直撃!地獄拳のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > 直撃!地獄拳
 > (レビュー・クチコミ)

直撃!地獄拳

[チョクゲキジゴクケン]
1974年【日】 上映時間:87分
平均点:6.88 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
アクションコメディシリーズもの
新規登録(2004-01-17)【nothing-to-lose】さん
タイトル情報更新(2020-06-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督石井輝男
キャスト千葉真一(男優)甲賀竜一
佐藤允(男優)隼猛
郷鍈治(男優)桜一郎
真田広之(男優)少年時代の竜一(クレジット「下沢広之」)
中島ゆたか(女優)恵美
津川雅彦(男優)マリオ・水原
安岡力也(男優)ローンウルフ
名和宏(男優)親分
河合絃司(男優)館長
水島道太郎(男優)甲賀白雪斎
池部良(男優)嵐山
室田日出男(男優)ボス
日尾孝司(男優)陳文昌
原田力(男優)クレージー・ハーディ
大葉健二(男優)
木村修(男優)
倉田保昭(男優)
脚本石井輝男
音楽鏑木創
企画矢部恒
坂上順
配給東映
美術藤田博〔美術〕
編集祖田富美夫
録音小松忠之
あらすじ
法の裁きが効かない巨大な麻薬マフィアを壊滅させるべく元警視総監が集めた選りすぐりの漢達。対するマフィア側も世界中の殺し屋を集め、ここに壮烈な闘いの幕が切って落とされた!鑑賞そのものが「直撃!」な石井輝男初の空手アクション映画。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.ただドタバタやっているだけでイマイチ面白くない。
石井輝男や千葉真一が好きな人にはたまらない魅力があるのかもしれないけど。
ガブ:ポッシブルさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-08-23 21:26:20)
7.千葉真一、佐藤允、郷鍈治という、DNA的にはヒトよりサルに近いと言われている3匹、じゃなかった3人が、国際麻薬組織に戦いを挑むオハナシ。3人を指揮する池部良の真面目な表情と、3人のデタラメ過ぎるやり取りの落差が、たまりません。しかし、先立って公開されている「“○○!○○拳”シリーズ」シリーズである『激突!殺人拳』が、ストーリーそっちのけでひたすらアクション路線であったのに比べると、本作の方が、よりデタラメそうに見えて、実は結構、しっかりした冒険映画スピリットがあるようにも思えるのですが、どうでしょうか。なにしろ敵は国際的な組織ですから、いかにも腕力自慢といった大男の外国人が勢ぞろい(そこには何故か安岡力也の姿も)。そこに、現代に生きるジャパニーズ忍者たる千葉チャンが殴り込み、逆に敵にとっつかまって危機一髪。この辺りでは、敵の首領である津川雅彦が変態ぶりを存分に発揮します(このシーンに限らず、無意味にガイジン女性のハダカが登場する映画です)。千葉チャンの空手アクション映画、ではありますが、もっとスピーディでもっと本格的なアクションも観たいという皆さまのご要望にお応えしまして、倉田保昭兄さんも登場。千葉チャンが少し気の毒になるくらい(笑)見事なアクションを見せてくれます。少年時代の千葉チャンを演じる真田サンも素晴らしい身のこなし。と、見どころの多いバカ映画ですが、中でも、クライマックスの崖での死闘。崖の上のシーンは明らかにどこか山の中で撮影しているのに、崖の下は荒波渦巻く海、という、強引極まりない編集マジック。いやアッパレ。
鱗歌さん [DVD(邦画)] 8点(2014-06-08 08:39:44)
6.《ネタバレ》 これはまた何とアホ、マヌケ、大馬鹿野郎きりだこと!ここまで馬鹿丸出しな男達、それも馬鹿な上に強い。いや、強いのか弱いのかどっちなんだ?と言いたくなるような連中勢揃い、千葉真一のアクションの凄さもさることながら他の連中の馬鹿ぷりとここまでアホらしいギャグ、例えば中島ゆたかの恵美を車に乗せて、やろうとする時の郷治の桜のアホぶり、それを見てわいせつ物陳列罪で逮捕するとか、車の運転中に女の着物を全て奪い取り走っていく。それをかえせ~と裸で走って追いかけてくる女、千葉真一が捕まってそれを前にして金髪の外人女の着ている服を全部脱がすという全く関係のないことをしているマフィアの津川雅彦、所々で出てくる女の裸、何か意味があるのかと思えば別に意味などなく、なくても構わないのに裸、裸、監督からのこれは世の男達へのサービスなのか?とそう思えば別に苦にもならないし、むしろ、有りがたいと思って見ればそれで良し!それにしてもあれだけボコボコにされ、何度も死にかけながら何とか助かり、全てを倒し、さあ、金だと思ったら一円ももらえない千葉真一が気の毒だ!それはそうとよくこれだけの厚い、しかも、むさ苦しい感じの男を沢山、集めたものだとこの石井輝男監督って監督さんはよほど男が好きだと思えるのと、女の裸が好きなんだろうなあ!
青観さん [DVD(邦画)] 7点(2009-03-08 11:02:25)
5.日本映画史に名を残す“鬼才”監督、石井輝男初のアクション作品。
石井輝男作品は、今まで沢山観てきたが、どの作品も熱かった。
しかししかし・・・
この作品の熱さはハンパじゃない!!
千葉真一の「コォォォォォーーーーオオオ」の気合いの入れ方が熱い熱い!(関根勤が千葉真一のマネをする時にやる、アレそのままです。笑)
笑いころげる程の熱さ。
そして千葉真一の顔も濃くて暑い。
こんなに熱くて笑えるアクション映画を観たのは初めてだ。
日本が世界に誇れるアクション映画である!
ハァーーーーーアアアアアーーーーアチョーーー!!
劇中の千葉真一は、“甲賀忍法”の使い手なのだが、何故か「ヌンチャク」が登場する。
このヌンチャクさばきが凄い!!
凄すぎる!
速い!
とにかく速いのだ。
速すぎて笑えてしまう程に。
何故、速いだけで笑えてしまうのか??
それは石井輝男作品に共通する不可思議な面白さによるものだ。
バカらしいことを、凄い技術と真剣さと真顔で演じることの面白さ。
それが石井輝男作品に共通する独特の面白さであり、その独特の面白さは、本作において特に強く発揮されている。
しかし速ぇなー、あのヌンチャクさばき!

さて本作は豪華キャストでもあったりする。
津川雅彦、安岡力也、倉田保昭、室田日出男、真田広之などなど。
若い頃の安岡力也が出演していたが、これがやたらに弱い役で最高。
千葉真一に一方的にやられっぱなし。
あのガタイであんなに弱いとは思えないが・・・
そして“日本のドラゴン”こと倉田保昭。
凄い身のこなしと筋肉。
本場のカンフー映画で活躍したその実力を、まざまざと見せ付けられた。
本作は、石井輝男作品に共通する“シリアスさと笑いの不思議な融合”を分かりやすく堪能できる貴重な作品である。
とにかく熱いこの作品。
DVDも発売されていない模様で、鑑賞することがやや困難な状況なのが惜しい。
埋もれさせておくには惜し過ぎるアクション・ムービーの傑作だ。

追記:2007年にDVDが発売されたようですね!嬉しい!
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 8点(2007-08-14 13:53:33)(良:1票)★《更新》★
4.《ネタバレ》 いい意味でもこちらの予想を裏切り続ける突っ込みどころ満載の快作として、面白い。(特にサニーの死闘と佐藤の運転をカッティングさせるところや、力也との「綱引き」)そして倉田保昭大先生に対してのあの扱い!「先輩!~」は反則でしょ。もちろん「二枚目半」サニーの魅力もあるがやはり石井輝男のエログロワールドにはまりっぱなし。なぜそこで女の裸やねん、っていいよな、輝男の映画だもの!
Nbu2さん [DVD(邦画)] 6点(2006-12-27 21:20:43)(笑:1票)
3.う~ん、面白い。タイトルがいいですね。
ゆうろうさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-07-22 07:06:53)
2.テンポが良く楽に観られる活劇。
新井さん 6点(2004-02-23 11:03:44)
1.B級にはB級の良さがあると、心から実感できる作品。徹底的に、バカ。それにしても、タランティーノはオマージュとパクリのギリギリのラインって感じ、しませんか?
nothing-to-loseさん 8点(2004-01-20 12:55:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 6.88点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5112.50%
6225.00%
7225.00%
8337.50%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS