ザ・ハリケーン(1999)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ・ハリケーン(1999)
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・ハリケーン(1999)

[ザハリケーン]
The Hurricane
1999年【米】 上映時間:145分
平均点:7.36 / 10(Review 156人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-06-24)
ドラマ実話もの伝記もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-12)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ノーマン・ジュイソン
キャストデンゼル・ワシントン(男優)ルービン・”ハリケーン”・カーター
ヴィセラス・レオン・シャノン(男優)レズラ・マーティン
デボラ・カーラ・アンガー(女優)リサ・ピーターズ
リーヴ・シュレイバー(男優)サム
ジョン・ハナー(男優)テリー・スウィンソン
ダン・ヘダヤ(男優)デラ・ペスカ刑事
クランシー・ブラウン(男優)ジミー・ウィリアムズ警部補
デヴィッド・ペイマー(男優)マイロン・ベッドロック
ロッド・スタイガー(男優)サロキン判事
ハリス・ユーリン(男優)レオン・フリードマン
ボブ・ディラン(男優)(ノンクレジット)
モハメド・アリ(男優)(ノンクレジット)
ブルース・マクフィー(男優)刑務看守
山野史人ルービン・”ハリケーン”・カーター(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
浪川大輔レズラ・マーティン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山像かおりリサ・ピーターズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
牛山茂サム(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
仲野裕ジミー・ウィリアムズ警部補(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
千田光男デラ・ペスカ刑事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
後藤哲夫マイロン・ベッドロック(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
上田敏也レオン・フリードマン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小島敏彦サロキン判事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山寺宏一ルービン・”ハリケーン”・カーター(日本語吹き替え版【テレビ】)
伊藤健太郎【声優】レズラ・マーティン(日本語吹き替え版【テレビ】)
田中敦子〔声優〕リサ・ピーターズ(日本語吹き替え版【テレビ】)
桜井敏治サム(日本語吹き替え版【テレビ】)
高乃麗メイ・テルマ・カーター(日本語吹き替え版【テレビ】)
家弓家正デラ・ペスカ刑事(日本語吹き替え版【テレビ】)
鈴木瑞穂サロキン判事(日本語吹き替え版【テレビ】)
脚本アーミアン・バーンスタイン
ダン・ゴードン〔脚本〕
音楽クリストファー・ヤング
編曲ジョン・キュール
ピート・アンソニー
クリストファー・ヤング
主題歌ボブ・ディラン"Hurricane"
挿入曲レイ・チャールズ"Hard Times (No One Knows Better Than I)"
撮影ロジャー・ディーキンス
製作ノーマン・ジュイソン
アーミアン・バーンスタイン
製作総指揮マーク・エイブラハム
トム・ローゼンバーグ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクジョン・キャグリオーネ・Jr
美術フィリップ・ローゼンバーグ(プロダクション・デザイン)
衣装アギー・ゲイラード・ロジャース
編集スティーブン・E・リヴキン
字幕翻訳岡田壮平
スタントマイク・ジャスタス
その他ピート・アンソニー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
156.《ネタバレ》 デンゼルワシントンの熱演と鍛え上げた肉体美でつくりあげたといっても過言ではない本作。
まるで黒人版レイジングブルのようでした。
青年レズラを中心とした家族3人が赤の他人にそこまでやっちゃいますかと。
黒人差別に屈せず真実は勝ると訴え続けた希望と執念に感服。ノンフィクションだからこそストレートに伝わる良い映画でした。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-02-17 23:56:41)
155.《ネタバレ》 大変良い。デンゼル・ワシントンさすが。実話ものならではな重厚感があるけど、この人じゃなければこの作品は成立しないよね。長いけど、中だるみなくみれたから、全体的な構成もうまいとオモイマス。
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-01-20 06:08:45)
154.免罪で殺人罪が適用されて、22年も投獄された実話。デンゼルワシントンの寡黙に耐える好演ぶりが光る。こんなことってあるのか?とこっちが叫びたくなる様な作品である。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 8点(2017-01-29 00:29:17)
153.《ネタバレ》 最近立て続けに偶然ですが、人種問題が絡む映画を観てます。「ミシシッピー・バーニング」とか「アメリカン・ヒストリーX」とか。この作品における白人刑事はクソですね。なぜにそこまでデンゼルワシントンを落し入れようとするのでしょうか。理解が出来ません。映画の中のカナダの男女三人組、どういう間柄なのかはよくわかりませんが、なんとなく彼らの雰囲気が好きです。実際に彼らも実際に存在する人達であればどんな人なのか観てみたいです。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 7点(2016-10-14 08:21:06)
152.《ネタバレ》 素晴らしいヒューマンドラマ映画でした。
好きなアメリカのヒューマン映画でTOP10に入るかもしれません。
闇に落とされた英雄ルービンカーターと少年との心の交流が生き生きと描かれます。
この少年というのがまた心の綺麗そうな少年です。
カナダの慈善団体?のさり気なさもそうですが、
彼らの優しさがルービンカーターの心の牢獄をそっと包み込み、
やがては彼をそこから解放するかのような過程が観ている側も非常に癒されます。
人種差別の歴史は憎しむべきものだといえます。
なのでこういう映画を見ていると自分は得体のしれぬ黒い憎しみに囚われるのですが、
この映画は不思議とそういった感情に自分が支配されることは少なかったです。
判決が下された時に相手側はあまり映されなかったと思います。
そういった憎しみに偏らないようなところが好感の持てる映画でした。
この映画の登場人物の何人かには聖人の姿がほんのりと重ねられているためか、
何か神聖な雰囲気さえ感じられました。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 8点(2015-04-02 23:12:51)
151.《ネタバレ》  最初の90分くらいが理不尽すぎて、ひきつけられながらも、フラストレーションが溜まります。後半までに尺を使いすぎたためか、ラストはかなりあっさり終わっちゃうのですね。実際の裁判なんてそんなものかもしれませんが、これは実話をもとにしていても『映画作品』。16年ですよ、16年。その重みをラストでもう一度感じるエピソードが欲しいものです。
 なぜリサ・サム・テリー、そしてレズラ達は、今までの支援者達と違う結果を出すことができたのか。もしかすると、16年という歳月が、アメリカという社会が成長するために必要だったのかもしれませんね。そこに偶然居合わせたのが、その4人であった可能性はあると思います。
 まあなんにせよ、ここまで理不尽な目に合わされ続けてきた人にとっては、希望を抱かさせることさえ残酷なことだと知りました。今回のケースは冤罪を晴らすことができたからまだ良かったが、もし連邦政府に提出した新証拠が認められなかったらと思うとゾッとします。
 彼が希望を捨てるシーン。それは、妻に離婚を告げるシーンであり、レズラ達に面会・手紙の拒否を告げるシーン。それぞれに目頭が熱くなりました。
 この事件を利用して出世した方々。デラ・ペスカ刑事だったり、当時の検事だったり、判事だったり。そもそも最初の裁判で陪審員が全員白人ってのも作為的なものを感じます。無実やアリバイを証明できる人たちは、劇中で明言こそされていませんが殺されている可能性すらあります。そういった病巣に対する社会的な責任の言及、罰が無い限り、本当の意味でのカタルシスを本作から得ることは難しいかもしれないです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2015-03-23 01:32:48)(良:1票)
150.パニックものかと思ったら偏見と冤罪の実話の物語でした。いい映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-27 15:34:12)
149.実話もにと言う重みはあるが
単調なのが残念。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-04 00:23:24)
148.《ネタバレ》 演出がうまいですねー。関心しました。序盤でルービンの話とレズラの話を交互に見せて、中盤で線と線を自然な形でつなげ、終盤の展開に持っていく。どっちにも感情移入できるし、しかも客観視まで容易にできるようにしてて、すげー。物語はノンフィクションですけど、人種差別と冤罪をごっちゃにしたらこうなるよね、って感じ。でも、獄中のルービンの姿には感情を揺さぶられまくりましたね。ずっと見ていたいと思うくらい。デンゼル・ワシントンすげー。一番すごいと思ったのは、終盤へ差し掛かる、ルービンが希望を取り戻すシーン。ガウン一枚であそこまで盛り上げるとは、すげー。すげー3つで星3つ。
カニばさみさん [DVD(吹替)] 7点(2014-07-18 00:16:54)(良:1票)
147.冤罪ものの本作品を「袴田事件」の再審決定の日に観るという偶然に驚いた。
シリアスな展開が比較的淡々と進んでいく。見応えはあるし歴史的にも重要な事件だったのかもしれない。
でも、こういった出来事が目立つこともなく本当にもっと沢山あったかもしれない、そう思いながら観ていたら複雑な気持ちになった。
simpleさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2014-03-27 22:41:08)
146.《ネタバレ》 かなり脚色されているとはいえ感動
osamuraiさん [DVD(字幕)] 6点(2013-07-14 18:54:52)
145.《ネタバレ》 実話モノ。ということですが、
正直、嘘でしょ?と言いたくなるぐらいの人種差別の冤罪で22年も投獄されるハリケーン。
何年か前に、日本でも冤罪で、ずーーーーーーっと刑務所に入れられてたというケースもありましたが、
でっちあげで人の人生を狂わすなんざ、下衆の極み。しかも、たいてい冤罪に持ち込む奴らの言い訳ときたら、「もう後戻りできない」だのメンツがどうのとか、
本当に小さな理由で、よくも、まぁ、それを「裁き」と呼んだもんだ。
今作のハリケーンに出てくる田舎刑事の人種差別野郎が、この後どう失脚したのか、も描いて欲しいくらいの胸糞の悪さでした。
と、珍しく平常心を崩されるくらいのストーリーでした。
多少の脚色はあるんだろうけど、それにしても理不尽な目にあわされ過ぎ(苦笑
バニーボーイさん [地上波(吹替)] 7点(2013-04-29 21:20:50)(良:1票)
144.《ネタバレ》 ボクシングの黒人チャンピオンが殺人の冤罪を受けて22年間の投獄生活。彼の無実を証明するためカナダ人たちが奔走。その熱い友情が実を結び、ブルドッグ顔のロッド・スタイガー演じる裁判長から無罪釈放を言い渡される場面は清々しいです。有り得ないような実話に基づいたドラマ、根深い黒人差別がその根底にあります。鍛え上げた彫刻のような肉体、苦悩の日々をデンゼル・ワシントン好演。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2013-04-06 23:29:44)(良:1票)
143.《ネタバレ》 最後の裁判所で、ハリケーンが裁判長に発言する場面。理不尽な不満をもらすと思いきや、
「私は今までボクサーとして何人も倒してきたが、人を殺したことはない」
シンプルな弁明に感動した
カップリさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-01-27 15:13:50)
142.実話ベースの映画はとても安定感があり、本作もその内の一本。
人種差別がテーマということで、主人公の置かれた立場や苦悩はたっぷり伝わるんだけど、
キーポイントになる少年の面倒を見ているカナダ人たちの描写が不足していて、彼らの存在意義がよくわからなかった。
日本ではまず見ないケースだけど、向こうではこういったことはままあるのかな?
デンゼル・ワシントンは途中でキャラが変わったような気もするが、気合いの入った役作りで、最後まで安心して見ていられる。
脚色も相当あるようだけど、彼の演技が一番見所の作品だった。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 5点(2011-09-14 06:54:03)
141.《ネタバレ》 人種差別による冤罪があったということはよく分かるんだけど、遠くカナダからやってきた3人の行動がよく分からない。アメリカにやってくる必要はあったんだろうか?
いっちぃさん [地上波(吹替)] 6点(2011-02-20 19:53:18)
140.《ネタバレ》 どこまでが事実かは置いといて映画としてはすごく面白い。1人の少年の勇気がきっかけとなり絆が作られていく美しいし、その絆があきらめた心境を動かすというのは感動がある。ただもっとカナダ人や弁護士たちの心の動きの変化を描いても良かったと思うし、後半になってハリケーンと少年のやりとりが少なくなってしまったのも残念。主人公があまりに聡明な人に見えて実際はどうなのかなと疑念を持ってしまったが、かつてのアメリカの人種差別の模様は事実に近いように見えたし、そういうところも見ごたえがありました。
さわきさん [地上波(吹替)] 7点(2011-01-04 00:59:33)
139.冤罪に立ち向かった主人公の姿に心を動かされた。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 7点(2010-12-14 00:48:35)
138.実話に基づくとはいえ、映画の内容に関して言えば、それまで弁護団は何やってたんだよってなります。とりたてて特別な話ではない。
nojiさん [地上波(吹替)] 5点(2010-08-12 22:33:52)
137.差別や陰謀に屈しないハリケーンの強さと、危険を省みず彼を救おうとする仲間の姿に感動した。
ボクサーとしてではなく、一人の人間としての彼の人間性や哲学が繊細に描写されている。
ボブディランの曲も良く、彼が何故万人から愛されるのかわかった気がした。
チートイさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-01-31 20:57:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 156人
平均点数 7.36点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
442.56%
5148.97%
62314.74%
73522.44%
84830.77%
92516.03%
1074.49%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review4人
2 ストーリー評価 8.00点 Review9人
3 鑑賞後の後味 8.44点 Review9人
4 音楽評価 7.33点 Review6人
5 感泣評価 7.66点 Review6人
chart

【アカデミー賞 情報】

1999年 72回
主演男優賞デンゼル・ワシントン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1999年 57回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)デンゼル・ワシントン受賞 
監督賞ノーマン・ジュイソン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS