女囚さそり 701号怨み節のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 女囚さそり 701号怨み節
 > (レビュー・クチコミ)

女囚さそり 701号怨み節

[ジョシュウサソリナナゼロイチゴウウラミブシ]
1973年【日】 上映時間:89分
平均点:4.56 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(1973-12-29)
アクション刑務所ものシリーズものエロティック漫画の映画化バイオレンス
新規登録(2004-04-28)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2021-11-01)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督長谷部安春
キャスト梶芽衣子(女優)松島ナミ
田村正和(男優)工藤安男
細川俊之(男優)児玉武志
渡辺やよい(女優)みどり
初井言栄(女優)工藤トメ
中原早苗(女優)稲垣明子
根岸明美(女優)南村看守
楠田薫(女優)中曽根所長
脇中昭夫(男優)
原作篠原とおる「さそり」
脚本神波史男
松田寛夫
長谷部安春
音楽鏑木創
作詞伊藤俊也「恨み節」
作曲菊池俊輔「恨み節」
主題歌梶芽衣子「怨み節」
撮影仲沢半次郎
配給東映
美術北川弘
編集祖田富美夫
照明元持秀雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.《ネタバレ》 ここで遂に監督が代わって、従前の実験的要素は影を潜め、割とオーソドックスな作りになっている。が、その分、勢いもなくなってつまらなくなっている(笑)。大体、誰をも頼らない孤高の精神こそがさそりの本質だったのに、何であっさり偶然出会っただけの男とくっついちゃうかなあ・・・(しかもその後も男の方が主役みたいになって、さそりはグダグダしているだけ)。終盤はお約束どおり獄中のさそりになるわけですが、そこも特段格好良さを見せる場面もなく、何となく終了。しかし、恒例の復讐の対象がそもそもは危機から救ってもらった男だというのは、やっぱりまずいのでは。
Oliasさん [DVD(邦画)] 4点(2021-10-31 23:02:04)★《新規》★
8.シリーズ追うごとに、前衛的と言ってよいのかそれとも単にデタラメなのか、どんどんワケのわからない方向に突き進み、ついにこの第4作では監督交代と相成りました。そうするとやたら暗いオハナシになっちゃって。前作までのあのワケのワカラナサってのも、暗くなりすぎないように毒消しの効果でもあったのかな、と。
今回、さそりを目の敵にするのは、細川俊之。これが渡辺文雄とかだったら冷酷さの中にもユーモアが感じられるけど、普通に冷酷モードです。
一方、さそりが出会う元反体制活動家が、田村正和。なーんかヘンなんですけど、どこがヘンなんでしょうねえ。ははは。話し方はこの頃から、例の通りでありました。
で、この3人には、三者三様の「恨み節」があって、まあ、暗いのなんの。恨まれ役は一人もおらず、全員が恨み役。
4作の中では一番マトモ(刑務所がショッカーの基地みたいに描かれるのは不問として)な気がしつつも、これはこれで別種のアブナさのある、シリーズ最終作でした。
鱗歌さん [インターネット(邦画)] 6点(2021-08-22 18:00:55)
7.《ネタバレ》 苦痛と快楽に萌えるオンナの恨み節、シリーズ第4弾。梶芽衣子演じる女囚さそり、最終章。今作もほとんど何も言えへんけど、眼光が鋭く存在感は圧倒的。若え頃の田村正和共演。アタシを売ったアンタにゃ死んで貰います。黒衣を纏ったアタシ、死神みてえだ。ストーリーはあまり印象に残らない。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 6点(2020-03-01 08:27:53)
6.《ネタバレ》 ただの古臭い復讐劇にしかみえず、退屈でした。
afoijwさん [DVD(邦画)] 4点(2012-07-22 17:58:55)
5.一作目の衝撃、二作目の混沌さ、三作目の痛快さからして、四作目はグズグズ。

脚本のテンポ、演出が大人し過ぎて、突っ走れていない。

「さそり・梶芽衣子」の相変わらずの美しさだけで突っ走るには、色々と邪魔が多かったように思える作品。ファンとしては非常に残念なシリーズ最終作品である。
aksweetさん [DVD(邦画)] 4点(2009-11-09 02:36:18)
4.《ネタバレ》 細川俊之と田村正和の最期のみ当時の記憶が残っています。観直してみて、荒唐無稽な話の中にあって工藤の負け犬根性だけが現実味があり、裏切り者に相応しい最期に納得。とは言うものの、寡黙な者の放つ一言の重みが皆無なのは脚本が拙いのか演者が大根なのか、さそりがお粗末なので、観終わっても何の感慨もありませんでした。若かりし細川俊之の懐かしさにプラス2点です。
The Grey Heronさん [DVD(邦画)] 4点(2009-07-18 13:34:24)
3.《ネタバレ》 監督が変わったせいなのか今までとは雰囲気が全然違いました。もっと遊び心がほしかった。強烈なキャラも出てこなかったし。細川俊之の最後があっけなさすぎ!
ギニューさん [DVD(字幕)] 5点(2005-07-09 01:03:06)
2.《ネタバレ》 梶芽衣子さんが話題になってるので観てみました………って、シリーズ完結編でしたか。思いっきりラストから観てしまいました;これが噂の「女囚さそり」シリーズ?あと3つ観るのがしんどいなぁ。レビューでは前作は面白いようなのでそちらに期待。この作品は全体的に面白みを感じられず、展開も退屈なものだった。田村正和さん演じる工藤青年は警察を憎んでいるが、母の言うとおり自分で撒いた種。拷問は確かにひどいし某国を彷彿させるほどあり得ない仕打ちではあるが、そもそも学生運動に共感できない私としてはその思いは逆恨みのように感じた。ナミにしてもたくさんの人間を怨んでいるが、最初から刑事を惨殺するシーンから始まり妊婦を監禁して見殺しにし、一時期体を張ってかくまってくれた工藤のことまで怨んで最後に殺してしまうという。人間として魅力的な点も女として共感できる点も見当たらなかった。いくら好きだったからという言い訳があっても(さほど愛しているようにも見えなかったが)殺人をして警察から逃亡し転がり込んできたのはナミなわけで、彼に罰を与える展開には納得できず、思考回路が理解できない。ただ俳優陣の容姿や演技は楽しめる部分もあったので、それを観て楽しめる人には価値がある。
snowさん 1点(2004-06-16 23:19:42)
1.シリーズ完結編。梶芽衣子バージョン4作目のこれは、監督が変わったせいか何となく今までの過激な感じがちょっと少なかった気がします。でもこれはナミが心から惚れた男が出てくるんですね。(それが何とマサカズ様なんですが、、、若い、髪型が今とは違う、いかにもお坊ちゃま、肌がツルンとしてる・・なんでこれに出てるんだろうかと始めは思った)その惚れた男の裏切りがナミは許せなかったのです。愛したぶんだけ怨みも深いという、、怖いですね~。女は怖いですよぉ~。だけれど、かっこいい梶芽衣子。黒マント着てどこかへ行っちゃった。サソリシリーズその後いろんな女優さんが演じたみたいだけど、やっぱりオリジナルにはかなわないでしょうね。美しい梶さんに睨まれたら、怖い反面ドキッとしてしまうかも。
fujicoさん 7点(2004-05-03 17:10:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 4.56点
000.00%
1111.11%
200.00%
300.00%
4444.44%
5111.11%
6222.22%
7111.11%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS