愛は霧のかなたにのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 愛は霧のかなたに
 > (レビュー・クチコミ)

愛は霧のかなたに

[アイハキリノカナタニ]
Gorillas In The Mist: The Story of Dian Fossey
1988年【米】 上映時間:129分
平均点:6.94 / 10(Review 34人) (点数分布表示)
公開開始日(1989-04-15)
ドラマ伝記もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-22)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・アプテッド
キャストシガニー・ウィーバー(女優)ダイアン・フォッシー
ブライアン・ブラウン(男優)ボブ・キャベル
ジュリー・ハリス〔女優〕(女優)ロズ・カー
イアン・グレン(男優)
マイケル・J・レイノルズ(男優)
ピーター・エリオット〔男優&演出〕(男優)
ジョン・オミラ・ミルウィ(男優)センバガーレ
アイアン・クスバートソン(男優)リーキー博士
鈴木弘子ダイアン・フォッシー(日本語吹替【ビデオ版】)
池田秀一センバガーレ(日本語吹替【ビデオ版】)
峰恵研クロード・ヴァン・ヴェクテン(日本語吹替【ビデオ版】)
弥永和子ダイアン・フォッシー(日本語吹替【テレビ朝日版】)
磯部勉ボブ・キャンベル(日本語吹替【テレビ朝日版】)
武藤礼子ロズ・カー(日本語吹替【テレビ朝日版】)
富山敬センバガーレ(日本語吹替【テレビ朝日版】)
阪脩ルイス・リーキー(日本語吹替【テレビ朝日版】)
福田信昭クロード・ヴァン・ヴェクテン(日本語吹替【テレビ朝日版】)
大塚芳忠ポール・ムカラ(日本語吹替【テレビ朝日版】)
成田剣(日本語吹替【テレビ朝日版】)
喜多川拓郎(日本語吹替【テレビ朝日版】)
松岡ミユキ(日本語吹替【テレビ朝日版】)
糸博(日本語吹替【テレビ朝日版】)
磯辺万沙子(日本語吹替【テレビ朝日版】)
塚田正昭(日本語吹替【テレビ朝日版】)
定岡小百合(日本語吹替【テレビ朝日版】)
亀井芳子(日本語吹替【テレビ朝日版】)
伊藤和晃(日本語吹替【テレビ朝日版】)
原作アンナ・ハミルトン・フェラン
脚本アンナ・ハミルトン・フェラン
音楽モーリス・ジャール
撮影ジョン・シール
製作総指揮ピーター・グーバー
ジョン・ピーターズ
特殊メイクリック・ベイカー[メイク]
編集スチュアート・ベアード
録音ピーター・ハンドフォード
アンディ・ネルソン[録音]
あらすじ
 ダイアン・フォシーは生物学者ではないが、リーキー博士に頼み込み、現地でゴリラの生態数の調査をすることに。しかし現地のアフリカは内乱がヒートアップ、密漁も横行していて、ゴリラの保護地域とは名ばかりの劣悪な状況。ダイアンはゴリラに愛情をそそぎ、粉骨砕身、調査と保護を続けていく。しかしそのダイアンと、ダイアンが調査しているゴリラたちにも、静かに内乱と密漁の影響が及びはじめる・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
34.特に盛り上がりがあるわけでもなく淡々と話しが進んでいくのだが、不思議と最後余韻に浸れる映画。
misoさん [地上波(吹替)] 6点(2017-11-21 01:28:50)
33.《ネタバレ》 かなり昔にみてたけど、今回改めて鑑賞。前見たときは役者さんが誰とかわかんなかったけども、本作のシガニーはもうぅドハマリですね。こういう役をやらせたらホントうまいなこの人。そしてよく撮影したね~という場面がいっぱい、ジャングルの中さぞ大仕事なことだったでしょう。シガニーが出演した映画のなかでもとっても力作でもっと名前が挙がってきてもよさそうなのに、あんまし聞かないよねコレは。やっぱり実話をベースにしていて悲しい結果で終わってしまうからかな? とても見応えのある一本でゴザイマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-30 22:21:50)
32.婚約者を捨て青春を捨ててアフリカへ行くだけでも変人なのに、ゴリラに愛着を持ちゴリラと共に生活をする。もうこうなると変人を通り越して狂人と言わざるを得ない。しかしまたこれほどの狂人がいなければゴリラは絶滅しただろう。好き嫌いを抜きに大変感動を呼ぶ映画だと思う。DVDで撮影風景を見てさらにびっくり、もはや人間業とは思えないくらい。シガニー・ウィーバーは志願してこの役をかったそうだが、これまた大変な意気込みだ。映画はアフリカの大自然がとても美しい。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 8点(2012-08-08 21:48:51)
31.《ネタバレ》  もしガイドのセンバガーレがいなかったら、この映画の評価は大きく変わっていたかもしれません。気が強く利己的で、自己主張の強いダイアンに、普通だったらそこまで共感はできなかったでしょう。しかし、センバガーレのレンズを通すことで、彼女の愛情の深さや弱さ、彼女の人としての良さに幾度となく気付かされました。
 動物愛護には賛否両論あるかもしれません。僕自身勉強不足で、何が正しくて何が正しくないのか断言はできません。
 食料として殺される家畜や、鯨は、余すところなく食料として使われ、食べられないところまで有効利用されることもあります。ある意味、自然の一つの形ではないかと思っています。
 ですが、ただ灰皿にするためにゴリラの手を買う人。その人たちにゴリラの手を売る人。そのためだけに殺されるゴリラ。しかも手と首以外の遺体は野ざらしで放置されるだけ。やはり賛成はできません。本当に生きるためであれば、ゴリラの遺体を隅々まで有効利用すべきです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 9点(2012-02-20 12:54:33)
30.《ネタバレ》  だいぶ前に見たのだが印象に残っている。人間の勝手な都合で減りつつあるゴリラと、それを守ろうとするダイアン・フォッシーの交友がすばらしかった。
 あそこまで自然の側に立って文明に訴えかける人を見たことがなかったので、その生き方、その姿自体が印象に残っている。
 直接的すぎる悲痛なラスト近くのシーンが印象に残るのも確かだが、この映画とダイアン・フォッシーの存在をきっかけにして、内戦の影響でますます悪化しつつあるゴリラの保護運動に、多くの人が目を向ける必要があると感じた。
 この映画を見て、作品冒頭で語られる生物学的な存在意義よりも、霧のジャングルに生きるゴリラそのものに、神秘的で神々しい魅力を感じることができた。





kagrikさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2009-01-27 14:42:13)
29.《ネタバレ》 貧しさ飢えから集団でゴリラを襲う現地人。本当なら遠い祖先といえるゴリラを敬ってもおかしくない。霊長類同士が争う映像は虚しい。主人公のマネをするゴリラ、手をつなぐゴリラ。それだけでもなにかくるものがあった。
spputnさん [地上波(吹替)] 7点(2009-01-26 15:39:33)
28.《ネタバレ》 シガニー・ウィーバーの熱演には感心しましたが、ラストが悲しすぎて。。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2008-11-09 18:12:31)
27.しかし、ゴリラの手の灰皿ってそんなに需要があるんでしょうか?悪趣味にも程がある。そんなものを需要とする外国のおバカな富裕層が根本の原因を作りだしているんですわ。人間のおバカさのしわ寄せが動物へと向き、動物種が絶滅しても、それは人が生きるためだから仕方ないとするのは、見苦しい言い訳ですね。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-05-16 16:54:23)
26.本作の良い所は【たかちゃん】さんも指摘されてる通り、ダイアン・フォッシーを自然保護に生涯を捧げた素晴らしい学者としてだけでなく、頑固でパラノイックな変人としてもきちんと描いていることだと思う。大体が山奥に篭って、たった一人でこんなことをしようと考える人間なんか変わってて当然。もちろん絶滅危惧種の保護が大切だとは思いますが、私的には「たかがエテ公」と「人間様の命」とどっちが大切なんだと問いたい。自然保護を宣えるのは食うに困っていない輩だけ。たぶん現地の人達を先に「保護」すれば、自動的にゴリラ他、自然の保護に繋がる筈です、6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-11-11 00:03:24)
25.この映画って原題「霧の中のゴリラ」って言うんですよね。その方が良さそうです。[永遠のアフリカ]もそうですが実話ものだけにおもしろいという部分はあまりないです。「実際にこういうことがあったんだな」「大変だったんだな」「景色がキレイ」だなという感想は皆さんが持つと思います。この作品の良さは、ゴリラを密猟する側の論理も比較的反映されていることです。好感が持てます。個人的な感想ですが、ある一人の女性が未開の地に乗り込んでいく。そこで、動物保護、人道主義をその国の政府に訴える。その思想は立派なことだと思います。でも貧困から脱するためにはそれしか手段がない人もいます。知らぬ国に行っていきなり正論を吐いても無理があると思います。動物保護の代わりに本国政府に経済援助を訴える活動等の下準備が必要だと思います。それがないからラストの悲劇を招いたのではないでしょうか。最近、日本でもイラクに行って(皆が行くなよ!って言ってるのに)拉致されて、家族や国に迷惑をかけている不届き物がいますよね。それに近いものを感じてしまいます。国外に出て活動をするということは自分の国をしょってるんだという自覚を持って欲しいです。そういう観点から見るとこの作品の評価は下がってしまいます。
たかちゃんさん [DVD(吹替)] 6点(2005-06-24 12:37:24)
24.これ字幕なしで見た最初の映画なのですが、すごくわかりやすかった。話がストレートだからかな?実話を元にしてるからか、最後やっぱり実話通りだったので哀しかった。
さらさん 6点(2005-03-25 11:55:42)
23.《ネタバレ》 かつて、ダイアン・フォッシーのドキュメンタリー番組を観た時に非常に衝撃を受けておりましたもんで、彼女の生涯を映画化するらしい、という話を聞いた時にはむしろ、「ああ、ハリウッドはすぐこういうショッキングな話に飛びつくよなあ。しかも、強い女性を演じさせるにゃ、やっぱシガニー・ウィーバーってか?安直じゃないの?」と、ちょっと引き気味だったのですが。しかしその後雑誌で得た情報よると、映画化の企画は彼女の生前に遡り、製作者が契約のためにアフリカに向かい、いよいよ会おうというまさにその直前、彼女が殺害されてしまったんだとか。う~ん。こんな話を聞くと、実に弱い。タマリマセン。キャストにヒネリがなくったって、いいや。手のひら返して「さすがシガニー!」なんて言っちゃうよ、もう。リック・ベイカーの着ぐるみゴリラもホントよく出来てて、いい仕事してるんですが、やっぱり本物のゴリラとの命懸けの撮影があってこそ。頭が下がります。ま、何だかストレートな映画で、もう少しヒネリがあってもよいのでは、という気もしないではないですが、こういう実在の人物の活動や訴えを形にして残す、というのも映画の役割のひとつなのかなあ、と(だから本作においては解決は示されません)。ところで、映画音楽もえらくストレートですね。モーリス・ジャールだからしょうがないって?でもこれで、ゴールデン・グローブ賞受賞、アカデミー賞ノミネート。こんなんでいいのか!? もー私にはわかりませーん(笑)。
鱗歌さん 7点(2004-05-08 23:32:51)
22.《ネタバレ》 多くの皆さんが指摘されているように、救いの無いラストです。ドキュメンタリーをベースとしてつくられており、シガニー・ウィーバーのリアルな演技は見ものです。
伊達邦彦さん 6点(2004-02-23 16:26:30)
21.最初ゴリラ!と思ったがとても感動した。
最後は辛いです。(ビデオ)
zero828さん 7点(2004-02-23 01:34:21)
20.《ネタバレ》 哀しい結末。その最期では救いはない。
mhiroさん 6点(2003-12-04 14:27:50)
19.ヒロインの壮絶な生き方には胸を打たれる。演出・演技のレベルも高い。それは間違いない。しかし、人として非難されるのを承知で本音を述べる・・・たかが動物のことになんでそんなに必死なの? 人間社会には山ほど問題がある。自分のケツを拭けない人間がゴリラを守る。そういった中途半端な動物愛護が生態系を乱してしまうのでは? クジラの異常繁殖を見るにつけ、人間はもっと人間にこそ目を向けるべきと思わざるを得ない。
恭人さん 5点(2003-11-21 06:48:40)
18.ゴリさんかわえ~。ただ動物愛護映画ってどうしてもこういう展開になっちゃうけどね。
ひろほりともさん 4点(2003-11-18 10:29:19)
17.何を言いたいのか不明。邦題不明。ブライアンブラウンの役柄も不明。実話だから仕方ないが結末も嫌い。
かまるひさん 3点(2003-11-11 16:39:44)
16.ゴリラの赤ん坊がちょっとあざといなぁ、、、。
あろえりーなさん 5点(2003-11-05 22:24:31)
15.自然の中に入って動物保護をしようとする女性のイメージというのはどうしてもこの映画のような描き方になってしまうのでしょうね。実話をもとにしているというのは、ある人にとっては結果を知っているだけに、どういう描写を重点にするかというのは作品の評価に大きく影響しますね。「交流」、「愛情」、「密猟」、「悲劇」というのは、やはりポイントになるのでしょうか。佳作だと思います。
オオカミさん 7点(2003-08-05 17:52:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 34人
平均点数 6.94点
000.00%
100.00%
200.00%
312.94%
412.94%
5411.76%
6926.47%
7514.71%
8720.59%
9617.65%
1012.94%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review3人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 7.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1988年 61回
主演女優賞シガニー・ウィーバー候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)モーリス・ジャール候補(ノミネート) 
音響賞ピーター・ハンドフォード候補(ノミネート) 
音響賞アンディ・ネルソン[録音]候補(ノミネート) 
脚色賞アンナ・ハミルトン・フェラン候補(ノミネート) 
編集賞スチュアート・ベアード候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1988年 46回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ドラマ部門)シガニー・ウィーバー受賞 
作曲賞モーリス・ジャール受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS