キリクと魔女のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > キリクと魔女
 > (レビュー・クチコミ)

キリクと魔女

[キリクトマジョ]
KIRIKOU ET LA SORCIERE
1998年【仏】 上映時間:71分
平均点:7.32 / 10(Review 25人) (点数分布表示)
ファンタジーアニメシリーズもの
新規登録(2004-04-20)【風太郎】さん
タイトル情報更新(2021-06-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミッシェル・オスロ
演出高畑勲(日本語吹き替え版)
神木隆之介キリク(日本語吹き替え版)
浅野温子カラバ(日本語吹き替え版)
原作ミッシェル・オスロ
脚本ミッシェル・オスロ
制作スタジオジブリ(日本語版制作)
配給アルバトロス
日本語翻訳高畑勲
その他スタジオジブリ(提供)
日本テレビ(提供)
博報堂(提供)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
25.独特の世界観で描く童話みたいな映画。絵も独特で、その演出も、日本のアニメとかではあまり見ない感じである。おもちゃのロボットみたいな小鬼たちとか、なんか深いような哲学っぽいようなセリフとか、ヘンテコ感がすごい。特に魔女カラバ登場のシーンが、なかなか癖になる。テンドン方式で二回やるところがさらにおもしろい。だいたい、お腹の中で赤ちゃんがしゃべって、自分で生まれて、自分でへその緒を切って、それを冷静に、自分でやりなさいとゆう母からして、なんじゃこりゃの世界観である。見た目は小人、走るのがめっぽう早く、勇気と決断力と知力は大人以上、それがキリク。ただ、お話として面白いのかと言われれば、微妙。独特な絵と1時間ちょっととゆう上映時間で飽きることはないけど、普通とゆーか、童話みたいなお話だから多くを求めちゃダメなんだろうけど。それに、このアフリカチックな独特の絵も好き嫌いにわかれそうかもしんない。ただ、カラバとの対決後からの展開が、予想外。日本の童話に通ずる感じもするけど、キリクがそうくるとは思わなかった。
なにわ君さん [ビデオ(字幕)] 5点(2015-07-22 02:05:30)
24.《ネタバレ》 いやー大変綺麗な映像でした。アフリカの美しさに見惚れてしまった。冒頭のキリクが自力で生まれてくるシーンで、既に人類発祥の地であるアフリカの神秘的感じが滲み出ています。小さいキリク故の視点が面白い。大人に見下ろされたときの不気味なまでの威圧感。地下で繰り広げられる冒険譚。どんどん独特な映像の世界にのめりこんでしまいました。アドベンチャー、謎解き、異形なものに対する畏怖、神秘的な世界観。私はこの作品に、ゼルダの伝説に似た空気を感じました。これゲーム化されたら面白いだろうなあ。アニメーションとしては満点だと思います。ただキリクは、何故カラバと結婚したくなっちゃったんだろう?唐突だったので呆気にとられました。また男たちは喰われていなかったものの、カラバは村人に対して結構迷惑かけたと思うんですよ。一言くらい謝罪の言葉があってもよかったのではと思ってしまった。野暮かな・・・ 最後の超展開を除けば完璧に近いアニメ映画だと思います。
スノーモンキーさん [DVD(字幕)] 8点(2015-01-02 01:59:43)
23.ぜんぜんおもしろくなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 2点(2014-09-30 23:49:18)
22.ティンガティンガの原色を少し抑えてヨーロッパ的色調にしたような、他に類をみない美しい背景画。ディズニーでもなくジャパニーズアニメでもない、独特の様式美。アニメという表現方法の奥深さと可能性を感じました。キリク速すぎ。
la_spagnaさん [DVD(吹替)] 7点(2014-09-19 23:15:41)
21.初めて見た時の衝撃は一生残るであろうこのヴィヴィッドカラーな異国のアニメの映像美。一発で監督のファンになってしまいました。日本人の感性とはまったく掛け離れたセンスでとても新鮮でした。そしてあの主題歌、しばらく頭に流れますな。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2014-03-06 21:24:19)
20.《ネタバレ》 何と言う凄い映像美、とにかく映像の美しさだけでも見ていて驚かされる。驚かされると言えば何も映像の美しさだけではない。出てくる人物、男も女も大人から主人公である子供のキリクまで裸、裸、裸のオンパレードである。それなのにちっともいやらしさを感じない。そこが凄い。間違ってもこの作品を実写でやろうなんて馬鹿な事を考えてはいけない。今、日本中で大ヒットしているらしいあの名作アニメの実写版を撮った監督と脚本家には間違っても見せてはならない。もしかしたら実写でなんてことを考えるかもしれない。いや、まさかいくら何でもそこまではしないだろう!おっと、そんなことよりもとにかくアニメだから良いのである。魔女としてのカラバの恐さに怯えるキリク、何故カラバが自分に対して冷たいか?と疑問を感じながらも魔女になってしまっているカラバを元の姿にしようとするキリク、キリクがカラバを元の姿の人間に戻す瞬間の周りの美しく咲く花の美しさには眼を奪われる。作品全体に漂う不思議な感じのするこの魅力は何から来るんだ?何とも神秘的な雰囲気を漂わせながらの1時間11分でした。
青観さん [DVD(字幕)] 8点(2011-01-10 20:54:36)
19.《ネタバレ》 オシャレで先進的なヨーロッパ臭がすごいが、イライラしないのは映像が優れているから。エジプトの古代美術を模したような平面的な描写にカラフルな彩色を付加したこのビジュアルは最強。

何も恐れず、理由を突き詰める「自由な知性」を持ったキリクのキャラがイカす。子供に必要なものを全て備えている。オシャレでありながら、子供にも見せられるアニメ。

ラストは現代版「美女と野獣」とも呼べるのでは。男女が逆転しているのがモダン。
枕流さん [DVD(字幕)] 7点(2010-06-10 23:59:45)
18.画も内容もまったくユニークで、これぞアートといった感じ。生まれ落ちた瞬間から並々ならぬものを感じさせるキリクはスゴイ。わるい魔女をやっつけておわり、じゃないしね。(こんな大団円があるでしょうか?)なんとも懐が大きいのです。近年見当たらないザックリしたテイストも魅力。エンディングに流れるユッスー・ンドゥールの‘Kirikou,c’est mon ami(キリクはともだち♪)のメロディが耳に残ります。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-02-05 06:59:32)
17.《ネタバレ》 緻密な書き込みや、美麗なアニメーションで勝負するというより絵画的。独特な絵柄と奇妙な世界観のカクカクアニメ。喜びを踊りで表す割に、根暗で意地悪な気持ち悪い村人たちが嫌。面白いというわけではないが、妙に一つ一つのセリフが重く響く。最後の超展開にはビックリ。なんか色んな意味で大味なところが新鮮。
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2009-02-08 13:03:42)
16.神木君を始め、声優陣が見事はまってました。
Yoshiさん [DVD(吹替)] 8点(2008-03-12 23:28:32)
15.《ネタバレ》 いろいろなアイディアで苦難を乗り越えていくところに、好感が持てます。ただ、村人たちに最後まで偏見が消え去らなかったのが残念でなりません。
shoukanさん [DVD(字幕)] 6点(2007-12-23 00:12:10)
14.この作品により、「色」というものの美しさ、すばらしさを改めて実感した。
さそりタイガーさん [CS・衛星(吹替)] 9点(2007-11-10 23:36:20)
13.ラストはポカ~ンって感じだけど、前半はとても良かった。キリクは可愛いし、カラバはカッコイイ。そもそも、「カラバ」って名前が素敵だ。歌も楽しかった。
南の二等星さん [DVD(吹替)] 8点(2007-10-07 00:23:26)
12.《ネタバレ》 民話調の会話やストーリー展開が実に心地良い。キャスティングや喋りのトーンなど含めてこの心地良さがあるので、高畑さんの功績は大きい。キリクが山の賢者に会いに行こうという冒険辺りからエピソードが長くなるが、長くなった分ちょっとダレた感じを受けるのが残念。終盤の展開は正直びっくりだが、非常に味のある良い映画でした。
MARK25さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2007-08-21 23:49:23)
11.絵もきれいだし、示唆に富んでいてなかなか見所のあるいい作品でした。最後急にエロな話になるのね。何度か見返して作品のメッセージを読み取りたいです。実はキリク2というのもあり先日見ました。2は少し時間を巻き戻して何篇かのエピソードを集めたものでしたが肝心の魔女とのカラミがほとんどなく、「馬鹿な村人とキリク」の対比が主で面白くなかったというか不快な印象でした。やはりこの1は奇跡の作品だったのでしょうか?
たかちゃんさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2007-05-08 20:18:38)
10.子供の頃に見たお伽噺のような作品。
いろいろと教訓のような話があって良かったと思う。
でも、まあ、面白いかと聞かれると困ってしまうような単調な物語。
悪くはないと思うけどね。
もとやさん [DVD(吹替)] 6点(2007-01-31 11:30:14)
9.本作は、完全に民話、童話系ですね..キリクの言動を通して、色んなメッセージが盛り込まれています..出来事を深く読み取り考えれば、かなり深い..しかし、大人が観るには良いが、果たして子供達が観て本質を理解出来るのか..絵の動きやキリクが可愛い、面白い、だけで終わってやしないのか..大人の目線で創られているような気がします..子供向けアニメとしては、対象年齢が高すぎるのでは...
コナンが一番さん [DVD(吹替)] 6点(2006-12-25 16:58:21)
8.オリジナリティがすさまじい。アフリカ版の昔話か。うまれたばかりの赤ん坊キリクが魔女と対決する。助けてあげてもすぐ恩を忘れ、同じような過ちを繰り返す村人のおろかさが印象に残る。デザインに近い森の木々がきれい。キリクには魔女に立ち向かう勇気だけじゃなく、戦略を練る知恵もあったってことかな?勇気は魔女に戦いを挑んだ男たちも持っていたからね。
承太郎さん [DVD(吹替)] 8点(2005-11-18 00:19:23)
7.《ネタバレ》 魔女の呪いが解けた瞬間に咲き零れる花々があまりにきれいで、なんだか涙が出そうになった。ストーリーよりも映像に感動して泣きかけたのは初めてのことだった。  実際この映画を元に画集を出せるんじゃないかってほど画の質は高い。緻密な描き込みや、原色に近く、それでいて透明感のある色彩には息を呑んだ。たとえ地中であっても、よく見ると背景に不思議な模様がある。最初の村の場面にはノルシュテインを連想したけど、この強烈な色彩感覚は誰にも似ていない。アニメーションよりもむしろ絵画に近く、アンリ・ルソーや(他の方も言及していらしたが)ゴーギャンを思わせた。  物語はおとぎ話調で、終盤はとくに一寸法師に似ている。ほんとはこういう寓話的な話は好みではないのだけれど、キリクがお祖父ちゃんにすがりつく場面でちょっぴりぐっときた。魔女を口説く場面など、寓話のようでいて妙に生々しいところもあるのが面白い。 キリク「小娘なんかに興味ないよ!」って、おいおいお前が言うのかキリクよ。 魔女「どうせ召使いが欲しいだけなんだ」 キリク「召使い扱いなんかするもんか!」 魔女「男はみんな最初はそういうのさ」 なぜか急に夢のない話に……。
no oneさん [DVD(字幕)] 8点(2005-09-29 14:01:40)(良:3票)
6.これには中々唸らされました。非常にシンプルなお伽話ではありますが、作品を構成する全ての面に於いて、誰が観ても満足できるハイレベルな品質です。教訓的で少しシュールな物語。ゴーギャンの絵の様な美術。頭の中でリフレインするアフリカ音楽。そして何より、完成された人物デッサンによるキャラクター・デザイン。動き的にはもう少し滑らかにすることも可能だったと思いますけど、このレベルで抑えて、「絵」であることを強調したのにもセンスを感じます。私は特に、一人だけ異様にテンションの低いキリクのお母さんがツボにハマりました。これはお薦めです、7点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2005-06-27 00:36:55)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 25人
平均点数 7.32点
000.00%
100.00%
214.00%
300.00%
400.00%
514.00%
6416.00%
7520.00%
81040.00%
9312.00%
1014.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review2人
4 音楽評価 8.33点 Review3人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS