ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO's Unlucky Days〜<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ル行
 > ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO's Unlucky Days〜<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO's Unlucky Days〜<TVM>

[ルパンサンセイアイノダカーポフジコズアンラッキーデイズ]
1999年【日】 上映時間:92分
平均点:5.12 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
アクションSFコメディアドベンチャーアニメTV映画シリーズもの犯罪もの
新規登録(2004-01-11)【バカ王子】さん
タイトル情報更新(2018-08-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ワタナベシンイチ
栗田貫一ルパン三世
小林清志次元大介
井上真樹夫石川五ヱ門
増山江威子峰不二子
納谷悟朗銭形警部
戸田恵子ロザリア
森山周一郎バートン
千葉繁ナザロフ
青森伸古美術商
楠大典ロザリアの父
加瀬康之スタッフ
坂東尚樹医師
坪井智浩医師
原作モンキー・パンチ
脚本藤田伸三
音楽大野雄二
鈴木清司(音楽監督)
作曲大野雄二「愛のダ・カーポ」/「ルパン三世のテーマ」
編曲大野雄二「愛のダ・カーポ」/「ルパン三世のテーマ」
撮影長谷川肇(撮影監督)
野村隆(撮影)
スタジオコスモス
製作東京ムービー
企画日本テレビ(企画制作)
作画平山智(作画監督)
ワタナベシンイチ(絵コンテ)
編集鶴渕允寿
鶴渕和子(ネガ編集)
録音加藤敏(録音監督)
東北新社(音響制作)
その他東京現像所(現像所)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.いつものルパンですが、今回は設定や展開にかなり無理がありますね。もう少し時間を長くして内容が濃ければもっといい作品になったと思います。ヒロインや偽ルパン(笑)もいい感じだけど惜しいですね。
たかちゃんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-02-07 19:55:29)
7.《ネタバレ》 本作品は、ふとしたことで記憶喪失になった不二子がメインになっている。
哀しみの王さん [ビデオ(吹替)] 10点(2007-03-31 14:07:03)(笑:1票)
6.《ネタバレ》 記憶を無くし、しおらしい女になった不二子を主役においたテレビスペシャルの一篇。個人的には不二子はファーストの二階堂有希子のほうが好きで、増山江威子の不二子には色気を強調しすぎている感があり若干の苦手意識があるのだが、(今の沢城みゆきの不二子はわりと好き。)本作の記憶を無くし、キャラも変わった不二子はみなさん書かれているとおり、バカボンの母を思わせるような優しさを醸し出していて、その苦手意識は本作では少し薄れた。(やはり増山江威子は不二子よりもバカボンの母のようなキャラのほうが好みかな。)でも、不二子の記憶喪失という設定がメインになりすぎていて、ストーリーとしてはいつものように適当に作った感がありありでちょっとなあという感じ。中でも今回のルパンたちの獲物であるコロンブスの卵に関する資料のすべてを覚えている不二子が記憶喪失という設定なのにいざ終盤に思い出してもそれが一体どういう存在なのか最後までよくわからないのはいくらなんでもという気がするし、今回の敵役のボスであるヒロインの父が筋肉モリモリの怪物に変身するのもやりすぎというほかなく、(この父親の声をやっているのが森山周一郎で、大御所にこんな役をさせているのがもったいないというか・・・。)やはり出来としてはイマイチな感じ。(まあ、テレビスペシャルはいつもこんな感じだけど。)今回、銭形があまり話に絡んでおらず、その辺も物足りない感じがした。(確かこの前年のテレビスペシャルでは主役だったはず。)「監督 ワタナベシンイチ」というクレジットを見てテレ東のアニメ「はれときどきぶた」が懐かしく、また見たくなってしまった。(2018年4月28日更新)
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 5点(2005-05-24 17:35:07)(良:1票)
5.《ネタバレ》 不二子の記憶が無くなるという設定はよかったんですけどね。筋肉の化け物になった親父さんは現実離れしすぎというかやりすぎ感がありました。
ギニューさん 4点(2004-10-31 16:07:00)
4.男は見えそうで見えないラインが一番好きなのです。不二子はそういう女です。あとは下で全て書かれました。
諸星わたるさん 4点(2004-03-06 01:21:27)
3.《ネタバレ》 確かに記憶を無くした優しい不二子ちゃんは、まさにバカボンのママ。

ただ内容的には、いつもにも増して設定の無理やりさが見える。オレゴンだかオルゴンだかの効果も意味不明だし、その増幅装置であるコロンブスの卵も、いったいどういう存在なのかまったく説明無し。

ハルク化したお父さんも、あれだけしぶといのに、ラストで不二子に蹴っ飛ばされてあっさり墜落死という、メチャクチャ端折ったテキトーな終わり方。何のためにハイパー化したのか分からない。

でも、この作品の最大の見せ場は、溺れた次元を五右衛門が人工呼吸しようとするシーンw。死ぬ気で嫌がる次元の至近距離からのマグナム連射を平然と無表情で捌く五右衛門が最高に笑える。つまり五右衛門が「その気」になれば、次元の能力では為す術も無く掘られてしまうということなのか。合掌。
FSSさん [ビデオ(邦画)] 4点(2004-02-26 00:30:05)(良:1票)
2.確か不二子ちゃんの記憶が無くなるとかそういう感じのストーリーだったと思う。その設定に終始してしまい作品的にはきわめて盛り上がりに欠ける印象。
鉄腕麗人さん 3点(2004-01-12 00:00:41)
1.《ネタバレ》 記憶を失った不二子。おしとやかで丁寧な言葉遣いになり、いつも優しく家族を見守っているバカボンのママのようだった。
ロカホリさん 5点(2004-01-11 16:21:43)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.12点
000.00%
100.00%
200.00%
3112.50%
4337.50%
5225.00%
6112.50%
700.00%
800.00%
900.00%
10112.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS