薄化粧のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > 薄化粧
 > (レビュー・クチコミ)

薄化粧

[ウスゲショウ]
1985年【日】 上映時間:124分
平均点:6.14 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
ドラマ犯罪もの実話もの小説の映画化
新規登録(2004-01-11)【its】さん
タイトル情報更新(2018-11-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督五社英雄
キャスト緒形拳(男優)坂根藤吉
浅利香津代(女優)坂根ふくみ
藤真利子(女優)内藤ちえ
浅野温子(女優)地所テル子
宮下順子(女優)仙波すえ
川谷拓三(男優)真壁一郎
大村崑(男優)松井捨蔵
竹中直人(男優)氏家正肋
花沢徳衛(男優)渡辺鉄治
柳沢慎吾(男優)明賀英之
小林稔侍(男優)森谷
菅井きん(女優)とよ
萩原流行(男優)立石
原作西村望「薄化粧」
脚本古田求
音楽佐藤勝
撮影森田富士郎
製作西岡善信
宮島秀司
松竹
配給松竹
美術西岡善信
編集市田勇
録音大谷巖
照明美間博
あらすじ
昭和20年代、愛媛県で妻子を殺し愛人宅を爆破して逮捕された炭鉱夫が拘置所を脱走し、10年余りに渡って関東、中部のダム工事現場などの飯場を回り逃避行を続けるが、最後は四国に舞い戻ったところを捕まり、無期懲役刑になったという実話を基にした西村望の実録犯罪小説の映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.「鬼畜」「復讐するは我にあり」に続く、緒形拳演じる犯罪者シリーズ。
やっていることはひどいのだが、この主人公の人となりがどうしようもない極悪人というわけでもなさそうで、ちょっとぼんやりしていて掴みづらかった。
状況説明に時間を割いているせいなのか? 本来なら主人公の心情描写になるはずのタイトルどおりのシーンが、妙に浮いて見えたりして……。
時系列の工夫も悪くはないのだが、それがかえってテンポを悪くしている部分があるのかも。
浅野温子、藤真利子、松本伊代との絡みのシーンは多く、緒形拳の役者としての演技も相変わらず素晴らしいんだけど、今ひとつ印象に残らない作品でした。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 4点(2014-01-02 02:49:50)
6.《ネタバレ》 川谷拓三も、取り調べられる側から取り調べる側になったんだなあ。で、この犯人像、いかにも緒形拳的で、もひとつ驚きがない。そういう自分専用の像を作ってしまったってことは、役者としてすごいことではある。蛇のような男と近所で言われて・補償金ぶとりで・女の喧嘩にはオロオロし・すぐカッとなり・長いトンネルを掘って脱獄し・女好きで(「ね、しよ、しよ」)・石に子どもの名前を書き付け・竹中直人にはいい人であり・小娘には馬鹿にされ・少女に化粧してやり…、といったキャラクター。緒形拳が演じてしまうことで、こっちがそういう型に分類して見てしまってるのかも知れないが。最初のうちは時代がよく分からなかったが、しだいに歌謡曲で絞られていった。昭和24年。ラジオの時代。駅の便所で化粧する緒形と、あと追ってくことを決めて化粧する藤真利子とがカッとバックされるあたりに、短編小説の佳篇的味わい。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 6点(2011-03-24 12:20:18)
5.ラジオ高っ!! まさにラジオが生んだ悲劇!!
アキラさん [地上波(邦画)] 7点(2009-03-12 03:36:48)
4.泥臭いながらも格調の高さも感じられる逃亡劇。「復讐するは我にあり」「鬼畜」とともに自分勝手に『緒形拳犯罪三部作』と呼んでいる1本。竹中直人が相変わらずいい味出しているが、ミスキャストの松本伊代が目障り。
Q兵衛さん [映画館(邦画)] 7点(2008-02-16 14:30:17)
3.《ネタバレ》 本来、もっと重厚で壮大なドラマを構築できたと思うのですが、時系列を変に操作しているのと、逃亡後よりも逃亡前の方に描写の多くが割かれているのとで、今ひとつ時間的な拡がりが伝わってきません。また、刑事側の追跡過程があまり描写されていないので、いざラストを迎えたときも、やっとゴールに達したというような達成感のようなものが湧いてきません。作品の軸を主人公の女性遍歴に置いてしまったのが、少しずれていたのではないかな。それでも、主人公の行動なり思考が与えるインパクトと緒形拳の気合の演技により、作品としての力はあるので、この点数。
Oliasさん [DVD(邦画)] 7点(2005-12-30 01:45:51)
2.私が小学生の頃、地元でロケしてました。あの社宅群はもうフィルムの中でしか見られません(涙)あと浅野温子さんや柳沢慎吾さんや松本伊代さんも出てます。映画自体は・・ん~自己中オヤジが好き勝手やったあげく自業自得で捕まる映画、という印象しかないですねぇ。あと全体的に泥と汗の匂いがします。
ひろほりともさん 3点(2004-03-01 17:56:50)
1.コピーが「生きんがための闘いに、人は心で化粧する」というものだったと思いますが、緒形拳さんをはじめ、竹中直人さんほか好演されています。時代ものといってもほぼ現代です。ビデオはあるようですが、DVDにならないでしょうか?五社監督BOXなんかでないとむりですかね?
itsさん 9点(2004-01-11 23:12:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 6.14点
000.00%
100.00%
200.00%
3114.29%
4114.29%
500.00%
6114.29%
7342.86%
800.00%
9114.29%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS