刑事コロンボ/白鳥の歌<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 刑事コロンボ/白鳥の歌<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

刑事コロンボ/白鳥の歌<TVM>

[ケイジコロンボハクチョウノウタ]
COLUMBO: SWAN SONG
ビデオタイトル : 特選 刑事コロンボ 完全版 白鳥の歌
1973年【米】 上映時間:94分
平均点:6.75 / 10(Review 20人) (点数分布表示)
サスペンスTV映画シリーズもの犯罪ものミステリー刑事もの音楽もの
新規登録(2003-12-25)【--------】さん
タイトル情報更新(2019-05-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニコラス・コラサント
助監督フィル・クック
演出左近允洋(吹き替え版演出)
キャストピーター・フォーク(男優)コロンボ
ジョニー・キャッシュ(男優)トミー・ブラウン
アイダ・ルピノ(女優)エドナ・ブラウン
ビル・マッキーニー(男優)ルーク・バスケット
ジョン・ランドルフ〔1915年生〕(男優)大佐
ヴィトー・スコッティ(男優)グリンデル
ジョン・デナー(男優)ローランド・パングボーン(航空局)
ソレル・ブーク(男優)J. J. ストリンガー
トム・マクファデン(男優)警察パイロット
マイケル・ラリー(男優)事故現場カメラマン
ハリー・ハーヴェイ〔男優・1901年生〕(男優)コンサート主催者
ダグラス・ダークソン(男優)ジェフ(航空機整備士・コロンボの聴取を受ける)
ルシル・メレディス(女優)ジェーン(パラシュート裁縫師)
リチャード・ケイン(男優)ベネット(航空局職員)
ラリー・バーレル(男優)ハル・フィッシャー(テレビ・レポーター)
ジェファーソン・キビー(男優)フランク(飛行機整備士2)
ジャニット・ボールドウィン (女優)ティナ
ボニー・ヴァン・ダイク(女優)メアリアン・コブ
小池朝雄コロンボ(日本語吹き替え版)
銀河万丈コロンボ(日本語吹き替え版追加録音)
金尾哲夫トミー・ブラウン(日本語吹き替え版追加録音)
麻生美代子エドナ・ブラウン(日本語吹き替え版)
小林修ローランド・パングボーン(日本語吹き替え版)
伊武雅之ルーク・バスケット(日本語吹き替え版)
谷口節(日本語吹き替え版)
塩見竜介(日本語吹き替え版)
たてかべ和也(日本語吹き替え版)
若本規夫(日本語吹き替え版)
北川智絵(日本語吹き替え版)
寺島幹夫(日本語吹き替え版)
後藤哲夫(日本語吹き替え版追加録音)
辻親八(日本語吹き替え版追加録音)
出演W・S・ホランド(ノンクレジット)バンドメンバー(本人)
ボブ・ウートン(ノンクレジット)バンドメンバー(本人)
原作ウィリアム・リンク(キャラクター創造)
リチャード・レヴィンソン(キャラクター創造)
脚本デヴィッド・レイフィール
スタンリー・ラルフ・ロス(ストーリー)
音楽ディック・デ・ベネディクティス
ハル・ムーニー(音楽監督)
挿入曲ジョニー・キャッシュ"I saw the light" "Sunday Morning Coming Down"
撮影ウィリアム・クロンジャガー
製作エドワード・K・ドッズ
製作総指揮ローランド・キビー
ディーン・ハーグローヴ
制作東北新社(日本語版制作【追加録音】)
美術ジョン・W・コルソ(美術監督)
ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
ビル・マクローリン〔美術〕(セット美術)
衣装グレイディ・ハント
編集ボブ・ケイゲイ
録音ウォレス・R・ベアデン
字幕翻訳岸田恵子
日本語翻訳額田やえ子
岸田恵子(追加翻訳)
その他スティーヴ・ジョンソン〔カラリスト〕(ノンクレジット)カラリスト
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.他の方も指摘されてるように、飛行機の墜落地点とパラシュートの落下点はそんなに近いはずはない。それなのに骨折した足でたどり着くとはどうも無理があるような・・・。でも主人公(コロンボでない方)は本職のカントリー歌手、歌は大変馴染みやすく印象に残った。思わず何という言う曲名か調べてしまった。
ESPERANZAさん [地上波(吹替)] 6点(2014-09-05 19:53:49)
19.《ネタバレ》 トミーに非があるとはいえあんな刺々しい妻なら殺意が沸くのもわかるような…。
大事なギターを別便で運んだこと、事故の一週間前にメリー・アン抜きの編曲を依頼していたことなど細かい質問責めで食い下がるコロンボ。
そこでの犯人との探り合いが作品の出来を左右するが、本作ではちゃんとシリーズの妙味が味わえる。
パラシュートのローブを作るおしゃべりなお婆さんがいいキャラで、コロンボとのやりとりが楽しい。
広い山の中から証拠品を発見するのに隠した本人から導き出すラストもスッキリ決まっている。
ストーリーの中で一番疑問に思ったのは、墜落した飛行機とその飛行機からパラシュートで降りた地点の距離。
犯人は足を骨折しながら歩いて墜落した飛行機のそばまで行っているが、着地地点をコントロールできるパラグライダーならともかく、それほどの近距離にあの規格外のパラシュートで落ちるのは不可能だと思うが。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 6点(2013-11-06 00:04:09)
18.《ネタバレ》 殺されてもしょうがない?被害者と大胆な犯行、コロンボにまんまと追い詰められていく犯人像に同情の気持ちが湧いてくるせいか、犯人に好意的な印象をもってしまいがちだけど、やっぱいけませんね、殺しは。
なんとなく悲哀に満ちたラストですが、憎たらしい犯人の方が追い詰めていく爽快感は上です。
やはり犯人とコロンボの対決の図式の方が好きかなぁ。
ろにまささん [CS・衛星(吹替)] 7点(2013-09-25 01:00:02)
17.《ネタバレ》 今回は宗教にハマり、カントリー歌手である夫(犯人)のギャラをすべてその宗教団体に寄付してしまい、そのうえ、夫のある弱みを握っている妻(被害者)が本当に憎たらしく、見ながら、「こんなおばはん、早く殺っちゃいなよ。」と思ってしまった。犯行は、妻とコーラスガールが同乗し、自ら操縦する自家用機をわざと山中に墜落させるという命がけのもので、この犯行シーンはけっこうハデ。全体的には犯人に思わず感情移入してしまうストーリーで面白かった。なんといってもラストの車の中での犯人とのやりとりが印象に残り、すごく余韻のある終わり方である。「あなたは悪人じゃない。」というセリフと犯人にカーステレオで犯人自らうたう曲を聴かせてやるあたりにコロンボの優しさというものが出ていて、彼の人間性を感じることができる。犯人も自分のやったことを素直に悔いているのがよく、このラストシーンは素晴らしいものになっている。しかし、巻き添えになって死んだコーラスガールが実は最初から計画的に殺されたと思わしき展開がよけいで、このために少し脚本に無理を感じる。ここは変にいじらないほうが話的にはすっきりしたと思わずにはおれず、惜しい気がする。商売上手な葬儀屋や、仕立て屋のおばさんとのコロンボのとぼけたやりとりには思わず笑ってしまった。
イニシャルKさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-02-11 13:27:48)
16.犯人役に感情移入しやすいストーリーで、完全犯罪という印象はないけれど、
たった一つの不審点から仮説をたて、状況証拠をこれまた一つ一つ集めていく。
犯人による必死のトリックも、最後はお得意の仕掛けと、コロンボらしいエピソードだった。
今回はロケも多く、いかにもテレビ映画といった感じ。犯人役の俳優さんは、
実際に有名なカントリー歌手らしく、知っているとなお楽しめるかも・・・。
MAHITOさん [DVD(吹替)] 5点(2012-06-08 10:29:30)
15.《ネタバレ》  実は、子供のころは一番好きな作品で犯人に深く深く同情したんですが(笑)
宗教嫌いの自分としては、もっとも嫌いな被害者であることには今も変わりないんですがね、犯人がちょっと頭が悪くて。いくら嫌な妻を殺した解放感があったとしても自宅でどんちゃん騒ぎはちょっと軽薄杉。それから自分の過去の軍歴とかパラシュートの入手場所とか少し調べられればわかることも計算しないと。
rhforeverさん [DVD(吹替)] 6点(2012-05-14 10:47:11)
14.《ネタバレ》 数あるコロンボ作品の中で、自分の中では№1の作品です。子供の頃、父親と一緒に観ていたとき、父が「こんなおばはん、そら殺してしまうわな」と言ってました。まったく同感。身勝手な犯人が多い中、この犯人には同情の余地大いにアリ、です。それにこの奥さんの言動、脅迫罪に当たるのでは?ただ、メアリー・アンまで殺してしまってはいけませんね。
ramoさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2011-09-29 20:31:06)
13.《ネタバレ》 「パイルD」と同じオチかよ!と思っていたら、半歩先に用意されていたトリックが憎たらしい。

個人的には退屈でベタベタしたカントリーミュージックが大嫌いな私ですが、今作の犯人には同情しちゃいますね。悪妻と若い娘さん。二人も無慈悲に殺されていますが、命懸けの犯行という事と、反省の色も濃いということで。情状酌量の余地アリ?

とりあえず、ラストの行は素晴らしかった。
aksweetさん [DVD(吹替)] 8点(2011-07-04 01:46:25)
12.《ネタバレ》 もちろん殺人は許されてはならない大罪ではありますが同情や憐みを感じてしまう犯人の人物像。そして犯人を隣に乗せた車中での味わい深いラスト。同シリーズ作品「別れのワイン」でドナルド・プレザンスが演じた男を思い出す。ラストで「別れのワイン」ではそっと犯人に彼の人生そのものであるとも言えるワインを差し出し、本作ではカーステレオでこれも犯人の人生そのものであるとも言える犯人が歌う素晴らしい歌を流す。優しくて、粋だ。コロンボ警部が誰からも愛されるキャラクターである要因はいくつもあるのですが、こんな所からもその一端がうかがえるようです。
とらやさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2009-11-13 19:57:39)
11.エンディングがいいです。犯人の観念の仕方も味があります。相変わらず、シャーシャーとボケ振り全開の警部ですが、今回は、あの仕立て係のおばちゃんにさしもの警部も若干閉口気味で、見ていてオカシイ。それにしても、あんなに激しく燃えたのに、遺体は残留物が確認できる程度の損傷だったのでしょうか。かなり燃えてしまうのではないかと感じたのですけれど。それを見越して、薬で眠らせた、と勝手に思っていたので、薬が遺体から出てきたのは意外・・・。ま、もしかすると、これも警部のワナだったのかも知れませんが。なかなか味わいのある作品でした。
すねこすりさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-11-13 16:25:39)
10.《ネタバレ》 「悪人じゃない」ってコロンボは言ってるけど、ちとおかしい。だって二人も殺してるんですよ。しかも奥さんを殺害する動機はまだしも、若い女性を殺害する動機はちょっといただけない。身勝手でしかないじゃないか。それにコロンボにしても「なぜ妻殺しのために『関係ないはずの』女性まで巻き込んだのか」という疑問は当然出てこないとおかしい。そして「死んだ妻は夫の弱みを握っていた」「一週間前から若い女性歌手の交代を命じていた」という情報が加わわれば、実は若い女性は「関係ない」わけではなく、犯人は最初から「妻と若い女性」の二人とも殺そうとたくらんでいたことがコロンボなら推理できるだろうし、さらに「妻が握っていた夫の弱み」の内容もたやすく想像できると思うんだけど。
それともしパラシュートを使ったと確信してたなら、実際に山岳警備隊に捜査させてもよかったんじゃなかろうか。遠くに捨ててしまった魔法瓶はともかく、パラシュートは骨折した犯人が墜落現場近くまでやってきている以上、そう遠くには隠していないはずだと推理できる。しらみ潰しにやればそのうち見つかりそうな気もする。
ラストは別のある作品とパターンが同じなんだけど、空港の部分でしっかり謎をかけてあるために「今のはなんなんだろう」という疑問が持続するため、そんなに物足りなくない。
それにしても「軍隊では何やってたんです」と質問して「パラシュートの整備だ」という答えを聞いた直後のコロンボの「なるほど、それか……」と辻褄があった表情をするのが実にうまい。演技力に感心してしまう。
空耳さん [DVD(吹替)] 6点(2009-05-10 04:49:18)(良:2票)
9.シリーズのセールスポイントである、状況証拠を1つ1つ積み重ねて犯人を追い詰めていく「じわりじわり感」を堪能できます。今回、警部の寄り倒されそうになりながら、勝ちを収めたうっちゃりは鮮やかでした。余談ですが、葬儀屋さんのセールストークの絶妙さにうなってしまいました。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 6点(2009-04-26 17:31:31)
8.《ネタバレ》 全体通して面白かったですが、・・・
早い段階で水筒を飛行機から捨てた時点で、満点は無くなった。
いくら証拠の品だからといっても、少なくとも中身を捨ててから・・・・
と思い、それからちょっと斜めに構えてみてしまった。
yoshi1900olololさん [DVD(吹替)] 7点(2006-12-25 20:34:10)
7.犯人は最後の最後まで囚人だったってことですね。警部のおかげで、いづれ自由の身にもなれますよ。それはさて置き、人の弱みに付け込む正義ってのは本当に悪ですね警部・・・あ、警部のやり方はいつもそんな感じですか・・・。
taronさん 8点(2004-11-30 17:00:49)
6.たしかに、被害者は宗教に気持ちが染まってしまって、それが人生の全てでは、宗教感が薄い夫はたまりません。やはり、犯人の閉塞感と第一線の歌手としてのプライドは理解できます。まあ、ちょっと女癖の悪いところは目をつぶるとして、スパースターらしい生活はしないとね。弱みを握られ、それを何かにつけてネタにされれば、魔がさします。警部、あんな素晴らしい歌を歌える人は悪人ではないですよね。
パセリセージさん 7点(2004-07-19 00:41:37)
5.富も名声もある、大スターの歌手がなぜ殺人を犯さなければならなかったか!
実はその歌手の妻が宗教団体の信仰者で、自分が歌で稼いだ金を全額寄付しなければならないという知られざる事情があった。じゃあ別れたらいいじゃん、と思ってもそうはいかない。刑務所から出してもらったという恩があるばかりか、コーラス・ガールのメアリー・アンとの秘密を握られており、どうにもならないという状態なのであった。「他の歌手はみんな高級車に乗ってるのに、なんで俺だけレンタカーなんだ」と不満を漏らす場面からはその悲惨さの一旦が覗えます。
 そして、もう我慢の限界に達した歌手は、意を決して殺人に踏み切るのであった。その犯行の方法がまた大胆で面白いです。 

<注:ここからネタばれ>
 その方法とは、飛行機の中で妻とメアリーを薬で眠らせた上で、自分はパラシュートで落下するという派手なもの。ここでちょっと疑問だったのは、パラシュートで脱出してから飛行機が墜落するまで、結構時間差があったような気がするんだけど、どうしてあんなに落下場所が近かったのか?もし、遠かったらどうするつもりだったんだろう。墜落地点にたどりつくまえに人に発見されたら洒落にならないよ・・・・・ちと無理がありますね。
 まあそれは置いといて・・・その後、コロンボが登場して、彼を追い詰めていくところは文句なしです。犯人をちっとも疑っていないと安心させ、親しくなったうえでワナにかけていき、自滅させるという王道の巧いやり方。犯人がパラシュートを探しにくる場面では、コロンボがいつ出てくるのかとハラハラドキドキ。これぞコロンボシリーズの醍醐味! そしてコロンボの決めゼリフがまた感動的で、なんとも美しいエンディングでした。
きのすけさん 8点(2004-05-29 11:33:24)(良:1票)
4.コロンボ朝鮮戦争に行っていたとは知らなかった。しっとり余韻系のラストはいいんですが、なんか納得いかないんだなあ。燃え盛る飛行機と一緒にパラシュート燃やせなかったのだろうか?ナイロン製なら燃え尽きるのでは?仮にあのままにしていたら警察は見つけられたのだろうか?レンタカーじゃなかったら?レンタカーを返していたら?など疑問を感じるなあ。あとコロンボ見ていて良く思うんだけどアメリカって土葬なのかな?今回もコロンボを追い詰めたんだがなあ。あれっ逆か。
亜流派 十五郎さん 6点(2004-05-15 00:33:22)
3.犯人役のジョニー・キャッシュ(2003没)は、本作での役柄そのまま、カントリー&ウェスタン界の大御所だと知らなかった私は、番組の冒頭から姉に説教されてしまった、忘れられない作品。余談だが、後年「大草原の小さな家」に、この大御所さまがニセ牧師に扮してゲスト出演していた時には、一発で看破して得意だった(笑)。墜落する自家用飛行機からパラシュートで脱出するという大胆極まりない犯行手口に度胆を抜かれた後、パラシュートの始末にハラハラさせられ、お誂え向きの場所に隠し終わった時には、犯人同様気絶しそうになっていた小心者の私である。
トバモリーさん 7点(2004-02-08 13:11:29)
2.《ネタバレ》 別れのワインと同系統の話。ラストの車での暖かみのある会話、被害者が嫌な奴等、似通った点が多い。コロンボは相変わらず優秀で、多分最初に事故現場に行ったときから何かあると思ってた様子。本作の見所はラストもさることながら、オープニングと白装束を作るおばちゃんとのやり取りかな。しかし警部、宗教って恐いですね。
pony-boyさん 7点(2004-01-10 20:54:49)
1.《ネタバレ》 私はいくつかのコロンボのエンディングに思い入れがあるんですが、ああいう終わり方のコロンボが一番好きです。
RTNEE USAさん [DVD(字幕なし「原語」)] 8点(2004-01-02 22:40:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 6.75点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
515.00%
6840.00%
7630.00%
8525.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS