蜘蛛女(1993)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > 蜘蛛女(1993)
 > (レビュー・クチコミ)

蜘蛛女(1993)

[クモオンナ]
Romeo Is Bleeding
1993年【米・英】 上映時間:110分
平均点:6.58 / 10(Review 74人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス犯罪ものエロティック
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-03-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・メダック
キャストゲイリー・オールドマン(男優)ジャック
レナ・オリン(女優)モナ
ジュリエット・ルイス(女優)シェリー
アナベラ・シオラ(女優)ナタリー
ロイ・シャイダー(男優)ドン・ファルコン
ウィル・パットン(男優)マーティ
ジェームズ・クロムウェル(男優)ケイジ
マイケル・ウィンコット(男優)サル
ロン・パールマン(男優)ジャックの弁護士
スティーヴン・トボロウスキー(男優)(ノンクレジット)
デニス・ファリナ(男優)(ノンクレジット)
安原義人ジャック(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
谷育子モナ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
渡辺美佐〔声優〕シェリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
一柳みるナタリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江角英明ドン・ファルコン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大友龍三郎サル(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ朝日】)
田原アルノマーティ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
秋元羊介ジョーイ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
土師孝也ジャックの弁護士(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
福田信昭スカリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
有本欽隆ニック・ガザーラ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
伊井篤史ケイジ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
島香裕(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小野健一(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山寺宏一ジャック(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
塩田朋子モナ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
岡本茉利ナタリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中敦子〔声優〕シェリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
家弓家正ドン・ファルコン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
牛山茂(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ヒラリー・ヘンキン
音楽マーク・アイシャム
撮影ダリウス・ウォルスキー〔撮影〕
製作ポール・ウェブスター〔製作〕
ヒラリー・ヘンキン
ワーキング・タイトル・フィルムズ
製作総指揮エリック・フェルナー
ティム・ビーヴァン
配給日本ヘラルド
衣装オード・ブロンソン・ハワード
編集ウォルター・マーチ
録音ウォルター・マーチ
字幕翻訳岡田壮平
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
74.蜘蛛女というよりは生命力が尋常ではない超肉食の獣のような女を演じたレナ・オリンの怪演ぶりが凄い。
そしてゲイリー・オールドマン!直近で観た彼はチャーチルを演じていました。とても同一人物には見えませんが、
そういえばオールドマンってこういう感じでしたよね。
本作では悪徳刑事でもありますが、なんか徹底しきれない小物感を見事に醸し出しています。
誰1人共感できる人物がいない乾いた世界観に流れる気だるいジャズ調の音楽もいい感じです。
ジュリエット・ルイスの独特の気だるさのある喋り方も、こういう映画、こういう役に相変わらずハマっているのですが、
もうちょっと彼女をうまく使えたのではないかなとも思います。
もう1人、冒頭に登場するデニス・ファリーナ。イタリア系でマフィア役が似合う人なので、この人ももうちょっと活躍させてあげたかったですね。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2019-03-30 21:40:50)★《新規》★
73.《ネタバレ》 ファミリー・ネームやキリル文字の警察書類からするとロシア人みたいだし、マフィアのドンとは昔は一緒に暮らしてたみたいだし、政治家と不倫してその男に「モナ男」という恥ずかしいあだ名を定着させた日本のタレントとはもちろん関係なさそうだし、モナよお前はいったい何者なんだ。初体験の甘酸っぱい想い出を回想してると思ったらそれは初殺人のことだったり、パンティ丸出しでゲラゲラ笑いながら太ももばさみで男を絞め殺そうとしたり、この女こそ生身のターミネーター、いや“完全なる有機体”と呼ぶに相応しい化け物です。このレナ・オリンの怪演があまりに凄いので目立ちませんけど、ストーリー自体はなんか穴だらけですよね。でもモナの存在感だけでなく救いようのないほどダメな男のゲイリー・オールドマンが上手い演技なので、最後まで観客を引っ張ってゆく勢いだけは認めてあげましょう。ラストで約束の店に現れない妻を待つオールドマンの姿は哀れを誘いますけど、モナは本当に妻を殺したんでしょうか?実はそれはモナのはったりで、妻はオールドマンに愛想を尽かして35万ドルを元手に優雅に暮らしているという解釈はいかがでしょうか。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-07-05 00:53:00)
72.レナ・オリンの逞しさとビッチさが光る。
真尋さん [DVD(吹替)] 4点(2015-05-22 12:21:38)
71.妙なタイトルとそこそこの評価につられて観賞しました。前半はミステリアスな部分に引き込まれますが、話が進むにつれて夢の中でのような展開にすっかり興ざめしてしまいました。
ProPaceさん [地上波(吹替)] 3点(2015-01-30 22:09:23)
70.《ネタバレ》 『氷の微笑』のシャロン・ストーンのようなクールでセクシーな悪女ではなく、レナ・オリンはモンスターのようなアバズレ悪女。
ゴキブリのような生命力でつきまとう様は、ターミネーターを彷彿させるほどの迫力。
まさに、マフィアのボスさえもタジタジとなる女。
それにしては死に方が呆気なかったけど。
こういう性悪が滲み出ているケバい女に引っかかる男もどうかしている。
手酷い目に遭うゲイリー・ゴールドマンも、マフィアに情報を流す汚職刑事なので、自業自得で同情の余地もない。
飛鳥さん [地上波(吹替)] 4点(2015-01-13 23:42:02)
69.そこそこ評価が高いと思って観なかったら途中で挫折したと思う。
バイオレンス系としても、思ったよりも面白くなかった。いわゆるB級映画とも言えるかな。
simpleさん [地上波(吹替)] 3点(2015-01-12 13:18:02)
68.レナ・オリン姐さんの生命力を観察するための映画。「ナインス・ゲート」とか「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」でも良いんですけど、やっぱりこれですね。ちょっと杉本彩に似てる。
kagrikさん [DVD(字幕)] 8点(2014-09-03 16:55:34)
67.《ネタバレ》 確かに美人には分類されるけど、若くもないし可愛くもない、もちろん優しくもない。そんな女にどうして魅かれるのか。それは女性の股間の力。マジな話です。オトコって、100Gの重力に引かれるように、女性のアソコに引き寄せられる。たぶんDNAが負わせた宿命です。本作は、その辺りをよ~く理解して演出されています。ちなみ事故車両からトンズラするシーンの迫力はクモ女と云うよりクマ女です。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-01-27 01:20:02)(笑:1票)
66.《ネタバレ》 ジャックは風采の上がらない軽輩の刑事、給与の低さを嘆く。妻を愛しているが、女と快楽には人一倍弱く、マフィアに情報を流して大金を得、愛人とよろしくやっている。大金は将来の夢のためにとってある。彼の売った情報が偽情報になったことから窮地に陥る。ここから転落人生が始まる。マフィアのボスからも、女殺し屋からも狙われる。最終的に罠にはまり愛人を誤射してしまう。妻は女殺し屋に殺される。汚職がばれて逮捕される。怒りに満ちたジャックは、全ての元凶である女殺し屋を射殺する。ジャックは別の身分をもらい、夢であった食堂を開く。そこで年に2度、妻と落ち合う約束の日に幽霊と出会うのを待っている。
◆コメディタッチなのに悲惨な内容なので反応に窮してしまう。監督の意図として悪女をスタイリッシュに描こうとして、そこだけが突出してしまったのだろうか?原題は「Romeo is bleeding」色男は血まみれという意味だ。それとジャックの喪失感が半端じゃない。「失ってしまったときに、はじめて、失ってしまったものの大切さがわかる」「本当の幸せは、何気ない毎日の積み重ねの中に、ひっそりとある。その大切さがわかるのは、それが逃げたときだ」 これをテーマにするのならもう少しシリアス路線にすべきだったと思う。日本の題名は「蜘蛛女」キャッチフレーズは「愚かな男の死骸がゴロゴロ」。女殺し屋を主人公にしてユーモア路線を暗示している。女殺し屋のやる事なす事みんなギャグにしか見えない。しかし最後には女三人は死んでしまう。その内二人はジャックが殺す。女殺し屋のはちゃめちゃぶりとジャックの転落ぶりが見どころだが、両者は噛み合わない。やはりコメディで、ハッピーエンドに路線変更した方が良いと思う。
◆気になったのは、妻が「あなたを安心させるある物をタンスに入れておいた」と言い残し、それはアルバムと結婚指輪だった。ところがアルバム中にはジャックの浮気現場を写した写真も入っていた。浮気調査をしていたのだ。これをどう解釈すべきか?
◆待ち合わせ場所は「フェニックスのホリデー食道、国道10号線」。ジャックがその食堂のオーナーに収まっているのは、店を継いだということか。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 7点(2011-09-21 05:46:51)
65.ストーリーは判り易かったけど、府に落ちないことだらけだし、自分の好みに合わずあまり楽しめなかったです。この映画にはウリがなかったかなと。どこか共感できるとか、ハラハラさせられるとか驚かされるとか感動できるとかないと私は楽しめません。蜘蛛女との駆け引きに徹したサスペンスにしてくれたほうがもっと楽しめたのにと思いました。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2011-09-18 21:45:07)
64.《ネタバレ》 それほどジャックがだめ男に見えませんでした。むしろ、ずっと窮地に立たされている中で、結構頑張っていた気がします。確かに浮気はだめですが、それ以外はおおむね良かったのでは。最後まで奥さんを愛していたし。浮気相手のシェリーが帰ろうとするのも黙って見送ったし。マフィアにはっきりと「無関係の人間には手を出すな」と言ったし。マフィアのボスに人殺しを依頼されてもはっきりと断ったし。結局脅しに屈してモナの命を狙うことにはなりましたが、それは人間に自己防衛本能がある以上仕方がないです。何より、いよいよ窮地に立たされたとき、まずまっさきにナタリーの身を案じ、お金をすべて預けて、5月1日と12月1日に会う約束をして逃がしたのがとても良かった。そして、あのマフィアグループでさえ殺せなかった蜘蛛女を殺すことに成功しました。
本当のだめ男にはこんなことできません。
たきたてさん [DVD(吹替)] 6点(2011-09-18 14:10:36)
63.アクション映画ではなく、主人公の心理ドラマ的な展開でお話が進む映画。
シナリオ自体は少々粗っぽく、もう主演二人のキャラを見て楽しむような作り。
情けない刑事と、冷酷残忍な女ボスとの対比が面白い。
特に女ボスは、これギャグじゃないの? と思わず笑ってしまうようなシーンも。
まあそこそこ楽しめました。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-08-14 16:57:02)
62.《ネタバレ》 焼いても煮ても食えないダメの標本みたいなG・オールドマンとなすすべもなく餌食になったJ・ルイスの存在感に比べれば、レナ・オリンの極悪っぷりはいっそ清々しい・・ことはないか やっぱり。「ははははは」ひと殺したあと この笑い方ですからね。こわっ。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 6点(2011-07-25 12:14:00)
61.《ネタバレ》 もう大昔に、レナオリンエロくてヤバい的な宣伝で観に行った記憶が。
で、レナオリンのシーンはがっちり憶えてるんですけど
ストーリーが全く抜けて。
もうあの車から逃げるシーンなど色気なんて1ミリも感じない。
変な女!

今思うのは、デヴィ夫人ぽいなこの人。という事でしょうか。
Peccoさん [映画館(字幕)] 5点(2011-07-14 23:27:32)
60.面白かった。
モナ役の女優が自分にとっては魅力的には見えず残念。
老けてるし、身体もガッチリしすぎてる。
虎王さん [DVD(字幕)] 7点(2011-06-03 15:54:14)
59.「映像化困難な傑作脚本」として7年以上もの間幻の企画とされてきた作品らしいのですが、本作はそんな困難な素材を上手くまとめています。究極の悪女モナ(我が国にも、男を骨抜きにする山本モナなる人物がおりますが)をいかに描写するかにこの映画の成否はかかっていたわけですが、その点で言うと本作はほぼパーフェクト。レナ・オリンのハマり具合は尋常ではないし、彼女を人ではなく妖怪として描くという振り切った演出も的を射ています。本作はジャックによる回想という形式をとっているため、モナが人間離れした活躍を見せても「彼女に人生を引っ掻き回された主人公にはこう見えていました」という方便を使うことが可能。脚本も演出もこの点を利用してやりたい放題やっており、その結果他に類を見ない悪女を作り上げることに成功しています。本作の監督であるピーター・メダックなる人物のことはよく知らないのですが、この人の演出は概ね良好であったと思います。悪女ものと言えば多くの作品が「氷の微笑」の影響に引きずられる中で、本作は独自の印象を持つ作品に仕上がっているのですから。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 7点(2011-05-28 19:57:03)
58.《ネタバレ》 ジュリエットルイスの愛人が可哀想すぎる。彼女は主人公に殺されても、主人公のダメ男は妻を愛してるわけで、これじゃ浮かばれんじゃないか!この男がダメすぎる。女代表として、レナオリンはこの男に制裁を加えたかのよう。最後、妻があらわれなくて当然でしょう。多分、一生あの店に現れないと思います。結局、ダメ男は最後は孤独になるしかないのだ!と思ってしまった。でもレナオリンの逞しさはすごい。マフィアのボスを殺し、片腕をなくし(多分手錠を外す為でしょうけど)それでも、ケラケラ生きて行こうとする。タフすぎる。これほどタフな女性の映画は珍しい。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2010-12-14 10:30:21)
57.《ネタバレ》 蜘蛛女というよりはカマキリ女って感じだが、こんなマッチョな女に易々と騙されるゲーリー・オールドマンのダメっぷりに合掌…。いわゆる悪女映画の中でも、本作のレナ・オリンは珍しく肉体派で、まるで女版ターミネーターのよう。幻想のラストは切なくて好き。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 6点(2010-11-30 22:04:07)
56.うん、好きだなこの映画。よくある刑事とマフィアの話だけど、主役2人の魅力が素晴らしく、引き込まれる。ゲイリー・オールドマンはいい。
nojiさん [地上波(吹替)] 6点(2009-10-20 00:17:42)
55.《ネタバレ》 これはいつ観たんかなぁ、10年は経ってると思う。その時に感じたこと、思ったことはですね、ゲイリー・オールドマンのダメっぷり。情の湧かない徹底したドロドロのダメ男っていうのが印象的。
比較的女性に好評価のレナ・オリン演じる悪女なんですが、すみません私は不快でした。悪女っていうより、どうしようもない犯罪者で、「ターミネーター」「ヒドゥン」・・・などに登場する殺戮、破壊マシンでしかなかったです。
違った言い方をすれば怒りと嫉妬でどうにかなりそうな許せない浮気男をセイバイしてくれる必殺仕置き人「モナ」でしょうかね。
ジュリエット・ルイスはいつものジュリエットでした。個人的にはアナベラ・シオラですね、この三人の女の中でいちばん腹の中がわからない、奥さんとして良妻なのか悪妻なのかもはっきりわからないナタリー。はっきりとした安否もその後もわからないままじゃなかったですか?違ってたかしら??
しかしこのテのダメ男ってのはしぶといですなぁ。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-09-06 13:23:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 74人
平均点数 6.58点
000.00%
100.00%
200.00%
345.41%
479.46%
545.41%
61621.62%
72533.78%
81114.86%
922.70%
1056.76%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.83点 Review6人
2 ストーリー評価 6.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review5人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 3.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS