テープのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > テープ
 > (レビュー・クチコミ)

テープ

[テープ]
TAPE
2001年【米】 上映時間:87分
平均点:6.04 / 10(Review 49人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-07-05)
ドラマサスペンス戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2004-01-13)【亜流派 十五郎】さん
タイトル情報更新(2006-01-17)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・リンクレイター
キャストイーサン・ホーク(男優)ヴィンセント(ヴィンス)
ユマ・サーマン(女優)エイミー・ランデル
ロバート・ショーン・レナード(男優)ジョン・ソルター
原作スティーヴン・ベルバー
脚本スティーヴン・ベルバー
撮影マリス・アルペルチ
製作ゲイリー・ウィニック
アレクシス・アレクザニアン
アン・ウォーカー=マクベイ
製作総指揮キャロライン・カプラン
ジョナサン・セリング
ジョン・スロス
美術スティーヴン・ベアトリス
字幕翻訳石田泰子
あらすじ
消防士兼ドラックディーラーのビンセント(イーサン・ホーク)は高校時代の親友であるジョン(ロバート・ショーン・レナード)とモーテルの一室で待ち合わせる。ジョンは映画監督として映画祭に来たついでに、ビンセントを訪ねたのだった。ビンセントはジョンから高校時代に起きた出来事の真相を聞き出そうとする。困惑したジョンはある告白をする。そんなとき、出来事に関わるエイミー(ユマ・サーマン)がやってくることに。エイミーは地方検事補をしていた・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
49.《ネタバレ》 ずっと同じ部屋で同じ様な会話を何度も長い時間、聞かされる・・・イライラさせてくれる映画。まあラストにようやく少し盛り上がりがあったので、1点だけは入れます
よりさん [DVD(字幕)] 1点(2009-09-26 23:17:19)
48.《ネタバレ》 だらだらとクドイ話を聞かされた挙句、何のオチもないんかい!!低予算に見合って中身がなかったなー。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 3点(2009-09-23 18:01:49)
47.エイミーが可哀そうやね…
初恋の人も初体験の人も特別な人やのに、
その相手に思い出を踏みにじられるなんて…
海之松さん [DVD(字幕)] 5点(2009-09-16 23:20:55)
46. よく噛んだけど味がしないから、どうしても飲み込めなった…そんな気分です。
クロエさん [DVD(吹替)] 4点(2009-03-18 02:36:43)
45.《ネタバレ》 「舞台は一つの部屋のみ、登場人物は三人だけ」という余りにも限られた条件で、あれだけ観客を飽きさせないのは普通に関心しました。もしかしたら飽きる人もいるかもしれませんが。話は男女の三角関係の縺れというありきたりな物です。もうちょっとシリアスな話にすれば緊張感もより生まれて面白かったのかも。
民朗さん [地上波(字幕)] 6点(2008-10-02 09:51:51)
44.エイミー≧ビィンス&ジョンという構図。

口惜しいけど♀から見て♂という生き物は
いつまでたってもガキなんだなと結論。

傑作と認めながらも♂のささやかな抵抗として-1点とし9点献上。
sting★IGGYさん [DVD(吹替)] 9点(2007-06-17 23:36:57)
43.前半は半分以下の時間で充分かと思います。無駄な駆け引き?が多く見られました。見終わった後、だから何?って感じでしたね。
真尋さん [DVD(吹替)] 3点(2007-06-14 02:16:14)
42.てっきりコンゲームだと思って観ていたので肩透かしをくらいました。

単なる心理劇だったんですね。だとしても、少々強引な展開に閉口してしまいました。ラリッた男が理不尽な言動をとるのはわかりますが、久しぶりにあった女があんなに感情的になるのは不自然。
心理劇でしかない内容なら、そこら辺の運びなり設定はもっと繊細にやってくれなくては。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 5点(2007-05-02 01:46:55)
41.《ネタバレ》 これといって練り込まれた脚本とは思わなかったんですが、モーテルの1室のみで更に会話だけがストーリーの展開要素という部分が面白かったと思います。あのラストは上手くまとまっていたと思います。結局3人とも救われたんじゃないでしょうか?多分。あの人はまた薬に手を出しそうですが
亜空間さん [DVD(字幕)] 9点(2006-11-29 23:10:55)
40.舞台劇らしく、喋る喋る。ネタ自体があまり好感の持てるもんでもないけど、飽きずに最後まで観られる。
MARK25さん [DVD(字幕)] 6点(2006-07-22 20:00:17)
39. 制約を逆手にとってアイデアに変えた見事な脚本。目に見える変化は少ないが、目に見えない変化は激しい。そういった意味では、想像力がなければ、楽しめない。
 この物語も謎が散りばめられている。なぜビンセントは最後にあんなことをしたのでしょう?なぜエイミーはあのときあんなことをしたのでしょうか?なぜジョンはあそこであんな決断をしたのだろう?その謎に気付けば、物語がぐっと魅力を持つ。
 惜しいのは前半。無駄のない脚本ではあるが、それが無駄に思えるという点では減点。前半で、多くの人が脱落してしまう恐れがある。ビンセントの目的をもうちょっとだけわかりやすくすれば、前半の二人のやり取りも楽しむことができたはず。
028さん [DVD(字幕)] 9点(2006-05-06 16:59:58)
38.《ネタバレ》 実に面白い作品。ここまで移動範囲が少ない作品は初めてだし、飽きずに見れたことが素晴らしい☆簡単に言えばへりくつの言い合いする映画かと。こういう作品は好き嫌いが分かれやすいでしょうな。エイミーが入室するあたりから盛り上がります。結局はヴィンスだけが痛い目にあうという結末は良かった。人それぞれ考え方の違いがあるんだから意見が食い違うこともあるってことでしょうな。
マーク・ハントさん [地上波(字幕)] 7点(2006-01-09 14:18:24)
37.《ネタバレ》 言いたいことが良く伝わってきました。場面がホテルの一室から変わらなかったけど飽きずに最後まで見れました。そうなんですよ。罪ってものは加害者の誠実な告白と謝罪を被害者が許せばすむ問題なんですよ。時間が解決してくれるって点ではあのラリってる青年も10年後には正常になるんじゃないでしょうかね。生まれながらの罪人なんていないんだから。
lllだりlllさん [地上波(吹替)] 8点(2005-11-15 18:42:32)
36.前半はどうでもいい会話が延々と続くだけで、内容的に意味があるのは最後の30分だけではないでしょうか?それと、すでに完成されている舞台劇をわざわざ映画化したのであれば、映画ならではの工夫が必要になると思うのですが、それもほとんど感じられませんでした(やたら忙しいカメラワークなどはむしろ逆効果です)。
Oliasさん [地上波(字幕)] 4点(2005-11-13 01:20:59)
35.こういう映画はかなり好き。地味だがセリフのみで話を構築しているのがすごい。
六爺さん [DVD(字幕)] 7点(2005-11-04 01:25:02)
34.冒頭から延々と続くオトコ達の会話を聴きながら、最後までこのままだったら相当面白いだろうなと思ったら、ユマが加わったけど本当に最後までいったのが驚きと同時に新鮮だった。
冒頭の他愛もない会話から全然飽きることのなかった80数分間。
10年前の事件に対する3人の距離感の違いが面白すぎる。
果たして真相は結局なんだったのか?
イーサンにとっては自分と寝なかった女が自分とは違う男と寝たことに対してどうしても正当化したいだけだったのかもしれない。
そういう彼の粘着的な性格は冒頭の二人の会話の中から、彼の暴力性からも見て取れる。
ロバートにとっては10年前の出来事は親友イーサンに対する嫌がらせが込められており、ユマを本当は愛していなかった。
その罪悪感は実は彼の心の片隅に消えることなく10年間ずっと残り続けていた。
ユマにとっては10年前の出来事なんてどうでもよく、ロバートを愛していた末の出来事と認識していた。
しかし、ロバートが実は自分を愛していなかったことや、イーサンの粘着的な性格に切れて一計を謀ったということか。
イーサンは実は逃げたかったけど、自分が計画した出来事が自分の思い通りにいかないと納得できない性格であり、自分だけが逃げるというシナリオを描いてなかったからどうしても自分だけが逃げるわけにはいかずにドラッグを捨てることとなったと自分は理解した。
ユマは昔の思い出をぶち壊した二人をやり込めて、ロバートは過去を清算して清々しい気分になり、イーサンに感謝した。
計画したイーサンだけが一人罰が当たるというストーリーは本当に実に面白い。
行ったり来たりするカメラワークだけでなく要所要所凝った演出方法もまた素晴らしかった。
六本木ソルジャーさん 8点(2005-02-13 04:21:55)
33.《ネタバレ》 サーマンが登場するまでは、「なんじゃこりゃあ~」状態でしたが、彼女の登場でやっと映画として観ることができました。サーマンは、やっぱ、可愛いです。高校時代のレイプ(?)事件を回想するときのサーマンの表情が、なんか、こっちが変に妄想しちゃって、えかったです。最後は、ほのぼのとしたハッピーエンドで、青春ドラマで終わりました。
こまわりさん 4点(2005-01-05 22:22:18)
32.安ホテルの1室に3人だけの登場人物。設定は面白いし、大金をかけなくても良い映画がつくれるという見本になったかもしれないけど、いまいち。会話が結構鬱陶しい。情緒不安定な人物の精神状態が物語のキーになっているけど、その演出はドラッグ以外にできなかったのか。ドラッグや酒が社会問題になっているのだから、これも日常の景色なのかもしれないけど、ありきたりの感じがする。会話もいやらしい引っ張り方が鼻につき、素直に話に入っていけなかった。
ソフィーの洗濯物さん 4点(2004-12-05 11:36:17)
31.部屋から出たいのは見てるこっちの方だ。
taronさん 4点(2004-11-30 18:59:39)
30.役者はとてもよかったんだけど、ストーリーにもう少し奥行きが欲しかった。
ぷっきぃさん 6点(2004-11-23 14:17:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 49人
平均点数 6.04点
000.00%
112.04%
200.00%
324.08%
4714.29%
51122.45%
61020.41%
7510.20%
8714.29%
9510.20%
1012.04%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 4.50点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS