APPLESEED アップルシードのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ア行
 > APPLESEED アップルシードの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

APPLESEED アップルシード

[アップルシード]
APPLESEED
2004年上映時間:103分
平均点:5.84 / 10(Review 68人) (点数分布表示)
アクションSFアニメシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2004-02-26)【フレッチャー】さん
タイトル情報更新(2017-03-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督荒牧伸志
小林愛デュナン・ナッツ
山田美穂ニケ
小杉十郎太ブリアレオス
松岡由貴ヒトミ
小山茉美アテナ
藤本譲ウラノス
子安武人ハデス
森川智之義経
仲木隆司七賢老エレクトリュオン
西川幾雄七賢老ヘスティア
篠原恵美ギリアム
川上とも子デュナン幼少
原作士郎正宗「アップルシード」
脚本半田はるか
上代務
主題歌Boom Boom Satellites『DIVE FOR YOU』
挿入曲坂本龍一"coro"
Boom Boom Satellites『BUMP OVER HILL』、『ANTHEM』、『UNDERDOG』
BASEMENT JAXX『GOOD LUCK(feat.Lisa Kekaula)』
製作東宝(アップルシードフィルムパートナーズ)
TBS(アップルシードフィルムパートナーズ)
ジェネオンエンタテインメント(アップルシードフィルムパートナーズ)
毎日放送(アップルシードフィルムパートナーズ)
プロデューサー曽利文彦(プロデュース)
三宅澄二(エグゼクティブ・プロデューサー)
配給東宝
作画竹内敦志(多脚砲台デザイン)
美術荒牧伸志(プロダクションデザイン)
振付三輪明日美デュナン(モーションアクター)
小林愛デュナンの顔の表情(モーションアクター)
原田遊人(モーションアクター)
録音鶴岡陽太(音響監督)
あらすじ
2131年。世界は非核大戦により壊滅状態に陥っていた。大戦を生き抜いた女兵士デュナン・ナッツは突然捕獲され、人類最後の理想郷・オリュンポスへ連行される。眼を覚ましたデュナンの前にいたのは、体の大半が機械化されたかつての恋人ブリアレオス。しかし、オリュンポスには驚くべき秘密が隠されていた。やがてデュナンは、ヒトの存亡をかけた壮大な戦いへ巻き込まれていく...。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
68.《ネタバレ》  いやー凄い。CGの進化は凄い。本作を見てまず何より最初に思ったのは、開始5分で「あ、これ映像的に見るの辛いやつかも・・・」ということでした。それくらい2018年現在のCG技術との落差がある。言い換えればものっすごい進化してるな、と。しかも開幕はほとんど台詞無し&色合い的に暗めの戦闘シーンだし、このまま台詞少なめの映像で魅せる系の作品だったら辛いな、と思いました。
 しかし開始10分後にはストーリーは展開していき、普通に皆喋る。近未来的な明るい街並みやシステムの描写、入れ込みすぎず説明的すぎない設定解説の台詞回しで、普通にストーリー的に入り込めました。完全初見でえ?どういうこと?と頭を回しつつ、それがオーバーロードしない程度の上手い分量とタイミングで展開的に明らかになっていくため、ん?→納得。ん?→納得。という繰り返しで、飽きることなく閉幕まで辿り着く、という作品でした。

 面白いのが他のレビュアーさん達との感覚の違い。「CGは凄い。でもストーリーはダメ」という皆さんの意見と真逆で、私は「CGはショボい。でもストーリーはそこそこ面白い」という印象でした。それもそのはず、単に見たタイミングによる違いで、公開当時の2004年と私が書き込みしている2018年の間の14年間にとんでもなくCG技術が進化した・・・ということに尽きると思います。そして確かに、ストーリー自体はまあベタとは言わないまでもありがちと呼べる範疇にあったかも、とも思いました。「CGに特化したからストーリーはショボくなってる」「CGはショボいがストーリーでまあ見れる」という違いは、作品を見たタイミングがいつかによってその感覚的な相対比較(一方が良いから一方が悪く見える、一方が悪いから一方が良く見える)に差が出るために生まれているのでは、とか思いました。なるほど確かに最新作のタイミングで見て「CGだけやんw」と思う映画はたくさんあります。某青い獣人の映画とか。が、10年後20年後に同映画を見た人はもしかしたら全く違う感想を持つのかもしれない・・・。その点、楽しみにもなり、勉強にもなりました。

 本作中の「バイオロイドはバイオロイドを殺さない」は名言だと思いました。つまり人は人を殺すと。本作中で描かれる人とバイオロイドとの決定的な差は感情(とそれに付随しての生殖機能)を持っているか否か。しかし人の特権、人が人たる根拠であるはずの感情によって人は人を殺す、矛盾してるやないかい、と。んじゃ種族としての絶対数が減らないバイオロイド社会でええやないかい、と。理屈でそうだとしても、え~何か違うんじゃ、とモヤッとしてしまうのは、それこそ人だからなんでしょうね。
53羽の孔雀さん [DVD(邦画)] 8点(2018-02-19 10:07:50)
67.ライブ3DCGアニメという意味では、アニメらしい見せ方を残しながらリアルを追求している姿勢を評価します。実写にしなかった必然性を見い出せなかった某有名ゲームソフトの映画版よりは、正しい方向性だと思います。そんな手法の話でなくとも、世界観、キャラクター、ストーリーなど、良くまとまった映画だと思います。オープニングの戦闘シーンの主人公の動きが斬新で好きです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2008-10-23 01:54:28)
66.美しい映像をそれなりのストーリーに乗せて仕上げたような映画です。正直CG映像の美しさには見とれてしまいました。中身が薄っぺらくて観終わった後に何も残らないんだけど、観ている間は飽きさせないので娯楽作品としては合格だと思います。CGキャラには未だに抵抗があるけどね。
クレイバードさん [地上波(邦画)] 6点(2008-10-05 02:48:46)
65.CGだけでも、観る価値があった。あとはストーリーが伴えば、日本のアニメのもの凄い武器になると思った。
Yoshiさん [DVD(邦画)] 5点(2008-09-30 10:43:25)
64.動きのリアルさを追求する余りに逆に違和感が浮き彫りにされてしまっている感じ。
のっぺりとした気持ち悪さがあって、どうも好きになれない。
肝心のストーリーの方もそんなに面白いとは思えなかった。
もとやさん [DVD(邦画)] 4点(2008-08-04 15:38:11)
63.《ネタバレ》 デュナンを好きになれるかどうかが勝負
Sway N Linさん [DVD(字幕)] 10点(2008-06-04 23:04:37)
62.動きの滑らかさはすごい。
さそりタイガーさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2007-11-11 13:52:32)
61.《ネタバレ》 原作は結構好きだったんですが、あの原作をどういじったらこんな三流メロドラマに仕上がってしまうのでしょう。片手でサイボーグの体重支えられるお前はバイオニックジェミー(古くてごめん)か、とか随所で細かい突っ込みも入れたくなりますし。
丸に梅鉢さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2007-11-11 00:28:05)
60.好きか嫌いかではでは嫌いな方かな。
基本的にかわいこちゃんが伝説の戦士で...って段階でかなり説得力が自分は薄く感じられ、七賢老もいかにもこういうSFアニメには出てくるキャラな気がして新鮮味が無く思う。もうちょっとわくわくさせて欲しいな。いろいろ努力やアイデアはあるのだがのめりこませる程その世界感が生きてない気がする。なんだかんだ言っても最後は人物の心の描写がどうなのかという部分が大事だと思うので、その点スーパーねーちゃんが中心で他のキャラの感情表現が少なくその行動が唐突に感じてしまった。
森のpoohさんさん [DVD(邦画)] 5点(2007-09-17 01:12:27)
59.やっぱり映像がすごいというのが一番の売りになるか。 たしかに映像はすごかった。 でも人物の動きがやや不自然。 演技しすぎって感じ。 背景から浮いて見えるシーンが散見された。 ストーリーに新鮮さはないけど十分に楽しめた。 英語吹き替え版を鑑賞したが人物が日本人じゃないので(日本名の人も出てたけど、日本人にはとても見えない)まったく違和感がない。 どちらかと言えば英語のほうがしっくりくる。
称えよ鉄兜さん [DVD(吹替)] 7点(2007-09-09 15:59:15)
58.なかなかチャレンジングな映像ですねぇ。なになに、世界初の3Dライブアニメ?要は、見た目は2Dだけど、動きは実写みたいな感じ、だとのこと。なるほど、確かに動きが独特ですな。アクションシーンも、おっ、かっこいいじゃんと思わせるシーンちらほら。新しい映像表現を開拓しようという試みとしては合格点をあげていいと思います。その試みの第二章が今年の秋に公開だとのことで、どれほど進化しているのか見物です。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 6点(2007-07-27 03:00:37)
57.リアルにありそうな近未来での話。ストーリーも単純(?)でわかりやすく、盛り上がるところでは画面に釘付けにさせます。ちょっと科学の世界に興味が持てるかも・・・
SAKURAさん [DVD(邦画)] 7点(2007-02-19 20:38:02)
56.SF作品として本作のシナリオは今更感が漂う陳腐なものので退屈だった。
CG技術が未熟な時期のフルCGアニメなので画について不満があるが、それは仕方の無いとこ。
主人公の相棒がサイボーグなのに、なぜか咳きこむなどサイボーグ離れしたアクションには笑った。
寺 梅斗さん [DVD(邦画)] 4点(2007-01-14 09:48:12)
55.《ネタバレ》 ストーリーが退屈。原作が古いのかも知れないが、今更マザーコンピューターで人間の支配をどうこうという話は見飽きている。それ以外の部分を見てもあんまり面白いところが無かった。CGだけを観る映画ってことですね。
MARK25さん [映画館(邦画)] 3点(2006-05-16 16:59:22)
54.ストーリーは微妙ですが映像はいいですよ。
十人さん [DVD(邦画)] 5点(2006-04-20 18:45:47)
53.CGが凄いだけ。ストーリーは古臭い。
ごいちさん [DVD(字幕)] 5点(2005-11-05 16:12:14)
52.《ネタバレ》 兎にも角にもストーリーが陳腐かな。戦争を題材に憎しみと憎悪と人間の愚かさと共に愛と希望を書いたアニメだけど、使い古された感は否めないです。どうも目新しさが無いって事になるのかな。CGのみの実験映画に感じてしまった。ついでにCGは満足のいくものでした。が、どうしてあれほど人物の動きがおかしいのだろうか。もうすでにCGのレベルは実験の段階から実用の段階に来てると思うのだけれども。そして音楽はUSロック調の音楽使ってるので完全に海外の市場狙ってるんでしょうね。まぁ日本のアニメ技術、CG技術の高さはよく分かる映画です。後は実写にも使われるとイイのですけどね。まぁ悪い点ばっかりのような映画に書いてしまいましたけど、娯楽映画としては充分満足できるレベルです。ただ、「AKIRA」とか「攻殻機動隊」とかと比べてはいけませんって事でしょう。時代を変えた天才達のアニメとは決して比べるべきではないでしょうね。
眠兎さん [DVD(吹替)] 5点(2005-11-04 21:43:19)
51.あんなちっぽけな世界の連中に未来を託したくない。技術的には過渡期の作品。SFアニメにテクノもいまどきダサすぎ。
kさん [DVD(字幕)] 2点(2005-07-18 21:17:33)
50.どっかで見たメカデザインだなぁと思ってみたらやっぱり荒牧伸志。
『ガサラキ』まがいのTAに良く似たギミック重視の
戦車的(?)なデザインは相変わらず。
で中身はどうかというとフルCGもまだまだだなっと。
顔の表情が硬く実写的な背景と相反する薄っぺらなキャラ絵が目白押しで
ある意味立体的な絵本を見てるかのよう。
CG頼りの映画に陥りがちな安易な映像には幻滅します。
それとキャッチにそぐわない内容はもはや裏切り行為。
ジブリのキャッチを少しは見習えよと言いたい。
アニメであってアニメになってないという事が最終的な結論。
CGの努力にのみ4点。これ以上はあげられん。
sting★IGGYさん [DVD(字幕)] 4点(2005-07-11 00:32:19)
49.ふ~ん・・・未来の自動車って宙に浮くクセに、衝突してもエアバックすら開かないのね。
ぶらきさん [DVD(字幕)] 6点(2005-07-03 23:00:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 68人
平均点数 5.84点
000.00%
122.94%
211.47%
334.41%
41116.18%
51014.71%
61217.65%
71927.94%
868.82%
934.41%
1011.47%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.71点 Review7人
2 ストーリー評価 5.52点 Review17人
3 鑑賞後の後味 5.82点 Review17人
4 音楽評価 6.06点 Review16人
5 感泣評価 4.25点 Review12人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS