極楽特急のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 極楽特急
 > (レビュー・クチコミ)

極楽特急

[ゴクラクトッキュウ]
Trouble in Paradise
1932年【米】 上映時間:82分
平均点:7.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
ラブストーリーコメディモノクロ映画
新規登録(2004-05-16)【彦馬】さん
タイトル情報更新(2011-08-22)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エルンスト・ルビッチ
キャストハーバート・マーシャル〔男優〕(男優)ガストン
ミリアム・ホプキンス(女優)リリー
ケイ・フランシス(女優)マダム・コレ
脚本サムソン・ラファエルソン
撮影ヴィクター・ミルナー
配給プレノン・アッシュ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 古いし、アクションはないが、洒落っ気に満ちたラブコメ。品がある。
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-15 10:56:19)★《新規》★
4. このサイトで高評価だったので期待して観たのですが、正直「残念」という一言しかありません。
 セリフのやりとりも、ストレートすぎて引き込まれることがありませせん。
 ジャンルとしては、コメディタッチのサスペンスといったところでしょうか。
 しかし、この手のテクニックで勝負の映画は、後にそれ以上の映画が作られていくので、若い人には陳腐なものしか感じられないと思います。
 老人がノスタルジーに浸る映画でしかないと思います。
 ルビッチ監督の映画はサイレントにつきます。
クロエさん [ビデオ(字幕)] 3点(2009-11-24 06:25:10)
3.登場人物は魅力的だし、雰囲気も洒落ている。しかしながらどうやら僕はこのせかせかしたテンポに(邦題が「極楽特急」なだけに)乗り切れなかったようです。ちょっと置いてけぼりを食らった感じかな。それでも観終わった後にはこの上なく良い気分になれた。1930年という時代性にも関わらず信じられないほど洗練されていて、現在のラブコメディと比べてみても本質的な面白さに相違がないのには驚きます。
かんたーたさん 7点(2004-12-08 19:20:52)
2.ルビッチの作品で初めて見たのがこれでした。昔の映画とは思えないほどのテンポの良さとセンスの良い台詞運びに夢中になりました。NHKBSの放映をビデオにとったものを、もう何度も見ています。もうすぐDVDが出るようなので嬉しい。とても粋で、 いつ見ても楽しい気分になる最高の映画だと思います。


追記(2006.04.08)
ジュネス企画から出ているDVDを買いました。映像も悪いし、字幕は悲しくなるくらいダメダメです。洒落や台詞を無視しすぎ。5分に1度は「台詞ちゃんと訳せ!!」と叫んでいました。とても残念です。

トマトマートさん [地上波(字幕)] 10点(2004-05-22 00:02:51)
1.《ネタバレ》 「しかしルビッチさんはドアがお好きどすなー」、舞妓さんならきっと見終わってこう言うかな(言わんか)。時計のカットだけをつなげて会話をかぶせるところや、医者やゴンドラの連想から話をつなぐところなど、“らしい”ですねー。会話もしゃれてるし、テンポもいいし、カメラ移動も巧い、です。ストーリィに少しひねりが足りないのがマイナス、かな。ケイ・フランシスのマダム・コレには、“ケイ”つながりで桂銀淑の大阪暮色を贈りたいと思います。♪あほやねんあほやねん騙された私があほやねん♪ ケイ・フランシスに桂銀淑の歌を贈っている私があほですな。
彦馬さん 8点(2004-05-20 00:16:30)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7240.00%
8120.00%
900.00%
10120.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.33点 Review3人
2 ストーリー評価 4.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 3.50点 Review2人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS