ドアーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドアーズ
 > (レビュー・クチコミ)

ドアーズ

[ドアーズ]
The Doors
1991年【米】 上映時間:140分
平均点:5.40 / 10(Review 25人) (点数分布表示)
ドラマ音楽もの伝記もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-11-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督オリヴァー・ストーン
キャストフランク・ホエーリー(男優)
ケヴィン・ディロン(男優)
マイケル・マドセン〔男優〕(男優)
ヴァル・キルマー(男優)
カイル・マクラクラン(男優)
デニス・バークレイ(男優)
メグ・ライアン(女優)
キャスリーン・クインラン(女優)
ミミ・ロジャース(女優)
ジェニファー・ルービン(女優)
ホーソーン・ジェームズ(男優)
カリーナ・ロンバード(女優)
山寺宏一(日本語吹き替え版)
勝生真沙子(日本語吹き替え版)
大塚芳忠(日本語吹き替え版)
中原茂(日本語吹き替え版)
星野充昭(日本語吹き替え版)
津田英三(日本語吹き替え版)
大塚明夫(日本語吹き替え版)
高島雅羅(日本語吹き替え版)
稲葉実(日本語吹き替え版)
加藤正之(日本語吹き替え版)
高宮俊介(日本語吹き替え版)
脚本オリヴァー・ストーン
音楽ザ・ドアーズ
撮影ロバート・リチャードソン〔撮影〕
製作A・キットマン・ホー
製作総指揮マリオ・カサール
ブライアン・グレイザー
ロン・ハワード(ノン・クレジット)
美術スティーヴ・アーノルド[美術](セットデザイン)
録音マイケル・ミンクラー
グレッグ・ランデイカー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
25.ヒッピーにサイケの60年代後半。ドアーズってよく知らなくて、“タッチ・ミー”は知ってる、あと“ジ・エンド”を『地獄の黙示録』で知ってるぐらい。あんまりピンと来ないんですが、群衆としての聴衆ってのをポイントに観てた。冒頭、映画学校でのナチの群衆が提示され、当時ベトナム戦争への興奮と、それの裏返しのようなラブ&ピース運動への興奮とがきれいに吊りあってしまっている「興奮する群衆」の気味悪さみたいのがあった。少年時代に目撃したインディアンの交通事故がトラウマになってる。土着の原住民がよそから来た文明に殺されるアメリカの原罪みたいなものが、同じ東洋人顔のベトナム人に通じていく。世界は傷ましさで満ちていて、その傷ましさを拒絶しきろうとして生きていかねばならない現代の傷ましさ、みたいなものがあった。メグ・ライアンは付属品だった。コンサートシーンに気合いがあり、それも駄目になっていくほどいい。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2013-07-02 09:17:53)
24.《ネタバレ》 ドアーズの音楽は学生の頃にCDですこし聞いたことがあるだけだった。
何となくいいなと思っていたけど、
この伝記映画を見たらドアーズ好きが加速した。
ジムモリソンのカリスマ性が伝わった。
怪しい世界に誘われるような迫力に満ちた映画だ。
トリップ感があり、その時代のヤバさみたいなものが見事に再現されていたと思う。
これだけやって27歳って若すぎる。
自分はとくにドアーズもジムも好きというわけではなかったのに、
観終わったあと一日ジムのことばかり考えていた。
それだけジムモリソンの生き方と破滅に魅了された。
映画はちょっと長いけど、ドアーズの音楽とジムモリソンという人間像に触れる中で物語が終わりが近づくと少し淋しくなった。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 7点(2012-08-15 22:58:47)
23.こうした作品は、バンド解散後であっても中心人物が存命である限りまず作られることはないので、多少にかかわらず時代の空気を感じ取れるものとして珍重すべきであろう。ジム・モリソンの面影をよく映しているV・キルマーはステージでも遜色なく、役柄にも入り込んでいるように見受けられるが、M・ライアンはパメラ・カーソンに容姿が劣るのではなく目立ちすぎるので、もっと顔の知られていない女優を使った方がよかったように思う。全編に彼らの曲が流れる中で、ヴェルヴェット・アンダーグランド(&ニコ)の‘Heroin’が異彩を放つ。同世代であり、同じく薬物に依存しながらもモリソンのように命を落とすこともなく独自の道を歩み続けたルー・リードは、どのような感慨をもってこの映画を眺めただろうか。
レインさん [映画館(字幕)] 7点(2009-05-19 04:12:05)
22.《ネタバレ》 ドアーズは知ってましたが、こういう作品があるのは知りませんでした。ただ、軽ーく知ってる程度のワタシには、ちょっと難解&退屈(時間が長~く感じました、実際結構長い)ではありましたね。当時の世相や、ドアーズがどういうバンドで、ジム・モリソンがどうなったのかを知る貴重な作品だと思います。
Kanameさん [ビデオ(字幕)] 3点(2009-03-10 21:49:17)
21.《ネタバレ》 リアルタイムでは知らないけれどもドアーズが大好きな私にとっては、当時の彼らがどういう存在であったかを知る貴重な作品です。結構最後の方は人気も下降気味だったんですね、そして、ジム・モリソンもデビュー当時の精悍さをすっかり失っていたとは・・・。そういった中での「L.A.WOMAN」だった訳ですね・・・。しかしながら、ジム役の人ソックリすぎです。あとは、メグ・ライアンがとても可愛いかったです。

TMさん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-05-02 10:26:14)
20.ああ、やはりオリバー・ストーンなんだわぁ。なんだかヘンに重いのよ。カイル・マクラクランなんですが、なんだろう?なんでか笑えるの。観てるこっちがちょっとこっぱずかしくなる可笑しさとでもいったらいいんでしょうか。うまく説明できなくてスミマセン。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2005-07-15 01:47:16)
19.ドアーズというバンドを描いた作品とは知っていたが、ドアーズの存在も知らなきゃ、ジムモリソンも名前以外何も知らない上に、「ハートに火をつけても」も聴いたことがないという者がこの映画を観るということはかなりの苦痛でした。
酒やドラッグで身を滅ぼして、破滅への道をひたすら進むというような単純かつ陳腐な映画ではないので、なかなか捉えどころが難しい映画に仕上がっている。
モリソンの苦悩のようなものをはっきり言って常人には理解しがたく、初見では何も見えてこない、何も感じるものがなかった。
モリソンとストーンが見つめた人生の意味や真実がよく分からないというのが正直な感想。
インディアンの曹長はちょっと引っ張りすぎのような気がしないだろうか。
あの幼少期に目撃した事故が彼の人生にそれほど影響を与えるものだったのだろうか。
点数は付けづらいが、キルマーの演技とストーンのかすかに感じられる才能を評価したい。
六本木ソルジャーさん 2点(2005-01-10 19:59:50)
18.バンドの半生を追った映画って、決まってドラッグが出てくる。ダークな雰囲気が嫌い。でもそれが現実なんでしょうね。
もちもちばさん 5点(2004-08-15 19:13:54)
17.その昔「LOST・BOY」という映画の挿入歌がDOORSの曲だったのをきっかけにDOORSが好きになり、レンタルで偶然見つけたのがこの作品。今や伝説のロック・スターであるジム・モリスンの、バンド結成から死に至るまでの話な訳だけど、ちょっと美化されているような気がする。もっとジャンキーな人だと思っているので。DOORS好きな人は必見だと思います。メグ・ライアンはとてもかわいかった。この作品のメグが一番好きです。
smiLey'70さん [ビデオ(字幕)] 7点(2004-06-17 23:09:38)
16.ドアーズという題材を用いて「表現の自由」を追究する辺りがO・ストーンらしいと言える一作。ストーンに嫌悪感を抱いている俺にすればまだ観られる作品だが、やはり主張の押しつけが目立ちどうにもモリソンの生き様に引き込まれない。スクリーン外での横暴さゆえ今ひとつブレイクできない実力派、V・キロマーの演技の充実ぶりには観るべきところがあるので、少し甘めに採点。
恭人さん 5点(2004-01-05 14:24:42)
15.ドアーズを知らないと退屈だろうなぁ。劇場に観に行ったとき前にいたカップルは途中で帰ってました。メグライアンの作品の中ではかなり異色ではないでしょうか。ヴァルキルマーはほんとジムモリソンに似ててとってもよかったとおもいます。
ケジーナさん 8点(2003-12-23 20:20:18)
14.世間一般ではともかく、オリバー・ストーンの中では悪くないような気も。やっぱりドアーズ通以外にはウケようがないですよね。カイル・マクラクランの異常にそっくりなレイ・マンザレク役とか、そういうのが笑える映画なのでは・・・あれ?違うんですか?^^;特に「Light My Fire」のイントロを思いつくところなんか爆笑モノでした。でも結局、ファンの目から見ると一般的なことしか言われてないし、知らない人から見るとマニアックすぎ、というすごく中途半端なモノになってしまったと思います。笑顔のステキなメグ・ライアンも、このタイミングでわざわざあんな暗い役をやらなくてもよかったのに、と思いました。見どころはやはりカイル・マクラクランでございます。
anemoneさん 4点(2003-12-21 14:11:17)
13.ある人物の伝記的な作品であれば、客観的にその人の人生が判るような作品に仕上げるのが定石ですが、この映画を見てもいまいちジム・モリソン像が見えてきません。もちろんオリバー・ストーンには別の狙いがあったのだと思いますが、その狙いはジム・モリソンをよく研究している人にしか判らない類のものです。(ちなみに私にも判りません。)「マルコムX」のスパイク・リーのように正面から描いて欲しかったです。ドアーズ初心者には、この映画のサントラ盤はお勧めですが、映画はお勧めできません。
USS_Barcelonaさん 2点(2003-12-09 07:04:22)(良:1票)
12.結構観れると思いますよ。ヴァルキルマーもわりと雰囲気があったし。ちなみに僕はドアーズ好きです。ロックファンなら1,2枚目とラストアルバムは必聴でしょう。ドアーズの音楽は30年以上経った今でも十分聴ける、普遍性のあるロックだと思いますけど。つまり本物ってこと。ボーカルのインパクトにも増して、演奏が素晴らしいし、曲もGoodです。まぁドアーズを知らないとか嫌いだとか言っている人は、この映画を観てもしょうがないのかもしれない。ただ60年代後半~70年代前半のロックが好きな人なら見て損はない。
onomichiさん 8点(2003-09-07 23:26:18)
11.ドアーズ好きの方は観て下さい。私は眠かったっす。
あやりんさん 4点(2003-05-21 22:19:12)
10.ドアーズが好きなら良いのでは。俺は好きだったので見れました。でも映画としてみるのならハテナ?です。この映画を見るのなら、まずドアーズのCDを買って聴いてみて、気に入ったら見るようにしたらいいでしょう。
はっぴいさん 5点(2003-03-31 06:21:37)
9.たしかにドアーズを知らない人には面白くないかも知れない。でも私は好きです。この映画でトリップできます。見るドラッグという感じかな?モリスンがだんだん壊れていくところが切ない。メグ・ライアンはちょっとこの映画には向いてなかったかなという気はします。
森寸さん 8点(2003-03-13 02:55:07)
8.ドアーズ知らなかったんだけど「light my fire」いいな~と思った。でも内容が結構ショッキングでライブシーンとか女性関係とか引くところもしばしばあった。メグがかなり若く見えました。
およこさん 4点(2003-03-08 23:26:34)
7.この映画は駄作ですね。メグ・ライアンが出てなかったら100%見なかっただろう。とはいえ僕も洋楽好きでドアーズの事は知ってました。でも僕はジミヘン、クリームとかが好きで、正直ドアーズがきらいです。それにジム・モリソンを演じるヴァル・キルマーも嫌いになりました。”バットマン・フォーエヴァ”の頃は好きでした。しかし、もう彼の映画は観る気をなくしました。(ヴァル・ファンの方、すみません。)あと、エロいシーンが多すぎだ。全裸の女性の下半身にはモザイクが・・・。こういうシーンばかりで2時間40分はかなりきつかった。まあ唯一、よかったのが、やはり若いメグ・ライアンが本当に今も昔もかわいい人だなあと思った。珍しいヌード・シーンもあった。映画的には2度と観たくねえ。メグに3点!
ピルグリムさん 3点(2003-02-28 22:08:35)
6.おもしろくなかった。ドアーズも知らないし。一応最後まで見たけどダメだった。
バカ王子さん 3点(2003-01-02 03:09:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 25人
平均点数 5.40点
000.00%
100.00%
2312.00%
3312.00%
4312.00%
5416.00%
628.00%
7416.00%
8624.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS