追想(1956)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ツ行
 > 追想(1956)
 > (レビュー・クチコミ)

追想(1956)

[ツイソウ]
Anastasia
1956年【米】 上映時間:105分
平均点:6.95 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(1957-04-02)
ドラマサスペンスラブストーリーミステリー戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2003-12-08)【おばちゃん】さん
タイトル情報更新(2017-04-02)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アナトール・リトヴァク
助監督ジェリー・オハラ
キャストイングリッド・バーグマン(女優)アンナ・コレフ / アナスタシア
ユル・ブリンナー(男優)セルゲイ・パヴロヴィチ・ボーニン
ヘレン・ヘイズ〔1900年生〕(女優)アナスタシアの祖母 マリア・フョードロヴナ
エイキム・タミロフ(男優)チェルノフ
マーティタ・ハント(女優)リーフェンバウム男爵夫人
フェリックス・エイルマー(男優)チェンバレン
サッシャ・ピトエフ(男優)ペトロビン
イヴァン・デニ(男優)ポール王子
小林修ボーニン将軍(日本語吹き替え)
水城蘭子アナスタシア(日本語吹き替え)
脚本アーサー・ローレンツ
音楽アルフレッド・ニューマン
作曲ピョートル・チャイコフスキーバレエ音楽「眠りの森の美女」
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
編曲エドワード・B・パウエル
撮影ジャック・ヒルデヤード
ジェリー・フィッシャー(focus puller)(ノンクレジット)
製作20世紀フォックス
バディ・アドラー
配給20世紀フォックス
美術アンドレ・アンドレイエフ
衣装ルネ・ユベール
編集バート・ベイツ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.《ネタバレ》 猛禽類の眼差しのユル・ブリンナーと凛としたイングリッド・バーグマンの放つ大スターのオーラに魅了される。
特筆すべきはヘレン・ヘイズ演ずる皇太后。
謁見シーンからラストまで二人を完全に食ってしまう貫録の存在感で
「私は過去に生きる、貴女には未来がある」に泣けてしようがなかった。
将軍の極々淡い恋心を察した計らいに感動し、互いに「好きだ」と告げるシーンを一切見せない粋な演出に感服し、物語の〆の一言にとどめを刺された。テーマ曲共々珠玉の逸品。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 9点(2017-11-25 18:37:34)(良:1票)
18.《ネタバレ》 I・バーグマンとユル・ブリンナー、20世紀を代表する大スターの二人。さすがというか、凄い存在感ですな。ハンパないバーグマンの美貌と、ハンパないユル・ブリンナーの精悍さ。他の出演者は一切かすんでいます。
二人の心が惹かれあう描写にもう少しふくらみが欲しいところではありますが、お互い分をわきまえての距離感が節度があって清潔なのでした。
結局物語としてはアンナが本物の皇女なのかどうかは上手いことぼかして(というか皇太后に丸投げして)終わりました。
バーグマンがあまりに気品に満ちていて、ローブ・デコルテ姿もこれ以上無いほどの皇女っぷりでしたので、「もうこの人でいいじゃん」と限りなく平民のワタシは思いましたが。
tottokoさん [DVD(字幕)] 6点(2017-10-15 00:32:25)
17.邦題と結末にもうちょっとインパクトがあってもいいと思いますが、ミステリアスな展開と主演二人と皇太后の演技に引き込まれました。歴史にifは無いといわれますが、ロシア革命が起きなかったら世界はどうなっていたんだろうなどと考えてしまいます。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-02-19 18:17:18)
16.ユルブリンナーかっこいいなぁ。
ちゃかさん [映画館(字幕)] 6点(2014-04-09 17:32:32)
15.《ネタバレ》 この映画のイングリッド・バーグマンはアカデミー主演女優賞まちがいなしのできばえで文句の付けようがない。またお相手のユル・ブリンナーも実力俳優らしい演技でこれまた良い。しかし、私が一番好きだったのはあのお婆ちゃん皇太后のヘレン・ヘイズ。どこかで見たお婆ちゃんと思ったら、あの「大空港」のただ乗り婆ちゃんだ。しかしこの映画はそれよりずっと前、このときは婆ちゃんと言ったら、「失礼な、無礼者」と言い返される歳(56)だったのだ。この皇太后、ラストが実に良い。自分は過去に生きる、若い人には未来があるというような粋な計らい。大感激! そして忘れられないのは、あのロシア風な哀愁に満ちたテーマ音楽。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 8点(2013-04-01 23:41:59)(良:1票)
14.《ネタバレ》 アナスタシア生存伝説に基づくオハナシ。アナスタシアとしてデッチ上げられる女性をイングリッド・バーグマンが演じ、2度目のアカデミー主演女優賞を受賞。彼女はデッチ上げられたニセモノに過ぎないのか、それとも嘘から出た誠、本物のアナスタシアが発見されたのか。そして彼女を利用しただけの筈なのに心が揺れ動くユル・ブリンナー。ロマンスあり、サスペンスありで、楽しめる作品なのです。クライマックスとも言うべき、皇太后との謁見の場面。皇太后は彼女がアナスタシアであることを信じず、「演技」だと罵るのですが……そりゃそうでしょう、何しろ、「映画」ですから、もちろん演技です。もちろん彼女はアナスタシアでは無く、イングリッド・バーグマンですから。はい、これは、とんでもなく時代を先取りしたかも知れない、とってもメタなシーンですよ。「あなた、それ、演技でしょ」なんて、一種の禁句。かつて元横綱・双羽黒の北尾光司がプロレスのリングで相手に「この八百長野郎!」と叫んで追放された、アレと同じくらいの禁句です。それに対し、バーグマンは「これは演技ではない」という演技をしなければならない訳ですが……実は我々の方こそが、「演技」というものをどう捉えるか、を問われているのやも知れないのです。ラストの顛末が、主演2人の「演技」によってではなく、彼らがそっと退場することによって示されるのもまた、シャレていると同時に、賢明で無難な選択と言えるのかも。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-03-23 23:37:46)
13.《ネタバレ》 インパクトのある主演二人で面白いなーなんて思ってたら最後はあっさりしててちょっと残念。皇太后の対面シーンともうひと山欲しかったですね。しかしヘレンヘイズの皇太后は良い役でした。皇太后は将軍を気に入っていたか感謝していたんでしょうね。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-03-23 16:41:20)
12.話の設定が大きい割に、脚本が舞台劇の域を脱していない。つまり、似たようなシーンがチマチマ繰り返されてしまっている。謁見シーンの緊迫感がなければ、かなり印象の低い作品になっていただろう。ただ、バーグマン以上にずしりとした存在感があるユル・ブリンナーはさすが。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-12-03 02:21:14)
11.《ネタバレ》  バーグマン演じるアンナとブリンナー演じるポーニン将軍の愛の近づき方が、とても微妙な速度なので、理解しづらい人もいるのではないでしょうか?
 誰もいない大広間を真ん中に映し、左右別々の部屋からアンナとポーニンの声だけで会話をするシーンはとても面白く思えました。
 字幕を担当した人のせいか、忠実でありながら洒落たセンスのセリフ。
 アンナとブリンナーの口論を最後に突然舞踏会が始まり、二人のツーショットは映さないで「愛」を描いたラストには意外な感動を覚えました。
 邦題のセンスが悪すぎます。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-11-26 04:01:05)(良:1票)
10.《ネタバレ》 舞台の映画化だけあって、台詞の応酬に見ごたえがありました。アンナが皇女か否かという謎で引っ張っていくのですが、当人にとっては皇女であるなしにかかわらず、「自分は何者なのか」というアイデンティティが最大の問題でした。だからそれが明らかになると、他人に頼らず、しっかりとした自我をもった一個の人間となって、愛する人と駆け落ちしちゃったわけですね。イキな結末です。どこか『マイ・フェア・レディ』と共通するものを感じさせます。この展開を納得させたイングリッド・バーグマンの芝居がすばらしい。ユル・ブリンナーの仲間2人が個性的で面白く、ユーモアもあって楽しい作でした。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-05-21 19:22:13)(良:1票)
9.《ネタバレ》 少しずつ皇女らしくなっていくアンナをイングリッド・バーグマンが熱演。意外な結末でした。
獅子-平常心さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-05-18 15:32:41)
8.バーグマン演じる女が本物か否か、いかにして証明するかが見所でした。少しずつエピソードを紹介しつつ、本物でありそうな、なさそうな、観客を惑わすことに一生懸命です。エンディングは取って付けたようで気に入りませんが、なかなか見応えがありました。バーグマンは撮影した頃40歳ぐらいですが、とっても美しい。
shoukanさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-04-10 23:42:35)
7.《ネタバレ》 54年前の作品なんですね!!バーグマンにしかできなかったでしょ、と思えるほど、高貴な顔立ちが似合う作品でした。私はアナスタシアが本物だったと信じたい。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-04-06 14:20:10)
6.美貌が衰えたと書かれることが多いみたいですが、むしろ年齢を重ねた美しさがあると思います。ただ、前回と比べれば賞をとるほどの演技とは思えませんでした。なんだかこじんまりした映画ですね。
色鉛筆さん [地上波(字幕)] 4点(2009-07-28 22:07:37)
5.ロシア革命の混乱の中で生き残ったと噂される、ロマノフ王朝最後の国王ニコライ2世の第4皇女アナスタシアの物語。こういう人物がいたのは実話(裁判までおこしたらしい)、映画は創作。バーグマンのハリウッド復帰第一作で、彼女はこの作品でアカデミー主演女優賞受賞。受賞にふさわしい演技です。ブリンナーは同年、「王様と私」でアカデミー主演男優賞を受賞。「王様と私」がなかったら、追想で受賞していたかも。二人の緊迫感のある演技に皇太后のヘレン・ヘイズが加わって、厚みを増しています。わけあって、ずっと英語版のビデオで(つたない英語力で)鑑賞してましたが、この度DVDを購入しました。全般的に、日本語字幕や吹き替え版では、英語版で鑑賞したときよりも薄っぺらい印象をもちました。特に、バーグマンとヘイズの謁見シーンは、英語版の方が遙かに迫力があると感じました。
ひよりんさん [DVD(字幕)] 8点(2006-05-07 14:31:02)
4.皇太后(ヘイズ)と皇女アナスタシア(バーグマン)との息詰まる謁見シーンがこの映画最大のクライマックス。がっぷり四つに組んだこの二人の演技合戦を堪能するだけでも観る価値有り!
放浪紳士チャーリーさん [地上波(吹替)] 7点(2005-10-15 15:37:11)
3.ハーレクインロマンス? 恋に憧れる女性が好きそうな甘々なストーリー けっ と思ってもなぜか観てしまう ホームレスの女性を演じたバーグマンに拍手
宵待草さん 8点(2004-03-13 17:16:05)
2.イングリット・バーグマンが、およそ一般人には見えない美貌で、この「詐欺を企てる」というストーリーの骨格を支えている。ユル・ブリンナーはタイの王様になったりロシア人になったり、忙しい人だが、一筋縄ではいかない感じで、やっぱり面白い俳優なのだということが、改めて分かった。二人で駆け落ちして、その後どうするのだろう。ヨーロッパの王室史の裏側という意味で面白い題材だが、その割にはセットとかがショボいかな。
ルクレツィアの娘さん 6点(2003-12-08 21:56:11)
1.このなんともほかの映画とまぎらわしいタイトルは、イヤですね。のちの時代になら、ズバリタイトルは原題どおり「アナスタシア」とつけたでしょうに。殺されたはずのロシア皇帝の娘アナスタシアを、生きているように見せかけて遺産サギをたくらもうとしたのが、ユル・ブリンナー。アナスタシアに仕立てられたほうが、イングリッド・バーグマン。ところが事態は思わぬ方に展開していき・・という、ゴージャスな仕立てのサスペンスミステリにして、実にわかりやすい娯楽作。見事です。不倫によってハリウッドから追放されていたバーグマン(1950年代はアメリカでもそんなことがあったんですねえ)がカムバックして2度目のアカデミー主演女優賞を受賞したのが本作、というエピソードも、バーグマンを知るうえで欠かせないですね。
おばちゃんさん 8点(2003-12-08 09:52:27)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 6.95点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
415.26%
515.26%
6526.32%
7421.05%
8736.84%
915.26%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1956年 29回
主演女優賞イングリッド・バーグマン受賞 
作曲賞(ドラマ)アルフレッド・ニューマン候補(ノミネート)(劇・喜劇映画音楽賞 として)

【ゴールデングローブ賞 情報】

1956年 14回
主演女優賞(ドラマ部門)イングリッド・バーグマン受賞 
主演女優賞(ドラマ部門)ヘレン・ヘイズ〔1900年生〕候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS