巨人の星 行け行け飛雄馬のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 巨人の星 行け行け飛雄馬
 > (レビュー・クチコミ)

巨人の星 行け行け飛雄馬

[キョジンノホシイケイケヒュウマ]
1969年【日】 上映時間:70分
平均点:6.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アニメシリーズものスポーツものスポコンもの青春ものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2004-04-10)【バカ王子】さん
タイトル情報更新(2021-06-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督長浜忠夫(演出)
古谷徹星飛雄馬
加藤精三星一徹
白石冬美星明子
八奈見乗児伴宙太
井上真樹夫花形満
原作梶原一騎
川崎のぼる
脚本山崎晴哉
長浜忠夫
音楽渡辺岳夫
撮影清水達正
東京アニメーションフィルム
製作東京ムービー
配給東宝
作画楠部大吉郎(作画監督)
編集井上和夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.巨人軍入団最後のチャンスに賭ける飛雄馬、その壮絶な闘いを描く感動のアニメ巨編! 各方面より絶賛の嵐! 「類を見ない心理描写」(ウシントン・ポスト紙) / 「むくつけき男たちの情熱、そして熱い友情。これが真のベースボールだ!」(NYタ仏ズ紙) / 「日本野球快進撃の秘密が、ここにある」(ホヒー・ハレンタイン監督) / 「巨人軍の監督としてただ一人、チームを優勝に導けなかった堀内。今にして思えば、当時から詰めが甘かった」(続売新聞)・・・・・・すんません勿論ウソですけども。で、私の感想ですが、そうですね、登場人物みんな、本当によく泣きますねえ。情緒不安定なんでしょうなあ。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2006-04-02 22:50:09)(笑:1票)
1.甲子園~巨人軍テスト合格までのお話。何といっても飛雄馬合格の瞬間が笑える。万歳しながら後ろに日の出みたいな絵、浮いてて最高。ミュンヘンオリンピックとか言ってるし、いつだよってくらい古いなぁと思った。でも陸上で金とったら食えると思うけど速見さん。まあ挫折の言い訳かもしれないけど。
バカ王子さん 6点(2004-04-13 21:27:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS