夜を賭けてのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヨ行
 > 夜を賭けて
 > (レビュー・クチコミ)

夜を賭けて

[ヨルヲカケテ]
2002年【日・韓】 上映時間:133分
平均点:6.20 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-11-30)
ドラマ
新規登録(2004-02-19)【亜流派 十五郎】さん
タイトル情報更新(2009-10-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督金守珍
キャスト山本太郎(男優)金義夫
仁科貴(男優)張有真
山田純大(男優)高山健一
唐十郎(男優)中村豊作
不破万作(男優)船田純希
奥田瑛二(男優)若林逸郎
六平直政(男優)金村利正
油井昌由樹(男優)屑鉄屋
風吹ジュン(女優)金敬子
樹木希林(女優)高山フネ
清川虹子(女優)ヨドギ婆さん
キム・ウンス(男優)徐達司
李麗仙(女優)ヤン婆さん
山村美智(女優)張礼子
原作梁石日
脚本丸山昇一
音楽朴保
挿入曲朴保「ケンチャナヨ」
配給シネカノン
編集大島ともよ
録音堀内戦治
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.レンタルビデオでも観たし、その後テレビ放送でも観たのだけど、レビューするのが難しい映画ですね。とにかく登場人物の皆様方がパワフルというかなんというか。あと、フチなしのツーポイントのメガネをかけていた脇役がいたけど、終戦直後にあんなメガネはないでしょ。六平直政が女性のアソコの毛をひんむいた場面と、山本太郎の演技が印象的でした。でもただそれだけ。
☆Tiffany☆さん [ビデオ(邦画)] 6点(2007-08-19 11:05:06)
4. この作品の原作や開高健の「日本三文オペラ」を既に読んでいたので、ある程度のあらすじは分かっていたんですが、映像をみるとあらためて衝撃を受けましたね。
 これが、戦後の日本で起こった話であるというのが本当に信じられませんでした。山本太郎が本当にはまり役でしたね。
TMさん [映画館(邦画)] 8点(2006-09-18 21:47:48)
3.昭和三十年代、旧日本軍の軍事物資を掘り起こし、それを闇で売ることで生活の糧を得ていた在日朝鮮人の一団、通称「アパッチ」。井筒監督の「ガキ帝国」でもチラッと出てくるこのアパッチが実在していたということを知ったのはこの映画を通じてでした。【木戸満】さんの仰るように、やはり監督を始め多くの在日朝鮮人スタッフが関わっていたからこそ、当時の在日朝鮮人の良い所も悪い所も愛情を持って描けたのだと思います。ほんの少し前まで、在日朝鮮人に関する事柄が一種のタブーというか、「腫れ物」のような扱いだったことを考えると、この作品や「GO」のような映画が作られることは意義のあることだと思います。それにしても山本太郎をはじめ、濃ゆ~い役者たちが濃ゆ~い芝居してて、いいなあ。特に六平直政や山本純大がギラギラしててかっちょ良い。それに仁科貴も、父親(川谷拓三)に負けず劣らぬ味と愛嬌があります。早く本格復帰してちょーよ。
ぐるぐるさん 7点(2004-10-12 18:58:04)
2.これほど登場人物に感情移入できない映画も珍しい。
エネルギー溢れるってのを通り越して…あほやねんなぁ。
欲のあまり船を沈ます主人公、くだらん理由でケンカする野郎共、ミョーに能天気な歌…うーん、なんか空回りしまくり…。
ふくちゃんさん 3点(2004-02-27 23:39:38)
1.梁石日原作で在日や韓国人の方が製作に多数関わっているからでしょうか、割と正しく在日が描かれていると思いました。といっても当時を知っている訳では無いが、私の住んでいる町にはかつて兵器工廠があり、朝鮮人部落と呼ばれた地区があり、屑鉄屋を営む在日の方がいるし、以前建築会社に勤務していた時出会った下請の在日の土建屋社長や職人さん達を思い浮かべながら見ることが出来ました。少々鼻に付くところやキレイ過ぎる気もしますが「GO」より面白いと思います。
亜流派 十五郎さん 7点(2004-02-23 21:50:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.20点
000.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
400.00%
500.00%
6120.00%
7240.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS