巨人の星(1969)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 巨人の星(1969)
 > (レビュー・クチコミ)

巨人の星(1969)

[キョジンノホシ]
1969年【日】 上映時間:88分
平均点:6.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アニメシリーズものスポーツものスポコンもの青春ものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2004-03-19)【バカ王子】さん
タイトル情報更新(2021-06-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督長浜忠夫(演出)
古谷徹星飛雄馬
加藤精三星一徹
白石冬美星明子
井上真樹夫花形満
八奈見乗児伴宙太
野沢雅子
肝付兼太
塩見竜介伴大造
原作梶原一騎
川崎のぼる
脚本辻真先
音楽渡辺岳夫
撮影清水達正
東京アニメーションフィルム
製作東京ムービー
配給東宝
作画楠部大吉郎(作画監督)
編集井上和夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 BS再放送で見た時には青雲高校面接で飛雄馬が「父ちゃんは日本一の日雇い人夫です!」と伴大造に叫ぶ場面の「日雇い人夫」部分が「ピー」と消されていた。差別用語だったのか…なぁ??しかもコレがその場面のキーワードなもんだから「ピー」連発で何のこっちゃ意味不明。基本的には劇場版はエピ削除多過ぎなんで大いに不満。悪いけど5点。原作は文句ナシに10点満点なんだけどねぇ。
へちょちょさん 5点(2004-03-22 00:14:10)
1.巨人の星は初回と最終話しか見たことないのでけっこう楽しく観れた。ストーリーは飛雄馬出生から甲子園出場までのダイジェストだと思う。登場人物の考え方とか行動とか、爆笑もの。一番おもしろいのはやっぱ一徹さん。ラストの勝利のVサインシーンなんかかなり爆笑。花形くんもおそらく小学生にして監督したり、車運転してたりとほんと凄い作品。
バカ王子さん 7点(2004-03-20 18:04:21)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS