リーサル・ウェポン3のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リーサル・ウェポン3
 > (レビュー・クチコミ)

リーサル・ウェポン3

[リーサルウェポンスリー]
LETHAL WEAPON 3
1992年【米】 上映時間:118分
平均点:5.84 / 10(Review 86人) (点数分布表示)
公開開始日(1992-10-03)
アクションサスペンスコメディシリーズもの犯罪もの刑事もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-06-19)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・ドナー
助監督スティーヴ・ペリー〔製作〕(第二班監督)
演出ミック・ロジャース(スタント・コーディネーター)
キャストメル・ギブソン(男優)マーティン・リッグス
ダニー・グローヴァー(男優)ロジャー・マータフ
ジョー・ペシ(男優)レオ・ゲッツ
レネ・ルッソ(女優)ローナ・コール
スチュアート・ウィルソン[男優・1946年生](男優)ジャック・トラヴィス
スティーヴ・カーン(男優)エド・マーフィー
ダーレン・ラヴ(女優)トリシュ・マータフ
マーク・ペルグリノ(男優)ビリー・フェルプス
トレイシー・ウルフ(女優)リアン・マータフ
ニック・チンランド(男優)ハチェット
メアリー・エレン・トレイナー(女優)精神科医
ローレン・シュラー・ドナー(女優)看護婦
ヤン・デ・ボン(男優)オランダ人カメラマン(ノンクレジット)
ミック・ロジャース(男優)爆弾シーンの警官(ノンクレジット)
安原義人マーティン・リッグス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
坂口芳貞ロジャー・マータフ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
青野武レオ・ゲッツ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高島雅羅ローナ・コール(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
池田勝ジャック・トラヴィス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/ロジャー・マータフ(〃【テレビ朝日】)
磯辺万沙子トリシュ・マータフ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
堀内賢雄(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
辻親八(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小室正幸(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
岡村明美(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
星野充昭(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
福田信昭(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
立木文彦(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
水野龍司(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田中正彦(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
藤本譲(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中博史(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
磯部勉マーティン・リッグス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
樋浦勉レオ・ゲッツ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
勝生真沙子ローナ・コール(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
有川博ジャック・トラヴィス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
塚田正昭エド・マーフィー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
さとうあいデロリス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
竹口安芸子トリシュ・マータフ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
湯屋敦子リアン・マータフ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
桜井敏治ニック(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
郷里大輔タイロン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
鳥海勝美ダリル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
かないみか(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
荒川太郎(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
仲野裕(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
柳沢栄治(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小野健一(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
手塚秀彰(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
後藤敦(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
家中宏(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宝亀克寿(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大黒和広(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
多田野曜平(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
落合弘治(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作シェーン・ブラック(キャラクター創造)
ジェフリー・ボーム(原案)
脚本ジェフリー・ボーム
ロバート・マーク・ケイメン
音楽マイケル・ケイメン
デヴィッド・サンボーン
エリック・クラプトン
編曲マイケル・ケイメン
ウィリアム・ロス〔編曲〕
主題歌スティング"It's Probably Me"
エリック・クラプトン"It's Probably Me"
挿入曲エルトン・ジョン"Runaway Train"
エリック・クラプトン"Runaway Train"
ボーイズIIメン"It's So Hard To Say Goodbye To Yesterday"
撮影ヤン・デ・ボン
アレクサンダー・ウィット(第二班撮影監督)
製作ジョエル・シルヴァー
スティーヴ・ペリー〔製作〕
リチャード・ドナー
配給ワーナー・ブラザース
美術リチャード・C・ゴダード(セット装飾)
編集ロバート・ブラウン[編集]
字幕翻訳菊地浩司
日本語翻訳石田泰子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
スタントバディ・ジョー・フッカー
パット・ロマノ(ノンクレジット)
ケニー・ベイツ(ノンクレジット)
スティーヴ・ボーヤム
その他スティーヴ・ペリー〔製作〕(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
勝手に爆弾を解除しようとして失敗し、ビルを崩落させる大失態をやらかしたリッグスとマータフは、巡査に降格されてしまう。そしてパトロール中に現金輸送車の強奪事件に遭遇、見事犯人を捕らえる。しかし犯人は、防弾チョッキを貫通する銃弾「警官キラー」を所持していた。美人内務調査官ローナ・コールと一緒に捜査することにした二人は、事件の裏側にリッグス並みにタフな元警官・トラビスが存在することを知る。銃弾と爆発が満載の人気シリーズ第三弾。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
86.結局、最初と最後のビル爆破シーンが最大のハイライトかなと。特撮ではなさそうに見えたのですが、だとすればすごいです。
肝心の中身は可もなく不可もなく。ご苦労さんという感じ。だいたいコンビものの宿命ですが、本作は特に、2人の友情物語が鼻につきます。それと、警察署内におけるフレンドリーな職場環境も嘘くさい。「ボウリング・アローン」なアメリカ人の願望が反映されているのかもしれません。
で、やっぱり前2作と同様の疑問が残ります。「リーサル・ウェポン」とは何を意味するのでしょうか。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-08-01 03:52:19)
85.細かいエピソードがこれでもかと詰め込んであって、早送りで見ている感じ。それぞれがきちんと伏線的につながっているって訳でもなく、ちょっと疲れる。でもまあ、みんなキャラが立っていることもあって、筋が追えないってことにはなっていない。
優れた作品とは言えないが、楽しんでは見られる。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-06-13 16:12:27)
84.《ネタバレ》 なにがカッコいいって スティングの“It's Probably Me”で始まるオープニング。
ワーナーのロゴをバックにそこから炎の演出へと繋がり、ははあ、なるほど だから炎の約束なんだなと(あ、違った 炎の約束は前作だったかな と。)
じゃぁ、なんで炎の演出で始まったのかというと 一応、初っぱなのシーンへと繋がってましたねえ なんせ派手なビル大爆発w(大きな声じゃ言えんが~ 犯人はリッグス&マータフということで 小声w)
そしてとにかく笑えたこの二人のやり取りが。赤か青かは適当でw 大汗かいて必死こいて演技しているのはマータフだけのようで リッグスのほうは適当でw 
その後も派手な爆発シーンを何度も経て その爆発の炎はエンドクレジットの後にもまだ続くw
でもこのラストのビル大爆発て 最後におまけのようなシーンで僅か数秒しかないワンシーンなのに その為だけにあんだけでかいビルを爆発させ崩壊させ ハリウッドよ どんだけお金持ってるんだよと どんだけ莫大な収益見込んでるんだよと 末恐ろしくもなってみたりいたしましたよ まったくもって他人事なんですがw 

まあとにかく スティングの『 It's Probably Me 』良い曲だ。だからそのオープンニングには鳥肌たった。
ちなみに、ジャン・レノ主演: レオンのエンディングにかかっている曲、あちらも同じくスティングの『 Shape Of My Heart 』ですね。
この2曲を分け合った『 テン・サマナーズ・テイルズ 』というアルバム 盤面擦り切れるほど聴いていました 1993年当時の事ですが。
とまあ、余談を挟んでしまいましたが、本題に戻って リグ&マータ3 なかなかよかったですよね 今回も。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-10-09 00:40:32)(笑:1票)
83.《ネタバレ》 1作目、2作目と比べると何段か落ちる印象。ところどころに前作までの小ネタが挟まっていますが、無理やり感があります。2作目でやめとけば良かったのにとは思います。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-04-04 23:11:38)
82.シリーズ中、最も中だるみな作品。でも全4部作を制覇するには通らなくては行けない道。リッグスの運命が動き出す回でもあるから。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 5点(2016-05-07 03:44:04)
81.パート2でストップしとけばよかったものを・・ という第一印象でした。映画としては安定してるんですが、更に「軽い」んですよね。他の方も書かれていますが、とにかくただの馴れ合いじゃれ合いになっております。更にリッグスの彼女まで出てきて本格的に骨抜きになっています。
正直、パート4を3作目にもってきて、三部で終わらせればもっとスマートだったと思います。言っちゃ悪いがパート3は無くて良かったレベルです。
アラジン2014さん [ビデオ(字幕)] 3点(2014-10-01 17:33:20)
80.追撃のシーンは見ごたえがあった。シンプルで楽しめる作品だった。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-08-31 16:04:19)
79.《ネタバレ》  3作品の中では一番好きかもしれないです。(4は未見)
 路線がはっきりしていて、コメディとアクションにかなり力を入れてくれている分、人間ドラマは控えめになっている印象です。
 とは言え、息子の友人ダリルを撃ち殺してしまったことを後悔するエピソードは見応えがあったし、若い警官が、『警官キラー』でドラムカン越しに撃ち殺されるシーンも強烈なインパクトがありました。
 もし、ストーリーが本当に適当であれば、どんなにアクションが光っても、物足りなさを感じるんですよね。
 アクションはカタルシスを感じるためのツールの一つだと思っています。ですので、説得力のあるストーリーあってのアクションじゃないかなーと思うわけです。そういう意味では、リーサルウェポンシリーズは、悪いやつがもう本当に胸糞悪くなるくらい悪いやつばっかりなので、素直にリッグス達を「がんばれ!」って気持ちで見られます。だからアクションがより爽快に、コメディな演出はいっそうおかしく感じられるわけです。
 このシリーズはなかなか楽しいですね。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2013-05-14 01:23:56)(良:1票)
78.《ネタバレ》 前作に引き続きレオが登場。新たにローナが加わり大暴れ。いきなり派手な爆発から始まるなど、このシリーズの特徴でもある無鉄砲ぶりが全快。しかし、なぜか「3」だけはその無鉄砲さがあまり爽快ではなかった。シリーズの中で一番出来が悪いかも。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-01-09 23:39:43)
77.もはやこの第3作のリッグスには、第1作の狂気も、第2作の復讐心も無く、ひたすら相方とじゃれあうばかり、すべてが“なあなあ”。なもんで、すっかりトボけた作品になっております。第2作にて『オーメン』ばりの暴力描写をやってしまって、もうやることないよね、と(じゃあ第3作なんか作らなきゃいいんだけど、大人の事情もあるので)、まあ、とにかくパッとしない。ただ、破壊シーンは破壊シーンで派手にやるとしても、肉体アクションへの嗜好も垣間見えて(高速道路からの落下シーンなんか、ちょっとジャッキー・チェンっぽい)、この流れが第4作に繋がるのかな、と。内容的にも、当然ながら捜査らしきことをやる気は全く無し、事件自体がしょーもなくて、この程度の事件に2時間もかけるかね。ま、全てはアクションシーンを描くためのストーリーですから、有って無きがごとし、ある意味、とっても洗練されている訳です。洗練され過ぎ・・・。あと、ダニー・グローヴァーへ一言。ソルジェニーツィンも『イワン・デニーソヴィチの一日』で書いてる通り、10年は3650日ではありません。うるう年があるからね、へへへ。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-03-16 19:28:37)
76.このちょっと前にロス暴動があったんだったか。「ビデオに撮られるな」いうことが話題になってた。黒人少年を射殺して悩んで家族の絆に回帰していく図は、この頃のアメリカ映画の基調。女刑事と今までの傷を見せっこするあたりはおかしい。でも見せ場がブツブツとつながってるだけで、シナリオとしての盛り上がりはない。ビルの爆破なんか、うまく盛り上げていった頂点で仕掛ければ「やるーっ」って気にもなるのだがなあ。悪役の在りようがよく分からなくて、闇の帝王なのかと思っていると、不動産業を続けていて(追っかけられてることが分かった後でも)、変な人。白人と黒人、若いモンと定年間際、の対比される二人の掛け合いが味わいか。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 5点(2012-02-01 10:13:11)
75.面白いとは思えなかった。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 5点(2011-03-14 00:25:38)
74.結構よかったと思います。レネ・ルッソ?ってたまにしか見ないですが、コメディもいけるし、いいですね。
色鉛筆さん [地上波(字幕)] 5点(2010-05-19 21:26:38)
73.《ネタバレ》 タフネス刑事コンビアクション第3弾。警官キラー登場。橋の上から落ちても死なないリッグスのタフさ、レオのおバカぶりは健在。建築現場での死闘は大迫力。ラストシーンでリッグスがサプライズ宣言(笑)。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2010-05-18 15:49:54)
72.《ネタバレ》 連続してシリーズを鑑賞していますが、このお決まりのメンバーが騒いでいるだけで楽しいです。リアンの容姿が変わってしまったのとパッツィ・ケンジットが居ないのは寂しいですが、レネ・ルッソもなかなかのキャラを発揮しています。傷の自慢合戦なんかはバカらしくて最高。相変わらず盛り上げ役のジョー・ぺシも貢献しており、今でもエンタテイメントとして楽しめる完成度。それとシリーズを通して動物を大事にする精神も感じられます。メルが犬マネするシーンは笑える。ラストのコップキラーで撃ち倒すのは見え見えではあるが、好きなシーン。このシリーズが好きなので、なるべく同じキャストで5作目が製作されることを願います。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 9点(2010-02-11 09:42:15)(良:1票)
71.《ネタバレ》 レネルッソが美しい。オープニングのビル爆破シーンや、身体に出来たキズ自慢対決、犬との触れ合いなど見所が盛りだくさんで楽しめます。そういや、コップキラーと呼ばれたKTW弾で警官が実際に撃たれたという事例は一度もないそうですね。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 8点(2009-06-04 22:49:55)
70.《ネタバレ》 シリアスな場面もありましたが、いろいろ面白い&笑えるポイントあって楽しく観れましたー。その中でも、犬を手なずけ仲良くなっちゃうとこなんか、スゲ~~な~~と思いました。歴戦の傷跡の変な(?)自慢+見せあいは 二人が子どものようにはしゃいでいて、なにげに微笑ましい(笑)いや~普通に面白かったですよ、これは
Kanameさん [インターネット(字幕)] 7点(2009-03-09 23:15:14)
69.《ネタバレ》 このシリーズでは一番よく観ている(テレビでよくやってるから)が、シリーズ中一番つまらない。アクションは派手だし笑えるが、今回はリッグスの「怒り」が足りないような気がする。それと言うのも、敵のキャラクター性が乏しいからだ。銃の横流しをしている元警官とは、前作から見るとかなりスケールダウンした悪役だ。リッグス、マータフ共にあまり絶体絶命の危機に陥らないのもマイナスポイント。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 5点(2009-01-10 07:23:02)
68.シリーズ3作目。シリーズの中で一番つまらない。しかしあくまでシリーズの中でということで、面白くないわけではない。でも特に見所もない。
あるまーぬさん [地上波(吹替)] 5点(2008-10-24 05:09:03)
67.リアンが2作目からいっきにおばさんになったな。
違う女優かと思った。
ロジャーの表情が(特に赤か青かのシーンなんか)とてもよく、
いい役者だなと思った。
もっとみてみたいシリーズ。
オープニングの炎の演出はそうとうかっこわるいけど。
Skycrawlerさん [DVD(字幕)] 7点(2008-09-24 17:18:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 86人
平均点数 5.84点
011.16%
122.33%
211.16%
344.65%
455.81%
52124.42%
61922.09%
72023.26%
81011.63%
933.49%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 4.66点 Review9人
3 鑑賞後の後味 5.16点 Review6人
4 音楽評価 6.60点 Review5人
5 感泣評価 0.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS