Menu
 >
 >
 > 白いカラス

白いカラス

The Human Stain
2003年【米・独・仏】 上映時間:108分
平均点: / 10(Review 51人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスロマンス小説の映画化
[シロイカラス]
新規登録(2004-05-16)【c r a z yガール★】さん
タイトル情報更新(2013-03-28)【イニシャルK】さん
公開開始日(2004-06-19
公開終了日(2004-11-05)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・ベントン
キャストアンソニー・ホプキンス(男優)コールマン・シルク教授
ニコール・キッドマン(女優)フォーニア・ファーリー
エド・ハリス(男優)レスター・ファーリー
ゲイリー・シニーズ(男優)ネイサン・ザッカーマン
ウェントワース・ミラー(男優)若き日のコールマン・シルク
ジャシンダ・バレット(女優)スティーナ・ポールソン
ハリー・レニックス(男優)Mr.シルク
ケリー・ワシントン(女優)エリー
ロン・カナダ(男優)ハーブ
ミリー・アヴィタル(女優)若き日のアイリス
ジョン・フィン(男優)ルイ
石田太郎コールマン・シルク教授(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕フォーニア・ファーリー(日本語吹き替え版)
池田勝レスター・ファーリー(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ネイサン・ザッカーマン(日本語吹き替え版)
竹口安芸子(日本語吹き替え版)
佐藤正治(日本語吹き替え版)
石井隆夫(日本語吹き替え版)
原作フィリップ・ロス〔原作〕「ヒューマン・ステイン」(集英社)
脚本ニコラス・メイヤー
音楽レイチェル・ポートマン
編曲ジェフ・アトマジアン
レイチェル・ポートマン
挿入曲フレッド・アステア"Cheek to Cheek"
撮影ジャン=イヴ・エスコフィエ
製作トム・ローゼンバーグ
ゲイリー・ルチェッシ
ミラマックス
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特撮ルイス・クレイグ(特殊効果スーパーバイザー)
美術デヴィッド・グロップマン(プロダクション・デザイン)
衣装リタ・ライアック
その他ジャン=イヴ・エスコフィエ(dedicatee: in memory of)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.黒から白への遺伝学的な説明をもう少し丁寧に描いてくれるとリアル感が増したように思います。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-08-25 20:22:24)
50.《ネタバレ》 すごーく深い社会問題を扱ってるはずなんだけど…。
そもそも黒人が白人の振りするってできるの???というか、アンソニー・ホプキンスがそうだとしたら整形したとしか思えないんですけど。と、余計なことを考えちゃって話はどうでもよくなってしまった。
ぺーこさん [映画館(字幕)] 4点(2013-11-04 17:26:03)
49.序盤では社会派ドラマと思いきや、ヒロインの登場からはややサスペンスぎみ、最後まで見てようやく人間ドラマだと理解できた、ちょっと変わった作りの映画。
ラストで作品のメッセージは伝わるし、決して質の低い映画だとは思わないけど、ヒロインのキャラがあまりにも強すぎて、焦点がぼやけてしまった感あり。
主人公ホプキンスの設定も……これは微妙かな。
日本人にはピンとこない題材に重苦しい展開ということもあり、少々取っつきにくい作品かもしれない。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2013-01-17 16:13:49)
48.すごく深いテーマを扱ってしまって、制作側までが深すぎて底が見えなくなってるような。どうやって収めようかと演出した結果が色ボケしているホプキンスに情緒不安定なキッドマン、何もしてないG・シニーズといった無残な有様に。危険人物とされているエド・ハリスのみ存在感あり。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2012-11-27 15:55:21)
47.《ネタバレ》 盛りだくさんで消化不良な感じ。キッドマンの話題はなくてもいいし、ホプキンスが芝居がかっていて、もっと抑制した味を出したほうがいい。内容的にはいちおう考えさせられるのであり、実は黒人でありながら白人のように肌が白ければ、白人コースを選択するだろう、そりゃ有利だから誰だって。現実の差別の壁があまりに厚いので、タテマエとしての、差別語の「言葉狩り」だけが盛んなのだ。いずこも同じ。
ひと3さん [DVD(吹替)] 4点(2012-07-16 13:40:18)
46.つっこみどころがありすぎて。散々言われているキャスティングの問題、邦題の問題、あと個人的に一番許容し難かったのは、ニコールキッドマン演じるフォーニア。彼女の行動にいちいち苛々させられた…。主人公とヒロイン、どちらにも感情移入ができなかった珍しい作品。
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-01-24 15:15:55)
45.《ネタバレ》 差別がテーマだとしたら、それはあまり前面に出てきておらず、ニコール・キッドマンと元夫の関係もそれに絡んでおらず消化不足感あり。この邦題、ひどくないか?
アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 4点(2008-10-06 02:23:22)
44.《ネタバレ》 テーマは重いですが映画としてはおもしろくなかったです。黒人の両親から白い肌の子が生まれることがあるんだなー。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 3点(2008-09-07 19:09:22)
43.《ネタバレ》 若きコールマンが自分の母親を裏切り、そして家族に裏切られるシーンはとても切ないものがあります・・・。この作品に登場してくるコールマン、フォーニア、レスターは3人とも過去を抱えている。彼らはいずれも完全な善人でも完全な悪人でもなく、被害者でもあり加害者でもあり、裏切り者でもあり裏切られた者でもある。でもそれこそがまさに人間というもの、そのものなんですよね。にもかかわらずその人間自身が、世界のあらゆるものを善と悪に振り分け、白黒をつけようとする。人間を含め現実というのは、白でも黒でもないものなのに。彼らの人生を書き記すその小説のタイトルは「人間の汚れ」だとネイサンは言う。結局のところ、汚れというのは、人間の内的な問題というより、その内的な概念と現実との乖離から生じるものなのではないかと、この映画を鑑賞してふと思った。
あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-05-25 01:12:37)
42.《ネタバレ》 過去と現在の重心の置き方が不安定、ホプキンス視点かと思っていたら突然第三者の作家の視点になる切り替わりも不安定、ホプキンスとキッドマンという不釣り合いな、かつ持ち味を生かすことのできないミスキャスト。せっかくの素材がぐしゃぐしゃにされています。これだけのキャストを入れておいて、みんなが同じような喋り方で同じような演技をしているのも不思議。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-05-23 02:38:33)
41.《ネタバレ》 コールマンの秘密が披露され、皮肉な成り行きだったんだと示されることで社会問題を提起する目論見なのでしょうが、要は披露されるだけなので物語性を欠く内容。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 1点(2007-12-28 23:37:56)(良:1票)
40.寝る前にさらっと見ようと思っていたら、非常に重いテーマ:人種差別。普段あまり考えないので勉強になったが、やはりあまり実感が湧かない。キャストが豪華過ぎて期待し過ぎたのは確実にマイナス要因だったな。
jさん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-01 07:03:29)
39.この作品には、黒人差別問題、近親相姦・DV等の女性問題、そしてベトナム後遺症と複数のアメリカ社会が抱える負のテーマが含まれています。題名どおり黒人問題がメインテーマなのですが、ニコール・キッドマンの演技があまりにもヘビーなので、逆に女性問題についての表現が物足りなくなる感じをつい受けてしまいます。社会問題を提起している作品ととして鑑賞するのではなく、男女のやや歪んだ関係を通して人間の哀しさを表現した作品して鑑賞すると十分に良い作品だと思います。原作(日本語訳はまだ無いみたいですが)を読んでみたくなるような作品です。
ひよりんさん [DVD(吹替)] 8点(2007-01-21 12:12:12)
38.《ネタバレ》 テーマは深いし、俳優陣も超豪華、基本設定も非常に面白い。 なのに、あまりにもバランスが悪い。 コールマンとフォーニアの情事なんかに時間使ってないで、もっとズドンと骨太に描いて欲しい。 このテーマの映画で「心の傷が癒されていく過程」って、そんなに重要かなぁ? だいたい2人の出会い自体もお手軽すぎません? こんなのでいいの? こんな恋愛劇を描くなら、もっと他に見せるべきものがあるんじゃないの? ストーリーテリングの流れもえらく中途半端でしょう。 最大のテーマが明かされる衝撃的(であるはずの)瞬間、「へぇ、そうなんだぁ」ってなリアクションしか出ない。 これって問題じゃない? エド=ハリスとゲイリー=シニーズをこの程度の役に使うなんて、あまりに勿体ないと思うし。 うむー。。。です。 ただ、コールマンの妹の一言が痛烈に響きました。 「人間がどんどんバカになって独善的になっている」と。 ここを実感できている監督(もしくは脚本家)なんだったら、もっと見せ方があっただろうに、と思う。
とっすぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-11-12 23:02:44)
37.テーマなど難しい問題を扱った作品のようですが、私にはもう一つでした。再度鑑賞の機会を待つ。
2016.08/06 2回目 鑑賞。結構しんどい映画です。役者が揃っていて、しかも精神的な過去を背負っている中で演じ競う様は圧巻でした。
でも・・・。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-09-05 19:27:19)
36.《ネタバレ》 人種差別の問題の根深さを思い知らされる作品でした。アンソニー・ホプキンスとニコール・キッドマンの恋愛をベースにストーリーは進んでいくのですが、折々に挿入されるアンソニー・ホプキンス演じる主人公の秘密の歴史が非常に衝撃的でした。
 まず、肌の白い黒人が白人として生きている事実が実際にあることに驚きました。またそこまでさせてしまう、アメリカの人種差別の過酷さを実感しました。(もう、主人公の厳格な父親のエピソードは本当に涙が出てしまうほど哀しかったですね。)
 個人的にはもう少し「人種転換」のドラマを深く描いて欲しかったです。ただ、非常に考えさせる作品でした。
TMさん [DVD(吹替)] 8点(2006-08-18 23:50:33)
35.なんじゃこりゃ
さん [DVD(字幕)] 2点(2006-06-20 21:32:27)
34.《ネタバレ》 アンソニー・ホプキンスが言った「初恋でも、大恋愛でもない。だが最後の恋だ!」と言い切ったセリフが印象に残った。淡々としてるけど思ったよりいい映画だった。ラストはあっけなかったけど。
civiさん [インターネット(字幕)] 6点(2006-06-19 14:28:34)
33.《ネタバレ》 あまり評判が高くないのでさして期待してなかったけど思ったよりよかったです。ラストでホプキンスが自分が黒人であるとニコールに告白しようとするシーン――はっきり描写はされていなかったけどあの後微笑む彼女の表情から彼女が全てを受け入れてくれた事が想像できてちょっとじんときました。ただせっかくの感動シーンが(俳優達はいい演技をしているのに)わかりづらい演出のせいできちんと伝わってこないのがもったいないしとっても残念です。それとラストの作家と元旦那の対面シーンは蛇足だったのでは?
MELさん [DVD(字幕)] 7点(2006-05-15 01:13:52)
32.アンソニーホプキンス氏が出てるのなら絶対にサスペンスホラーだ!と思い込んで観た俺がアフォでした。
ケムール人さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2006-02-02 22:56:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 4.45点
023.92%
123.92%
247.84%
3713.73%
41121.57%
5713.73%
61325.49%
723.92%
823.92%
911.96%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.42点 Review7人
2 ストーリー評価 4.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 2.33点 Review3人
4 音楽評価 3.00点 Review3人
5 感泣評価 2.00点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS