タイムラインのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > タイムライン
 > (レビュー・クチコミ)

タイムライン

[タイムライン]
Timeline
2003年【米】 上映時間:116分
平均点:5.48 / 10(Review 145人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-01-17)
アクションSFアドベンチャーファンタジー歴史もの小説の映画化
新規登録(2003-12-13)【USS_Barcelona】さん
タイトル情報更新(2019-11-25)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・ドナー
助監督ジム・ヴァン・ウィック
キャストポール・ウォーカー(男優)クリス・ジョンストン
フランシス・オコナー(女優)ケイト・エリクソン
ジェラルド・バトラー(男優)アンドレ・マレク
ビリー・コノリー(男優)エドワード・ジョンストン教授
デヴィッド・シューリス(男優)ロバート・ドニガー
アンナ・フリエル(女優)レディ・クレア
ニール・マクドノー(男優)ジョン・ゴードン
マット・クレイヴン(男優)スティーヴン・クレイマー
イーサン・エンブリー(男優)デヴィッド・スターン
マイケル・シーン(男優)オリヴァー卿
ランベール・ウィルソン(男優)オーナント卿
マートン・ソーカス(男優)ウィリアム・ドゥ・ケール / ウィリアム・デッカー
スティーヴ・カーン(男優)ベイカー
エミー・スローン(女優)学生
ブルース・ラムゼイ(男優)
リチャード・ドナー(男優)車の男(ノンクレジット)
玉木宏クリス・ジョンストン(日本語吹き替え版)
小山力也アンドレ・マレク(日本語吹き替え版)
富田耕生エドワード・ジョンストン教授(日本語吹き替え版)
石塚運昇ジョン・ゴードン(日本語吹き替え版)
上原美佐〔1983年生〕レディ・クレア(日本語吹き替え版)
有川博ロバート・ドニガー(日本語吹き替え版)
稲葉実ウィリアム・ドゥ・ケール / ウィリアム・デッカー(日本語吹き替え版)
井上和彦オリヴァー卿(日本語吹き替え版)
寺杣昌紀オーナント卿(日本語吹き替え版)
小川真司〔声優・男優〕スティーヴン・クレイマー(日本語吹き替え版)
宮島依里ケイト・エリクソン(日本語吹き替え版)
原作マイケル・クライトン「タイムライン」(早川書房)
脚本ジェフ・マグワイア
ジョージ・ノルフィ
音楽ブライアン・タイラー〔音楽〕
編曲ブライアン・タイラー〔音楽〕
ロバート・エルハイ
撮影キャレブ・デシャネル
ヴィルモス・ジグモンド(第二班撮影監督)
トーマス・バースティン(第二班撮影監督)
製作リチャード・ドナー
ジム・ヴァン・ウィック
ローレン・シュラー・ドナー
ケビン・デ・ラ・ノイ(共同製作)
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮ゲイリー・レヴィンソン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクエイドリアン・モロ
C・J・ゴールドマン
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ロジャー・ガイエット(視覚効果スーパーバイザー)
美術ダニエル・T・ドランス(プロダクション・デザイン)
衣装ジェニー・ビーヴァン
編集リチャード・マークス[編集]
その他ブライアン・タイラー〔音楽〕(指揮)
あらすじ
ニューメキシコで瀕死の状態で発見された男。肉体を奇妙に破壊され死んでしまったその男は、あるハイテク企業の社員だった。一方、フランス南西部の中世遺跡発掘現場では、連絡の取れなくなっていた教授の字で「助けて」と書かれた羊皮紙が見つかる。それは14世紀のものに間違いなかった。また、発掘のスポンサーは件のハイテク企業だった。その企業は、タイムマシンを実現させていたのだ。教授の息子と研究仲間、そしてハイテク企業の社員らは教授救出のため過去に旅立つが… マイケル・クライトン原作のSFアドベンチャー大作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
145.《ネタバレ》 考古学者なら、歴史を変えることに対する逡巡を持たねば。
ほぼレクチャーなしで過去に飛んじゃうし。
レディ・クレア助けちゃったし。
未来から来といて何人も殺してるし。
ギリシャ火薬教えちゃったし。
ってなことは気にせず観ないと、楽しめない映画。
ブラッドベリの『サウンド・オブ・サンダー』のような虫一匹殺しても未来が変わるからダメ!的な科学的考証は求めてはいけない映画。
投石機など、戦闘シーンはそれなりのクオリティがあるから、そこそこ楽しめる。
キュートなレディ・クレアに加点。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 5点(2020-06-28 23:11:47)★《新規》★
144.《ネタバレ》 タイムスリップ系としては内容は荒く、ストーリーもタイムスリップした矢先に護衛に付いた元軍人も民間人よりも先に死んでしまう無能っぷり(それもお約束通り余計なことして)、フランス人の彼も通訳として役に立つからと気乗りしないまま連れて行ったにも関わらずそのまま何の見せ場もなく殺される…とま~ツッコミどころ満載です。
いや、もしかしたら、「通訳として役に立つ」と見せかけて敢えてそのパターンを外すという高度な演出か…って流石にそんなわけないか(笑)
しかし、細かいことを気にせず、SF大作映画として期待せず、軽~くB級映画として見たり、たまたまTV点けてやってる程度であれば、意外と見入ってしまえて面白いです。
実質時代を超えてのラブストリーがメインで特に名作というわけではないですが、十分佳作だとは思います。
映画の夢さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-06-09 17:44:28)
143.《ネタバレ》 序盤は面白そうなんですよ。
発掘してる遺跡からなぜか現代のメガネレンズと教授のメッセージが!どういうこと??で、スポンサー企業に行ってみると怪しい社長が厨二設定しゃべりまくるいつものマイクルクライトン節。
これからいったいどうなるの?(いや過去に行くんだろうけど!)

とまぁ期待させて始まってくれるんですが、そこから先がいけません。
あれ?僕はこんな話が見たかったんだっけ?と。

要約すると民間人が行ってしまった戦国自衛隊みたいな話なわけですが、民間人の時点でめちゃくちゃ地味。
しかも現代人の知恵や機転でトラブルを解決する、みたいな状況もほとんどないし!この人たちってただ無力じゃん!

なにより個々人のキャラもたってないのがいけません。お前誰やねん?みたいな人がよくわからないイベントだらだらと進めていくのです。
しかもそのイベントが複数が平行していて「現代に帰れるんだろうか?」的なイベントやら現地女性との恋愛イベント等が複数あり、話の主軸が不在なのです。
結局、地味なうえにストーリの軸すらないっていう…とほほ映画になってしまっていて、序盤のワクワクを返せ!的な詐欺映画になってしまっています。

つかこれ、過去に残った男が主役だと思ってたら現代に戻ってきた方が主役らしく…主役が誰かすらわかんない時点でおかしいってばよ!
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-12-21 11:16:19)(良:1票)
142.《ネタバレ》 見終わってみれば疑問だらけです、タイムトラベルの話を楽しむというよりは
現代人が戦乱の世に突然おいてけぼりにされたらどうなるかと言う話に近い。
弓の怖さと石は迫力ありましたね。しかし、この映画が公開された2003年以降に
様々なSF映画が出来ていますので、唯一の見所はそれぐらいと言った所でしょうか。
デミトリさん [DVD(邦画)] 4点(2017-04-11 23:45:43)
141.《ネタバレ》 典型的なバカばっか映画。
バカどもの行動にイライラします。
フランスと戦争している砦にフランス人連れてったら殺されるに決まってんだろ。
フランソワも抵抗しろよ。
考古学者のくせに、当時の世相を全く知らないとしか思えない行動ばかり。
なのに、歴史改変だけは妙に気にする。
自分の息子を死地に呼び寄せるくそオヤジもバカ。
あの社長に真相を確かめずに、過去に飛ぶ奴らもバカ。
バカばっか。3点でもいいくらいです。
シン*トーさん [地上波(字幕)] 4点(2014-04-06 00:28:39)
140.《ネタバレ》 中世14世紀へのタイムトラベルもの。特に夜間の戦闘シーンに迫力が有って見応え十分。主演のポール・ウォーカーよりも、マレク(ジェラルド・バトラー)が主役的な役割を果たしている。隠れたヒロイン役クレア(アンナ・フリエル)も魅力的でした。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 7点(2013-11-24 18:13:32)
139.SFというと大作を見過ぎているせいか、本作は全てがちゃっちく見えるのです。
もんでんどんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-10-16 15:14:04)
138.《ネタバレ》 タイムマシンで中世に送り込まれた事は、ほとんど無視して、中世での異端者が、これから起こることを知りながら、話が進んでゆく、ラブストーリ-と捉えれば、かなり面白かったです。カナダロケの映像も美しく、ラロック城を巡る攻城戦も迫力が有り、大満足でした。
大好きなリチャード・バトラーを主人公として観ていたので、右耳を削がれた時に、「あれは僕だったのだ!」というセリフで思わずウルウルとなってしまいました。▼難を言えば、女優陣がもう少し華やかであったら更に高得点となった事でしょう。それにしても英国の領主は
迫力がありました。
亜酒藍さん [DVD(字幕)] 7点(2013-07-06 19:14:47)
137.《ネタバレ》 吹き替え版視聴。大好きなER緊急救命室も手がけたマイケルクライトンの原作、吹き替えも小山力也やてらそままさきなどERでよく耳にする声優さんばかりいうことで大いに期待して観たが、肝心なストーリーが凡庸で目新しさもなく終始地味な映像。当初、主人公だと思っていたクリス(吹き替え:玉木宏)は影が薄く、マレクのほうがよっぽど主人公向きだったのではと思った。見所は登場人物たちが過去に飛ぶまでとラブストーリーとしてのラストである終盤の耳の件ぐらいだろうか。SFではなくラブストーリーものとして観ていたら評価は違ったのかもしれない。
時計仕掛けの俺んちさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2013-05-20 01:29:39)
136.《ネタバレ》 映画ではよくあることではあるんだけど、一人を助けるために犠牲になる人が多過ぎる。教授はもう少し反省してください。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 5点(2012-07-08 03:36:50)
135. ほんっとよくあるタイムワープ物SF。時間物SFにはどうしてもパラドックスは出来てしまうので、あまり煩い事は言いませんが、ならば! というような目新しい工夫も何も無い。よって、語るべきことがあまり無い。www
 ドラマとしても何だか……。歴史を変えないためにフランス軍に加勢するのは分かるんだが、それにしてもイングランド軍が嫌な奴らすぎないか?w 最初っから仏軍は正義で英軍は悪みたいな図式になっちゃってるのがどうもねぇ。
 クライマックスの戦闘シーンは、暗いし、みんな似たような顔してるんで誰が誰だか見分けがつかないし、カメラワークに落ち着きがないんで何やってるんだかよく判らないし……。ここがもっと面白ければ、印象も変わったんだろうけど。
 まあ、壁の絵、石棺等々の伏線も、「うん、うん。だろーねー」ってな感じのキマり方で、特に言うこともない。
 ま、ほんと、全然期待しないで行くとひょっとしたらひょっとするかも、ってな程度の作品でした。
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-03-08 18:54:21)
134.原作読んで期待してこの映画見たら、もっかい原作読みたくなりました。んー、もっと面白いストーリーだったような…?もうちょっと頑張ったらもっと絶対面白くなるはずだったのに…薄っぺらい。なんかちゃちい。他のレビュワーさんがたがおっしゃってるような感想と同じです。けどジェラルドバトラー演じるマレクとレディ・クレアの話はよかったです。あ、これもほかの方が言ってた。
CEDFさん [DVD(字幕)] 5点(2012-03-07 21:42:16)
133.600年前に行くんだから、もうちょっと準備してからの方がいいんじゃね?
カタログさん [地上波(字幕)] 6点(2012-01-19 17:18:44)
132.好きな映画のジャンルに「タイムパラドックスもの」という勝手に呼称しているものがある。
分かりやすいタイトルが表すように、ジャンルとしてはとても好きな映画だ。
そして、公開当時はマイケル・クライトン原作の娯楽大作と銘打っていたのだろうけれど、端から「この映画はB級」だと割り切って鑑賞すれば、スムーズに楽しめる映画だと思うし、実際そういうスタンスで観られたので後味は良かった。

「B級映画」なので、難点を言うこともナンセンスだが、敢えて言うならば、主人公たちが“転送”される過去の時代背景が中途半端で分かりにくい。
六百数十年前の英国との戦争まっただ中のフランスと言われても、正直ピンと来ない。主人公たちの行動により歴史にどのような影響が出るのかという物語の核心的な部分が今ひとつあやふやなので、登場人物たちのパニックが作品の緊張感に繋がっていないように思えた。
まあその“あやふや”さが、逆に軽く映画を楽しめる要因とも言えたが……。

マイケル・クライトンの原作という割には、ディティールがあまりに荒っぽいので、映画化にあたって原作の世界観を反映しきれていないことは容易に想像出来る。
ただし、ベースとなっているアイデアやストーリーの終着点には面白味が大きいSF性が存在し、整合性は備わっていたと思う。

配役は地味だが、その他の出演映画で印象的な役柄をこなしている俳優が揃っており、映画ファンには色々な視点で楽しめるとも思う。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-06-15 14:30:18)
131.後味はスッキリ。こっちは欧州の歴史に疎いんでちょっと背景掴みにくい、英仏の区別も面倒。でも、よくあるテイストとは言えSFと歴史物を上手くコラボ。戻ってくる仕組みが少しちゃち。いい絵はとってあるしいい娯楽作品。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-06-10 22:28:39)
130.見ようか迷ってるうちに見てしまいました。よくあるようなないような話。B級のど真ん中かな。でもちょっとどきどきしましたよ。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-06-09 16:39:24)
129.全体的にすごく薄っぺらいというか、ストーリーの背景もなければ個別のキャラクターの人格もない。みんなが言われたとおりに動いているだけという感じ。映画というよりも、ゲームの一場面をつないで見ているみたいです。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2011-06-08 04:27:44)
128.《ネタバレ》 まーもともとタイムスリップ物は現実じゃあり得ないことだから、映画ならではと割り切って楽しまないといけない だから 過去への転送?システムやなぜか6時間の時間制限や動機不明な教授なんかまぁ別にいいんですよ ほんでもって まーやっぱりそんな時空の旅の間に 恋愛の一つも入れたくなるのが人情ってもんでしょ 考古学者なのに歴史上の女の人と…とか言っちゃいけないわけですよ  が!これだけは言わせて 通訳でと説得されイヤイヤ過去へ行ったフランソワ あんなにあっさり終わってしまって… もう少し見せ場を作ってあげてよ!おまけにそのあとなぜか言葉通じてるし(苦笑)彼が活躍する別バージョンをいつか作ってあげて下さい、以上
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-06-03 08:20:59)
127.《ネタバレ》  以前から気になってたんだけど、単なる空間移動にしろ時間移動にしろ、人間が分子レベルまで分解されたらそこで一旦死んじゃうと思いません?
 正確な情報に基づいて分解した分子を再結合したら確かにそこには元の人間と同じ外見を持ち、同じ記憶を持つ人間が現れるわけだけど、分解された時点で一瞬でも完全に死んでる以上、元の人間の単なる完全な複製に過ぎないとしか思えないんだけど。
 どうも欧米の人は全然気にしていないようで。単なる肉体を超えた霊魂の存在をそれほど深く信仰してるのでしょうか?
 ストーリーの方は、考古学者の割には歴史変えちゃうことを全然気にしてないのは、少しひっかかりましたけど、過去の歴史の中に、あらかじめ未来から来た人間の行動が組み込まれてるってのは、ありがちだけど、それほど矛盾は感じませんでした。
 ただマレクとクレアのカップルを除いては、過去の人との人間的なふれあいとかない点がつまらなかったです。
 他の方に何人か「クレヨンしんちゃん」の方がという方がいらっしゃいましたけど、自分はあえて、ちょうど今DVDが届いたBALLADの方が面白かったと言わせていただきます。(ガキヲタなんでw)
平成23年6月13日 ようやくノーカット版を見て、意味不明だったことがいろいろ理解できました。(いや、前回見たのが酷いカット版で、主要な登場人物の死も、現在から来て過去にとどまってる男の話も全部カットですからね、そりゃ訳分からんってw。しかし、戦闘シーンの迫力とか、女優の魅力とか長所が無いわけじゃないんだけれど、基本的に入りにくい映画ですね。何と言っても、主人公達の行動の動機が理解できない塚、表現が弱い!フランス人女性と恋愛関係になったマレクはいいとしても、主人公カップル。何故、あそこまでフランス軍に肩入れするのか分かり辛い。単に父親を助ける手段を超えているような。あくまで歴史を守りたいという気持ちか?酷い目にあわされたイギリス軍への反発か?彼らには、フランスの現地人?との接触がほとんど無かったわけだから、あそこまではしゃいで肩入れする理由がほんと分からない。そこらへんが脚本、ストーリーの拙いところでは。
rhforeverさん [地上波(吹替)] 6点(2010-04-07 14:21:30)
126.つまらなくはないんですがイライラするんですよね。大人数でバタバタしてるのが見苦しいし、人も簡単に殺しちゃう。行った先の中世もただ俳優さんが衣装着て美術さんがセット造ったとしか見えず、雰囲気なし。理屈こねてたってこんなにバラけていては集中できません。BTTFのジョージのように影の主役であるはずのアンドレ(バトラー)が、表の主役のクリス(ウォーカー)より目立ってしまっているのもヘン。(それとも主人公2人?)タイトルだけはカッコよく着地も何とか成功しました、な感じの微妙なタイムSF。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-01-05 07:00:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 145人
平均点数 5.48点
000.00%
110.69%
232.07%
3149.66%
4149.66%
53826.21%
64128.28%
72215.17%
896.21%
921.38%
1010.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.20点 Review5人
2 ストーリー評価 5.81点 Review16人
3 鑑賞後の後味 6.42点 Review14人
4 音楽評価 6.42点 Review7人
5 感泣評価 5.14点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS