怖がる人々のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 怖がる人々
 > (レビュー・クチコミ)

怖がる人々

[コワガルヒトビト]
1994年【日】 上映時間:117分
平均点:6.00 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(1994-04-23)
ファンタジーオムニバス小説の映画化
新規登録(2004-03-05)【のはら】さん
タイトル情報更新(2019-06-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督和田誠
キャスト真田広之(男優)「箱の中」・・・・・男
原田美枝子(女優)「箱の中」・・・・・女
佐野史郎(男優)「箱の中」・・・・・もう一人の男
熊谷真実(女優)「吉備津の釜」・・・悦子
杉本哲太(男優)「吉備津の釜」・・・元
清水ミチコ(女優)「吉備津の釜」・・・初江
大村波彦(男優)「吉備津の釜」・・・水夫
大河内浩(男優)「吉備津の釜」・・・電話ボックスの男
島田歌穂(女優)「吉備津の釜」・・・電話ボックスの女
筒井康隆(男優)「吉備津の釜」・・・会社の男
奥村公延(男優)「吉備津の釜」・・・悦子の父
でんでん(男優)「吉備津の釜」・・・会社の男
平田満(男優)「吉備津の釜」・・・出張の男
佐々木すみ江(女優)「吉備津の釜」・・・水上バスの女性
麿赤児(男優)「吉備津の釜」・・・河原の男
高品格(男優)「吉備津の釜」・・・造酒屋の主人
内田朝雄(男優)「吉備津の釜」・・・老僧
フランキー堺(男優)「吉備津の釜」・・・水上バスの男/釜のおじさん
斉藤晴彦(男優)「乗越駅の刑罰」・・入江又造
萩原流行(男優)「乗越駅の刑罰」・・駅員
杉山とく子(女優)「乗越駅の刑罰」・・母親
浅香光代(女優)「乗越駅の刑罰」・・通りがかりの女性
渡辺哲(男優)「乗越駅の刑罰」・・猫
小林薫(男優)「火焔つづじ」・・・重助
黒木瞳(女優)「火焔つづじ」・・・すみ
三谷昇(男優)「火焔つづじ」・・・番頭
石黒賢(男優)「五郎八空港」・・・佐々木
嶋田久作(男優)「五郎八空港」・・・旗山
桜金造(男優)「五郎八空港」・・・農夫
レオナルド熊(男優)「五郎八空港」・・・農夫
山谷初男(男優)「五郎八空港」・・・漁師甚平
不破万作(男優)「五郎八空港」・・・トラック運転手
すまけい(男優)「五郎八空港」・・・編集長
唐沢寿明(男優)「五郎八空港」・・・TVレポーター
渡辺えり子(女優)「五郎八空港」・・・米
名古屋章「箱の中」・・・・・警備員の声
北山雅康「箱の中」・・・・・警備員の声
原作筒井康隆「乗越駅の刑罰」「五郎八空港」
椎名誠「箱の中」
脚本和田誠
音楽佐藤允彦
撮影前田米造
沖村志宏(撮影助手)
製作松竹
プロデューサー中川滋弘
配給松竹
特撮白組
山崎貴(テクニカル・ディレクター)
渋谷紀世子(デジタル・マット)
美術中村州志
福澤勝広(美術助手)
録音橋本文雄
松本昇和(録音助手)
照明熊谷秀夫
中須岳士(照明助手)
松岡泰彦(照明助手)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.まず「箱の中」。なんかつい撮影状況を想像するほうで楽しんでしまうところがあって、映画として楽しめたかは微妙。警備員の声は届くが、こっちの声は聞こえてない、という状況。「吉備津の釜」。記憶が立ち上がってくる気配がいい。オチがついてかえってつまらなくなってしまう例。「乗越駅の刑罰」。斉藤晴彦はミスキャストだったが、萩原流行は意外と気にならなかった。花王おさむがいい。不当な非難じゃないんだよね。こっちにもちょっと疚しさがあって、これがあると身に沁みる度合いが深まる。たとえば『激突!』がそうだったように。身内までも糾弾に加わってくる。杉山とく子もいい。「火焔つつじ」。ここでは脅かすものが登場しない。女の嫉妬なんだけど。なかなか開かない雨戸の外にある。二人のときに長回しって効果があるみたい。「五郎八航空」。最後は笑いで締める。理解しがたい状況もの。じっくり怖がらせてくれる一本の映画の方が好きだけど、いろんな「怖い」のパターンがある、という索引の面白さを見せるオムニバスだった。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 6点(2010-12-27 14:46:46)
5.《ネタバレ》 基本的にオムニバス映画が好きなので、十分楽しめた。
どれもそれなりに面白かったが、個人的に一番楽しめたのは「乗越駅の刑罰」。
萩原流行が演じた駅員の、理屈と暴力の波状攻撃に、観ている私も圧倒された。
異常なほどの頭の回転の速さで、金持ち客を徐々に追い込んでいく様がとっても面白い。

黒木瞳の「火焔つづじ」もなかなか魅力的だった。
あんな色っぽい女性と偶然鉢合わせ、しかも旅館に泊まることになったら・・・と考えると、ワクワクもするが、結局、下心がバレて妙な罪悪感に囚われる。
なんだか、見に覚えがある(かも)しれない話のような気がして、どうも居心地が悪かった(苦笑)。

エレベーターが故障してとまり、密室の中で繰り広げられるサスペンスという、使い古された設定ながら、真田広之の「箱の中」も楽しかったなぁ。
狭いエレベーターの中で、少し頭がいってる感じの、あんな女性と二人きりになったら、間違いなく発狂しそう。
だけど、カバンの中身が子供のバラバラ死体というのは、やりすぎかな。
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 7点(2010-10-25 23:39:13)
4.オムニバスなので、人によってそれぞれのの点数が違うことを前提に平均で7点かな。個人的に秀逸なのは皆さんのおっしゃる通り「火焔つつじ」ともうひとつ「吉備津の釜」。とくに「吉備津の釜」は落語の怪談話と都市伝説の要素をうまくミックスされた3重構造。手塚治虫の短編にあるような趣があり、実によくできている。
やしきさん [地上波(邦画)] 7点(2010-06-28 14:49:43)
3.出演陣が豪華だけど、どれも特別面白いというほどではないですねぇ。これなら似たようなタイプのTV特番の方が楽します。
MARK25さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2006-08-24 20:31:07)
2.映画化するほどのもんじゃないけど。俺もやっぱり「火焔つつじ」が印象的だったな。黒木瞳はいいね。「乗越駅の刑罰」は、原作が強烈なだけに、あれぐらいかと。
マックロウさん 5点(2004-06-09 14:27:57)
1.《ネタバレ》 全五話のオムニバス形式で、日常からカーテン一枚ほどの距離にある不思議世界のなかで「怖がる人々」を映す物語です。その辺にありそうなちょっとぞっとする話、勘弁して欲しい話、妖しい感じの話、和製ファンタジーといろいろ取り揃えてあります。でも、監督和田誠が描くイラストのように、どの話にもどこかほのぼの感が漂っています。一番の好みを挙げるなら、「火焔つつじ」でしょうか。咲き誇る花の裏側にある人の情念。静かな溜息を漏らしました。
のはらさん 7点(2004-03-05 18:43:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4116.67%
5116.67%
6116.67%
7350.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS