エルマー・ガントリー/魅せられた男のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > エルマー・ガントリー/魅せられた男
 > (レビュー・クチコミ)

エルマー・ガントリー/魅せられた男

[エルマーガントリーミセラレタオトコ]
Elmer Gantry
1960年【米】 上映時間:145分
平均点:5.50 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(1961-04-20)
ドラマ小説の映画化
新規登録(2004-01-15)【あまみ】さん
タイトル情報更新(2017-04-20)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・ブルックス
キャストバート・ランカスター(男優)
ジーン・シモンズ[女優](女優)
アーサー・ケネディ(男優)
ディーン・ジャガー(男優)
シャーリー・ジョーンズ〔女優・1934年生〕(女優)
ジョン・マッキンタイア(男優)
原作シンクレア・ルイス
脚本リチャード・ブルックス
音楽アンドレ・プレヴィン
撮影ジョン・アルトン〔撮影〕
リチャード・H・クライン(カメラ・オペレーター〔ノンクレジット〕)
製作バーナード・スミス
配給ユナイテッド・アーチスツ
美術エドワード・キャレア(美術監督)
フランク・タトル[美術](セット装飾)
衣装ドロシー・ジーキンズ
スタントボブ・ヘロン(ノンクレジット)
その他ケニヨン・ホプキンス(指揮〔ノンクレジット〕)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 耳の聞こえない人を治す下りは演出だろうと予想していたのですが、それは不明のままアクシデント発生。なんだあのガソリンまいたような大火事は?
次郎丸三郎さん [DVD(字幕)] 4点(2019-06-30 08:53:20)★《更新》★
7.《ネタバレ》 テーマ自体が大多数の日本人には縁遠いというか嫌悪感を催すことなので、評価されにくいでしょう。この映画で描かれているのはプロテスタント信仰であり、同じアメリカ人でもカトリック信者はこういう狂信的な信仰を嫌うところは日本人以上かもしれません。伝道師のジーン・シモンズの言動には“危ない人”としか思えない部分もあり、とてもじゃないけど感情移入しがたいです。その半面、バート・ランカスターが演じるエルマー・ガントリーは過剰なほど人間味があふれるキャラです。本作でのランカスターの驚異の弁舌力はもう圧巻です。彼がその能力を活かして宗教界の大立者になってゆくストーリーだと思っていたら、実はそう単純なお話しではなかったというのが、この映画のひねったところかもしれません。脇で新聞記者らしからぬ冷静な視点でシモンズとランカスターを追ってゆくアーサー・ケネディもなかなか良い味を出していました。シモンズが奇跡らしきものを起こした途端に失火で教会が焼け落ちるラストの展開も、「お前、調子に乗るんじゃないぞ!」という神様の怒りが爆発したみたいに感じませんかね?そう考えると信仰に対するけっこうシニカルなニュアンスも垣間見られる気もしますし、もっと評価されても良いんじゃないかと思います。
S&Sさん [ビデオ(字幕)] 7点(2019-05-08 23:38:12)
6.《ネタバレ》 見て良かった。ただこの映画を見るうえでは 森本あんり先生の「反知性主義」を読むことが必要ですね。「信仰に報酬」を というアメリカの「病気」がよくわかります。新聞記者の微妙な知性とガントリーの大衆性?本物のビリーサンデーには とてもかないませんが 雰囲気は好くわかりました。こういう映画が当時アカデミー賞を取るというアメリカの奥深さに とりあえずは 敬意を表します。
ガリペロさん [DVD(字幕)] 9点(2015-06-13 21:12:09)
5.この映画のバート・ランカスターが最高なんですよ。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-03-15 18:14:55)
4.《ネタバレ》 これはちょっと・・・・。
新聞記者を通じて「宗教と利害」へ一言いいたいのかと思いきや、男女関係のもつれを織り込んでみたり。聴力に不自由のあった男性が再び聴力を戻すシーンでは、別の映画か?と思わせるほど、陳腐でいい加減な作りをしていますね。挙げ句収拾がつかずにぐちゃぐちゃになっていては・・・。

主人公が、ことの結果に無責任すぎるのも嫌悪感を抱かざるを得ません。
事務所が荒らされても何もしない。ラスト、シスターがあのような状態になり、シスターの代わりを求められても去っていく。それまでの己の行動は何であったのかを、まったく考えない身勝手な行動だと思います。
 
制作されたころの社会背景などがある、といわれれば、現在に住む私には何も返せませんが、それにしても雑な作りではないでしょうか。時間を返して欲しいです。
hyamさん [DVD(字幕)] 2点(2009-08-26 13:07:04)
3.《ネタバレ》 なんとなく観てしまいましたが本当にアカデミー賞とったんだろうかと首をひねって小一時間。ただひたすらマニアックな宗教の言葉を喋るシスターにむかっ腹が。宗教嫌いなので尚更なのかもしれませんが(神よ!っていうセリフに嫌気がさすって言うか)最後とかむちゃくちゃで終わってるしお勧めはしたくないです。てゆーかシスターの言うとおりにしてたら全員死んでるんですけど。どうなのキリスト?
肌に合う人にとっては名作。合わない人にとっては迷作。
ハリ。さん [地上波(字幕)] 3点(2006-02-15 22:07:26)
2.バート・ランカスターが、いかにも胡散臭い宗教家を演じておりました。胡散臭くはあるけど、同時に人間臭くて、悪い人間になりきれない部分が好印象でした。
H.Sさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-12-19 19:48:33)
1.《ネタバレ》 アカデミー賞作品といえど合わないものは個人の評価をつけたいです。

一応賞作品でシリアスな社会風刺ドラマですので、

気になった方はいかがでしょうか。

人によって色んな見方があると思うので・・

まず私はB・ランカスターが合わなかったです。

「泳ぐひと」はまだよかったけれど、あ、「ドクター・モローの島」もだ・・

ちょっと濃すぎるんですよね。

で、奇妙に明るい役とか多かったり(今回もですがハイです)

伝道師に恋し自らも宗教活動のまるでエンターティナーとなる主人公。

ほんとエンターティナーですよ。

選挙活動かミュージカルか・・とにかく濃い(爆)

ここまで宗教に入れ込むと怖いよ~ということを描きたかったのか、

それとも単なる人間はただの人間でしかないということなのか、

主人公の弁舌達者ぶりと悪を説くおどしのような説法、

しかしその対極にある本当の熱心な信者は愛を説き、

その個性が同じ舞台に立てば立派な商業としても成り立つ。

こういう演出は舞台的で面白いのですが、

音も大袈裟だし品が感じられなかったです・・

コミカルな風刺もほしかったわけで、

シリアスなんだけれども暗くも感じなかった。

それがあまり印象に残らないという評価です。

結局主人公の勝手さから始まったことなのです。
アルメイダさん [DVD(字幕)] 4点(2005-10-22 12:30:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
2112.50%
3112.50%
4225.00%
500.00%
6112.50%
7112.50%
800.00%
9225.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.66点 Review3人
2 ストーリー評価 6.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review3人
4 音楽評価 6.66点 Review3人
5 感泣評価 6.33点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1960年 33回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞バート・ランカスター受賞 
助演女優賞シャーリー・ジョーンズ〔女優・1934年生〕受賞 
作曲賞(ドラマ)アンドレ・プレヴィン候補(ノミネート) 
脚色賞リチャード・ブルックス受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1960年 18回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ドラマ部門)ジーン・シモンズ[女優]候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)バート・ランカスター受賞 
助演女優賞シャーリー・ジョーンズ〔女優・1934年生〕候補(ノミネート) 
監督賞リチャード・ブルックス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS