オーシャン・オブ・ファイヤーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > オーシャン・オブ・ファイヤー
 > (レビュー・クチコミ)

オーシャン・オブ・ファイヤー

[オーシャンオブファイヤー]
Hidalgo
2004年【米】 上映時間:137分
平均点:6.08 / 10(Review 62人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-04-17)
アクションドラマアドベンチャーウエスタン実話もの
新規登録(2004-03-17)【c r a z yガール★】さん
タイトル情報更新(2020-10-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョー・ジョンストン
助監督アレクサンダー・ウィット(第二班監督)
演出パット・ロマノ(スタント・コーディネーター)
キャストヴィゴ・モーテンセン(男優)フランク・ホプキンス
オマー・シャリフ(男優)シーク・リヤド
サイード・タグマウイ(男優)ビン・アル・リーン王子
J・K・シモンズ(男優)バッファロー・ビル・コーディ
エリザベス・ベリッジ(女優)アニー・オークリー
C・トーマス・ハウエル(男優)プレストン・ウェブ
ジェリー・ハーディン(男優)ネイト・サリスベリー
クリス・オーウェン(男優)ファースト・ソルジャー
マルコム・マクドウェル(男優)ダヴェンポート少佐(ノンクレジット)
山路和弘フランク・ホプキンス(日本語吹き替え版)
滝田裕介シーク・リヤド(日本語吹き替え版)
天田益男アジズ(日本語吹き替え版)
菅生隆之バッファロー・ビル・コーディ(日本語吹き替え版)
小森創介(日本語吹き替え版)
坪井木の実レディ・アン・ダヴェンポート (日本語吹き替え版)
成田剣(日本語吹き替え版)
牛山茂(日本語吹き替え版)
村松康雄ダヴェンポート少佐(日本語吹き替え版)
日野聡(日本語吹き替え版)
脚本ジョン・フスコ
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
編曲ピート・アンソニー
ブラッド・デクター
ジョン・キュール
撮影シェリー・ジョンソン(撮影)
製作総指揮ドン・ゼプフェル
配給ブエナビスタ
特殊メイクトッド・マスターズ
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
美術バリー・ロビソン(プロダクション・デザイン)
衣装ジェフリー・カーランド
編集ロバート・ダルヴァ
スタントコール・マッケイ
その他ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
スペイン人がアラビア半島からアメリカ大陸に持ち込んで野生化した馬種マスタンクは気性が荒いが、一旦騎手を信頼すれば一流の競走馬となる。カーボーイのホプキンスとヒダルゴ(貴族)という名のまだらのマスタンクは全米のレースを制覇するが、ある日アラブの富豪にシリアで行われる長距離レースに誘われる。ホプキンス、アラブの土豪やイギリス貴族の面子を背負った荒くれ男たち、そしてヒダルゴとその兄弟馬たちは「炎の海」と呼ばれる砂漠地帯の過酷なレースに臨むことになる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
62.《ネタバレ》  冗長で退屈。とにかく長い。起伏がなく、ダラダラとしたイメージ。
 『馬の大陸横断レース』みたいな趣きなんだけど、みんな馬に乗ってただ歩いているだけなので、レースならではの疾走感や緊張感みたいなものは感じられないです。位置関係だって見ているほうは全然わからないし、いま主人公が先行しているのかどうかさえよくわかりません。
 と、ゆーことで、どちらかといえば『レース』はあくまで舞台装置であり、メインは『人間ドラマ』なのかもしれません。じゃあそのドラマはどーかというと、微妙。登場人物は自分勝手な人ばかり。悪人も多く、辟易します。富豪の人は主人公のアソコを濡れ衣で切り落とそうとする暴君なのに、主人公と友情が芽生えたみたいな強引な展開についていけません。その主人公にもっと魅力があれば良いのですが、いまいち足りないんですよね。
 また、レースの最中にレースと関係ないイベントがいろいろ起きちゃうのも、プロットに一貫性がなくて苦手。話があっちこっちに飛んでいくので、主題がはっきりせず、満足感を得られないのかもしれません。どちらにせよ、つまらない映画です。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2017-10-30 03:31:27)
61.《ネタバレ》 お馬さん いとおしぃ… 苦楽をホント共にした相棒を野生馬の群れに返す時の素晴らしい表情 そして雄大な大地  若干なかだるみ+蛇足的な部分もありましたが、それを上回る美しい光景 大地の厳しさ そして 駆け抜ける「風」を感じさせる力強い映像 美しく躍動的な馬達   この爽快な気持ちを ぜひ共感して頂きたい  そんなことを今想ってイマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 8点(2011-09-06 23:49:39)
60.まるでどういう映画か知らずに観たのですが---というより、例の(ちょっとチープな)砂嵐のシーンからの連想で、ハムラプトラみたいな映画かと思ってたら、実在した人物の物語ということでアララと思いつつ観てたのですが---いや参りました、シビレました。これは監督さんの名前をチェックしておかなければ、とエンドクレジットを凝視していたら・・・何と“ジョー・ジョンストン”、これにはのけぞりました、ハイ。まず、アメリカのカウボーイがアラビアの砂漠横断レースに挑む!、ってのが、もうこれだけでワクワクしますね。疾走する馬に並走する低めのカメラは、背景の空と大地をもしっかりと捉え、気分はノリノリ。途中、妙な陰謀劇なども絡んでくるあたりはサービスし過ぎ?かも知れませんが、この辺りは御愛嬌。映画の最初の方で描かれる先住民への弾圧、これは主人公がこのレースに参加するキッカケでもあるのだけど、それだけじゃなく、「そういったアメリカの歴史、一切合財を背負って、アメリカ代表として走ってるねん」みたいな感じがあって(合理主義と神秘主義の重なり合い)、なんかイイなあ、と。で、ラストのデッドヒートは、ちゃんと映画冒頭シーンへと回帰していくあたりも心憎い。この作品、観て本当によかったと思いました。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2011-04-11 23:01:34)(良:1票)
59.あっちこっちで主題がぶれていて、何を表現したい作品なのか最後までよく分かりませんでした。レース開始までの出来事と本体のレースとがどう関わるのかも分かりません。主人公がこのレースに何でそこまで執念を燃やすのかも不明確です。馬と砂漠の風景によりかかってしまって、その他の描写がなおざりになってしまったという感じです。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-07-19 13:53:21)(良:1票)
58.いや~期待してなかったので、なかなか面白かったです..ハリウッド的な演出がなく、ノンフィクションにありがちな重々しさもなく、軽過ぎず、娯楽的要素も程良くあって..堪能出来ました...
コナンが一番さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-07-17 12:43:28)
57.《ネタバレ》 とてもスケールの大きい作品だとは思うんですが、中身はちょっと物足りない感じがしました。
すでに何人かの方が指摘していますが、今作の目玉とも言えるレースまでが長いです。
レースは盛り上がるんですが、レース前はほとんど盛り上がるシーンはないので、何かひとつ大きな見せ場がほしかったです。
ただ、風景はとても綺麗ですので、それだけでも観る価値はあるかと思います。
抹茶御膳さん [DVD(字幕)] 5点(2009-01-14 16:34:50)
56.《ネタバレ》 学校の代休に行って、映画館に私と友達含めて4人しかいなかったのを覚えています。でも、そのため映画にじっくり浸れました。じつはもっと冒険活劇ってのを期待してたんですが、意外とそうではなかったので少し残念でした。でも、これはそういう不純(?)な動機で見ちゃいかんなあ。少し満たされない気分で見てましたが、最後のシーンを見て、見てよかったなあと思いました。
CEDFさん [映画館(字幕)] 6点(2008-02-08 21:17:44)
55.みなさん、点数が辛めですが、私は馬などの動物俳優が登場すると点が甘くなってしまいます。昨日DVDで鑑賞したのですが、劇場で鑑賞した時の爽快感は忘れられません。今回、エンドロールの手前の後日談の記述のところでDVDを止めて英語読みの「マスタンク(『ムスタンク』という名前の車がありますが・・)」とは何かということもしっかり調べました。主人公(人間のほうの)のホプキンスが60歳を過ぎてレースから引退した後、オレゴン州を中心に生息しているマスタンクの保護を訴える環境保護運動家になったということも書かれていました。映画作品として何よりもありがたいのは何も考えなくても見られること・・・最後がどうなるかも見なくてもわかっているようなものだけれど、見ずにはいられないのです。それから途中でホプキンスを助けるアラブの女の子も顔を全部出したらあまり美人じゃなくて、清純な雰囲気だったのがよかったです。
かわまりさん [映画館(字幕)] 8点(2007-11-01 09:39:59)
54.《ネタバレ》 雄大な自然。疾走するお馬さんたち。砂嵐に蝗の大群。見所はそこそこある。が、長く感じ退屈であったのは確か。いろいろな出来事を詰め込みすぎているのが要因のひとつだろうか。個人的には終始、馬のレースだけに的を絞れば素晴らしい作品になったのではないかと悔やまれる。しかしながらレース後からエンドロールが流れるまでの映像美は心を奪われた。でも4点くらいかな。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-03-17 02:25:24)(良:1票)
53.《ネタバレ》 レースが始まるまでが長い!そして中途半端なアクションシーン。上映時間も長い。でもアクションシーンで黒人(ジョシュだっけ?)がカッコよかったなぁ。
ラストも綺麗だった~。一長一短な映画。まぁ悪くは無かった。長かったが。
湘爆特攻隊長さん [DVD(字幕)] 6点(2006-05-05 16:48:41)
52.《ネタバレ》 最初30分でダンス・ウィズ・ウルブスふうの史実ドラマなのかなーと思った。 
俺が見出したテーマは「解放」…コレ! 
自由の象徴ムスタング(野生馬)原題にもなってる「ヒダルゴ」って馬。 
白人の仮面で自らの素性をひた隠す孤高のカウボーイ「フランク」が主人公。 
この2人(あえて人)の友情が軸になって物語は進む。 
が、フランクは冒頭でスー族の虐殺を眼にし自暴自棄の毎日を過ごす事に。 
この時点で俺のハートをガッチリと鷲掴み。 
あしたのジョーに始まる精神的に落ちぶれた男の空気感が堪らない。 
そしてヒダルゴと共に地獄の熱砂レース通称「オーシャン・オブ・ファイヤー」に。 
アラビアに上陸してすぐ黒人奴隷の進行に彼らは出遭う。 
手足を拘束され自由を奪われた彼らの姿がフランクにスー族を思わせるのか? 
そして灼熱のレースの中、色んな物語が交差する。 
物語最後に民族的な垣根を解放しフランクと分かり合う「王」 
自由を求め自らを解放しようとする「王の娘」 
欲望を解放し手段を選ばない「英国婦人」 
さまざまな困難を乗り越えてゴール直前に2人は挫折する。 
英国婦人の卑劣な罠で手負いとなったヒダルゴ…そして疲労困憊のフランク。 
傷つき倒れ…動けないヒダルゴに銃を向けて最後を覚悟した。 
その時…強敵である純血なアラビア馬に乗った王族がフランクに言う。 
「お前が負けるのは神のさだめた運命だ」と。 
失意のフランク。 
…が、立ち上がるヒダルゴ。 
物言わない馬ヒダルゴ…いや、解ってる!お前は確かにこう言っていた。 
「あ?誰が動けないって?…寝てただけだぜ…オメーらが遅いからさ…?」 
俺様ちゃん、このシーンで侠泣き! 
対峙する2馬を尻眼に英国婦人の馬が追い抜いてゆく。 
己のプライドを賭けたレースの第3幕(根拠なし)は切って落とされた! 
3馬の疾走は手に汗握る!鼻血を噴出しながらも疾走するヒダルゴ! 
マジで涙が止まら無ェ!止める気も無ェ! 
レース結果は当然アレだが、順位よりも感動したシーンの応酬!感動の嵐!感動の洪水!感動の隕石!そうだ、フランクは魂を解放した! 
ゴールの先にある自由の象徴、海。 
そこへ走り抜けていく!アラブ人も黒人も白人も… 
全てを開放しオーシャンに自由の凱歌を掲げる! 
そして感動のラスト。本物の解放を得る、本物の友情の名の下に!
映画の奴隷さん [DVD(字幕)] 8点(2005-10-30 11:57:11)(良:1票)
51.《ネタバレ》 本人が言うには、例のアノ映画のメガヒットおかげで、この映画の主役にオーディションなしで抜擢されたヴィゴ・モーテンセン。ただ、どー見てもヴィゴ・モーテンセンの顔が悪役顔で、脇役が主役になってしまった場違い感が映画そのものまで暗いものに。一言で言うと、大作映画としては、あまりにも地味。4点にしようと思ったが、ラストシーンの光景が鳥肌立つほど美しかったので、+1点
永遠さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2005-10-20 04:04:39)
50.よくある冒険モノかと思ってたら,お馬さんレースの話だったんですね.内容的には5点なんですが,「マスタング」という車名の由来が判ったのと,時々振り返るお馬さんの目が可愛かったので+1点.
マー君さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-10-10 15:18:08)
49.期待してたものと余りに違う上に詰まらない。ただの馬映画
amさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2005-09-29 21:52:19)(良:1票)
48.馬!なんでそんなに演技うまいの!?
エムラ兄妹さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-09-10 22:15:28)
47.レースが始まるまでが長かった。ずっとダラダラした展開で物語に入り込めることなく終わってしまった感じです。砂漠の映像は綺麗でした。
ギニューさん [ビデオ(字幕)] 4点(2005-07-24 21:09:51)(良:1票)
46.ヴィゴ・モーテンセンが最高に「ロード・オブ・ザ・リング」で、
王の帰還のアラゴルンとして人気&知名度があった去年。
その予告を見ていたのでこの砂漠のレースは面白いと期待していました。
が・・レースしろよっ!!
馬が走り砂塵が舞うシーンは見せ場ですが、そこだけ・・
そこ以外はもう人間ドラマばかりでたいくつでした。
人間ドラマも嫌いではないのですが、あの予告を見ると期待してしまう。
後半の助けた男に助けられるお決まりでも情のあるエピソード、
それとびっくりしたのが、オマー・シャリフが出ていたこと。
これくらいですね。 オマー・シャリフは、「アラビアのロレンス」で、
アリ役をやっていました。まさかこんなところ?で遭遇するとは・・
役が逆転して(苦笑)王子役で風格がありました。
ああ・・アラビアのロレンスなんて見てしまうと、
もうこのての冒険モノは見れないですね。
いやいや、いくら本当にあった話でも、砂漠がきれいじゃないです。
現地で撮ったとスタッフが言っても、なんかやはり現代的です。
そして仕方ないかな、アラブ人も現代的に見えてしまう。
時代考証は古いのに・・
ならばもうちょっとわくわくする映像を撮ってほしかったです。

アルメイダさん [DVD(字幕)] 4点(2005-04-03 00:21:46)
45.へぇ~、レースの話しだったんだぁ~。何も知らずに見たから何も知らずに。でもこれも実話っていうじゃない。シービスケットだって実話で1位とる馬の話し。そしてこれも。結構良い事って現実で起こってるらしいね。
000さん 5点(2005-03-27 12:08:47)
44.レンタルDVDにて鑑賞。ホントの邦題が酷いですね。実際に映画の中身を観て決定したのか?
馬と人間の関係は良く描けていたと思う。でも感動したか何回も観たいかというと・・・。あ、チャンバラはしっかりしてたな・・・、関係ないか?
いわぞーさん 5点(2005-03-21 20:38:32)
43.《ネタバレ》 納得いかない部分があるには間違いないが、馬のレース自体は非常に面白かった。スピード感も十分。長旅で大変だというのも良くわかった。変に姫様を救出に向かったりする部分はいらないと思ったが、実話を元にしてる映画に「いる」とか「いらない」とかと言うのは筋違いなのかもしれないとも思った。本当にあんなヒーローっぷりを披露していたんならすごい。
アンソニーさん 7点(2005-03-20 01:34:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 62人
平均点数 6.08点
000.00%
111.61%
200.00%
334.84%
4711.29%
51320.97%
61320.97%
7914.52%
81219.35%
934.84%
1011.61%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.83点 Review12人
2 ストーリー評価 5.83点 Review12人
3 鑑賞後の後味 7.28点 Review14人
4 音楽評価 5.09点 Review11人
5 感泣評価 4.63点 Review11人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS