竜馬の妻とその夫と愛人のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 リ行
 > 竜馬の妻とその夫と愛人の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

竜馬の妻とその夫と愛人

[リョウマノツマトソノオットトアイジン]
2002年上映時間:115分
平均点:5.13 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-09-14)
ドラマラブストーリーコメディ時代劇戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2003-11-23)【亜流派 十五郎】さん
タイトル情報更新(2021-08-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督市川準
助監督井上文雄
演出オダイッセイ(オープニングタイトル演出)
キャスト木梨憲武(男優)西村松兵衛
鈴木京香(女優)おりょう
江口洋介(男優)虎蔵
中井貴一(男優)菅野覚兵衛
トータス松本(男優)坂本竜馬
橋爪功(男優)勝海舟
梅津栄(男優)椿屋の店主
嶋田久作(男優)谷千城
小林聡美(女優)きみえ
三谷幸喜(男優)長屋の住人
原作三谷幸喜「竜馬の妻とその夫と愛人」
脚本三谷幸喜
音楽谷川賢作
撮影小林達比古
製作富山省吾
東宝
博報堂
企画鍋島壽夫
プロデューサー市川南〔製作〕
配給東宝
美術山口修
録音橋本泰夫
照明中須岳士
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
31.せっかくの設定が全然生かされていません。まあ、主演にあんなに演技のできない人を当てている時点で志の低さは見えますし、中井貴一も全然合わない役に便利使いされているだけ。鈴木京香の演技にもやる気が見られない。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2022-04-19 00:34:31)
30.《ネタバレ》 トータス松本の鈴木京香とその木梨憲武と江口洋介
ってことですね。
後見人中井貴一さんも加わってなかなかゆるーく展開していきます。
坂本竜馬のカリスマ性に翻弄される人々。
お題『坂本竜馬』でボケ倒した感じの脚本が良かったね。
最後のオチはさすがに無理があるような気がしたけど(笑)
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-08-11 03:16:02)
29.木梨のテレビのバラエティコントレベルの拙演に中井も鈴木京香もペースを保てず、ズルズルと引き摺られてしまったって感じの失敗作ですね、これは。笑える箇所なんてほとんどなかったし。市川監督の資質とこういう映画は合わなかったような気がするなあ・・・。
放浪紳士チャーリーさん [映画館(邦画)] 4点(2011-09-12 14:33:47)
28.なんだこれ?
<追記>13年ぶりに再見。初見は意味不明だったが、今回は事実関係を追いかけながらフィクション性を確認するという見方をした。結果、少しだけ歴史の勉強にはなった。再婚相手の西村松兵衛や義理弟の菅野覚兵衛というのは実在したらしく、おりょうが貧乏長屋暮らしをしていたのも事実のようである。おりょうのその後という着眼点は悪くはないし、そこから妄想を膨らましたのだろうが、コメディにも人情モノにもなっていない。演者はそんなに悪くないので脚本がダメということになるが。尚、「龍馬」ではなく「竜馬」としたのは司馬遼太郎を意識してのことだろう。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2009-09-21 03:11:56)
27.木梨のダメ男っぷりがかなり良かったです。前半はイマイチだるいものの主人公の四人がからみあってからは、三谷ワールドにひきずりこまれます。風景とかもとてもキレイだし、オチも良かったし、満足です。
すべからさん [DVD(邦画)] 7点(2008-11-11 18:28:54)
26.ニセ竜馬は、後に大河ドラマで本物をやります。
Yoshiさん [ビデオ(邦画)] 6点(2008-03-28 11:38:06)
25.三谷幸喜に精通する人なら使い回しのネタが多く詰まらないだろうし、終盤に至るまで漠然としたシチュエーションで進み、退屈かも。
序盤から妻が江口洋介演じる人物と蝦夷へ行くという危機的状況を提示して、それへの対応へ、というプロットの方が観やすいと思う。
しかし、劇場で観賞した当時の自分も退屈したけれど、数年の後観直してみるとドラマ部分は何とも切ない泣けるお話であることに気付きました。個人的に過去に囚われている人の話って堪りません。三谷幸喜脚本でコメディを期待してしまうと評価は余計に下がるんでしょうね。
カラバ侯爵さん [映画館(邦画)] 8点(2007-08-06 05:52:40)
24.《ネタバレ》 うーん。竜馬が好きな自分にとってはビックリするくらい無関係だったかな。三谷作品ということで期待しすぎたかな。ちょっと残念。
湘爆特攻隊長さん [CS・衛星(字幕)] 2点(2007-01-18 18:13:51)
23.結構期待して観たんですが、酷かったです。この映画のどこを楽しめばいいのか自分には理解不能です。
MARK25さん [DVD(邦画)] 0点(2006-06-23 11:42:19)
22.憲さんいいね。
十人さん [DVD(邦画)] 6点(2006-04-22 00:54:53)
21.かっこ悪かったノリタケさんが、最後かっこよくなって、あのオチになるなんて想像も出来なかった…さすが三谷さん!という映画でした。
マキーナさん 6点(2005-02-21 20:51:45)
20.そこそこ楽しめましたが、中井貴一と木梨憲武のコミカルな演技のMAX時は度を超しているように感じてしまった(舞台劇なら面白いと思いますが)。中井貴一は某カード会社のCMキャラとかぶってます。竜馬に愛され竜馬を愛した女の竜馬亡き後の生き方をまじめに描いている点とオープニングのシリアス度からすれば、もう少し抑えたコミカル演技で笑わせてほしかった。それか、徹底的に三谷幸喜カラー全開のコメディにしちゃうか。うん、後者のほうがいいかな?あの(笑えない)オチで笑いをとるならやっぱり全編コメディでいっとかないと。
R&Aさん 5点(2004-10-26 12:13:47)
19.三谷幸喜脚本の中では、あまり知名度の無いと思われる本作品ですがなかなか楽しめました。笑いどころもさながら魅せるシーンもあって良いと思われます。若干、映像と脚本がマッチしていないのではないかと感じさせる箇所もありますが、出演者の好演技に助けられて展開に破綻は感じられませんでした。もう一つ残念だったのは、カメラワークですがこれによって面白さが半減するとともにやはり照明ももう少し気を付けて欲しかったですね。コメディにしては少し暗い印象が残ってしまったのは僕だけでしょうか。
たにっちさん 4点(2004-09-10 15:36:02)
18.出だしの部分で、話を理解するのに時間がかかった(^^;それを越えたら面白くってたまりませんでした(^^*さすが三谷さん!!パッケージの裏の写真に複雑な文章となった人物紹介がなされていたことに拍手(一番ウケたね)!!!
ラブコメ大好き!さん 8点(2004-07-09 14:09:14)
17.中井貴一は達者ですね。こりゃ、無理に映画化するもんじゃなかったのではと思う。この舞台自体は見たことないんですけども、襖一枚を隔てた攻防を繰り広げるシーンなんてのは舞台でこそ映えるもんでしょ。
はざま職人さん 5点(2004-06-17 01:55:59)
16.木梨憲武、江口洋介、中井貴一、トータス松本みんな好きです。しかしほとんどがミスキャストです。竜馬がトータス松本なわけないし、江口洋介の方が竜馬らしい。木梨憲武ってお笑いスター誕生の頃から知ってるけど、あんまりしゃべんない方が魅力的でいわばチャップリンのような存在。身ぶり手ぶりや格好で笑わせるタイプ。その夫でなくTVでもあんな感じだから木梨憲武本人なんです。三谷さん、夫婦で出るのにも賛成できませんよ。
wishさん 3点(2004-05-29 14:41:07)
15.三谷幸喜は歴史モノも結構好きなんですよね。他にも巌流島の決闘や大津事件を扱った傑作があります。本作もドタバタコメディの要素があるので、やっぱり舞台で観るのが一番良いと思います。アドリブも舞台で見ると楽しいのですが、映画だと不自然に見えてしまいます。前半は退屈ではありますが、三谷ワールド全開の後半への大切な布石。愛人が絡んでの話し合いからラストのオチは楽しめます。本作の鈴木京香は、むっちりとして大人の色香を醸し出すのに最適なキャストです。演技力もしっかりしていて、いい女優さんになりました。
やすたろさん 6点(2004-05-05 15:45:28)
14.全然期待していなかったせいかそれなりに楽しめました。憲武って好きなんだけどなぁ~。 
あずきさん 5点(2004-05-03 10:19:49)
13.東京ヴォードヴィルショーの芝居で見た、あめくみちこのおりょうがとにかく妖艶で、その残像が邪魔してか、悪くはないんだけど、んー。芝居と比して、だから映画化したのか、というのがいまいち伝わってきませんでした。三谷作品の映画化にこの作品を選択した市川準監督のセンスがやや・・・。
彦馬さん 6点(2004-03-13 16:41:59)
12.幕末っていう時代が、
結構好きだったりするんですよ。
本屋で座って読めるところとかあるじゃん?
そこに2時間とかいて読んでいられるくらい(^_^;)。

ってな事で坂本竜馬の『まわり』の人の話です。
木梨憲武、中井貴一、江口洋介、鈴木京香、
の4人しか出てこないです。
ほとんど。
映画っぽくない映画で、
なんかコントみたいだったなぁ。
三谷幸喜だから?
とか思いつつ。
でも古典的な時代劇とかの口調じゃなかったり、
動きじゃなかったりなんで、
見やすいっちゃ見やすかったかも。
王子さん 5点(2004-02-09 23:26:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 5.13点
026.45%
100.00%
226.45%
3412.90%
426.45%
5412.90%
6825.81%
7516.13%
8412.90%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS