9か月のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 9か月
 > (レビュー・クチコミ)

9か月

[キュウカゲツ]
Nine Months
1995年【米】 上映時間:103分
平均点:6.16 / 10(Review 64人) (点数分布表示)
コメディリメイクロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-09-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリス・コロンバス
演出グレン・R・ワイルダー(スタント・コーディネーター)
キャストヒュー・グラント(男優)サミュエル
ジュリアン・ムーア(女優)レベッカ
トム・アーノルド〔男優・1959年生〕(男優)マーティ
ジョーン・キューザック(女優)ゲイル
ジェフ・ゴールドブラム(男優)ショーン
ロビン・ウィリアムス(男優)Dr. コスヴィッチ
アシュレイ・ジョンソン(女優)
アレクサ・ヴェガ(女優)モリー
井上純一サミュエル(日本語吹き替え版)
戸田恵子レベッカ(日本語吹き替え版)
屋良有作マーティ(日本語吹き替え版)
山田栄子ゲイル(日本語吹き替え版)
谷口節ショーン(日本語吹き替え版)
脚本クリス・コロンバス
音楽ハンス・ジマー
ニック・グレニー・スミス(追加音楽)
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕
撮影ドナルド・マカルパイン
ダグ・ライアン(カメラ・オペレーター)
製作クリス・コロンバス
マイケル・バーナサン
マーク・ラドクリフ[製作]
アン・フランシス
20世紀フォックス
製作総指揮クリストファー・ランバート
ジョーン・ブラッドショウ
配給20世紀フォックス
特殊メイクグレッグ・キャノン
キース・ヴァンダーラーン
美術アンジェロ・P・グレアム(プロダクション・デザイン)
ギャレット・ルイス[美術](セット装飾)
編集スティーブン・E・リヴキン
ラージャ・ゴスネル
録音ランディ・トム
イーサン・バン・ダーリン
字幕翻訳戸田奈津子
スタントウィリアム・H・バートン
ジョニー・マーティン
スコット・ワイルダー〔スタント〕
その他ジョーン・ブラッドショウ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ジャネット・ハーシェンソン(キャスティング)
ジェーン・ジェンキンス(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
64.《ネタバレ》  94年のフランス映画「愛するための第9章」を95年にアメリカでリメイクしたという、風変わりな一本。

 残念ながらフランス版は未見の為、詳しい比較などは出来ないのですが……
 これ単品で評価する限りでは、中々良く出来た映画だったと思います。

 結婚前の優雅な「恋人時代」が冒頭に描かれている為、そんな幸せな日々を奪われてしまった男として、妊娠に戸惑う主人公にも自然と感情移入出来ちゃうんですよね。
 「赤ん坊の健康の為、飼い猫は捨てた方が良い」「二人乗りのポルシェは、買い替えた方が良い」と言われてしまう場面などは、本当に主人公が可哀想になったし「父親になるのを嫌がる男」として、きちんと説得力があったと思います。

 それと、本作は豪華なキャストが揃っている点も特長なのですが、中でもやはり、ロビン・ウィリアムスの存在感は凄かったですね。
 もう画面に彼が出てきた途端「ヒュー・グランド主演のラブコメ」が「ロビン・ウィリアムスの映画」に変わっちゃうくらいのパワーがある。
 本作の場合、主演のヒューも魅力たっぷりな俳優さんである為、ギリギリでバランスが取れていたけど……
 もっと地味で華の無い主演俳優さんだったら、完全にロビン・ウィリアムスに圧倒されて、歪な映画になっていた気がしますね。
 そのくらい、彼の存在は光っていたと思います。

 子供を産むデメリットについて、ヒロインが色々と語った後「それでも欲しいの」「私の中で、命が生きてるのを感じるのよ」と訴える場面なんかも、女の強さというより、母の強さが感じられて、印象深い。
 母親は生まれてくる子が「自分の子」だって分かるけど、父親にとってはそうじゃないという普遍的なテーマについても、さらりと触れていたりして、この辺も良かったですね。
 我が子の為なら、たとえシングルマザーになっても生きていくと、早々に決意を固めたヒロインに対し、中々煮え切らない主人公の姿に、リアリティを与えていたんじゃないかと。

 主人公が小児精神科医という設定に、あまり必然性を感じない事。
 途中何度か出てくる「蟷螂」の姿が怖過ぎる事。
 車に関しては「ファミリーカーに買い替えた」とあるけど、飼い猫はどうなったのか明かされず仕舞いな事など、欠点というか、気になる点も多いんだけど……
 まぁ、決定的な短所とまでは思えなかったです。

 それと、自分は男性である為、どうしてもこの主人公は優し過ぎるというか
 (妻に対し、妥協し過ぎ。自らを犠牲にし過ぎ)
 って思えたりもしたんですが、それも観終わる頃には、あまり気にならなくなっていましたね。
 女性の「産む苦しむ」に比べたら、そのくらい軽いもんだろって、クライマックスの出産シーンで諭されたような感じです。

 産まれたばかりの赤ん坊を抱きながら「僕らは家族だ」と言ってキスする場面も、二人が「恋人」から「夫婦」になった事を感じられて、凄く良かったですね。
 「一人の男が、父親になる物語」として、しっかり楽しませて頂きました。
ゆきさん [DVD(吹替)] 6点(2020-02-27 04:30:10)(良:1票)★《更新》★
63.王道ですね、6点献上。昔はいまほど赤ちゃんに対する知識もそんなになかった。いまはアプリでもいろんな計算ができちゃいますもん。Joanがいい味だしてた。
HRM36さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2014-06-10 13:50:04)(良:1票)
62.《ネタバレ》 長年同棲してきた恋人が妊娠しても煮え切らない男。ヒュー・グラントはいつもの鉄板の役どころ。そのお相手はジュリアン・ムーア。常に微笑みを絶やさない彼女が可愛くて綺麗でした。

そんな煮え切らないヒューは彼女に愛想を尽かされ出ていかれてしまいますが、その後の超音波ビデオを見るシーンが効いている。それを見るヒューの表情がいい。ここを境に彼の心の中に父になる自覚や喜びが出てくる。赤ちゃんの誕生と共に、新たな家族が誕生するまでを描いたハートフル・コメディです。

こんなドラマはクリス・コロンバスの得意とするところであり、この頃の彼のこんな映画にはいつも子ども達がいて家族がいて、誰とでも気軽に見ることができる作風の中に家族の良さを感じさせてくれます。

登場は前半のあれだけ?と思っていたロビン・ウィリアムスが再登場してうまく絡んでいたけど、終盤は必要以上にドタバタコメディになってしまいましたね。それでも、出番は少ないですがさすがにロビン。登場シーンではしっかり笑わせてもらいました。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-12-25 16:39:51)(良:1票)
61.《ネタバレ》 今やラブコメの帝王となったヒューグラントもまだまだ若い。やはり適当でコミカルな男を演じさせるとピカイチですね。
lalalaさん [DVD(字幕)] 5点(2012-12-07 02:18:57)(良:2票)
60.この監督は絶対共和党だな。子どもはうるさいけど宝、ファミリー至上主義。でも映画というものが大衆へ向けられた商品である以上、この保守性・予定調和性は仕方のないこと、前提として受け入れなければならないのか。喜劇映画としてなら、ラスト近く病院へ駆けつける主人公の車に次々と怪我人が増えていくあたりから出産までのドタバタに、やや気が入っていた。途中おもちゃ屋でぬいぐるみの怪獣がしつこく絡んでくるところに、不気味な過剰さがあって、心騒いだ。しかし監督が意図したのではないかも知れない。この監督は3分の2ぐらいのところで歌を流し、細かなコントシーンを繋ぐのが、観客へのサービスだと思い込んでいるフシがある。あの怪我したほかの連中には一応オチをつけておくべきだったのではないか。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2009-12-18 11:54:54)
59.《ネタバレ》 途中まではすっごく良かったのですが…破水したあたりからの展開はちょっと悪ノリしすぎじゃないかな~~でした。現実を受け入れ父親としての自覚というか成長というんですか、そういうところはよく描けてると思うのですが、結局シリアスなのかギャグなのかどっちつかずな感じでモッタイナイナー &途中で出てきたカマキリが妙~にリアル(かつデカイ(笑))でコワいですね
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-04-15 10:03:41)
58.テーマが好きでかなり期待して観ました。辛口のブラックにするのならまだ理解出来るが、ここまで軽く作って欲しくなかったかな。コロンバス&ロビンじゃ無理か。特にロビン、この映画に必要なのかな?と思ったぐらい。ジョーンの旦那さんもロビンの役も嫌悪感しか感じなかった。 ヒュー、ジュリアン、ジョーンにゴールドブラム。これで監督代えてヒューマン物として作ったら名作になったに違いない。 かなり残念。ホント残念。誰か撮ってくれ。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 2点(2008-07-31 21:07:58)
57.ロビン・ウィリアムスに惹かれて観た作品。
笑いました!
さやさん [DVD(字幕)] 6点(2008-01-27 03:38:48)
56.《ネタバレ》 キャスティング勝ちですかねぇ。ヒューも上手ければジュリアンも上手いし。脇役も上手く固められているし。私はやはりロビンが天使に見えるわ♪
成田とうこさん [地上波(字幕)] 7点(2007-10-27 16:27:39)
55.36歳の未婚おやじである小生にとっては、心にチクッときました。子供の有無に関わらず、結婚後の倦怠期に突入した夫婦にもお勧めできる良作ですね。それにしてもヒュー・グラント、いつ観ても巧すぎです。相手役のキャスティングも良かったです。ジュリアン・ムーアは正統派美人女優なので、ヒューのライトなキャラに合うか?と思いましたが、結果的にはgood job。惚れ直しました。
赤松五太郎さん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-16 06:24:49)
54.男女の違いみたいなのを、うま~く描いていると思う。
ヒューグラントはやっぱ、うまい・・・。
りえりえさん [DVD(吹替)] 7点(2007-08-01 21:38:07)
53.この当世きってのニヤけ男には、こんな卑近かつ重要なことではなくて、ロマンチックだけどどーでもいいようなことでいつも悩んでいてほしい。
ぽん太さん [DVD(字幕)] 5点(2007-04-24 21:21:12)
52.カマキリこわすぎ!!!
ケンジさん [DVD(字幕)] 6点(2006-12-16 22:16:02)
51.笑った。それとちょっと考えさせられた。やっぱりヒュー・グランドは、この手の役を演じさせると旨いですね。
憲玉さん [DVD(字幕)] 8点(2006-10-07 00:50:55)
50.一言で言ったら「ありえない」。どうもこの手のコメディは好きになれない…
トナカイさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-06-05 21:47:57)
49.笑えた部分もあるし、内容もいい話なのでなかなか面白かったし、印象がいい。この映画のヒュー・グラントみたいな男は今の時代少なくないと思った。こどもなんてって、思っているときに突然妊娠を告げられればああなってしまうのもわかる気がした。グラントの演技も良かったし、グラントが自分勝手な感じから成長していく感じが良かった。終盤のドタバタ劇はそれまでのテンポから考えてちょっとやりすぎでくどい感じがしたのは惜しいと思った。また、この作品の役にはまともな人間の役がないと思った。みんな、精神状態が普通でない感じがした。コメディ風の映画なのに、なんとなく感動して涙が出かけた。こどもが誕生するということはやはり感動的なことだからかもしれない。作品の出来はまずまずでも、いい映画だとは思った。
スワローマンさん [DVD(字幕)] 7点(2006-05-21 19:49:23)
48.なんだかドタバタして「ありえな~い」とか言いながら観てた気がする。笑える所も少しあったけどイマイチ。ヒュー・グラントは好きなんで甘めの点数になったかな。今日妻が出産したのでこの作品を思い出した。父親となった今観たらまた評価も変わりそう。
のりぱぱさん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-05-01 00:04:31)
47.ただいま、いらなくなったDVDを部屋で整理中です。このDVDがホコリをかぶっていたので、さっそくデッキに入れて鑑賞。このコテコテのコメディはツボにハマりました。終盤のドタバタがやりすぎなのは否定しません。でも、父親になるトマドイは同じ男として、身につまされるものがありました。X線カメラのビデオを観て、目を潤ませているヒューには、ついこっちももらい泣きしそうになってしまいました。男でも女でも子をもって初めて一人前の大人。生まれてくる子供が元気であれば、男の子であろうと女の子であろうと、それでいい。よし、このDVDは売らないでおこう。…、ちっとも部屋が片付かない。
どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(吹替)] 7点(2005-12-23 15:24:25)(良:1票)
46.大人になりきれない男が子供を持つことで成熟していくという現代的テーマなのに、クリス・コロンバスがいつもの如く十把一絡げのドタバタ・コントに仕上げてしまった凡作。魅力的なキャスティングが本当に“MOTTAINAI”(ワンガリ・マータイさん風に)。結婚して子供を持つことがまるで正義の様に描かれたり、ヒュー・グラントが胎児の超音波映像を見ただけで心変わりしてしまったりと、陳腐な展開が満載。それをロビン・ウィリアムスの余計なギャグで誤魔化してるだけ。これはテーマとコロンバスの作劇の方向性がマッチしてない為。つまりプロデューサーの責任です、4点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2005-08-03 00:06:20)
45.考えがすれ違っているのをほとんど表情で見せきった主人公二人の演技は圧巻。字幕を見なくても、おそらく、二人の顔を見比べているだけで吹き出してしまっただろう。ただ、筋書きがガチガチに保守的なのがちょっと不満。「ピアスはやめて」など、どこかの新聞社の大物が聞いたら我が意を得たりと大喜びしそうな科白である。主人公が据え膳を食わないのが男としては不思議だったが、後できちんと落ちがついたのでなるほどうまいなと思った。後半のドタバタはやりすぎの感じがあり、特に自転車との衝突は余計だったのではないだろうか。
南浦和で笑う三波さん [地上波(字幕)] 7点(2005-04-28 16:11:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 64人
平均点数 6.16点
000.00%
100.00%
234.69%
334.69%
411.56%
5914.06%
62234.38%
71421.88%
8914.06%
923.12%
1011.56%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS