人間の條件 第一部 純愛篇のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 人間の條件 第一部 純愛篇
 > (レビュー・クチコミ)

人間の條件 第一部 純愛篇

[ニンゲンノジョウケンダイイチブジュンアイヘン]
1959年【日】 上映時間:105分
平均点:7.86 / 10(Review 21人) (点数分布表示)
ドラマ戦争ものシリーズものモノクロ映画小説の映画化
新規登録(2004-01-15)【光りやまねこ】さん
タイトル情報更新(2021-02-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督小林正樹(1916年生まれ)
キャスト仲代達矢(男優)
新珠三千代(女優)美千子
小林トシ子(女優)靖子
山本和子(女優)珠代
石浜朗(男優)
有馬稲子(女優)楊春蘭
南原伸二(男優)
三島雅夫(男優)黒木所長
三井弘次(男優)古屋
永田靖(男優)牟田
田島義文(男優)大西
浜田寅彦(男優)金田
佐々木孝丸(男優)満州浪人
小杉義男(男優)川島
殿山泰司(男優)
安部徹(男優)渡合憲兵軍曹
河野秋武(男優)河野憲兵大尉
山茶花究(男優)張命賛
北龍二(男優)
織本順吉(男優)
芦田伸介(男優)松田
岸輝子(女優)岡崎の妻
東野英治郎(男優)饅頭屋のおやじ
北林谷栄(女優)陳の母親
山村聡(男優)沖島
宮口精二(男優)王享立
中村伸郎(男優)本社部長
小沢栄太郎(男優)岡崎
淡島千景(女優)金東福
佐田啓二(男優)影山
増田順二(男優)
原作五味川純平「人間の條件」
脚本小林正樹(1916年生まれ)
松山善三
音楽木下忠司
撮影宮島義勇
製作若槻繁
文芸プロダクションにんじんくらぶ
配給松竹
美術戸田重昌(美術助手)
編集浦岡敬一
録音西崎英雄
字幕翻訳清水俊二(字幕監修)
その他IMAGICA(現像)
あらすじ
南満州鉄鋼会社に勤める梶は、いつ召集されてもおかしくない状況で恋人・美千子との結婚を迷っていた。そんな時、労働者待遇に関する梶の報告書が上司の目に留まり、梶は老虎嶺鉱山の労務管理の仕事と引き換えに召集免除の打診を受ける。友人影山にも強く促され、彼は美千子と結婚し老虎嶺に赴くのだが、現場は中国人への使役が過酷を極めていた。工人への待遇改善に奮闘する梶だが、そこに軍から戦争捕虜が特殊工人として送り込まれる。特殊工人とは抗日地域にいたというだけで捕えられた一般人であった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.《ネタバレ》 壮大なヒューマンドラマの第1章。
理想に燃える主人公と、現実(現場)の軋轢、そして捕虜たちの待遇をめぐっての対立、ようやく心を開いてもらったと思った矢先、ひそかに進む脱走計画、、、
ほんの序章に過ぎないが、かなり濃密な作品でした。
クリムゾン・キングさん [DVD(邦画)] 7点(2021-08-23 01:30:18)★《新規》★
20.《ネタバレ》 見応えあり。

戦時中の、満州での中国人への労務管理。
そこに理想に燃える若者が新婚でやってきた。
こりゃ、今にも爆発しそうなところに、カンカンに焼けた鉄の球が
放り込まれるようなもの。

かくして、まぁそうなるわな~という展開になる。
以下、第2部へ!
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2019-12-14 23:55:14)
19.理想と現実のギャップに自らの非力さを思い知らされて深みにはまっていく主人公の姿を当時の中国人への非人道的な対応を通してリアルに描いています。勝者が自らを否定的に描いている欧米の映画は時々見かけますが、敗者側からのこうした作品は日本では珍しくないのでしょうね。熱い支持者も多いようですがもう少し希望的に日本人を描いてもらいたいですね。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-08-09 09:58:29)
18.続きが気になる・・・。続き観よ。
ケンジさん [DVD(邦画)] 7点(2013-01-23 21:59:50)
17.第1部~第6部まで、まとめて書きます。とにかく全編にわたってネガティブ話の連続。梶の人生とはいったい何だったのかと思わずにはいられません。おそらく公開当時は高度経済成長の真っ盛りだったため、ある種のアンチテーゼとして、こういう映画も受け入れられたのでしょう。その意味では、下り坂の今の時代に見てはいけない映画のような気もします。
しかし、奇をてらった見方をすれば、この映画は50年前でも戦時中でもなく、まさに90年以降の日本を予測した作品のようにも思えます。戦局(経済)が傾く中で、なお既得権や体面にしがみつく組織を描いた1~4部。そして組織崩壊後の混沌を描いた5~6部。実は5~6部は、これからの日本の姿かもしれません。戦争はないでしょうが、何せ1000兆円の借金という世界に類のない“時限爆弾”を抱えている国ですから。税率は上がり、社会保障は削られ、会社が軒並み潰れて失業者が増えるとなると、私たちはまさに森の中をさまよう敗残兵になりかねません。もしそうなったとき、私は梶のように人間としての尊厳を保てるか、はっきり言って自信がない。「貧すれば鈍す」のが人間ですから。
逆にいえば、とにかく人間は経済的に貧しちゃいけないということですね。というわけで、少しでも多額の税金を払うべく、明日も仕事をがんばろうと思ったしだいです。長文失礼しました。
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2012-10-03 00:40:01)
16.6部作の大河ドラマなので、本作だけ取り上げてもどうかとも思いますが……。しかしまあ、こういう言い方をするのもどうかと思いますが、かなり面白く見ました。引きつけられて目が離せません。全編リアルな演出であることにも、魅力を感じました。
それにしても、梶も人間。岡崎も人間。戦争という状況があるにせよ、非道な仕打ちをするのはその人間の本質が出ただけではないかと思います。じゃあ「人間の條件」って何よ、という疑問が湧いてきます。何でも悪いことは戦争のせいにするのは、いかがなものでしょう。戦争は人間がひき起こすものです。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2011-09-29 17:15:12)
15.おもしろかった。たいへんやなー
ホットチョコレートさん [地上波(邦画)] 7点(2011-08-27 20:23:30)
14.素晴らしい映画です。ただしこのお話の全部を通し、日本人として恥ずべきほど未熟で歪み人を人とも見做さないで戦争を引き起こした軍隊の為に何も疑わずして幾人もの尊い命が犠牲になったとは思いたくもないですから、すべてがフィクションであってほしいと願います。
白い男さん [地上波(邦画)] 8点(2011-08-16 22:52:13)
13.《ネタバレ》 戦争は政治家や軍人だけでなく、すべての人の心を醜いものに変えてしまう恐ろしいものだろう。その中で人間としての心を失わず、ヒューマニズムに生きることのむずかしさを切々と訴える映画だと思う。
私は、このシリーズの小説や映画の存在を早くから知りながら、その機会がなかった。小説を読むのはつらすぎるし、DVDが出るのを待つほかなかったのだが・・・。
いくら口できれい事を言ってもどうにもならないということを、第1部からまざまざと見せつけてくれる。主人公夫婦は満州の鉱山に派遣され、梶は労務管理担当を命ぜられ女郎屋のおやじまでをさせられることになる。鉱山で働かされているのは、強制的に徴収された中国人、そして捕虜としてとらえられた「特殊工人」
この映画は、まさに戦争の醜い部分を赤裸々に描いている。戦争を知らない日本人がぜひとも見なければならない映画だと思う。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 9点(2011-04-11 09:19:24)
12.《ネタバレ》 仲代達矢、三島雅夫、山村聡、小沢栄太郎という濃いメンツを中心に、全6部にわたる壮大な絵巻が斬って降ろされる。

現地民を搾取して利益を上げるという至上命題を持った企業の中で、正義という矛盾を、仲代達矢がどこまで突き通せるかが見ものだった。

自分の正義感は曲げたくない、だけど組織に属している以上は上部の命令には逆らえない時もある。
そうした精神的な苦悩を描いたこの第1部は、序章を飾るにふさわしい内容となっている。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2011-03-21 21:37:43)
11.あ~ そういう終わり方しちゃうんですか…。こりゃ責任を持って最後まで見るしかないな。またそれだけの価値がありそうだ。
リーム555さん [DVD(邦画)] 8点(2010-04-29 13:06:24)
10.《ネタバレ》 これは人間の持っている狂気、更に惨酷さ、悲しさがきちんと描かれているということをまずは評価しなくてはならない。誰だって自分が一番、可愛いはず。人の命令に従うことの苦しさ、同じ人間なのに、ただ国籍が違う(日本人と中国人)てだけで人間を人間とも思わずに犬扱いする連中、それがあの中国人捕虜の前で犬を投げ捨てる場面によく現れている。日本人が中国人に対してここまで酷い態度を取ることのやりきれなさがひしひしと伝わってきて、同じ日本人として、何とも心が痛む。それは見ている私だけでなく、この映画の主人公、仲代達矢演じる青年、梶も同じである。日本人の下で働かされている中国人を同じ人間として平等に扱おうとする梶、それとは対照的な三島雅夫と小沢栄太郎がとにかく憎たらしくてならない。ここまで日本人が嫌な人間に見えてくる映画が、しかも、同じ日本人監督の手によってきちんと描かれている。約束を守らないで中国人の老人の顔をムチでぶったり、踏みつけて殺す小沢栄太郎、しかも、それをまるで悪いのは中国人の方であると言わんばかりの三島雅夫、とても人間とは思えないぐらいである。そういう事をこれが真実であると、真実から眼をそらさずに描くことで人間の狂気、非人間的な者への怒りをリアリティを持って包み隠さずに見せてくれているこの映画こそ、日本人なら、いや、同じ人間なら一度は観るべきであり、人間としての條件というタイトルに相応しい力作である。中国人を男も女も日本人が演じているという意味でもこの映画の持つ存在の意味は大きく、中でも淡島千景のあの異常なほどの色気、かっこ良さからは眼をそむけることなど出来ない。まだこの最初の第1部しか見てないけれど、これは全部見なくてはとても、気がおさまらない。この後、どのような展開が待ち構えていようとも、真実は真実だと受け入れて観る必要がある。
青観さん [DVD(邦画)] 8点(2010-01-26 21:23:09)
9.「暴力に意味がある時は抑圧された人間が支配を覆す時だけだ!!」。戦争の狂気・悲惨さだけではなく、ヒューマニズムの在り方を考えさせる超大作。つかみはOK!!
すたーちゃいるどさん [DVD(邦画)] 9点(2009-02-15 18:35:15)
8.小林正樹監督が五味川純平の戦争文学を映画化した6部作、上映時間の合計が9時間半という超大作の第1部。本当にこれは日本映画なのかと思うくらいに日本人による中国人捕虜に対する迫害がリアルに描かれていてビックリ。捕虜たちに対し非道な扱いをする現場監督 岡崎役の小沢栄太郎や所長役の三島雅夫の演技も憎々しく、「シンドラーのリスト」ほどではないが、それに近いものを感じてとても重苦しく辛かった。でも、普通、日本の戦争映画ではまず取り上げないような日本人の負の歴史を目を背けずに真正面から堂々と描いているところは感心させられる。下にも書いておられる方がいらっしゃるが、この第1部だけでもじゅうぶんに見ごたえがあるし、傑作だと思う。あと5作、たぶん回が進むにつれて重苦しさが増して来るんだと思うけどぜひ最後の第6部まで見てみよう。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 8点(2008-05-27 14:29:23)(良:1票)
7.主演2人が、輝いています。
Yoshiさん [DVD(邦画)] 6点(2008-03-20 18:40:16)
6.《ネタバレ》 人間の條件というタイトル以上に日本人による日本人批判が目を引く作品。何のためらいもなく捕虜を殴る日本人を堂々と描いている。こんなシーン他ではお目にかかれないと思うのでそれだけでも評価できる。そして、タイトルでは第一部純愛篇とあり、梶の奥さんはなんて素晴らしい女性なんだと思わせてくれたのだが、やはりこのタイトル以上のものが目立っており、純愛篇と一口に言えるものではないと思う。それでも、支配と暴力、正義に嘘など戦争という状況をうまく描き、これ一本だけでも非常に見応えのある作品だと思う。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 9点(2008-02-08 23:30:34)(良:1票)
5.日本の戦争映画といえば、”悲劇”をテーマにしたものが多いように思っていました。小学校の時の戦争教育で”悲劇”をテーマにした戦争映画を多々見せられたり、テレビの戦争ドラマでも悲劇的な部分のみを扱った作品が多かったからそんなイメージが植えついたのだと思います。
しかし、この映画はいきなり日本の侵略部分を描いているではありませんか!なんといってもそこに惹きつけられました。特に第一部では、特殊工人が運ばれてくるシーンがすごかった!!粗暴な軍人たちの中で人道を貫こうとする主人公梶、かなり複雑な気持ちになりました。
もちろん、南京大虐殺のようなものは中国共産党の嘘八百のプロパガンダなんだろうけど、シナ大陸への進出や差別は間違いなく事実。個人的には「中国侵略は自存自衛」と言い張る保守論壇の言い分にはちょっと疑問があったりもします。
ただ、逆にこの映画を見た人が左翼的な「日本は侵略して悪いことをした」という安易な考えには走ってほしくないです。
maemaeさん [DVD(字幕)] 10点(2006-09-26 02:46:30)(良:1票)
4.期待が大きかったせいか、普通に見てしまいました。
戦中戦後を描く作品では「どてらい男」が自分の原点となっていて
それと比較して見た点数です。
午後のコーヒーさん [ビデオ(吹替)] 6点(2005-11-24 22:12:23)
3.壮大なる人間ドラマにふさわしいタイトルロール。木下忠司の荘厳な音楽がワクワク感を高めてくれる。監督小林正樹のライフワークともいえる本作は、五味川純平の同名小説の映画化で全六部、総計10時間近い長尺という邦画史上、空前の大作。しかも、その大作の名に恥じない見事な出来映えは、戦後を代表する人間ドラマの傑作です。舞台は第二次世界大戦下、日本軍による侵略地、満州。日本人による、中国人労働者への酷使、虐待がリアリティをもって描かれている。自分の信念に忠実な、仲代達矢演じる主人公・梶。インテリだが正義感が強く、観客をグイグイとストーリーに引き込んでゆく。恋人役の新珠三千代も可憐で健気な女性を好演。宮島義勇のカメラワークも素晴らしい。ところで登録なんですが、個々扱う題材と展開が微妙に違うので6部に分けさせてもらいました。
光りやまねこさん 10点(2004-01-16 16:39:15)
2.僕は昔から、映画よりも読書に熱中していた学生で、この作品も原作を高校時代に読みました。それまで戦争といえば遠藤周作の「海と毒薬」程度のもので、本格的な戦争小説を読んだのはこれが初めてです。また、父が初めて僕に薦めた小説である事も印象に残っています。父はこの小説の内容をきちんと把握できる年齢になったと判断したんでしょう。渡されたこの本の奥付けには、僕が生まれる前の1974年62刷という刻印があります。僕は、この作品を震えながら読みました。日本軍の残虐さ、社会の矛盾と汚職、それと闘う梶の熱い正義。今思えば僕はこの小説を本当に理解できていたとは言えなかったでしょう。日本人としての自分に軽く鬱になったことを覚えています。それから僕は大学に入り、この作品のことも忘れていました。書架の片隅に並べてはいたものの、手にとるたびにその世界が重く蘇り、読み返すことはありませんでした。そんなとき、この映画に新規登録要望が出されていることを知りました。いつも行くレンタルビデオ屋には5本並べて置いてあります。キネマ旬報でかなりの評価を受けていることも知っています。そこで、初めて僕はこの作品に再度向かい合うことになったのです。キャストは全て日本人。仲代達矢と新珠三千代は、今からすれば古臭い演技ですが、かなりの熱演をみせています。国内での撮影だと思われますが、荒涼とした満州のステップ、砂嵐、そして坑道にいたるまで綿密にロケーションが組まれていることがわかります。小説の世界をイメージ化する力は存分にあることがわかりました。これから凄惨な世界が幕を上げる、そう思うと次の巻に移るのが恐ろしい、そんな気になりました。
feroさん 8点(2004-01-16 01:15:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 7.86点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6314.29%
7628.57%
8628.57%
9314.29%
10314.29%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 0.00点 Review1人
2 ストーリー評価 0.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 0.00点 Review1人
4 音楽評価 0.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS