穴/HOLESのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 穴/HOLES
 > (レビュー・クチコミ)

穴/HOLES

[アナホールズ]
Holes
2003年【米】 上映時間:117分
平均点:6.29 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
ドラマコメディアドベンチャーファミリー小説の映画化
新規登録(2004-05-16)【かんたーた】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・デイヴィス〔監督〕
助監督ウィリアム・メサ(第二班監督)
キャストシガニー・ウィーバー(女優)女所長
ジョン・ヴォイト(男優)ミスター・サー
ティム・ブレイク・ネルソン(男優)ドクター・ペンダンスキー
シャイア・ラブーフ(男優)スタンリー
クレオ・トーマス(男優)ゼロ
パトリシア・アークエット(女優)キッシン・ケイト・バーロウ
スコット・プランク(男優)トラウト・ウォーカー
ロマ・マフィア(女優)カーラ・モレンゴ
シオバン・ファロン・ホーガン(女優)スタンリーのお母さん
ヘンリー・ウィンクラー(男優)お父さん
ブルース・ラムゼイ(男優)検察官
コンラッド・E・パルミサーノ(男優)家庭調査員
ゲイリー・ブロック(男優)探鉱者
原作ルイス・サッカー『穴』(講談社刊)
脚本ルイス・サッカー
音楽ジョエル・マクニーリイ
編曲ジョエル・マクニーリイ
撮影ウエリ・スタイガー(別班撮影監督)
製作アンドリュー・デイヴィス〔監督〕
マイク・メダヴォイ
製作総指揮マーティ・P・ユーイング
特撮ウィリアム・メサ(視覚効果スーパーバイザー)
美術メイハー・アーマッド(プロダクション・デザイン)
アンドリュー・マックス・カーン(美術監督)
ニーナ・サクソン(タイトル・デザイン)
衣装アギー・ゲイラード・ロジャース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
31.《ネタバレ》 お話は変化球なのですが、男の子たちの演技が素直で良く、ストレートな青春&友情ものとして後味の良い作品でした。
矯正施設と聞くと(しかも穴掘り)、想起してしまうのはいじめや暴力、とつい暗くなりそうなのですが、そこはディズニーなので仲間の上下関係のシバキも若人のケンカ程度の描写で収まっております。安心です。
代々伝わる主人公ん家の呪い、その発端がかなりしょうもないです。曾々じいちゃんのうっかりでツキが無いなんて、後世の子孫は迷惑だなあしかし。
女強盗キッシングメアリーの伝説なども通り一遍ではなく厚みを持たせての挿話になっていますし、各話がうまいこと層になって頭に入ってくる脚本の力もなかなかです。
ちょっと変わった味付けの少年少女向けのファンタジーを明るくまとめるのに一役買ったS・ウィーバー、アークウェットら大人たちも良い仕事しました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-04-24 23:36:30)
30.《ネタバレ》 面白かった。冒頭の15分で観るのを止めようか迷ったけど最後まで観られて良かった。キッシン・ケイト=女教師って過去がわかった段階くらいから集中して観られた。まず邦題で損してますね。こういう時こそ原題のままじゃない方が良かった。似た題の映画が多くて混同してしまってたし。しかし約束はちゃんと守らないと末代まで呪われますね、気をつけよう。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2016-04-22 18:12:43)
29.《ネタバレ》 大ヒット中ですね~アナと雪の女王・・・「アナ雪」と「穴」、タイトルも大して変わらないし同じディズニー映画なのにこの扱いの差はなんなのか?(^^;
邦題のせいでゲテモノ扱いで見始めたのですが、意外にも面白かったです。
前半はどう話が展開するか想像がつかないため、そこにワクワク感がありました。
中盤過ぎにシガニー演ずる謎の人物の正体の察しがついたところで我に返りましたが、全体としてよく練られたストーリーだったと思います。
ただし、本作は「過去」と「現在」とが「あ~そうだったのか」と結びつかないと全く楽しめないのですが、その点ファミリー映画としてはやや難解な印象を受けました。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 7点(2014-05-25 23:42:40)
28.頭がスッキリした状態で鑑賞しないと、伏せんの回収時に??になります。ご注意を!ファミリー向けに制作されているが故に、どうしても全体的にユルユルになってしまっている点が残念。これ、大人向けに作った方が、つまりシリアスにした方が傑作になったかも。第二のショーシャンクみたいな。ね。 伏せん回収が大好きな人向け、というので鑑賞したわけけですが、、たしかにその触れ込みに偽りはありません。ただファミリー向けテイストだったのが残念、ということで点数は低めに設定いたしました。ご了承を。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 4点(2013-05-04 17:40:32)
27.なんとなくエロい映画を予想していたのだけど、エロ要素は皆無だった。
序盤は意味不明だけど、次第に過去の出来事と話が繋がり出すのが面白い。
なんだかんだで穴掘りが人格形成に役立ってしまうのが皮肉だけど、こういう友情物語は好きです。
日本でも体罰なんてバカなことはやめて、校庭に穴掘らせればいいと思う。
なんか出てくるかも知れないし。
もとやさん [DVD(吹替)] 7点(2013-02-12 10:53:35)
26.なぜか引き込まれます。過去との因果関係が明らかになっていくのが気持ち良い。
nojiさん [地上波(字幕)] 6点(2011-06-12 00:12:05)
25.《ネタバレ》 サスペンス調の映画かと思って鑑賞しましたので、イメージと違いましたね。落ち目ぎみのジョン・ヴォイト&シガニー・ウィーバーでは、華がなかったです。今や売れっ子俳優のシャイア・ラブーフも個人的に好みではないです。本作は日本で言うと「戸塚ヨットスクール」の事件とよく似た環境が舞台。ヨットを漕ぐか穴を掘るかの違いだけです。ただ、穴を掘って彼らは体力と集団行動でのふるまいを学べているように見えましたね。最初は女所長=キッシン・ケイト・バーロウで、彼の遺品や遺骨を探しているのかなと推測していましたが、検討違いでした。ディズニーらしく謎の玉葱や猛毒のとかげ等、ところどころに魅力的な要素を投入していますが、いかんせんストーリーが弱く、メッセージも伝わらない。ただただ、終わりのない渇きと重労働の厳しさを見せつけられただけの映画でした。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 5点(2011-04-29 19:16:10)
24.途中は退屈な場面もあったが、ラストはとてもスッキリ。
真尋さん [DVD(字幕)] 6点(2011-04-10 11:10:46)
23.《ネタバレ》 タイトル損してるなぁ。かなり複線がきれいにまとまって気持ちよかった。
ただ、初代も占い師もアメリカにはいなかったんじゃないんだっけ?
りゅーじさん [地上波(字幕)] 8点(2011-02-22 03:17:20)
22.少年矯正施設を通して少年の成長が伺えた作品。施設の少年たちも根から悪くなく、かわいらしさを感じた。ほのぼの観れる作品です。ところで撮影用に穴ぼこ幾つ掘ったんだろうな?
たこちゅうさん [DVD(字幕)] 7点(2010-12-18 23:41:08)
21.《ネタバレ》 強制穴掘りという現実味あふれるものから、いつの間にかファンタジーアドベンチャーになる後半。この奇妙な流れはしっかり作っている過去パートのおかげで、意外とすんなり受け入れられました。ベテラン勢が何人かいますがそんなに出番はなく、あくまで子供たちが主役でしょうか。主役の子はとても薄く(顔が思いだせない)、その分ゼロが目立ってました。中盤までテンポが悪かったですが、壮大な風景のおかげでそこまで気にならず。全体として結構楽しめました。一つだけ注文をつけるとすればラスト。新商品が出来たんだから中身は空っぽでも良かった気がします。今もまだどこかに・・・な~んて終わり方でもね。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 6点(2010-07-19 09:53:05)
20.《ネタバレ》 おもしろい。この映画のジャンルはなんだろう?ミステリーであり、アドベンチャーであり、コメディーであり、ファンタジーであり、ロマンスであるヒューマンドラマ。砂漠という舞台、そこにある無数の穴の映像には魅惑さえ感じた。各キャラも個性的で良い。シガニー・ウィーバーやジョン・ヴォイトという「チョイ落ち」の名優に、こういう配役をするなんて、なかなかのものである。
ぼぎーさん [DVD(字幕)] 7点(2006-09-21 02:09:26)
19.《ネタバレ》 メッセージがありそうだが、なんかあんまり伝わってこない。「自分のことは自分でやりなさい」とかそういうことなんかな?子供に勧めても良いけど子供には少しわかりにくいんじゃないかな。伏線をうまく構成しきれてないから、もうちょっとわかりやすくシンプルにしたほうがいいように思う。
十人さん [DVD(吹替)] 5点(2006-05-05 11:14:52)
18.《ネタバレ》 面白かったです。いじめや嫌がらせがあってもディズニーらしく適度で、みんな精神的に汚れていない感じなのもディズニーならではだなあと思いました。過去の話をからませてラストに結びつけるところも分かりやすくて良かったです。清楚な教師が復讐のためにいきなり人殺しの強盗になってしまうのもかっこいい展開だと思いました。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-01-07 23:49:08)
17.「穴」というタイトル通り、ストーリー自体にも実際“穴ぼこ”だらけのような気もする。でも、それを「残った穴は想像で埋めて」と終幕で言い切ってしまうユーモアがこの映画の最大のウリであろう。登場人物たちも、物語も、設定も、どこかヌケている。そういうものを平然と流して、独特のユーモアに昇華させ、普遍的な爽快感を生むなんとも奇妙な映画だ。
鉄腕麗人さん [DVD(字幕)] 6点(2005-10-24 18:08:01)
16.シガニー・ウィーバーは、色んな意味で穴の中に隠れるべきだと思います。
永遠さん [CS・衛星(字幕)] 2点(2005-07-07 07:51:41)
15.《ネタバレ》 公開映画のほうと勘違いして借りてきてしまったのですが、コレが面白かったので得した感じです。

出演者がすごい顔ぶれで、えっこれが未公開?とちょっとびっくり。

さすがディズニー映像はきれいでファンタジーです。

やっぱり私は冒険映画が好きなんだなぁ・・

シガーニー・ウィーヴァーなんて久しぶりに見た。「ワーキングガール」の時っぽかった。

あと、パトリシア・アークエットがこんなにきれいだなんて再発見。

謎解きサスペンス、冒険ドラマ、ファンタジー、コメディと欲張ったわりにまとまってる。

このところ、こ難しい作品ばかり見ていたので、たまにこんなものもいい。

本当に軽い気持ちで見たのですが、感動できるところまでありまして・・

難しい映画ばかり観てると子供の心が失せると危ぶんでいたのですが、

また取り戻せたような気がします。

一応子供向けにはなってはいますが、気を抜くと筋がわからなくなるので注意。

感動したところは・・回想シーンで黒人の子が女教師につたない愛をうちあけるところ。

恋愛も入っていますけれど、恋愛苦手なわりにこんなところに感動しました。

雨漏りを「直してあげる」と修理する、次の雨漏りは先生の涙。

「治してあげる」あ~こういうのに弱いのかな・・

アルメイダさん [DVD(字幕)] 7点(2005-05-07 08:05:54)
14.確かに・・、HOLDS、複数形ですなあ。でもさ、あの穴ぼこ上から一気に見せつけられたら気色悪いんだけどさ、&かゆくなってきますんですがあ(××)、 まあいいや、ディズニーなんだから何でも許してあげるさ あの山登りの件も何事も。 そんなことよりジョン・ボイト、あんた大変だね、なんや両目に接着剤でも付けられてたんかあ?(≧∇≦)
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2005-04-30 21:58:55)
13.最後がうまくオチていないような……。ラストに至るまでは面白かったのですがね。
Kさん 7点(2005-02-19 08:31:15)(良:1票)
12.これは穴ならぬ大穴ですね。面白い! 細かいことはうっちゃって、奇想天外だからこそ面白いファンタジーの真髄が味わえます。シガニーやジョン・ボイトといった名優が出ているんだけど、彼らに引けを取らない子供たちの自然な表情がとても良かった。もうちょっとセットにお金をかけられたら良かったのにね。過去のシーンが遊園地並みなのが気になった。かわいい映画です。
ともともさん 7点(2005-01-15 12:45:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 6.29点
013.23%
100.00%
213.23%
313.23%
413.23%
539.68%
6619.35%
71135.48%
8516.13%
926.45%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 8.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS