ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ロ行
 > ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

[ロードオブザリングオウノキカン]
THE LORD OF THE RINGS:THE RETURN OF THE KING
2003年ニュージーランド上映時間:203分
平均点:7.56 / 10(Review 399人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-02-14)
アクションドラマアドベンチャーファンタジーシリーズもの小説の映画化
新規登録(2004-01-11)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2019-08-12)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・ジャクソン
助監督ジム・ライジール(ノン・クレジット)
キャストイライジャ・ウッド(男優)フロド・バギンズ
イアン・マッケラン(男優)ガンダルフ
リヴ・タイラー(女優)アルウェン
ヴィゴ・モーテンセン(男優)アラゴルン
ショーン・アスティン(男優)サム
ケイト・ブランシェット(女優)ガラドリエル
ジョン・リス=デイヴィス(男優)ギムリ
バーナード・ヒル(男優)セオデン王
ビリー・ボイド(男優)ピピン
ドミニク・モナハン(男優)メリー
オーランド・ブルーム(男優)レゴラス
ヒューゴ・ウィービング(男優)エルロンド
ミランダ・オットー(女優)エオウィン
デヴィッド・ウェナム(男優)ファラミア
カール・アーバン(男優)エオメル
ジョン・ノーブル(男優)デネソール
アンディ・サーキス(男優)ゴラム(スメアゴル)
イアン・ホルム(男優)ビルボ・バギンズ
ショーン・ビーン(男優)ボロミア
ジョン・リス=デイヴィス木の鬚
浪川大輔フロド・バギンズ(日本語吹き替え版)
有川博ガンダルフ(日本語吹き替え版)
大塚芳忠アラゴルン(日本語吹き替え版)
内海賢二ギムリ(日本語吹き替え版)
小山力也ボロミア(日本語吹き替え版)
菅生隆之エルロンド(日本語吹き替え版)
長島雄一ゴラム(日本語吹き替え版)
宮本充ファラミア(日本語吹き替え版)
本田貴子エオウィン(日本語吹き替え版)
佐々木勝彦セオデン(日本語吹き替え版)
山寺宏一エオメル(日本語吹き替え版)
立木文彦ギャムリング(日本語吹き替え版)
石田太郎木の鬚(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしデアゴル(日本語吹き替え版)
宝亀克寿ゴスモグ(日本語吹き替え版)
小林清志アングマールの魔王(日本語吹き替え版)
納谷六朗死者の王(日本語吹き替え版)
塩田朋子ガラドリエル(日本語吹き替え版)
平川大輔レゴラス(日本語吹き替え版)
勝部演之デネソール(日本語吹き替え版)
山野史人ビルボ・バギンズ(日本語吹き替え版)
村治学メリー(日本語吹き替え版)
坪井木の実アルウェン(日本語吹き替え版)
廣田行生マドリル(日本語吹き替え版)
原作J・R・R・トールキン「指輪物語」
脚本フラン・ウォルシュ
フィリッパ・ボウエン
ピーター・ジャクソン
音楽ハワード・ショア
主題歌アニー・レノックス"Into the West"
撮影アンドリュー・レスニー
製作ニュー・ライン・シネマ(プロダクション・カンパニー)
バリー・M・オズボーン
フラン・ウォルシュ
ピーター・ジャクソン
ジェイミー・セルカーク(共同製作)
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
配給日本ヘラルド
松竹
特殊メイクリチャード・テイラー〔特撮〕(特殊メイクスーパーバイザー)
特撮リチャード・テイラー〔特撮〕(クリーチャー/アーマー/ミニチュア)
ウェタ・デジタル社(視覚効果)
ジム・ライジール(視覚効果監督)
美術グラント・メイジャー(プロダクション・デザイン)
アラン・リー〔美術〕(コンセプチュアル・デザイン&セット装飾)
ジョン・ハウ[美術](コンセプチュアル・デザイン)
ダン・ヘナ(美術監督スーパーバイザー&セット装飾)
衣装ナイラ・ディクソン
リチャード・テイラー〔特撮〕
編集ジェイミー・セルカーク
録音クリストファー・ボーイズ
マイク・ホプキンス[録音]
イーサン・バン・ダーリン
ゲイリー・サマーズ
スタントケイシー・オニール(ノンクレジット)
その他松竹(提供)
日本ヘラルド(提供)
角川書店(提供)
ポニーキャニオン(提供)
フジテレビ(提供)
あらすじ
太陽の第3紀、3019年。冥王サウロンが創り出した「ひとつの指輪」を捨てる使命を負ったフロドとその親友サムは、ゴラムの案内のもと滅びの山へと近づいていく。一方ヘルム渓谷の戦いで勝利を収めたアラゴルン一行は、崩壊したアイゼンガルドでメリー、ピピンと再会する。しかしその間にも、サウロンの軍勢は着々と巨大化していた・・・。 ファンタジーの原点といわれる「指輪物語」を史上空前のスケールで映画化、その完結編。アカデミー賞史上最多タイの11部門受賞。中つ国と全生命の未来をかけた指輪戦争がいま遂に幕を閉じる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
399.《ネタバレ》 “THE RETURN OF THE KING”邦題まま。三部作最後は掟破りの203分と来た。前作で私の個人的な評価もうなぎ登りだとはいえ、これは長いぞ~。最高権力者と言えるデネソールが臆病者だったり、ミナス・ティリスを攻めるオーク軍団との攻城戦がクライマックスだったりと、二つの塔と色々被るなぁ…一作目から二作目の時に感じられたグレードアップ感は今回やや少なめ、二作目との関係が『一本の映画の前編・後編』に思えたくらい、新しい発見が無かったというか。

援軍に現れた“死者の軍勢”の反則感。なんか、人間、エルフ、ドワーフにホビットが協力しあって勝利を掴むのが物語の根幹にあるところ、幽霊ってOKなの?って思ってしまった。アラゴルンの説得も意外とすんなりだった気がして、前作でメリーとピピンがエント族を説得したようなカタルシスは薄かったかな。それと大鷲の軍団が援軍でやってくるのも、やっぱり唐突な気がしたんだよ。
サルマンどこ行った?問題。『サルマンがどうなったかはスペシャル・エクス~で。』って、かどこかで見落としたかと思ってネットで結果知ってしまったよ。完結編で203分も使って、何でそこ通常版に入れないんだよ。代わりに削れるトコいっぱいあったよ、エンディングの長いトコとか。

サムの大活躍は素晴らしかったけど、あの終盤で巨大蜘蛛との戦いが待っていようとは思わなかった。つくづくバルログが強そう過ぎたわ。ラスボス級だったわ。今回のオリファント(中ボス)は期待通りの活躍をしていたけど、ナズグル+フェルビースト(大ボス)は、前作で観てるしなぁ。真のラスボス・サウロンは、物理攻撃でなくイベントで倒してるし…

フロドがあんまり活躍しているように思えない創りも、どうなのか。序盤サムをクビにし、中盤サムに指輪を守ってもらい、終盤サムに運んでもらい…指輪の最後はアクシデントとも思える。原作に忠実なのかもしれないけど、もっと主人公っぽい活躍を追加しても良かったように思うけど、どうなんだろ?
本作も、削るところ削って2時間~2時間半でまとめたほうが良かった気がする。
K&Kさん [DVD(字幕)] 6点(2023-03-27 22:30:21)
398.永く壮大な旅路の締め括りに相応しいアカデミー作品賞。
TERUさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2023-02-12 19:45:24)
397.《ネタバレ》 今更ながら初鑑賞。

何はともあれ、3時間20分はあまりにも長い。
人間の集中力には限界がある。

確かにクライマックスのシーンは随所で熱いところがあった。
戦闘シーンの重量感・質感は20年経った今観てもしっかり通用する。

ただ、どうしても気になった点が・・・

道中のフロドの負担の大きさが観ている側には伝わりにくく(最後の火山のシーンも締まらなかったし)、
他の人(特に勇者サムさん)の方が傍目から大変な目に合っているにもかかわらず気丈に振舞っていて、
どうしてもこちらの方が印象に残る。

あと出演者の仕事量・貢献度と、スタッフロールの順番がかみ合っていない。
2年で12キロさん [インターネット(字幕)] 6点(2022-09-15 22:35:56)
396.《ネタバレ》 原作は本当に大好きな作品。その世界をここまで再現してくれた制作陣には感謝しかありません。満点をつけたいところですが、一つだけ大きな不満があります。それは主人公フロドの苦しみが十分に伝わってこないこと。他の方のレビューでも主人公が情けないと書いておられる方が多いですが、映画だけ見るとそう感じるのもしかたないと思います。
あの指輪は、ガンダルフやガラドリエルなど力のある者が持てば、第2のサウロンかそれ以上の魔王になるというシロモノ。持っているだけで悪へと誘惑され、心身を蝕まれていきます。素朴で善良だが強い心を持つホビットだからこそ、滅びの山まで指輪を持って行けたのです。そのフロドでさえ、最後の瞬間には誘惑に勝てませんでした。おそらく生身の存在には耐えられないのでしょう。ゴクリのおかげで?指輪は破壊されましたが、フロドはその苦痛から癒されることはありませんでした。だからこの世を離れ、悪のない西方へ旅立ったのです(死んだのではありませんよ笑)。
指輪はそういうものであるとキチンと描かないと、フロドは情けない、最後に勝手に船にのってどこかへ行ったよくわからんヤツだし、終盤のシーンはただ冗長で退屈なだけでしょう。私は観るたびに涙を禁じえませんが。
ワンシーンでも、セリフ一つでもなんとかならなかったのかと残念でなりません。
スターストライダーさん [映画館(字幕)] 9点(2021-04-04 14:10:31)
395.《ネタバレ》 完結編なのにどうも物足りない印象を受けるのは、合戦シーンが二つの塔の焼き直しに見えてしまったことが大きく、指輪を捨てる顛末が霞んで見える。エンディングも監督が気に入っているからかどれも捨てられず、何度も見せられるような冗長さがあった。それだけ原作への思い入れが大きいということだろう。アカデミー賞の歴史において例外中の例外で、作品賞含めての総ナメということは、それほど実写映像化不可能と言われたファンタジー小説をあらゆる制約と困難を乗り越えて、最高の完成度で応えた功績を称えての"努力賞"だと言える。他の候補作で相応しいものがなかった運の強さもあるかもしれないが、常に多くの人の支持される映画は大衆迎合か否かなのだ。合計11時間以上の3部作の完全版を見てこそ真価が発揮される。そういう意味でこの点数。
Cinecdockeさん [映画館(字幕)] 7点(2018-03-30 23:33:41)
394.いいんですが、長い・・・
HRM36さん [DVD(字幕)] 8点(2015-06-30 16:47:49)
393.スケール感はすごいし、映像も迫力十分。きっと映画通には受けるだろうけど、それでも一般人にとっては尺が長い!サムとガンダルフのカッコ良さが光る。もう一度人間関係踏まえて観てみようかな観てみたいというリングの誘惑にかられるけど、さすがにつらいので、これきり。
タッチッチさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2015-06-06 11:40:04)
392.前2作を含めてお子様向けのようにも思えますが、映像だけは素晴らしかったです。子供向け映画でも共感できる映画はたくさんありましたが、このシリーズは全く心に響かない大作でした。最多オスカー獲得作品の内の一つということですがちょっと複雑な気持ちになります。
ProPaceさん [CS・衛星(吹替)] 3点(2015-01-09 00:01:47)
391.そーだい
とてもそーだいの完結編
Mementoさん [DVD(字幕)] 9点(2014-12-02 12:00:34)
390.壮大な映画なんだけど、内容が理解できないまま置いていかれた感じ。
aimihcimuimさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-09 08:48:36)
389.権威を盾にするわけではないが、宮崎駿などは当然ながら解っている。
「(ロード・オブ・ザ・リングの)原作を読めばわかりますけど、
実は殺されているのはアジア人だったりアフリカ人だったりする。
それがわかんないでファンタジーが大好きって言ってるのは、馬鹿なんです。」
(『ダーク・ブルー』パンフレット)と。
原作など読まなくても映画を見ただけで解るが。
9.11を経て、なおも「ピュア」に勧善懲悪を楽しめてしまうような、
隠喩も解らぬ「馬鹿」な大人にはなりたくないものだ。

この、他種族を殲滅してメデタシメデタシという欺瞞的でうすら寒い大団円には
反吐が出る。
古典という権威に寄りかかり、単に原作を絵解きしただけの、単なる原作従属物。
A級ならA級らしく、現代世界への問いかけくらい含ませたらどうか。


おまけにこのダラダラと間延びした後日談はもはや拷問である。
ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 0点(2014-04-05 22:43:51)
388.《ネタバレ》 アラゴルンたちの死闘、
フロドたちの苦難の旅の終わりを描く第3作。

敵味方が次々と押し寄せる攻城戦、
己の弱さを強さに変えていく欲望に打ち勝つ戦い、
波乱に満ちた指輪破壊の旅、
そして訪れる穏やかな締めくくり・・・。アラゴルンたちが“援軍”を引き連れてくる場面は何度見ても鳥肌が立ってしまう。

王道の中の王道ファンタジー、堂々完結。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-04-05 13:09:30)
387.素晴らしい







pillowsさん [DVD(吹替)] 10点(2014-03-29 14:47:06)
386.《ネタバレ》 景観の素晴らしい場面が多く、そこは良い。
内容は定番の「悪は滅び、正義は勝つ」な感じで、そのために10時間近くも使ったかと思うと無駄な時間を過ごした気になる。
afoijwさん [DVD(字幕)] 3点(2014-03-02 23:18:35)
385.長い…やっと3部作制覇…。

クロド様はサムに感謝しないとあかんな。
サムが居なかったらリングに勝てなかったね。

「最後のページはお前が書くんだよ」
なんか知らんがぐっと来る言葉だった。
こんだけ長くこの映画には付き合わされたからな…おれが書こうか?と思ったからかも。
まのしろさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-02-06 13:23:29)
384.《ネタバレ》 大団円の最終章 やはり説明不足の所が多く判りにくい SEE版を見るべきかな 一作目から徐々にホビット達がメインの話になって来て 最終話はピピンとメリーが出ずっぱりである その分他のメンバーの話が少なくなってちょっと面白さにかけるところがあったと思う それでも充分おもしろかったけど ラストは、ほぼサムの手柄 フロドはむしろ足を引っ張っていた それなのにモルドールの塔(バラド=ドゥア塔)が崩れ去ったときにフロドー!と皆が叫んだのはサムがかわいそうだ
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-01-15 00:32:56)
383.これは3部作というよりも「3本で1本の作品」の扱いとさせて頂きます。批評も3本とも同じにします。ただし最終話のこの作品のみプラス1点で満点にします。ファンタジー好きには堪らない映像化ではないでしょうか。個人的にはアラゴルンに惚れました。スペシャルエディションの方が評価が高いので観てみたいのですが、これよりも長いとなると気合が要りますねw
movie海馬さん [映画館(字幕)] 9点(2013-09-24 14:42:10)
382.正直、映像だけ派手でストーリーにサプライズの無い映画は好きではない。
のだが、ここまで凄い映像を見せられると流石にビビる。
これは、本当に劇場で見るべき作品だ。
これからの若い世代のためにも3年に一回くらい劇場公開しても、良いような気がする。
ただ、吹き替えで観てしまったのでサムがタカトシのタカに見えて仕方がなかった。
バニーボーイさん [DVD(吹替)] 9点(2013-05-12 20:07:34)
381.《ネタバレ》 見事なまでの大団円!色んな意味で一時代を作った映画の三部作の完結編ということで、やっぱり否応なくテンションがあがります。さすがにちょっとマンネリな部分もなくはないけれど、今の時代にこんなにお金をかけてここまで古典的オーソドックスなファンタジーを作りあげたスタッフの情熱に拍手!!特に、『ブレインデット』という低予算のB級ゾンビ映画から出発してここまで昇りつめたピーター・ジャクソンの立身出世振りが見事デス。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2013-04-24 23:01:02)
380.今の時代に見ると、いろいろな意味で奇抜さに欠けているのは事実だけど、でもやっぱりオーソドックスな面白さがあるよね。
もんでんどんさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2012-12-07 14:15:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 399人
平均点数 7.56点
041.00%
141.00%
230.75%
3153.76%
4143.51%
5287.02%
64310.78%
75112.78%
86917.29%
98320.80%
108521.30%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.90点 Review32人
2 ストーリー評価 7.40点 Review64人
3 鑑賞後の後味 8.09点 Review75人
4 音楽評価 8.12点 Review70人
5 感泣評価 6.82点 Review40人
chart

【アカデミー賞 情報】

2003年 76回
作品賞 受賞 
監督賞ピーター・ジャクソン受賞 
オリジナル主題歌アニー・レノックス受賞"Into the West"
オリジナル主題歌ハワード・ショア受賞"Into the West"
オリジナル主題歌フラン・ウォルシュ受賞"Into the West"
作曲賞(ドラマ)ハワード・ショア受賞 
視覚効果賞ジム・ライジール受賞 
音響賞クリストファー・ボーイズ受賞 
美術賞ダン・ヘナ受賞 
美術賞グラント・メイジャー受賞 
美術賞アラン・リー〔美術〕受賞 
衣装デザイン賞ナイラ・ディクソン受賞 
衣装デザイン賞リチャード・テイラー〔特撮〕受賞 
脚色賞ピーター・ジャクソン受賞 
脚色賞フラン・ウォルシュ受賞 
脚色賞フィリッパ・ボウエン受賞 
編集賞ジェイミー・セルカーク受賞 
特殊メイクアップ賞リチャード・テイラー〔特撮〕受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2003年 61回
作品賞(ドラマ部門) 受賞 
監督賞ピーター・ジャクソン受賞 
作曲賞ハワード・ショア受賞 
主題歌賞アニー・レノックス受賞"Into the West"
主題歌賞ハワード・ショア受賞"Into the West"
主題歌賞フラン・ウォルシュ受賞"Into the West"

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS