スゴイ  大統領選挙戦の裏側というよりは 誰かの下半身事情 もしくは過去の汚点 の暴露大会で  スキャンダラスな事がお好きな方にはいいのかな?的内容で そこまで面白味は感じなかったかなぁ  それよりもやはり流石(さすが)のキャシー・ベイツ  圧倒的な存在感は文句なし 若干サイコ気味な役がよーく似合う(アノ映画のイメージが強いか(苦笑))  それだけにあの結末は衝撃的でアリマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-07-09 17:25:42)
26.題名が気に入らない。これでは大統領選の政治劇と思わない。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-01-23 19:37:44)
25.なかなか面白く見られた。キャシーベイツがレズビアンというのにたまげた。実生活のことはよく知らないけど。「アリ」なようで「やめてー」なようで、もはやこの世のものとは思われないそのりりしいゲイ姿。完全に主役より強烈になっちゃってた。そういえばこないだシュミットさんで彼女の胸を見てたまげたばかりだ。
トラボルタなんていつでもトラボルタだけど今回は「某大統領のフリしてます」なめずらしい役どころ。確かにあのドーナツ屋シーンは特筆モノ。ぼそぼそしゃべってるしさ。いつもまぶしそうな目だしさ。モノマネとしては下手だったけど、「それなりの《トラボルタがやってる》クリントン」ではあった。ところで「ビョーキ」の亭主を持ったらどのように生きていけばよいか、現在世界で最も含蓄のあるアドバイスができるのはヒラリーに間違いない。ぜひ聞いてみたい。べつに実生活には役立たないが。仁科明子と対談なんていかがでしょう。
パブロン中毒さん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-01-10 22:03:22)
24.長い作品ですがなかなか面白かったです。このての政治モノでは一番出来がいいと思います。最後がちょっとはしょった感じで急ぎすぎなのがマイナスかな?予想外に面白くて、映像もキレイで楽しめました。黒人青年はこの後どうなるんでしょうね。それと結構あちらの選挙ってホント1年がかりの大イベントですよね。
たかちゃんさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2005-11-23 14:02:06)
23.この手の映画にしてはけっこう見れたかな~辛辣に描いてるんじゃないんですか?実際もこう言う感じなんだろうな~って思いました。もろクリントンに似せてるのもいいですね~誰か日本版作って~~ しかしあの役、キャシーベイツじゃなくても、存在感ありすぎだよ~画面からはみ出してる…
レスマッキャン・KSKさん 4点(2004-11-12 06:15:49)
22.《ネタバレ》 私の場合事前に、どうせクリントンを徹底的にこき下ろした、大統領選の裏側暴露のブラックコメディー作品だろう、という先入観があって、ほとんど期待せずに観たので、予想外のシリアスな内容で意外に面白かったです。「ワッグザドッグ」などから比べると派手さや刺激が少ないし、娯楽性はないのかもしれませんが、大統領に絡んだこれ見よがしの露悪的な作品にはもう食傷気味なので、こういった作品の方が反って新鮮味を感じます。少なくともまだアメリカにも良心が残っているのかもしれないという淡い期待を感じさせてくれます(もしこれがクリントンの実話に基づいているのなら、こんなことがあってようやく大統領になったのに、性懲りも無く彼はモニカ・ルインスキーなどと事を起こしてしまったわけで、なんともはやという感じです)。新奇の無い政治物ということで点数を低くしてますけど、後味は悪くなく楽しめました。トラボルタもがんばっていたと思います。
キムリンさん 6点(2004-11-03 09:30:20)
21.製作者が「日の名残り」と同じでエマ・トンプソンも出演していたので、日の名残りのような私たちの知ることのできない世界を描いてくれるんだろうと期待してしまいました。確かに政治の裏側という普段知ることのできない世界が描かれていましたが観賞し終わった後には後味の悪さのみが残った作品でした。キャシー・ベイツが自分を月にたとえ切なそうに語ったシーン、悲しすぎます・・・。「パーフェクト・カップル」という作品名が皮肉にも聞こえますね。
MINI1000さん 5点(2004-06-12 18:12:14)
20.観た当時は考えなかったが,「24」の第1シーズンを思い出します.(テンションが全然ちがうけど・・・)
マー君さん 5点(2004-06-06 16:55:58)
19.どうもM・ニコルズとは相性の悪いおいら。史上最低の主人公を描いた『卒業』にだけ妙に共感できたのだが、それはまた別の話。(興味を持たれる方が万が一いたら、『卒業』のレビューを参照のこと)この人の欠点は、人間の弱さを描く際に妙にシリアスになってしまうことではないか? それもかなり中途半端な。もっと軽いノリでこの大統領予備選を描いていたら、きっともっと楽しめるものになっていたに違いない。役者陣は概ね好演していたので、甘めに採点。
恭人さん 6点(2004-05-06 17:09:49)
18.パーフェクト・カップル??誰と誰が?
ボビーさん 6点(2004-04-10 18:01:33)
17.大統領選挙の陣営というものはこんなものなのかと思って楽しめた。日本と違ってアメリカは国民が投票するからマスコミの報道が大きく影響しちゃうんだね。マスコミに踊らされやすい日本国民にはやっぱり危ない選出方法だなぁなんて思ったりした。もうブッシュになってからしばらくたつからトラボルタがクリントンに見えたってことはなかったけどエマトンプソンがなんだか田中真紀子に似て見えたのは自分だけかな…?あとはお気に入りのキャシーベイツが期待を裏切らない好演を見せてくれたので満足。
日向夏さん 7点(2004-02-28 14:54:09)
16.マイク・ニコルズの作品がどうしても苦手な私ですが、この映画では映像のあまりの美しさに思わずごめんなさいと謝ってしまいました。基本的に風景を美しく撮る監督だとは思いますが、特にドーナツ屋(でしたっけ?)のカウンターでたそがれるトラボルタをロングから寄せたところとか、素直にああ美しい映像だなあ、と感動しながら観ていました。誰が観てもそれとわかる某大統領夫妻をモデルにした作品ですが、テーマとしては学生運動へのノスタルジーを主に扱った友情モノとして捉えた方がストーリーにも肩入れできると思います。みんな若い頃にはいろんな夢を持っていたんだよね、でもそれは理想論でしかなかったし、世の中には変えられないことがいっぱいあるよね、というある種の人生観を見出すことが出来る世代には、ちょっと胸の詰まる部分もありました。大人のための大人の映画として、長く記憶に残る佳作だったと思います。
anemoneさん 9点(2003-12-29 13:59:53)
15. まったくどうでもいいような題材なのだが、最後まで見られたのは、エマ・トンプソンとキャシー・ベイツの巧演があったからこそである。
Oliasさん 4点(2003-12-26 03:25:48)
14.トラボルタと某米大統領は似てますな。
M・R・サイケデリコンさん 6点(2003-12-24 17:58:26)
13.前半はコメディタッチで笑えたのに、後半はドロドロ。政治がゲームのようになってしまって、国民によって支えられた国家から遠く離れてしまっているという現実は、もはやどうにもならないこと、それに対して人って、非力なままなんでしょうかねぇ。そういう虚しさは、この映画の中に流れる空気、そしてこの映画のスッキリしない出来から伝わってきますが、私が求めているのは、その現実の先にあるもの、明確な答えなんですけどねぇ。なんだか後味の悪さばかりが残る映画でした。
あにやん‍🌈さん 5点(2003-12-16 23:46:40)
12.《ネタバレ》 登場人物の多さに戸惑いながらも、途中まではテンポも良く、笑えて(携帯電話捨てるとこ最高だった)スカッとする最高の映画に見えた・・・17歳の黒人娘とのスキャンダルまでは。ああ勿体ない、これだけの役者そろえて、後半の展開とラストがあれじゃなあ。(キャシー・ベイツの死は衝撃的でジーンとしたが)不満は残りますがビリー・ボブ・ソーントンの完璧な演技は見る価値あり。
やっぱトラボルタでしょうさん 6点(2003-11-26 09:58:36)
11.某大統領の脚色話。そこまで飛ぶの?そこで終わり?って感じでちょっと後味が悪かった。一つの問題に対してもっと掘り下げるか時間的余裕が欲しかった。党代表になりチームの結束が固くなるラストに無理矢理つなげてるようにみえた。最後にトラボルタと握手した後、秘書がアップになる、「え・・・?あらら」。
スルフィスタさん 4点(2003-10-19 03:34:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4620.00%
5413.33%
6930.00%
7723.33%
8310.00%
913.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.33点 Review3人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1998年 71回
助演女優賞キャシー・ベイツ候補(ノミネート) 
脚色賞エレイン・メイ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1998年 56回
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ジョン・トラヴォルタ候補(ノミネート) 
助演女優賞キャシー・ベイツ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS