近頃なぜかチャールストンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > 近頃なぜかチャールストン
 > (レビュー・クチコミ)

近頃なぜかチャールストン

[チカゴロナゼカチャールストン]
1981年【日】 上映時間:117分
平均点:7.12 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
ドラマコメディモノクロ映画
新規登録(2004-03-14)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2018-01-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督岡本喜八
助監督利重剛
山下賢章
キャスト利重剛(男優)小此木次郎
古館ゆき(女優)タミ子
財津一郎(男優)大作刑事
本田博太郎(男優)中町刑事(ドジ)
長谷川弘(男優)商店街のおやじ
寺田農(男優)殺し屋・飯室
山崎義治(男優)小此木一郎
小畠絹子(女優)小此木政子
堺左千夫(男優)逓信大臣
殿山泰司(男優)文部大臣
今福将雄(男優)外務大臣
滝田裕介(男優)警察署長
速水典子(女優)婦人警官
伊佐山ひろ子(女優)パブのママ
光石研(男優)襲われる男
岸田森(男優)内閣書記官長
田中邦衛(男優)陸軍大臣
千石規子(女優)大蔵大臣
小沢栄太郎(男優)総理大臣
平田昭彦(男優)寺屋市会議員
藤木悠(男優)小此木宗親
中村たつ(女優)大作の妻 トク
脚本岡本喜八
利重剛
音楽佐藤勝
撮影加藤雄大
製作岡本喜八
佐々木史朗〔製作・1939年生〕
ATG
企画多賀祥介
配給ATG
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.設定からしてもっと面白くなると期待したんだけどなあ・・・老人たちが、ただ単に各自適当に行動しているだけで、それを支える頭の良さなり年季や経験とか、そうでなければ運の良さや都合の良さとか、そういうものが感じられないのです。よって、いくら不条理な展開が繰り広げられても、それって単に制作側が敷いたレールの上を走っているだけでは?という感が拭えないのです。こういう作品では、ありえない設定を「もしかしたらどこかにあるかも?」と思わせるほどの細かい作り込みが必要なんですけどね。
Oliasさん [DVD(邦画)] 4点(2016-08-12 00:14:04)
7.岡本喜八作品の中でも最も好きな作品です。ストーリーも面白いのですし、豪華キャストも熱演で素晴らしいのですが、何より岡本喜八らしい独特なセリフの間合い、テンポが最も前面に押し出されている作品のように思います。最高のコメディ映画に仕上がっています。
hayakawadotcomさん [CS・衛星(邦画)] 9点(2013-02-02 02:14:22)
6.ATGの低予算ながら豪華なベテラン俳優陣で、しかも滅茶苦茶面白い作品です。千石規子・小沢栄太郎もそうですが、田中邦衛の陸軍大臣が面白かった。
設定から高度成長を迎えつつある世相に、「右」を意識しているのでしょうか、だからこそ役者もその時代のベテラン役者を起用たのか。ただ、作風がとにかく肩の力が抜いていて、それが逆に物悲しいような気持ちになった。
サーファローザさん [DVD(邦画)] 8点(2010-04-07 17:04:18)
5.1981年なのに白黒スタンダードサイズには驚いた。さらに、ドリフのコント並みのドタバタコメディ。その上、設定やストーリーが、そりゃないでしょうと思わず突っ込みたくなるほど荒唐無稽でメチャクチャ。でも、芸達者な役者がオーバーアクションを真面目に演じて、ストーリーのテンポも良くて、メチャクチャでも違和感なく一気に見られる良質の娯楽映画に仕上げられている。有り得ない設定、行動なのに何故か説得力があったり、登場人物に妙に思い入れしてしまうのは、脚本の練りこみ、監督の力量、役者の個性の成せる技。敢えて白黒スタンダードにした意味は分からないけど、カラー、ワイドでなくても充分に面白い映画であることは確か。物語が一気に収束に向かうところの畳み掛けや、ラストの複雑な余韻も岡本監督らしさが充分味わえる。
nobo7さん [DVD(邦画)] 7点(2009-08-03 02:04:48)
4.日本に嫌気がさし日本から独立した国家を成立させたとぼけた老人や中年たち、金持ちの息子の婦女暴行未遂の非行少年、まぬけな刑事と定年前の刑事のコンビ、無能な殺し屋などなど・・・能天気なキャラクター達が繰り広げる、シリアス一切抜き、ハラハラドキドキも全然しないすっとぼけサスペンス・コメディ。
確かに風刺も利いてるけど、もうそんなことどうでもいいくらいバカバカしくて面白い。
そこ緊迫した場面でしょ!ってとこでおちゃらけたBGMを流してるもんだから腰砕けです。田中邦衛カッコいいっ。本田博太郎おもしろすぎるっ。そんでもって、利重さんのデビュー作でもあるんですね。
すべからさん [DVD(邦画)] 8点(2009-07-08 14:25:39)
3.これは何て言うべきか?話としては少々、難しくて解らないところがあって、ところが、これがだからってつまらなくはないし、なかなか面白いから不思議である。岡本喜八監督作品に漂うテンポの良さ、はじける笑い、既にお二人が書かれているようにヤマタイコクの老人たちが何とも惚けていて面白い。
青観さん [ビデオ(邦画)] 7点(2009-07-05 18:01:30)
2.よく分からない映画ではあるものの、見た後つまんなかったなあとは思えず、逆に面白かったと感じられる不思議な映画。「ヤマタイコク」の老人たちが皆個性的で面白い。財津一郎と本田博太郎も妙に可笑しかったなあ。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2005-08-17 23:08:46)
1.ホントは「肉弾」が観たかったのだけれど、どこのビデオ屋にも置いてないので代わりに観たのですが、良かったです(実はタイトルは以前から知っていたのだけれど、タイトルが何だか「なんとなく、クリスタル」みたいだし、パッケージにある粗筋を読んでもどんな話だかさっぱり理解できなかったので、長らく敬遠しておったのです)。岡本喜八監督の作品はいつもバイタリティーに溢れていて、話におかしい所があったり役者の演技に難があったりしても観る者を強引にグイグイと惹き付けてしまうようなところがある。この作品も変テコな話ではあるけれども、「ヤマタイ国」の官僚達のとぼけた感じに魅了されてしまいました。
ぐるぐるさん 7点(2004-03-19 16:28:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 7.12点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4112.50%
500.00%
600.00%
7450.00%
8225.00%
9112.50%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS