アイデン&ティティのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ア行
 > アイデン&ティティの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

アイデン&ティティ

[アイデンアンドティティ]
IDEN & TITY
2003年上映時間:118分
平均点:5.69 / 10(Review 52人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-12-20)
ドラマ青春もの音楽もの
新規登録(2003-12-28)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2011-06-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督田口トモロヲ
キャスト峯田和伸(男優)中島
中村獅童(男優)ジョニー
大森南朋(男優)トシ
マギー(男優)(男優)豆蔵
麻生久美子(女優)彼女
コタニキンヤ(男優)岩本
岸部四郎(男優)事務所社長
平岩紙(女優)しおり
野村祐人(男優)タカハシ
大杉漣(男優)雑誌編集者
あき竹城(女優)中島の母
塩見三省(男優)中島の父
ピエール瀧(男優)レコード店店員
田中要次(男優)『なまず』の客
浅野忠信(男優)
村上淳(男優)
梶原阿貴(女優)
村上連(男優)サトウ
出演みうらじゅん(インタビュー)
大槻ケンヂ(インタビュー)
石川浩司(インタビュー)
原作みうらじゅん「アイデン&ティティ」
脚本宮藤官九郎
音楽白井良明
大友良英
主題歌ボブ・ディラン"Like A Rollingstone"
撮影高間賢治(撮影監督)
芦澤明子(撮影応援)
製作甲斐真樹
東北新社(「アイデン&ティティ」製作委員会)
配給東北新社
美術丸尾知行
みうらじゅん(タイトル題字)
編集上野聡一
録音岩倉雅之
松本昇和(録音応援)
その他廣木隆一(協力)
松岡錠司(協力)
SABU(協力)
村本天志(協力)
角川書店(協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
52.終盤にかけて多少魅かれる部分はありましたが、薄っぺらい内容で「なんだこれ?」って感じでした。麻生久美子もクドカンも峯田くんもみうらじゅんも好きなのに・・・。似たような話、どこにでもありそうだし、共感できる部分も見どころも特になく、なんか、水で薄め過ぎたカルピスを飲んだような、残念な気分です。
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2016-10-05 21:34:27)
51.《ネタバレ》 何か映像作品としてダメな点が目立ったなあ。クドカン脚本って事でもっと笑いをはさんで来るのかと勝手に期待してたら全然それもなかったし。
まず最初にインタビュー入れるのは何なんでしょう。普通と違う事をしたかったんですかね。単純に意味がないと思いました。
僕は原作を知らないから何とも言えないけど、ストーリー自体が根本的に面白くないよね。
あとは演出が個人的に苦手。
終盤中島がボーカルとして初ライブした後、彼女と公園で会話するんだけど、わざわざ彼女が少し前を歩いて振り向いてから二人の話が始まるみたいなお決まりの演出…。あんな事現実でしますか?クサいなって思っちゃいます。
そして麻生久美子の演技が超棒読みで大根なのはわざと?それとも10年前はこんなにも下手だったのか?どちらにせよ今のはっちゃけた演技の方が彼女の持ち味が活かせてると思いますね。
ディランの声がハーモニカを吹くと字幕で表示されるってのも、全然いい演出とは思わなかったですね。なのにそれが最後ちょっと喋ったとか…、ボケのつもりでしょうか、はぁ?って思いました。
中島の心情をいちいちナレーションするのも何かダサいなあって思うし、中盤で雨の中チャリで爆走するのも…、そんなステレオタイプな青春って…。そのシーンの映像もちゃちくて、低予算だったのかなあって勘繰ってしまうほど。
峯田という素材を活かせなかった駄作と思います。演出の観点では監督の技量不足とも思えるが、やっぱりストーリーそのものがいいものじゃない事が問題だろうか…。
TK of the Worldさん [DVD(邦画)] 5点(2013-01-06 18:25:49)
50.《ネタバレ》 ロックというか音楽はあまり興味ない人です。そのためか共感できなかった。中村獅童に注目していたが、いいとこででなくなってガッカリした。
たこちゅうさん [地上波(邦画)] 5点(2011-05-03 07:21:12)
49.この時代を共有する者にとってはそれなりの郷愁もあるかもしれんが生憎この時代を知らん。いや、その時代に生きていたが「イカ天」ならびにそこから生まれたものを知らん。こちら関西ではやってなかったのだから。テレビに煽られてロックを消費する輩と時代から取り残されながらそれはロックじゃないなどと叫ぶ輩。どちらもいけすかない。居酒屋でロックとはかく在りなんといったえらそうな戯言を述べるシーンがあるが、このイタイイタイところをもっと見せてくれれば面白くなったかもしれない。最近だと『SR サイタマノラッパー』みたいなの。でもこれは「かっこわるい」けど真っ直ぐってことを描いてるわけだけども「かっこわるい」ぐらいでしかなく、「イタイ」ところまでいってない。原作者本人がイタイとは思ってなかったらこれは当然なわけだから、居酒屋のイタイ戯言はクドカンのオリジナルかなとも思うんだけど、イタイのはここだけ。妙にまじめぶった展開の中に挟まれるコミカルパートも台詞にしかその役割は無くつまらない。現実離れしたキャラクターだけが作品を支えている。
R&Aさん [DVD(字幕)] 3点(2011-04-01 14:26:43)
48.《ネタバレ》 あら~ぁ ヤバイんかしら自分ってば。 峯田クンがキライになれないんだよな~ 中村獅童のボーカルだって悪く無いじゃん なんて思ってしまってたんだよな~    
でも、でもだ ダメ出ししなきゃならんところは大いにある。なんで最後はボブ・ディランに頼ってんだ?!自分たちの曲で勝負しろよな ロック、ロックって言ってたわりにたいした曲作ってねーじゃないかよ 一体どれがアンタたちがやりたかった曲なんだ? そのへんどう考えて撮ってたんだか 撮る前にちゃんと曲を用意しとかなならんでしょーが どんだけ期待ハズレに終わっちまってんだ? なんかひじょ~に残念だったわ ガッカリだ。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2011-03-09 23:05:32)
47.《ネタバレ》  麻生久美子がいいなあ。ああいう風に、上から目線で「君、君」って言ってもらえたら、ぞくぞくする。(すいません、自分でも気持ちが悪いw)
 この役柄と麻生久美子のマッチングは奇跡的なパーフェクトだと思う。
あと?ロックとか全然分からないんでw
平成24年11月26日 決して音楽に無縁の生活を送ってるわけじゃなくて、例えば外出の時もデジタルプレイヤーが手放せないくらいなんですが、ただいかんせん好きなジャンルがアイドル系とユーミンとか竹内まりやなどの小奇麗なフォークで、一度たりともロックに関心を持ったことがない人間にとっては、自分にとって全く無縁の人たちが、自分にとって全く関心のないことを熱く語ってる映画で、麻生久美子が出てないシーンは、眠くならないようによそ事をやりながらぼんやりと鑑賞。(ただ熱気にはなんとなく当てられましたけどね)
 だけれど、この映画の麻生久美子が本当にいい。単にルックスのみならず、たたずまい、声、しゃべり方、何年も知っていて、しかも好きな女優に改めてときめくという稀有な体験をさせてもらいました。こんなふざけた鑑賞法、あるいは採点法はないとは自覚してるんですけれど、それでも+1点
rhforeverさん [DVD(邦画)] 8点(2010-06-26 16:07:53)(笑:1票)
46.《ネタバレ》 序盤から中盤にかけての暗い雰囲気とグダグダしたテンポ、そして現実離れした展開に、これは失敗したかな・・・と思ったけど、終盤で怒涛の盛り上がり。そしてBob Dylan の Like a Rollingstoneのエンディング。感動した。
峯田の演技、特にインタビュアーの大杉漣にキレるシーンと生放送のライブのシーンは素晴らしかった。
終始暗い雰囲気なので、もう少し笑えるシーンがあればぐっと観やすくなっただろうに。
あと麻生久美子演じる主人公の彼女は人間味がなくてロボットみたいでちょっと怖い・・・(笑)あんな女の子います?
eurekaさん [DVD(邦画)] 7点(2010-05-02 23:03:12)
45.《ネタバレ》 極めて退屈な映画。ボブ・ディランって私にとっては馴染みがないアーティストではあるけれど、小説や映画ではよく引用されるアーティスト。小説や映画を楽しむためにボブ・ディランを聞いてみようかな?と思わせることには成功していると言える。宮藤官九郎さんが脚本ということで期待が大きかっただけにアマリにも残念な映画であった。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 4点(2009-08-10 21:29:43)
44.麻生久美子はいい女だなぁ。
映画はつまらなかったけど。
とりあえずテンポが悪いので見てるのが苦痛。
ほとんど独り言を聞かされてるだけのような内容でした。
もとやさん [地上波(邦画)] 3点(2009-08-08 04:31:04)
43.こんな彼女が欲しい!そう思える映画です。峯田の魅力も出てていいんですが。全体的にバランスが悪いです。
アフロさん [DVD(邦画)] 6点(2009-06-17 19:53:10)
42.《ネタバレ》 もっと青春要素を組み込めば、多少受けのいい映画になりえたと思う。
あえて、それをしなかったんだろうけど。

バンドブームで祭り上げられ、お祭り騒ぎの中に放り込まれて、捨てられてったロックに駆ける若者を描いてるんだけど、イカ天出身バンド自体、生き残ってるバンドの方が圧倒的に少ないだけに、ひがみともとれる。

つまりストーリー自体に説得力がない。

それでも麻生久美子のなんともいえない演技と、クドカンの絶妙な台詞回しにより観れる映画には仕上がっている。両者が係わってなければ、かなりひどい映画になってたと思う。
バニーボーイさん [DVD(邦画)] 4点(2009-02-20 20:35:30)
41.いや~、すっきゃわーこの映画。
音楽の仕事で食べていこうと京都から出てきて、大学以来15年間、阿佐ヶ谷に住んでた
俺にとって、まるで俺が作った映画か?と思える作品だった。
中央線の香りに胸が締め付けられた。

しかし、なんでまあ、こんなにも中央線沿線に生息する音楽馬鹿どもの生態というか、
習性というか、通じるものがあるのかね・・・

現在、幸か不幸か音楽と関りの深い仕事をし、阿佐ヶ谷で7年間同棲した彼女と結婚し、
保谷に家を買い、二人の子供に恵まれ、今この映画を通して自分たちの歴史を振り返り・・・
ぱぴんぐさん [DVD(邦画)] 8点(2009-02-07 23:54:46)
40.かなり観る人を選びそう‥ 主人公のあのダメな思考回路もわからなくはないけど、それにしても登場人物がどいつも薄っぺらくてしょうがない。あとクドカンが書いてるとは気づかないぐらい「らしさ」がなかった。
しっぽりさん [DVD(邦画)] 3点(2009-02-02 13:37:32)
39.峯田和伸はいいね。なんとも素で。ただ映画は・・・
にうさん [DVD(邦画)] 3点(2008-10-06 09:16:17)
38.クドカンがてきとーに作ったんじゃないかと思う作品。
麻生久美子が虫の好かない女になっちゃってる。

峯田くんはそのまんまだけどそんなに悪くない。
別におもしろくなかったよね。
祥子さん [DVD(邦画)] 4点(2008-06-26 17:47:22)
37.中流の家庭に普通に生まれ育ってきて、悩みがないことが悩みというロックに対するコンプレックスは、帰属意識が希薄化している現代人にとって痛切に感じさせるメッセージだった。普通の人なら簡単に受け流してしまうようなことを本気で考ええてる等身大な主人公には少し共感できるところがあった。それに対して、彼女の立ち位置というかキャラクターは理解できなかった。人間味の無いキャラでリアリティを欠いていたように感じる。主演の峯田和伸は、俳優では無いので演技力はないが、彼の雰囲気であったり良さがそのまま伝わる素の演技は良かった。ファンなので点数は高め。
コックさん [DVD(邦画)] 7点(2008-03-01 06:23:08)
36.《ネタバレ》 はっきり言ってつまらないです。ただ名ゼリフを言わそう言わそう感全開で、セリフが基本的に不自然なのはまぁ許せるとしても、ストーリー性がゼロでテンポも悪く、センスもあまり感じられないため、ひたすら退屈です。中村獅童の歌も痛い。
遠藤ミチロウや、ニューロティカが出てるのには笑いました。
すべからさん [DVD(邦画)] 4点(2008-01-23 18:12:01)
35.この作品、浅野忠信はいわゆる“カメオ出演”だ。
つまりは、チョイ役。
その作品が自分に合った作品ならば、別にチョイ役でも全然構わない。
純粋にその作品を楽しめばいいからだ。
だけど、チョイ役であるにも関わらず、その作品が自分に合わなかった時は、ちとキビシイ。

最後まで観るのが苦痛になる。
この作品はと言えば、“微妙”なところ。
やや、ハズレかもしれない。

かなり昔に、『イカ天』という深夜番組があった。
“バンドブームの火付け役”と言われた深夜番組だ。
この作品は、その“バンドブーム”を題材に扱っている。

私は年代的に『イカ天』はもちろん知っているし、深夜番組を当時見まくっていたので、この番組も見ていた。(ちなみに、その後にやってた『エビ天』の方が好きだった。)
しかし、個人的に音楽をテーマに扱った映画というのが苦手なので、いまいちハマれなかった。
あと、みうらじゅんとか好きじゃないし。
よく知らないけど、主人公の男も好きになれなかった。(目つきが特に)
にじばぶさん [DVD(邦画)] 2点(2007-09-01 20:48:04)
34.《ネタバレ》  何というか、文化系少年の妄想爆発映画という感じで楽しかったです。(麻生久美子演じるヒロインなんてまさに妄想の産物ですから・・・)
 特に、獅童が入院した後の峯田のカッコ良さ、もう「ロックを単なるブームとして扱ったバカどもに捧げる~」のシーンは「これこそロック!」という感じで痺れましたね。
 まあ、いろいろなミュージシャンもチョイ役で出ていて、それを探すのも楽しい作品です。
TMさん [DVD(邦画)] 8点(2007-05-02 16:04:30)
33.僕はただ受け入れて、それの味をいろいろほぉほぉ。と楽しみたいタイプです。
この映画は、ロック好きだから困惑なく楽しめました。ボブディランは、ほとんど
聴きません。映画を観てから聴いたけど、いまはまたまったく聴いていません。ただ、みうらさんの中での神様なボブディランはきっと神様だし、ライクアローリングストーンズは時々いい加減に口ずさみます。麻生久美子が好きだから、ロックが好きだから。
ただ、なんか悔しい気持ちになります。少し
おでんの卵さん [ビデオ(邦画)] 8点(2007-03-17 02:29:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 52人
平均点数 5.69点
000.00%
100.00%
223.85%
3713.46%
459.62%
5917.31%
6815.38%
71121.15%
8917.31%
911.92%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review3人
2 ストーリー評価 6.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review6人
4 音楽評価 7.85点 Review7人
5 感泣評価 6.00点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS