トラック野郎 御意見無用のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トラック野郎 御意見無用
 > (レビュー・クチコミ)

トラック野郎 御意見無用

[トラックヤロウゴイケンムヨウ]
1975年【日】 上映時間:98分
平均点:7.20 / 10(Review 15人) (点数分布表示)
公開開始日(1975-08-30)
アクションドラマコメディシリーズものロードムービー
新規登録(2004-04-12)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2018-04-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督鈴木則文
演出日尾孝司(擬斗)
キャスト菅原文太(男優)一番星・星桃次郎
愛川欽也(男優)やもめのジョナサン・松下金造
中島ゆたか(女優)倉加野洋子
夏純子(女優)モナリザのお京・竜崎京子
佐藤允(男優)関門のドラゴン・竜崎勝
湯原昌幸(男優)千吉
夏夕介(男優)
春川ますみ(女優)松下君江
鈴木ヒロミツ(男優)張摩良治
安岡力也(男優)柴田
芹明香(女優)リリイ
小松方正(男優)署長
由利徹(男優)正田
大泉滉(男優)警官
黒田征太郎(男優)ヤクザ風の男(友情出演)
大木悟郎(男優)次長
誠直也(男優)岩村五郎
ダウン・タウン・ブギウギ・バンド(男優)ガソリンスタンドの従業員
宇崎竜童(男優)ガソリンスタンドの従業員
南利明(男優)トラックショップ店主
石橋正次(男優)乗用車の運転手(友情出演)
相馬剛三(男優)
谷村昌彦(男優)花屋の主人
井上昭文(男優)土田
高月忠(男優)
小林千枝(女優)六号線のマリー
脚本鈴木則文
沢井信一郎
音楽木下忠司
作詞阿木燿子「一番星ブルース」/「トラックドライビングブギ」
作曲宇崎竜童「一番星ブルース」/「トラックドライビングブギ」
編曲ダウン・タウン・ブギウギ・バンド「一番星ブルース」/「トラックドライビングブギ」
主題歌菅原文太「一番星ブルース」
愛川欽也「一番星ブルース」
挿入曲ダウン・タウン・ブギウギ・バンド「トラックドライビングブギ」
撮影仲沢半次郎
企画高村賢治
配給東映
美術桑名忠之
編集田中修
録音内田陽造
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.良い意味でバカらしい。「映画は芸術じゃない。娯楽だ」と言うことを教えてくれた傑作。
ガブ:ポッシブルさん [DVD(邦画)] 10点(2015-10-14 15:38:58)(良:1票)
14.《ネタバレ》 「仁義なき戦い」と並ぶ菅原文太の代表作となるシリーズの1作目。今回シリーズ自体を初めて見たが、得体の知れない勢いとパワー、そして全体からほとばしる熱さにひたすら圧倒されまくりの約1時間40分だった。桃さんが単純バカなのだが、とにかく熱い男で、演じている菅原文太にもヤクザ役とは一味違う良さがあり、賛否は分かれるかもしれないが、個人的にはこういう菅原文太もいいなあと思うし、見事にはまっている。(むしろ「仁義なき戦い」の広能よりも個人的には桃さんのほうが好きかもしれない。)それに愛川欽也演じるやもめのジョナサンとのコンビぶりも1作目というのに既に出来上がっているのがすごい。桃さんとジョナサンの二人を見ていると元気が出るというだけでなく、もう「惚れる」の一言で一気に映画に引き込まれた。脚本の筋書きとしては「男はつらいよ」シリーズのパターンを踏襲しているが、寅さんシリーズにはない派手な大立ち回りが見どころになっているのが東映らしいし、中でもドライブインの食堂を舞台にした関門のドラゴン(佐藤允)と桃さんのバトルはコントのように店が無茶苦茶になるという凄まじさでとくに印象に残る。それに今回のマドンナ 洋子(中島ゆたか)の初登場シーンが汚いトイレから出てくるというのも強烈だった。(この汚いトイレから美人が出てくるというのがギャップがものすごくあって笑える。)ラストは洋子に好きな男(夏夕介)がいることが分かって二人を会わせるために11㌧トラックを爆走させる桃さん。惚れた女のためならばたとえ自分の気持ちがどうであれ、その人のことを考えて行動する姿に男気を感じずにはいられないし、そんな桃さんがとてもカッコ良かった。はっきり言って映画としての完成度は低いのだが、そんなことは関係ない。久しぶりに心底惚れられる映画を見た、もうそれだけでこの映画を見て良かったと思えたし、このシリーズにもはまれそうだ。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 8点(2015-05-28 23:57:30)
13.物凄くとっ散らかっていて雑で下品な映画である。
しかし、主演俳優のほとばしる「熱量」のみで、無双の娯楽映画に仕上がっている。
諸々の表現やストーリー展開も含めて、決して褒められた映画でないことは明らかだろう。
でも、この映画に当時の多くの観衆が魅了されエネルギーを貰っただろうことも明らかだ。

何をおいても語るべきは、「菅原文太」だろう。
“一番星”という役名の通り、菅原文太という俳優の“映画スター”としてのパワーが凝縮された映画だった。
どんな障壁も、どんな失意も、トラック一つで突っ切って豪快に笑い飛ばす。
その姿はまさに反逆のカリスマであり、役柄を超えて菅原文太という人間そのものの生き様に繋がっているように思えた。

2014年11月、そんな大巨星が墜ちた。世代を超えたすべての映画ファンにとってあまりに悲しい出来事だった。
ただ、僕のような若輩者は、今作もしかりまだまだ観られていない菅原文太映画は数多い。それは映画ファンとして幸福なことだと思うし、死してなお銀幕の世界で生き続けられることこそが、映画スターの価値だとも思う。

この稀代の映画スターは、この先もずっと「一番星」として輝き続けることだろう。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-12-21 00:35:17)
12.《ネタバレ》 『トラック野郎』の原点にして、物語フォーマットが既に完成しているのが凄い。
伊達邦彦さん [DVD(邦画)] 6点(2014-12-06 03:00:59)
11.《ネタバレ》 知的な役も、この作品のような破天荒な馬鹿(褒め言葉です)も見事に演じ切れる菅原文太という役者の凄さは日本映画の宝であったと思います。こういう、破天荒で下品極まりないけれども、実は我々観客の抱えている、日常生活への不満や哀愁を上手く拾って、パワー全開で吹き飛ばしてくれるような痛快な作品が、本当に好きでたまりません。

TMさん [DVD(邦画)] 8点(2014-12-03 00:45:44)
10.《ネタバレ》 御意見無用なとこスンマセンが、全体的に下品。

でも下品て言葉が、この映画には最大の褒め言葉でもある。

地上波で放送したらカットかピー音連発な映画。
そもそも今じゃ地上波では放送無理かな・・・

観ようとは思わないけど、シリーズ化される位だから人気もあったんでしょうが、
私には星桃次郎様の赤ふんどし姿だけが唯一印象的且つ刺激的でした・・・うふ。

まぁ色んな意味で古き良き時代的な感じは受けましたけどね・・・

ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 4点(2013-04-04 16:08:23)
9.《ネタバレ》 ス・スゴイ 皆さん仰せの通りほとばしる「何か」がありますなぁ 当時の世相も伺えたり、ねぶた祭りの雰囲気もまたいい とにかく暴れん坊の桃さん でも熱くまっすぐな生き方に菅原文太がまさにどはまり! おまけに中島ゆたか めちゃキレイ さすがミスパシフィック世界大会第2位(ウィキより)だけあるわ  うん、面白かった!ぜひ続きも観てみたいデス
Kanameさん [DVD(邦画)] 7点(2011-02-25 19:15:37)
8.菅原文太の大ファンなので、一挙一頭足が楽しい。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 8点(2011-02-14 19:35:57)
7.《ネタバレ》 自分勝手に無茶苦茶するのだが、みんな自分に正直で全く嫌味がない。熱い勢いで駆け抜ける1時間半。本当に今の世代、映画にはない勢いが全編通して感じられる。コメディに関してはもう少し間を持たせたらもっと面白くなったはずである。
TOSHIさん [DVD(邦画)] 6点(2008-05-23 11:28:04)
6.これはまたとにかく熱い映画だなあ!という印象で、とにかく熱いのである。菅原文太の星桃次郎の馬鹿だけど凄く正直で思っていることは何でも口にしないと気が済まない。その結果、早とちりしたり、挙句の果ては親友であるやもめのジョナサンとすぐに喧嘩になる。だけどもやはり親友らしく直ぐに仲直りする。いつまでも尾を引かないのだ。そんな桃次郎に男達は惚れる。この映画は男が男に対して惚れる映画ではないかと思う。桃さんがトイレを我慢する場面での面白さ、また惚れた女が別の男と付き合っていたと知って最後はその女の為にとトラックで男に会わせてやろうとする桃さん、自分のことよりも愛する女のことを第一に考えて行動する桃さん、作品全体としては何か滅茶苦茶でけして誉められるような内容じゃないけれど、その滅茶苦茶さが星桃次郎の魅力であるとこの作品を観て改めて思いました。
青観さん [DVD(邦画)] 7点(2006-12-31 23:06:27)(良:1票)
5.小中学生の頃、頻繁に日曜の昼間にテレビでやっていたという印象があります。久しぶりに観てみると、これがなかなか面白い。何か得体の知れない“勢い”があります。無気力世代、新人類、あるいは引きこもりやニート等といった昨今?流行りの言葉とは無縁の世界。むき出しの“生”を感じます。多少(いや多少じゃないか)法や倫理に触れるような事柄があっても、そんな小さなことどうでもいいやと思ってしまいます。出てくる人物がみんな生きることに懸命だから嫌味がありません。菅原文太版『男はつらいよ』といった趣で、笑いあり、友情あり、涙ありの大衆娯楽作品でした。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2006-08-26 18:23:11)
4.お、面白い(笑)。関門のドラゴンとのケンカの場面は名シーン。けどシリーズ通して見るのはしんどそうだ。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 7点(2005-12-15 15:59:41)
3.《ネタバレ》 モナリザお京よろしいやん。惚れますわ。しかし、ヒロイン洋子みたいに、あんな汚い便所で(しかも男女共同!!)用足せて、出てきたところで、にっこりできる女性もなかなかいてまへんで。 いずれにしても、突っ込むだけ野暮な映画ですな。あの文太兄のサングラス姿も渋い。。
きつまさん [DVD(字幕)] 7点(2005-05-03 14:21:36)
2.トルコ(今では放送禁止用語)大好き、仲間に熱く無鉄砲、ついでにケンカも大好物。こんなとんでもない男がスクリーン狭しと暴れまくるそれがトラック野郎の主人公、星 桃次郎だ!こいつがとてつもない大バカなんだは(笑)八時間の道のりを二時間半で走りきったり(絶対無理)、ケンカの規模は、はんぱじゃない。もう店を、半壊に近い状態にして、しかも次の日のシーンで完璧に直ってる(ツッコミなんて野暮!)。でもね、もうそんな次元じゃないんですよ。この映画は、愛川欣也の見事なコメディリリーフやお京さんと桃次郎の雨の別れのシーンの握手のかっこよさ(お京さん雨でモナリザが泣いてるぜぇ)。洋子さんのベッピンっぷりもいいです(そりゃ星も見えるわなぁ)。最後に、桃次郎が持ってくるはまなすの花の美しさが、俺の胸に染みたときこの映画は紛れも無い傑作だと確信しました。
一番星☆桃太郎さん [DVD(字幕)] 9点(2004-11-06 02:31:46)(良:1票)
1.なんつーか・・・「漫画ゴラク」の世界?いきなりひと仕事終えて風俗(多分当時はトルコって言ってたんだよな)行ってるし、そのくせ自分の惚れた女が売春してると勘違いしたら勝手にブチ切れてるし、自分勝手にもほどがあるって・・・まあ、そんなところも含めて「オトコってバッカよね~」ってとこかな。あ、でも湯原昌幸(なぜかローリングストーンズのTシャツを着ている)がお京さんにプロポーズするところ、あとラストで惚れた女を恋人の元に送り届けるために自分のトラックがボロボロになるのも厭わずに爆走するシーンはホロリとさせられます。いわゆるB級映画なのかもしれないけど、こういう作品こそ当時の映画館で観たかったなあ。
ぐるぐるさん 7点(2004-04-15 16:18:50)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 7.20点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
416.67%
500.00%
6213.33%
7746.67%
8320.00%
916.67%
1016.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS