3人の逃亡者/銀行ギャングは天使を連れてのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 3人の逃亡者/銀行ギャングは天使を連れて
 > (レビュー・クチコミ)

3人の逃亡者/銀行ギャングは天使を連れて

[サンニンノトウボウシャ ギンコウギャングハテンシヲツレテ]
Les Fugitifs
1986年【仏】 上映時間:90分
平均点:7.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
コメディ犯罪もの
新規登録(2003-12-28)【鱗歌】さん
タイトル情報更新(2008-10-11)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フランシス・ヴェベール
キャストジェラール・ドパルデュー(男優)ジャン・ルーカス
ジャン・カルメ(男優)マーティン
ミシェル・ブラン(男優)(ノンクレジット)
脚本フランシス・ヴェベール
音楽ウラディミール・コスマ
撮影ルチアーノ・トヴォリ
あらすじ
投獄歴十数回のツワモノの銀行強盗ルカは、今度こそ堅気な生活に戻ると心に決めて出所した。何の運命のいたずらか、ちょっとした事情を抱えて犯罪を犯した父親と関わりあいができてしまい、怪我の治療をしてもらったり、特殊な書類の入手の世話をしたりなど、関係が深まってしまう。その父親には可愛らしい小さな娘がいた。足をすっぱり洗いたかった彼であったが、娘が若いころの自分と似た境遇であることを知り、情にほだされたのか、再び刑事にマークされることを決意する。いよいよ彼は父娘と一緒に国境越えを目指して車を走らせた。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.脚本上、ルーカスが足を撃たれる必要があったのかなと思ってたが、元気なままだったらこの奇妙な逃亡劇は確かに発生しないね。随所に笑える場面があってとても楽しく見ることができたが、ルーカスとペグの交流がもっとしっかりと描かれてると良かったかな。ラストの別れのシーンで銀行に行ったときは、何が起こるかすぐわかったよ。好み40/50、演出10/15、脚本8/15、演技7/10、技術6/10、合計71/100→7/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 7点(2017-04-26 23:33:47)
4.フランスの映画は失敗が多い。
これもそのひとつ。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-28 00:22:32)
3.私的にはヴェベールは日本で言えば三谷幸喜のようなポジションの人で、大人の鑑賞にたえるコメディの脚本家という評価をしているが、この作品では可愛らしい子供を登場させてしまったということに若干の不満を覚える。かわいらしい動物や子供を出すのは観客の感情移入を得やすいので反則であると個人的には思う。そういう欠点はあるものの、この映画は、前半はアクションコメディ、後半は人情劇として十分見ごたえがあった。投獄歴十数回のつわものが冒頭に自分の持ち物を換金して手にする金額と、一世一代の勝負をかけた、もう一人の主人公が強盗で奪った金額が、似たような金額であったことが、主人公二人のうまい対比になっていて、片方の小物ぶり、片方の大物ぶりを効果的にあらわしていた。また、後年のヴェベール作品と異なり、この作品はいろいろな名画を意識したと思われるシーンがあったのが面白かった。あいうえお順でいうと「生きるべきか死ぬべきか」「お熱いのがお好き」「サウンドオブミュージック」ちょっと記憶がうろ覚えで自信はないが「ナバロンの要塞」そして「ブルース・ブラザーズ」などを観客が思い浮かべるように作られていると私には思えた。
南浦和で笑う三波さん 7点(2004-11-14 00:30:53)(良:1票)
2.いろんな要素がギュギュっと詰まって程好く感動。二人のキャラが決して脱線しないのがいいです。ドパリュデューがコメディ路線にいかず徹底してシリアスにきめてたから良かった。笑うところはしっかり笑え、ドキドキもあり、ホロッと泣けるところもあり、最期もニッコリ終わる。いいねぇ。ストッキングが破れるシーンは爆笑しました。なんであんなにうまく破れるかなぁ(笑)。
R&Aさん 7点(2004-11-10 09:52:44)
1.これはもう、本当に愛すべき映画。お約束ギャグ、不条理ギャグ、何でも取り揃えて笑いの連続、可笑しくてしょうがない。しかし観てるうちに何とも言えない理由不明の涙が込み上げてきます。設定にしろストーリー展開にしろ実に秀逸で、もう一本別の映画が作れそうな程、アイデアが凝らされています。この映画の日本での扱い、ヴェベール監督自身による米国リメイク版に比べて悪いようですが、何故でしょうね。ストーリーはほぼ同じ、どちらも間違い無く面白いと思いますが、大きな違いはラストシーン。味があります。雄大なアルプスの山々を背景としたドジ親父の姿、何となくジュリー・アンドリュースをすら彷佛とさせます(そんなバカな)。あと、アメリカ映画を見慣れてしまっているせいかもしれませんが、こういうコメディ、フランス語の方がよりユーモラスに感じられるし、パトカーのサイレン音すら、フランス警察の方がコメディにマッチしてる気がしてくるんですよね。というわけで、この原典版とリメイク版、どちらが上ということはないのですが、個人的に思い入れがより強いのは、やはりこちらですかねえ。
鱗歌さん 9点(2003-12-29 20:14:41)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5120.00%
600.00%
7360.00%
800.00%
9120.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS