ベティ・ブルー/愛と激情の日々のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ベティ・ブルー/愛と激情の日々
 > (レビュー・クチコミ)

ベティ・ブルー/愛と激情の日々

[ベティブルーアイトゲキジョウノヒビ]
37.2 Degrees in the Morning/Betty Blue
(37°2 Le Matin)
1986年【仏】 上映時間:121分
平均点:7.26 / 10(Review 72人) (点数分布表示)
公開開始日(1987-12-12)
ドラマラブストーリーロマンス小説の映画化エロティック
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-09-17)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャン=ジャック・ベネックス
キャストジャン=ユーグ・アングラード(男優)ゾルグ
ベアトリス・ダル(女優)ベティ
ジェラール・ダルモン(男優)エディ
ヴァンサン・ランドン(男優)リシャール警官
脚本ジャン=ジャック・ベネックス
音楽ガブリエル・ヤレド
製作ジャン=ジャック・ベネックス
クローディー・オサール
配給20世紀フォックス
字幕翻訳古田由紀子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
72.ベティはどう考えても頭がおかしいんだけど、エロ過ぎて嫌いになれない。
こんな女を好きになっちゃいけないって、僕の中のゴーストが囁くんだけど、エロには逆らえない。
終盤の展開も予想通りではあったけど、ラストシーンになんとも言えない安らぎのようなものを感じてしまった。
それが正解なのかよくわからないけど、後味は悪くなかったです。
あと、コーヒーカップが斬新過ぎて面白かった。
もとやさん [DVD(字幕)] 7点(2016-11-30 15:38:51)
71.《ネタバレ》 ほんとベティは激しい。感情的で短絡的で粗暴で、家に火つけちゃうし(苦笑) そんな激しい女に振り回される男はどうしてそこまで、と思ったり。あとはやたらと裸でうろつくけどこれってお国柄? 悲しい終わり方も含め、とってもおフランスらしい映画でゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-08-06 08:26:20)
70.《ネタバレ》 このドラマは部屋の入り口に取り残されているベティのバッグ二つを黙って持ちあげ迎え入れる静のゾルグと その行為を確認しながら満面の笑みを浮かべて微笑むベティ その対比 そこから全てが始まる。
そしてそのベティによって破壊され ほぼ空虚となった部屋にベティが一瞬微笑みながら火をつけた瞬間から(また新たな始まりとして )そこから再び新たなドラマが始まるコトとなる。
一度目にしただけでは物足りなく 二度目見ました そして三度目見ました。
当然、三度見たとなると見逃したシーンなどたぶんありません。
だから発作的に起こるベティの危険な行動が全て想定内で行われることについて すごく安堵の想いで見れるコトが自分にとっての収穫(笑) 

例えばそんなベティのオイタの数々、
★家主の車にペンキぶっかけ(器物破損)
★家主を二階から突き落としてしまう(殺人未遂)
★二階の窓から什器投げ捨て(迷惑危険行為)
★建物放火(放火罪)
★ゾルグ拉致誘拐&逃亡(誘拐罪ww&逃亡罪ww)
★レストランで客と口論、腕にフォークぶっ刺し(傷害罪)
★編集者宅押し掛け暴行(傷害罪)
★ガラス戸に正拳突き(器物破損&自虐罪)

これら全てを訴えられてたなら前科何犯になるんだろ(笑) いろいろおかしい そしてそんなベティが愛しい 
だけどそこに全てのフォローにまわるゾルグがいると知っているからこそ安心して見ていられる(笑) 
それでこそ男と女であってプラスとマイナスであって 凸と凹の関係とでも言おうか・・・。 
最後悲しいところには目を瞑って見逃す。
そして、言い忘れては絶対に後悔してしまうことになってしまうだろう 音楽がとことん素敵!!
3737さん [CS・衛星(字幕)] 10点(2015-05-11 21:20:42)
69.そうそうこれなぁ。思春期にオシャレ映画のつもりで友人と観に行ってぶちのめされた映画。ラストの展開に私は引いてしまったんだが、友人はいたく感情移入してしばらくポスターを部屋に貼ったりしておったなぁ。でも激しい恋愛模様を感慨深く拝見しました。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 7点(2014-12-05 22:30:13)
68.久しぶりに、数年~数十年後に見返したい作品に出遇えた。
今はまだ20数年しか生きてないので、「こんな恋愛凄いなぁ…」と憧れつつも自分には無理だと感じているが、数十年後に見返してみて、やはり無理だと感じるのか、少しでも共感できる部分が増えているのか、これからの自分の体験によって変わると思うので楽しみ。

美しく、でも哀しい…そういったラブストーリーであるのに、よくある感動系ではない。
激しく美しく哀しい、多分あまり無いジャンルを見事に描いていると感じた。
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-10-28 23:11:35)
67.病的にエキセントリックな女の子の話ということで、鬱になる覚悟で見ましたが、意外に一般的な少女でした。ハリウッドのラブコメのように観られ、体力が温存できてよかったです。ぶどうをふーふーするのやる。
アイランド・ジョーさん [DVD(吹替)] 5点(2012-11-11 22:20:23)
66.愛と激情の日々、いやもうその通り。ベアトリスが行っちゃい過ぎてて、当時の私は完全に思考停止した思い出があります。うーん、分からん、ということです。ゾーグは仏サマみたいだ、とも思った。今観たらまた違う観方ができるかな。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 6点(2012-07-14 16:47:32)
65.愛するあまりの狂気って、なんて美しいんだろう
HAMEOさん [ビデオ(字幕)] 6点(2010-05-24 15:40:42)
64.ベティが痛々しかった。
Yoshiさん [ビデオ(字幕)] 4点(2008-03-23 10:40:17)
63.ベアトリス・ダルがぽっちゃりしていて色気があり、ヒステリー女を見事に演じていた。あれだけの激しい女を受け入れるだけの器のでかい男は本当にいるんだろうか?私には理解しがたいところが満載で古臭さも感じるし、ちょっと退屈だった。
サイレンさん [ビデオ(字幕)] 5点(2006-08-19 08:08:47)
62.素敵な小説家と可愛い白い猫、F.I.N。
.さん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-05-06 13:25:54)
61.《ネタバレ》 痛いです。心が痛い。自分の愛により自ら心を壊してしまう。実際、身体の病気にもあるんです。自ら自分の身体を攻撃してしまう病が・・・。極端な描き方ではありますが、心に迫ります。映像も音楽も素晴らしい。ただ、個人的にはうちのダンナには見せたくない映画です。特に男性に関しては、かなり観る人を選ぶ作品かと思います。
タマクロさん [ビデオ(字幕)] 9点(2005-11-11 17:23:08)
60.女性向けの映画かな。世間一般的には女性の方が精神年齢が高いとされている。女性の方が大人で、男は子供っぽいと。だからこそベティちゃんみたいに好き勝手自由に振るまえる姿は羨ましく感じるし、憧れるのかなと。そしてそれを受け止められる男にも。
気持ちはわかるけど、現実はなかなか難しいもんだよねぇ(^^;)
ぽーち”GMN”ありしあさん 6点(2005-03-12 21:47:45)
59.十数年前に、2回目のデートでこの映画に誘ってくれた勇気ある男性がいた。今その人は私の夫だったりする。あの頃の愛と激情の日々(?)はもはや戻ってこないけれど、愛情の「あ」もないような日々が続いて心が渇ききってしまった時にこの作品を見返したりサントラを聴いたりすると、諦めの悪い自分の中の女がちょっと癒されるような気がする。男性の皆さん、この作品に感情移入しまくるような女とは覚悟しておつきあいを。
lady wolfさん [DVD(字幕)] 10点(2004-10-08 11:59:35)(良:1票)
58.ベティの激しくもあり切ない愛。本当に辛かった・・・。レビューしたいのだが、この作品のことを考えると頭の中がぐちゃぐちゃになってしまって・・・。ただ、ラストはあれでよかったのだと思う。そう思えただけでも私には救いだった。
MINI1000さん 7点(2004-07-04 09:50:02)
57.二度と見たくない映画の一つ。もしこの世に神や仏がいるとするならば、この映画を見た記憶さえ消して欲しい。つまらなかった訳じゃない。あまりにも切な過ぎるから、思い出しただけでも胸が痛くなる。まるで「猟奇的な彼女」のような行動を繰り返すベティ。それに翻弄されるゾーグ。だけど憎めないんだよね。もう可愛すぎる!!冒頭の濡れ場でかなりビビリましたが、「愛」を描くのって綺麗な部分だけでなく、性描写など男女の汚い部分を入れてこそやっと描けるものなんだ、と実感させられた。(←説明が下手ですみません) 
こわだりのインテリアさん 8点(2004-05-26 01:37:01)
56.ベティは好きになれなかったけど、こういうふうにしか生きられない人も確かにいるんだ、と思わせられた。話の展開好きだったけど(何人か書いている人もいるけど)ラストは「カッコーの巣の上で」をどうしても思い出してしまって、あまり衝撃がなかった。この映画を先に観ていたらもっと感動したかもしれない。
Mプさん 6点(2004-03-31 16:13:44)
55.ただのエロ映画だと思う。
映画大好き人!さん 5点(2004-03-25 00:34:34)
54.ストーリーはあんまり好きになれないのですが、何回も見てしまいます。ジャケットが素敵です☆ ポスター買っちゃいました。音楽もいいですね。サントラまで買っちゃいました。この作品を見て、ジャンユーグアングラードさん大好きになりました。
makoさん 8点(2004-03-16 19:30:56)
53.んな、たいそうな! 病的! 異常!・・と言ってしまえばそれまでなので、この極端な二人の行動を頭の中で半分程度に減らしてイメージしてみた(フランス映画に精通しておられる名レビュワー様たちに怒られそうだが、凡人の私はついこうしてしまう)。・・うーん、これは凄い! 子宮持ちなら共感できるところかなりアリだ、危ないなぁ。 友人夫婦の皮肉な設定とその描写は現実的なので、この夫婦に関してはイメージ半減しなくても良い・・これがさらに哀しい対比となって観る側を刺激するんだよぉ。「わかってないのに、わかったような気にさせてくれる」・・おフランスのこの罠にまたまたまんまとハマってしまいました、ラストと音楽せつない。// 某BBSで【○猫○マティ】(○内は同音)さんが、人にすすめる恋愛映画として「思い切ってベティ・ブルーなんかどぉよ」と書き込んでるのを盗み見て、コレをレンタルした。最初からめちゃモエさせてくれたが、後半はそんなウワウワを排除せざるを得ぬ展開でアゼンとなった。まさに”思い切った”作品選び、お見事である。しかも他作品レビュー室では、ジャン・ユーグを好きだったとお書きになりながら、ここでは今のところ未レビューでいらっしゃる、なんて余裕のあるおかた・・黒○クロ○○〇さん、この作品教えてくれてありがとう!
かーすけさん 8点(2004-03-03 11:14:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 72人
平均点数 7.26点
000.00%
111.39%
211.39%
322.78%
456.94%
51013.89%
679.72%
779.72%
81318.06%
91115.28%
101520.83%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.75点 Review4人
2 ストーリー評価 8.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review3人
4 音楽評価 8.25点 Review4人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1986年 59回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1986年 44回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS