マッカーサーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マッカーサー
 > (レビュー・クチコミ)

マッカーサー

[マッカーサー]
MacArthur
1977年【米】 上映時間:130分
平均点:5.57 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(1978-01-21)
ドラマ戦争もの伝記もの
新規登録(2003-11-23)【オオカミ】さん
タイトル情報更新(2020-04-29)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョセフ・サージェント
助監督ドン・ゼプフェル(第二助監督)
キャストグレゴリー・ペック(男優)ダグラス・マッカーサー
ダン・オハーリヒー(男優)フランクリン・ルーズベルト
ディック・オニール(男優)コートニー・ホイットニー
G・D・スプラドリン(男優)ロバート・アイケルバーガー
ケネス・トビー(男優)ビル・ハルゼー
サンディ・ケニオン(男優)ジョナサン・ウェインライト
ギャリー・ウォールバーグ(男優)ウォルトン・ウォーカー
城達也(日本語吹き替え版)
政宗一成(日本語吹き替え版)
大木民夫(日本語吹き替え版)
清川元夢(日本語吹き替え版)
水鳥鉄夫(日本語吹き替え版)
村山明(日本語吹き替え版)
石井敏郎(日本語吹き替え版)
亀井三郎(日本語吹き替え版)
北川米彦(日本語吹き替え版)
平林尚三(日本語吹き替え版)
郷里大輔(日本語吹き替え版)
幹本雄之(日本語吹き替え版)
緑川稔(日本語吹き替え版)
大山高男(日本語吹き替え版)
小関一(日本語吹き替え版)
岡部政明(日本語吹き替え版)
田中亮一(日本語吹き替え版)
城山堅(日本語吹き替え版)
脚本ハル・バーウッド
マシュー・ロビンス
音楽ジェリー・ゴールドスミス
編曲アーサー・モートン〔編曲〕
撮影マリオ・トッシ
製作ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮リチャード・D・ザナック
デヴィッド・ブラウン〔製作・1916年生〕
配給CIC
特撮アルバート・ホイットロック(特別視覚効果)
美術ジョン・J・ロイド(プロダクション・デザイン)
字幕翻訳高瀬鎮夫
あらすじ
「老兵は死なず。ただ消え去るのみ」のことばで有名な、ダグラス・マッカーサーの半生を描いた作品。太平洋戦争初期のフィリピンでの敗戦から巻き返して日本占領軍最高司令官になったマッカーサー。しかしそんな平和もつかの間、やがて朝鮮戦争が勃発する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 第二次世界大戦における有名な米国の陸軍将軍を三名あげると、それはアイゼンハワー・パットン・マッカーサーとなることは間違いないでしょう。アイゼンハワーは軍人としての能力よりも政治力・外交力が秀でていて、パットンはその正反対で根っからの実戦型ファイターで政治力はゼロ、この二人の特性を兼ね備えていたのがマッカーサーということになるでしょう。ある意味この三人中でもっとも複雑な人間性を持ちドラマチックな人生で映画の素材としては申し分ないのですが、凡庸な脚本のおかげで退屈超大作となってしまいました。ジェリー・ゴールドスミスを起用したりして『パットン大戦車軍団』を意識しているのは明瞭ですけどその出来は比べ物にはならないレベル、そりゃ『パットン』の脚本はフランシス・フォード・コッポラの傑作ですから分が悪いですね。演じるグレゴリー・ペックはジョージ・C・スコットのパットンほどではないにせよそれなりに雰囲気は出ていました。ペックは尊大で傲慢な人物を演じさせたら間違いはない俳優だったと感じます。ストーリーテリングはマッカーサーの言動をただなぞっただけで、映画としての見せ場は乏しかったと思います。原爆投下で日本が降伏したので日本進攻作戦がなくなり「原爆は悪魔の兵器だ、使う必要なかった」と毒づいたのに朝鮮戦争では「満州に原爆50発落とさせろ」と主張したり、フィリピン時代は人種偏見が(アメリカ人としては)ないように見えたのに“I shall return”のためにはフィリピン民間人がどれだけ死のうが意に介さなかったり、ボンヤリ観ていると矛盾した言動ばかりでさっぱり人物像が伝わってこないでしょう。そりゃあ「俺は戦争が死ぬほど好きだ」の単純なパットンの方が理解させ易いでしょうが、マッカーサーのより複雑な人格に斬りこめないのだったら映画化した意味はないです。 米国は伝統的に功績のあった軍人や大統領の名前を軍艦名や兵器の愛称に使いますが、アイゼンハワー(原子力空母)パットン(戦車)と違って未だにマッカーサーの名は使われていません。ここら辺に米国政界や軍の彼に対するある意味冷ややかな評価が垣間見れるのかもしれません。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2020-04-27 19:26:01)
6.《ネタバレ》 もう少しダグラス・マッカーサーという人となりを知りたかったが、いろいろ制約もあるだろうしまぁこれは致し方ないかな。真面目な構成なのはわかるけどもちょいと物足りなさが残る、そんな印象でゴザイマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 4点(2017-02-20 07:02:26)
5. 散漫な印象です。グレゴリーペックはボスとして似合っていましたが。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-08-31 21:38:46)
4.《ネタバレ》 米陸軍の太平洋方面司令官で、戦後日本の占領政策を決定し、朝鮮戦争前半の国連軍の指揮をした大人物の半生を簡潔に描いた大作と思う。簡潔な大作というのは矛盾している評価だけれど、軍神と評しても良い軍人としての能力を持ちながら、パットンほどの癖のある人物ではないし、日本の占領政策で見せた優れた政治能力を持ちながらもアメリカ国内で政治家としての活躍がなかっただけに、どろどろした人間模様もなく人生が簡潔に描けてしまう所が映画としての見所を少なくしてしまったのかもしれない。それでも日本における天皇の立場を評した所、日本が軍隊を持たず、戦争放棄をうたった憲法を持つ過程(異論もあるけど)、ソ連代表に北海道に進駐することは絶対に許さないと言ったりした史実はそれなりに描かれていて、70年代後半のアメリカ人にとっては新鮮な部分も多くあったのではないかと思われる。朝鮮戦争において、台湾の蒋介石と個人的?に何らかの約束を交わして大統領に不評を買うところも描かれているが、70年代では、鴨緑江を超えて新生間もない中共に突入し、中華民国再興という野望まで視野に入っていた可能性にも触れるのは難しかったかもしれない。いずれにせよ米国内、米軍内での親共産主義勢力との確執やその後のレッドパージなどについてはあえて触れていないところが何か物足りなさを感ずる所以かも知れません。結局パットン同様できすぎて人気のありすぎる軍人は政府の力で現役から降ろされ「老兵は消え行くのみ」と語って表舞台を去るのですが、この辺が戦前の日本との大きな違いと思います。
rakitarouさん [DVD(字幕)] 7点(2008-05-05 17:51:09)
3.現代日本の骨格を指導し、東西ドイツ、朝鮮の二の舞を避けてくれた人物。
無条件降伏の日本を新生日本に援助してくれた人物。その人となりを教えてくれる。かなり史実に忠実なようだ。英雄伝、偉人伝、人物伝記の映像編となっている。日本駐留時の話は断片的に聞くが、アイゼンハワーとの関係、トルーマンとの関係、大統領にも近かった男等、時代の流れに沿って理解できた。
ご自由さんさん [DVD(字幕)] 7点(2007-05-05 12:03:45)
2.一見、戦争映画的な感じもしますが、ジェリー・ゴールドスミスの名曲「マッカーサー・マーチ」ほど勇壮な物語ではなく、ダグラス・A.マッカーサー米陸軍元帥の後年を描いた、生真面目な伝記映画といった仕上がりになってます。従って映画の中に物語的ポイントは無く、有名なエピソードをさらっと流しただけで終わってしまったという印象です。特にGHQ時代なんか、ほんのちょっとしか描かれてません。ましてや、何事も単純化してしまうハリウッド映画の例に漏れず、平和憲法制定のシーンには目が点になってしまいました。余り戦争自体にスポットを当ててないのに、政界進出部分もカットしてあるのが解せませんね。ま、アメリカ近代史上最も優秀だと言われている軍人を知る為の入門編としては良いかもしれません、5点献上。
sayzinさん 5点(2004-11-26 00:11:17)
1.日本占領軍総司令官ダグラス・マッカーサーの半生を描いた作品です。「パットン大戦車軍団」を意識して作られたような感じの作り(演説に始まり演説に終わる)ですが、描かれる対象人物の魅力の差なのか、ストーリーは今ひとつ盛り上がりに欠けます。ストーリーは、日本軍に負けてのコレヒドール要塞からの撤退から始まり、"I shall retun."のシーンに始まる車輪の軸作戦、そして占領政策、やがて起こる朝鮮戦争と、「老兵は死なず」の退役までを史実に沿って描いているのですが、我々日本人にとっては今ひとつ親近感のわかない人物であるせいか、パットンほどの魅力は感じられません。また、幣原内閣の日本国憲法制定までの過程も、実際は武力を背景にした押しつけという見方をする人にとっては受け入れがたいものがあるでしょう。映画はパッとしないけれどもJGの音楽はとても印象深いものがあり、エンディングに流れるテーマは私も大好きな曲です。
オオカミさん 7点(2003-11-23 01:15:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.57点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4228.57%
5228.57%
600.00%
7342.86%
800.00%
900.00%
1000.00%

【ゴールデングローブ賞 情報】

1977年 35回
主演男優賞(ドラマ部門)グレゴリー・ペック候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS