ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 - スペシャル・エクステンデッド・エディション -のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 - スペシャル・エクステンデッド・エディション -
 > (レビュー・クチコミ)

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 - スペシャル・エクステンデッド・エディション -

[ロードオブザリングフタツノトウスペシャルエクステンデッドエディション]
THE LORD OF THE RINGS:THE TWO TOWES - SPECIAL EXTENDED EDITION -
2002年【米・ニュージーランド】 上映時間:223分
平均点:8.29 / 10(Review 51人) (点数分布表示)
アクションドラマアドベンチャーファンタジーシリーズもの小説の映画化
新規登録(2004-01-28)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2018-04-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・ジャクソン
キャストイライジャ・ウッド(男優)フロド・バギンズ
イアン・マッケラン(男優)ガンダルフ
リヴ・タイラー(女優)アルウェン
ヴィゴ・モーテンセン(男優)アラゴルン
ショーン・アスティン(男優)サム
ケイト・ブランシェット(女優)ガラドリエル
ジョン・リス=デイヴィス(男優)ギムリ
バーナード・ヒル(男優)セオデン王
クリストファー・リー(男優)サルマン
ビリー・ボイド(男優)ピピン
ドミニク・モナハン(男優)メリー
オーランド・ブルーム(男優)レゴラス
ヒューゴ・ウィービング(男優)エルロンド
ミランダ・オットー(女優)エオウィン
デヴィッド・ウェナム(男優)ファラミア
ブラッド・ドゥーリフ(男優)蛇の舌グリマ
アンディ・サーキス(男優)ゴラム(スメアゴル)
カール・アーバン(男優)エオメル
クレイグ・パーカー(男優)ハルディア
ジョン・ノーブル(男優)デネソール
ショーン・ビーン(男優)ボロミア
ダン・ヘナ(男優)(ノン・クレジット)
ジョン・リス=デイヴィス木の鬚
浪川大輔フロド・バギンズ(日本語吹き替え版)
有川博ガンダルフ(日本語吹き替え版)
大塚芳忠アラゴルン(日本語吹き替え版)
内海賢二ギムリ(日本語吹き替え版)
小山力也ボロミア(日本語吹き替え版)
家弓家正サルマン(日本語吹き替え版)
菅生隆之エルロンド(日本語吹き替え版)
長島雄一ゴラム(日本語吹き替え版)
宮本充ファラミア(日本語吹き替え版)
本田貴子エオウィン(日本語吹き替え版)
佐々木勝彦セオデン(日本語吹き替え版)
山寺宏一エオメル(日本語吹き替え版)
立木文彦ギャムリング(日本語吹き替え版)
石田太郎木の鬚(日本語吹き替え版)
金尾哲夫グリマ(日本語吹き替え版)
塩田朋子ガラドリエル(日本語吹き替え版)
平川大輔レゴラス(日本語吹き替え版)
勝部演之デネソール(日本語吹き替え版)
村治学メリー(日本語吹き替え版)
坪井木の実アルウェン(日本語吹き替え版)
佐々木睦(日本語吹き替え版)
斎藤志郎(日本語吹き替え版)
廣田行生マドリル(日本語吹き替え版)
原作J・R・R・トールキン「指輪物語」
脚本フラン・ウォルシュ
フィリッパ・ボウエン
スティーヴン・シンクレア
ピーター・ジャクソン
音楽ハワード・ショア
編曲ハワード・ショア
撮影アンドリュー・レスニー
製作ニュー・ライン・シネマ
バリー・M・オズボーン
フラン・ウォルシュ
ピーター・ジャクソン
ジェイミー・セルカーク(共同製作)
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ロバート・シェイ
配給日本ヘラルド
松竹
特殊メイクリチャード・テイラー〔特撮〕(特殊メイクスーパーバイザー)
特撮リチャード・テイラー〔特撮〕(クリーチャー/アーマー/ミニチュア)
ウェタ・デジタル社(視覚効果)
ジム・ライジール(視覚効果スーパーバイザー)
美術グラント・メイジャー(プロダクション・デザイン)
アラン・リー〔美術〕(コンセプチュアル・デザイン)
ジョン・ハウ[美術](コンセプチュアル・デザイン)
ダン・ヘナ(美術監督スーパーバイザー&セット装飾)
衣装ナイラ・ディクソン
リチャード・テイラー〔特撮〕
録音クリストファー・ボーイズ
マイク・ホプキンス[録音]
イーサン・バン・ダーリン
ゲイリー・サマーズ
字幕翻訳戸田奈津子
その他ハワード・ショア(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.《ネタバレ》 「二つの塔」って、サウロンとサルマンの邪悪な権力を象徴する表題なんだけど、僕にとって第二部は騎士の都ローハンにまつわる物語なんだ。 だから、SEEではローハンという国の内情、セオデン王、エオメル、エオウィンの三人がより深く掘り下げられていて、とても満足でした。 個人的にエオウィンを演じたミランダ・オットーが大好きなので、彼女のエピソードが追加されていたことは本当にうれしい。セオデン王の息子の埋葬で、彼女が捧げた歌の悲しくも美しい響き・・。彼女ひいきを抜きにしても、この埋葬は心を打つ名場面の一つだったように思う。彼女がアラゴルンに手料理のシチューをふるまうシーンもよかったな。味はイマイチだったようだが、彼女の家庭的な一面が見れて私はなおさら好きになったよ (笑) 今回、ボロミアの過去がまたしても明らかになりますが、彼が指輪の旅に加わった背景、ファラミアとの絆を確認することができます。そして、あの心を揺さぶる名演説、、。しかし、初めの公開版ではこのエピソードをバッサリ削除するとは (泣) ショーン・ビーンよ、さては撮影中にピーター・ジャクソンとケンカでもしたかぁ? また、アラゴルンが自身の年齢と長寿の家系であることをしれっと告白したり、俺ぁそんなことも知らずに今まで何度もLOTRを観ていたのか~、とか色々と衝撃的であった。 そして歴史が大きく動く裏で、メリーとピピンがここまで奔走していたとは知らなかった。(そのいたずらぶりも強調されていたような気がするが、、) おっと忘れていた。肝心のフロドら指輪の主たちのエピソードは通常版からほぼ過不足ないため、彼ら二人の印象はSEEでもここまであまり変わらず。 ではでは、「王の帰還」も続けて観よう。 あと、250分、めくるめくファンタジーと冒険の最終章へ。
タケノコさん [DVD(字幕)] 8点(2020-07-01 14:43:04)★《新規》★
50.ワンダフル







pillowsさん [DVD(吹替)] 10点(2014-03-29 14:34:12)
49.《ネタバレ》 SEE(スペシャル・エクステンデッド・エディション)版 3時間50分の超大作だ しかしエンドロールが20分あるけど 劇場版が約3時間なので50分ぐらい長い 以前劇場版を見たときはそれほど盛り上がらない長い話として記憶していたがSEE版は見事にそれを裏切った 前作で語られなかった不明な点が解消した まずアラゴルンとエルフのアルウェンの恋、前作で一番?と思った所だ おもいきりはしょられたことがわかった 次にボロミアが指輪の仲間になった理由 なるほどと思った、しかも今作のキーマンになるボロミアの弟ファラミアとの確執にも繋がる大事な話だった さらに前作だと殆どにぎやかしのサブキャラだと思っていたピピンとメリーのキャラクターを充分に見せてくれる 実に全編の殆どの時間を木のモンスターの肩に乗っていて途中途中で「えっ、まだ乗ってんの」って感じ ゴラムとスメアゴルの善と悪との葛藤も充分時間をとって描かれる 考えてみると第一作で旅の輪郭を見せて、今作で旅の仲間達の骨格を語るという素晴らしい描き方である ほんとに感心した その為に前作のジェットコースター型の見せ方からじっくりと見せる方法にスイッチした感じ なのでその補足説明の部分をはしょった劇場版を見た時に退屈に感じたのかもしれないな お話は前作で分岐した仲間達が三つに別れて同時進行する さらわれたピピンとメリーの話 フロド達の孤独なモルドールへの道 見せ場担当のアラゴルン達のローハン国のヘルム峡谷防衛 途中でガンダルフが白い魔法使いとなって帰ってくるが、フロドのそばにサムが居る事を聞いてほっとした顔をするところがとても印象に残った
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2014-01-15 00:28:35)
48.“5日目の朝日”と共に白い魔法使いが軍勢を引き連れて戻ってくる。大軍勢が一挙に斜面を下り、待ち受ける敵方の大軍勢とぶつかり合う。
起死回生のこのシーンの迫力は物凄く、劇場公開時に初めて目の当たりにした時の興奮は忘れられない。
個人的には、この「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズが、ファンタジー映画の範疇に留まらずエンターテイメント映画として唯一無二のものとなっているのは、この第二作の圧倒的なクオリティーによるところが大きい。

シリーズの前日譚「ホビット」の公開、鑑賞を受け、この“スペシャル・エクステンデッド・エディション”を初めて鑑賞。
本当はもっと早く観ておきたかったけれど、何せ上映時間が223分もあってはなかなか機会を見出せず、結局今回のタイミングに至った。

エンターテイメント映画としてのクオリティーの高さは、先述の通り言うまでもなく物凄い。
長ーーいエンドロールが、この映画に携わった人間とそれに伴う情報量の膨大さを顕著に物語っている。

今作はメインキャラクターはもちろん脇役も含めた登場人物たちの群像劇としての趣が強く、映画世界に息づくキャラクター達の緻密な人物像とそれに付随するドラマ性も見所だと思う。
その分、逆に主人公フロド周辺の描写は少なく、彼においてはそれほど大きな進展もないのだが、周辺キャラクターの魅力が深まる今作があるからこそ、この三部作は強固な娯楽性を持ち得ていると思う。

さあて、この勢いのまま「王の帰還」の“スペシャル・エクステンデッド・エディション”に挑むかな。
鉄腕麗人さん [DVD(字幕)] 10点(2013-02-13 16:53:56)(良:1票)
47.シリーズ物というのは回を重ねるごとにクオリティが下がってしまうものですがこのシリーズは違いますね。戦闘シーンも豊富で飽きさせません。ただ一作目と比べると若干無駄なシーンもあったような気がしますが異常にクオリティが高いのでこの点数で。
キリンさん [DVD(字幕)] 10点(2012-12-07 02:31:51)
46.《ネタバレ》 久々の約9年ぶり2度目観賞、「ホビット」新シリーズ開幕に向けての復習。「愛しきしと」指輪をめぐる壮大なファンタジー大作第2弾、4時間近い拡大版。フロド、サム、そして二重人格の奇妙な珍獣ゴラム“スメアグル”の旅。人間、エルフ、ドワーフ、エント(木)が協力してオーク(モンスター)と戦う大攻城戦、そのスケール感と映像美は圧巻です。前作より短いとはいえ20分に及ぶエンドロールは長~~い。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-11-21 00:24:40)
45.ギムリ、レゴラス、アラゴルンの映画。エントのほほえましいキャラクターもさることながら、攻城戦の迫力は素晴らしい。
Balrogさん [DVD(字幕)] 7点(2012-11-15 01:19:47)
44.《ネタバレ》 1がガンダルフなら2はスメアゴルとサルマンの映画。何百歳になっても元気すぎるスメアゴルは虐待を受けてもなんのそのなのだが、フロドとサム(特にサム)の人権意識が低すぎるのは、率直に主役としてどうかと思いますよ。二重人格描写が可愛いので、スメアゴルには同情しっぱなしでした。何だい!みんな指輪欲に関しては、スメアゴルと対して変わらないくせに偉そうにしやがってさあ。葛藤を素直に見せるスメアゴルは大好きです。
そして、サルマン先生ね!ダム決壊で浸水しまくったアイゼンガルドを眼下に、塔の中でうろうろおろおろしているんです、このおじいちゃんったら。その貧弱な様が、とっても可愛いんです。ガンダルフはちょっと調子こいてきたから、次作はサルマンさんを応援しようと思います!まあ、たぶん負けるんだろうけど。
枕流さん [DVD(字幕)] 6点(2011-08-28 22:19:26)
43.《ネタバレ》 3手に別れたことでやや散漫になったような気が。(1からぶっ続けで観てる疲労からかもしれませんが)それでも戦いのシーンは大きな見所で、さらにエルフとドワーフの仲の良さにニンマリ。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 7点(2011-02-14 19:32:47)
42.長いのに飽きない。好きなせいもありますが…ヘルム峡谷の戦闘シーンが素晴らしい(^O^)
もちろん文句なしで。
鉄仮面さん [DVD(字幕)] 10点(2010-12-10 11:29:10)
41.《ネタバレ》 今作で、ついに大迫力の合戦シーンが登場。
壮大な物語の展開には、痺れるのひと言だし、
興奮しすぎて鼻血が出そうなくらいだ。
タックスマン4さん [DVD(邦画)] 8点(2009-02-09 23:07:50)
40.《ネタバレ》 人生を物語になぞらえるというのは新しいわけではないのに、サムがそれを語り出してから作品がスゴく光って感じました。素直に気持ちいいです。スメアゴルの企みで終わるのも、次を観たくさせてGOOD。スメアゴルの葛藤シーンはピクサーのチェスじいさんのアニメを思い出しますが、やはりああいう処理になりますよね。それにしても表情作りがスゴい! 1作目を劇場で観た時には知らなかった『LOST』のミュージシャン(チャーリー)役がちょい役に終わらず活躍してて「へぇ!」と感心したり、『タイタニック』の船長さんがここでも顔立ちに合ったはまり役で、そういう所も楽しめました。
だみおさん [DVD(吹替)] 7点(2008-12-27 01:41:46)
39.《ネタバレ》 坑道の、炎の敵をガンダルフ一人が倒したのはしらけた。
戦闘は規模がでかく、派手でなんだけど、いまいち迫力が感じられなかった。
あと、オークがわざわざ武装してんのに、スパスパ斬っているのには、違和感を感じた。
なますてさん [DVD(吹替)] 6点(2008-09-27 01:26:07)
38.《ネタバレ》 まだレビューしてなかったのに今気づきました。感想は通常版に書くとして。今回はやっぱりボロミア&ファラミアのシーンが良かったです。本当に良かったです。これは泣けました。ほかの方もおっしゃっていますがファラミア好きにはうれしい限り。とにかくこのシリーズ何かとこの兄弟がらみのシーンはカットされてるんだから…。これ見ると一作目のボロミアの言動を見直します。彼もゴンドールのために必死に戦う勇敢な戦士であり、そして弟を愛しているよき兄でもあるんですね。戦いが裂いた兄弟はシリーズの仲でももっとも哀しい。また、エオウィンの気落ち具合もこれみるとわかります。だからこそアラゴルンは彼女にとってよりいっそう救世主的存在になったんでしょう。ともかく、通常版→特別版のルートをたどるとまた違った感じに見えてきて良かったです。もちろん十点です。
CEDFさん [地上波(吹替)] 10点(2008-08-27 20:03:43)
37.《ネタバレ》 完成度の高い通常版に対して、こちらは尺を気にせずにみてくれるファン向けの編集になっています。

原作の超豪華挿絵としての色合いが強く、エピソードになるべく漏れがないようにという配慮が伺えます。本来原作ものは、映画としての機能を失わないため映像化が無意味なシーンを削り、映画としての完成品が作られますが、そのために原作にあったシーンが無くなっていることが気になって仕方がないというファンがどうしても出てきます。本来こういった指摘は映画ファンからは的外れなんですが、原作ものは映画ファンだけが見るわけではなく原作に思い入れのある大勢の人が観ます。

長時間の鑑賞による集中力の低下や、多忙な中での拘束時間という部分で作品としての完成度を下げてでも、原作を大事にする人の要求をきっちりと満たす、という意味で大変な価値を持つ作品であると同時に原作の超豪華動画挿絵であるということが本当にありがたい作品です。

ストーリーや演出の面でも、全く出口のない状況でもう諦めてしまっても、心がおれてしまっても、とりあえず全力で留まってみる。そういう力があるかどうかが大事だ。というメッセージ性が良い。

諦めないことや心がおれないようにすることよりさらに一歩難しい状況でどうするか。
そういう心がグググッと感動に引き込んでくれます。
黒猫クックさん [DVD(字幕)] 9点(2008-08-14 21:56:47)
36.《ネタバレ》 うーーん・・・。もともと(劇場版)の完成度が高かったためなのか、今エディションでの追加エピソードには蛇足感が漂いました。
第一部同エディションでは各エピソード間のつなぎとして追加エピソードが効果的に機能し、物語の流れをスムーズにしたのに対し、この第二部同エディションでは逆に流れを詰まらせている感がありました。
ただファラミアの回想シーン及びラスト近くのファラミアとの別れのエピソードは第三部へと続くファラミアの人柄及び立場を表す上で重要なファクターとなっており評価できますが、その他の追加エピソードはあってもなくてもええかなーーっと思います。
ただ重ねて言いますが物語自体の完成度はもともと高いのでこの点数をつけさせていただきます。
わたたさん [DVD(字幕)] 8点(2008-07-20 03:18:28)
35.いや~サムの言葉で泣いちゃいましたよ。息子の名前はサムにでもするかな。
マリモ125ccさん [DVD(字幕)] 10点(2008-04-18 11:26:38)
34.エントの水はあんなそこら中には湧いているわけではない。
12timesさん [DVD(字幕)] 9点(2007-08-19 00:03:11)
33.《ネタバレ》 ちょっと中だるみの第2部。だが、SEE版で重要なシーンが復活したのは嬉しい。ヘルム峡谷の戦いも凄いが、エントの逆襲が良いね。サムには泣かされっぱなしだ。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 8点(2007-07-31 22:48:46)
32.《ネタバレ》 1に引き続き、劇場公開版を上手く補完した内容になってます。ファラミアの回想シーンは特に劇場版に入れても良かったじゃねーか?と思います。このシーンにより、執政一家の面々に対する印象がえらく変わるんですけど…。アラゴルン=王位継承者の最後の生き残りってのを示唆する映像も入れといた方がさらに判り易かった気がしますね(3の「王の帰還」の”王”って誰よ?みたいな事を知り合いが言っていたので…吃驚)。他の追加シーンはストーリー進行上は問題無いのかもしれませんが、あるとニヤリとさせられます。未見の方に薦めるならやはりこちらで。
ガリレオさん [DVD(字幕)] 9点(2007-06-23 15:54:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 8.29点
000.00%
111.96%
200.00%
300.00%
400.00%
523.92%
659.80%
747.84%
81223.53%
91223.53%
101529.41%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.80点 Review5人
2 ストーリー評価 7.50点 Review10人
3 鑑賞後の後味 7.80点 Review10人
4 音楽評価 8.20点 Review10人
5 感泣評価 7.20点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS