真夜中の戦場/クリスマスを贈りますのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > 真夜中の戦場/クリスマスを贈ります
 > (レビュー・クチコミ)

真夜中の戦場/クリスマスを贈ります

[マヨナカノセンジョウクリスマスヲオクリマス]
(真夜中の戦場/悲しみのクリスマス(JSB))
A Midnight Clear
1992年【米】 上映時間:107分
平均点:7.60 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
ドラマ戦争もの青春もの
新規登録(2003-11-22)【オオカミ】さん
タイトル情報更新(2010-12-10)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督キース・ゴードン〔男優&監督〕
キャストピーター・バーグ(男優)
ケヴィン・ディロン(男優)
イーサン・ホーク(男優)
ゲイリー・シニーズ(男優)
フランク・ホエーリー(男優)
ジョン・C・マッギンレー(男優)
デヴィッド・ジェンセン〔男優・1952年生〕(男優)
原作ウィリアム・ワートン「真夜中の戦場」
脚本キース・ゴードン〔男優&監督〕
ウィリアム・ワートン
音楽マーク・アイシャム
撮影トム・リッチモンド
製作ビル・ボーデン
デイル・ポロック
製作総指揮マーク・エイブラハム
アーミアン・バーンスタイン
トム・ローゼンバーグ
あらすじ
1944年12月のアルデンヌ地方。ドイツ軍最後の大反抗作戦が始まり、アメリカ軍の小隊は包囲されてしまう。歩哨に立つ中で、敵であるドイツ軍と奇妙な交流が始まり、一緒にクリスマスを祝うことになるの。やがて斥候に出た彼らに、ドイツ軍が降伏の申し出をし、彼らは受諾するのだが・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 わりと好きな作品です。戦場でクリスマスなんて悲しい。イーサンホークが何かのインタビューで「戦争映画に違和感があった。反戦を訴えながらも、男たちがかっこよく銃を撃ちまくる。でもこの映画は違った、だから出演したんだ」と言っていたのを思い出した。
ぷー太。さん 7点(2004-04-03 00:00:34)
4.《ネタバレ》 だいぶ前に見た作品ですが個人的に好きな話でした、戦争映画なのに戦闘シーンがほとんどないところや敵対国の部隊と次第に打ち解けていく関係などこれ実話をもとにしているのかどうか知らないのでなんとも言えないのですがもし本当にあったら素晴らしいことだと思いました。若い兵士ばかりというのもなかなか盛り上げてくれます。
AXL侍さん 7点(2004-02-28 02:39:36)
3.《ネタバレ》 一年前から今年のクリスマスにはこれを観ようと決めてて、やっとその日が来ました。ぱーっと解説読んだ限りじゃ、“戦争中だけどクリスマスくらいはほのぼのな(『エーゲ海の天使』みたいな)映画”と解釈してたんだけどとんでもなかった。戦闘意欲をなくした分隊が雪合戦をしかけて来たり、ツリーに灯をともしてクリスマスソングを歌ったり、プレゼントを交換したり…あぁ無意味な戦争で殺し合いをしたくない、のは皆同じなんだなと、遊び心のあるドイツ兵を闇の中の光のようにほほえましく観てたのに…仲間のためを思っての秘密が手違いを起こし、やり切れない悲劇を産んでしまった。こんなに複雑な気持ちになってしまうのは、やはり戦争だから…。誰が悪いのでもない、戦争が悪いのだ。その悲劇が手柄になるというのが厳しい現実。ラストの「メリークリスマス!」何がメリー?・・・戦地でクリスマスだなんて悲し過ぎる。
桃子さん 8点(2003-12-24 16:17:47)
2.日テレの深夜映画(字幕版)で見たのですが、けっこう拾い物でした。役者もなにげに豪華。敵同士による“戦争ごっこ”といえば「史上最大の脱出作戦」という名作コメディーがありますが、こっちはひたすら重く、暗く、悲しい。アルデンヌの雪の森での戦いの壮絶さはTVシリーズ「バンド・オブ・ブラザーズ」でもハイライトとなっていますが、あの状況の中だったらきっとこんな事もあっただろうな~と思わせる映画です。
あおみじゅんさん 7点(2003-12-11 16:08:32)
1.《ネタバレ》 第二次世界大戦末期1944年12月のアルデンヌ高原が舞台の戦争映画です。「バルジ大作戦」や「パットン大戦車軍団」とは異なり、派手なドンパチもあまりなく、雪深いアルデンヌの森を背景にして淡々と映画は進みます。ヒトラーが最後の賭に出たバルジ大作戦が始まり、アメリカ軍の一個小隊が孤立することになります。彼らは夜ごとの歩哨に立つウチ、敵であるドイツ軍と奇妙な交流をはじめることになり、やがて一緒にクリスマスを祝うことになります。そうやって心の交流が始まったかと思ったところで、まだ戦争中なのだと言うことを実感させられる事件が起こります。ドイツ軍が彼らに降伏を申し出て、それを受け入れた彼らとドイツ軍の間で、まねごとの撃ち合いが始まるところで、ゲイリー・シニーズ演じる兵士”マザー”(←彼の手柄とするために小隊の他のメンバーが画策していたので、何も知らされていなかった)が、味方がドイツ軍に襲撃されていると勘違いして、ドイツ兵を撃ち殺してしまいます。その騒ぎの過程で”ファーザー”が撃たれて死んでしまいます。ドイツ兵は皆殺され、彼らは”ファーザー”の遺体を運びながら、ドイツ軍の包囲を突破しようと試みます。何かキリストを彷彿とさせるようなシーンがあり、最後にどういう手段をとるかは伏せますが、戦争映画らしからぬ淡々とした描写に心を打たれます。実際に、アルデンヌの戦場には新兵が多かったことを知っているので、小隊のメンバーに若い兵士が多いのもニヤリとさせられます。”ノット”(イーサン・ホーク)に上官が命令するシーンが、戦争の非情さを感じさせます。
オオカミさん 9点(2003-11-23 19:48:12)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 7.60点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7360.00%
8120.00%
9120.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS