トゥルー・クライム(1999)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トゥルー・クライム(1999)
 > (レビュー・クチコミ)

トゥルー・クライム(1999)

[トゥルークライム]
True Crime
1999年【米】 上映時間:127分
平均点:6.04 / 10(Review 68人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-12-25)
ドラマサスペンス犯罪もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-01-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリント・イーストウッド
助監督トム・ルーカー(第二助監督)
ロバート・ロレンツ
演出バディ・ヴァン・ホーン(スタント・コーディネーター)
キャストクリント・イーストウッド(男優)スティーヴ・エベレット
イザイア・ワシントン(男優)フランク・ビーチャム死刑囚
リサ・ゲイ・ハミルトン(女優)ボニー・ビーチャム
ジェームズ・ウッズ(男優)アラン・マン編集長
デニス・レアリー(男優)ボブ・フィンドレー
バーナード・ヒル(男優)ルーサー・プランキット刑務所長
ダイアン・ヴェノーラ(女優)バーバラ・エベレット
マイケル・マッキーン(男優)シラーマン牧師
マイケル・ジェッター(男優)デル・ポーターハウス
メアリー・マコーマック(女優)ミシェル・ジーグラー
フランチェスカ・ルース=イーストウッド(女優)ケイティ・エベレット
ジョン・フィン(男優)リーディ
グレアム・ベッケル(男優)アーノルド・マクカードル
ライラ・ロビンズ(女優)パトリシア・フィンドレイ
フランシス・フィッシャー(女優)セシリアナ・ナスバーム地方検事
マリッサ・リビシ(女優)アミー・ウィルソン
ルーシー・アレクシス・リュー(女優)おもちゃ屋の店員
ディナ・イーストウッド(女優)ウィルマ・フランシス
シドニー・タミーア・ポワチエ(女優)マロリー・デント
小林清志スティーヴ・エベレット(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小島敏彦アラン・マン編集長(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小杉十郎太ボブ・フィンドレー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
沢海陽子セシリアナ・ナスバーム地方検事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
水野龍司デル・ポーターハウス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
定岡小百合(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
堀越真己(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
岡村明美マロリー・デント/おもちゃ屋の店員(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
藤本譲(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
辻親八(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
楠見尚己(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
野沢那智スティーヴ・エベレット(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
江原正士フランク・ビーチャム死刑囚(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
池田勝アラン・マン編集長(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
内田直哉ボブ・フィンドレー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
納谷六朗デル・ポーターハウス(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
真山亜子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
増田ゆき(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
川田妙子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
脚本ラリー・グロス
ポール・ブリックマン
スティーヴン・シフ
音楽レニー・ニーハウス
撮影ジャック・N・グリーン〔撮影〕
スティーヴン・S・カンパネリ(カメラ・オペレーター)
製作クリント・イーストウッド
リリ・フィニー・ザナック
リチャード・D・ザナック
製作総指揮トム・ルーカー
配給ワーナー・ブラザース
美術ヘンリー・バムステッド(プロダクション・デザイン)
リチャード・C・ゴダード(セット装飾)
編集ジョエル・コックス〔編集〕
ゲイリー・ローチ(編集補)
照明トム・スターン〔撮影・照明〕
字幕翻訳稲田嵯裕里
スタントアンディ・ギル〔スタント〕
ジャック・ギル[スタント]
ジョージ・オリソン
その他アート・レヴィンソン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
68.やはりイーストウッドには、こんなひと癖もふた癖もあるヒーロー像がよく似合う。本作では、信心深い冤罪の死刑囚と面会した際でさえ、
「俺はどうせ世間ではつまはじき者だ。神など知ったこっちゃない。あの世の正義などクソ食らえだ。」と言い放つ。
平気でこんな台詞を吐く正義の人を演じると誰もイーストウッドには太刀打ちできません。
勤める新聞社でも禁止になっている、社会悪の象徴のようなタバコをくゆらす様がまた絵になる。
死刑執行まであと数時間。普通なら不可能と思われるドラマですがイーストウッドがやると、それだけで何か説得力のようなものがある。
不慮の事故で急死した後輩に代わり、死刑囚の面会の仕事を引き継いだ時には執行まであと数時間。
面会時、与えられた時間は15分。冤罪の死刑囚との分刻みの真剣勝負。
最後は、刑の執行が始まり秒刻みの争いとなってくる。次第に残された時間との闘いが緊迫度を増してくるドラマの展開も見事。
冤罪と死刑、人種問題、司法やジャーナリズムの在り方を問う重さのあるテーマを扱いながらも、
娘とのやり取りや職場での軽いやりとりが効いていてイーストウッドの社会派サスペンスとしてはそれ程重さを感じさせない。
そこには何も台詞は要らない。クリスマスの夜、目が合う2人の表情で終わるラストもまた良かった。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-06-10 23:12:41)
67.イーストウッドが好きだから許せてしまうのだが、さすがにあの歳(当時70歳弱くらい?)で4歳ほどの娘がいる役はきついんじゃない??とおもったらあれは実子だって?!さすが艶福家ですなあ。それにしても彼はどの作品でも、一般的には社会からのはみ出し者を演じるのがうまいね。悪く言えば人間のクズだが、なぜか愛すべきクズなんだよね。好み40/50、演出10/15、脚本11/15、演技8/10、技術5/10、合計74/100→7/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 7点(2017-03-15 23:15:52)
66.死刑囚の無罪を執行瞬間までカットバックで追うストーリーって、今まで何度も見てきたけど、それだけに安心して見られる作品でした。
イーストウッドは若いですね。
あの歳で、あんなに小さな娘がいること自体、つっこみたくなりますが、動物園での見学シーンは笑ってしまいました。
何故か、爽快感が沸かないのですが、見て損はない作品かと思います。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-08-20 18:36:10)
65.《ネタバレ》  ちょっと軸がぶれているストーリー構成は賛否両論ありそうですが、はっきり言って面白いです。ともすれば重くなりそうなテーマを、ここまでエンターテイメント風味、いや、イーストウッド風味に仕上げてしまう手腕はさすがです。
 エベレットのプライベートな問題に関する掘り下げ・描写に割いたウェイトが、大きすぎですね。ビーチャム親子とエベレット親子の対比を映し出したかったのかもしれませんが、今作においてはそれが上手く機能しているとは思えません。唯一のマイナスポイントと言えばそこくらいでしょうか。
 ふたつの家族関係がうまく対比・リンクさせきれなかったため、『冤罪を晴らすストーリー』と『エベレット記者のプライベートなドラマ』の二本の軸ができてしまっています。プライベートパートも結構な力の入れ具合。そのため、ますます本筋のストーリーの邪魔に感じてしまうのかもしれません。いっそ添え物的に、もっとライトにポップに扱っても良かったんじゃないでしょーか。
 ビーチャムとその家族の描写はパーフェクト!娘や奥さんに別れを言うシーンは、涙が止まらないです。個人的にはこの作品の一番の見所です。『涙活』です。奥さんの泣きの演技は終始胸を打ってしょうがないです。『涙活』です(笑)
 この家族のシーンがエベレットの捜査と交互に映し出されるため、観ている私達は、完全にビーチャム親子の味方です。だからこそ、そこからの死刑執行シーン、そして、薬が減っていくときの映像・演出が、尋常ではない緊張感を生み出しているのでしょう。やはり冤罪を晴らすストーリー一本でいってほしかったなあ。
 ハラハラドキドキ、それでいて涙をさそい、編集者とのかけ合いトークでは笑いもさそう、、、ラストは完璧。上質のエンタメムービーです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2015-05-03 20:18:50)(良:1票)
64.全然面白くなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 2点(2014-10-03 01:19:52)
63.イーストウッド監督・主演作品らしいサスペンス感そこそこの後味の良い映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-08-20 22:35:40)
62.《ネタバレ》 冤罪や人種差別など重いテーマを扱っている割に、中盤までは気軽に見られる内容です。後半は一気に緊張感が高まり、ドキドキしながら見てました。イーストウッドは見せ方、まとめ方がうまいですね。
モリーさん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-02 16:31:44)(良:1票)
61.なんかクリントイーストウッドのイメージビデオを観てる感じで、彼のキャラが分かりやすいくらい立っている。酒、女キャラというのを彼は好んでいるんだろうなあ。ネタ的にはまずまずのサスペンスに仕上がっている。気付かず2度目の鑑賞となった。途中でこれに似たネタの作品見たことあるなあ、どの作品だっけと何度も思った。類型的な作品も多いこともあるだろうし、本作品がさほどの特徴や記憶に残るインパクトを持ってないということでもあるかな。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-07-06 16:53:31)
60.《ネタバレ》 黒人の死刑囚の冤罪を暴く記者役にイーストウッド。そこそこ社会的ながらもやっぱりアウトロー。デカイ銃じゃなくて裸の銃(ガン)を撃ちまくりです…がコメディではありません。ちゃんとサスペンス仕立てにはなってます。
でも焦点がどーにもボケちゃってるような気がしてなりません。陰謀ってわけでもないし、アクションがあるわけでもない、堕ちていく主人公は事件とは無関係に自業自得なわけで…。なんだかなぁって感じです。刑が執行されるまでのドキドキ感はよく描けていたと思いますが、そこだけが見所だったような…。でもそれってわたしたちの良心に頼ったような盛り上がりで、映画としてはどーかなぁ。
ろにまささん [地上波(吹替)] 4点(2012-12-06 23:06:42)(良:1票)
59.手堅く作られた、社会派サスペンス。イーストウッド監督作品としては、珍しくエンタメ要素の強い作品なので、比較的気軽に楽しめる。最後は少々ご都合主義に過ぎるきらいもあるが、最後まで緊張感を持って観ることができる良作。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2012-07-26 15:15:08)
58.やっぱりラストはハラハラしたなあ。刑務所所長の手がかすかに震えてるとこなんかもいいですね。内容的には考えさせられる要素は沢山あるのに、割と軽妙なタッチで描かれていて、最近絶好調のイーストウッド作品の序章のような感じ(前から傑作はありましたけどね)。職場での上司との会話も軽くカオスで笑ってしまう。サスペンスでもやはりユーモアは必要だなあ。娘の年齢がイーストウッドと比べると若すぎない?と思ったけれど、wikiで見たら彼女、イーストウッドの本当の娘だったんですね。おみそれしました。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 7点(2011-12-11 23:59:55)(良:1票)
57. ちょっとできすぎの感じもありますが、面白い作品です。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-08-08 23:04:14)
56.この映画ほど会話の妙を楽しめるのはなかなかない。ユーモアの効いた(少々効き過ぎのものも多いが)会話はそれだけで観るのが楽しくなる。家族としての幸せ、というのが隠れテーマなのかな。イーストウッドは一人。
Balrogさん [DVD(字幕)] 6点(2011-07-13 01:15:35)
55.今夜死刑を執行されようとしている囚人が、実は無罪なのではないか、と、ジジイなのにプレイボーイで敏腕のイーストウッド記者が奔走するオハナシ。たった半日で真相に辿り着けるのか、というサスペンスなんですが、とは言えイーストウッドが当の囚人に面会するのは映画のほぼ半分くらいのところ。そこは敏腕記者なので(というか亡きオネーチャン記者がすでに手がかりを掴んでいるので)残り半分でも簡単に解決!と思いきや、映画の残りのさらに半分で、手がかりを失い、さらにはこれまでの悪行がたたって妻からも三行半、どうしようもなくなってしまう。そう、やっぱりイーストウッド記者は「遅れてきた」のです。浮気に励み、気ままに取材にのめり込み、家族をないがしろにし、映画の前半をムダに費やして、それらの挙句に、この囚人が無実だという感触を持ちながらもはや手遅れ、という次第。「過去」の犯行の様相が異なる映像で繰り返し描かれ、徐々に明らかになっていきながら、「現在」はモヤモヤと膠着状態に。処刑まではもう時間がない・・・そしてここからがサスペンスの見せどころ。イーストウッドの男気の魅せどころ。「魔のカーブ」や「知り合いの変な浮浪者」など、映画前半の素材を織り込んでみせるのも、なかなかシャレたサービス。アクションは抑え気味ですが、充実感はしっかり味わうことができました。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2011-05-07 14:27:51)(良:1票)
54.《ネタバレ》 そこそこ面白い。手堅い作り。

色々詰め込んであるが、それぞれの処理が的確でフワッとした感覚はあまり感じなかった。イーストウッドとはいえ、文芸作品の方向ではないのでこんなモノかもしれない。やたらスピーディで一直線であまりひねらないのはB級方向の作品では味付けが決まっているからそれほど違和感はなかった。

それにしても、これに主演しちゃうもんな。固定ファン向けとしか思えない。けど、それをやってしまえるところがスゴい。
黒猫クックさん [ビデオ(吹替)] 6点(2010-08-03 01:13:51)
53.《ネタバレ》 いくらイーストウッドとは言えこの年齢で不倫しまくっているのはさすがに無理があるし、奥さんも娘も若すぎます。そして内容もサスペンス性に欠けてます。もっと色々な展開がある事件にし、長期間かけ解決させてもよかったんじゃないかな?ただちょっと点数が甘めなのは、ミスティックリバー、ミリオンダラーベイビーを見てからの鑑賞だったため、あの救いあるエンディングに献上。
関白宣言さん [DVD(字幕)] 6点(2010-05-18 19:04:22)
52.《ネタバレ》 12時間しか時間がないはずなのに、前半はえらくのんびり、前置き長く進行している。しかも、これだけの危機を覆すのならばどれほど劇的な新証拠なり裏の真相があるのかと思ったら、ほとんど2時間ドラマレベルの安直な覆し方。これではご都合主義と言われてもやむをえません。事件追求とプライベート部分の絡ませ方も中途半端。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-05-16 23:06:55)
51.《ネタバレ》 引き込まれました。完全なヒーローではなく、社会的なはみ出し者の主人公だから少し現実味があったのだと思う。ラストがパーフェクトすぎるのが減点対象。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-04-27 09:41:30)
50.私やっぱりイーストウッドの映画って好きです。
これって人種とか死刑制度とか扱っているけど完璧な人間ドラマ、二組の夫婦の対比が焦点のような感じ、大作でも秀作でもないんですけどね。
黒人一家は全てを取り戻し、エベレットは無くした。無実の男が黒人である必要があるのかどうかとも思ったけど、でもこれがイーストウッドなんだなぁ、彼らしい作品ですね。顔に刻まれたシワが人生を物語るといったらこの人ですね、アメリカ人だけどわびさびを感じる人です。
ただ申し訳ないんだけど、ダイアン・ヴェノーラの主人公の奥さん役って魅力ないですね、いつも邪魔に感じちゃうわ。おもちゃ屋のルーシー・リューがなんか可愛かった。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-02-10 14:15:20)(良:1票)
49.《ネタバレ》 ○ストーリーに難あり。1日だけで死刑囚を救うなんて。ちょっとご都合主義が過ぎたかな。○牧師の役割がいつもと違ったな。○さすがにベッドシーンはね。でも、当時70歳近くのイーストウッドに「下半身は抑えられんのか」というセリフがあるのは面白い。○前作「目撃」よりもイーストウッド自身がこの役を演じるのに大いに無理がある。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 4点(2009-08-26 11:02:08)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 68人
平均点数 6.04点
011.47%
100.00%
222.94%
334.41%
468.82%
5913.24%
61927.94%
71319.12%
81116.18%
945.88%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS