すかんぴんウォークのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > すかんぴんウォーク
 > (レビュー・クチコミ)

すかんぴんウォーク

[スカンピンウォーク]
1984年【日】 上映時間:105分
平均点:5.00 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(1884-02-11)
ドラマ青春ものアイドルもの
新規登録(2004-05-16)【あばれて万歳】さん
タイトル情報更新(2019-06-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大森一樹
助監督山崎伸介
キャスト吉川晃司(男優)民川裕司
山田辰夫(男優)貝塚吉夫
平田満(男優)河野誠
田中邦衛(男優)深水敬造
蟹江敬三(男優)白木隆介
原田芳雄(男優)矢作努
神山繁(男優)民川年和
大門正明(男優)柴田勝男
宍戸錠(男優)関川達也
高瀬春奈(女優)芝淑江
赤座美代子(女優)河野こずえ
白川和子(女優)木村花江
工藤堅太郎(男優)進藤五郎
鶴田忍(男優)レコード会社幹部
上田耕一(男優)榎木健三
室井滋(女優)バーテン
脚本丸山昇一
音楽宮川泰
主題歌吉川晃司『モニカ』/『真夜中のストレンジャー』
撮影水野尾信正
製作佐々木史朗〔製作・1939年生〕
企画渡辺晋
配給東宝
美術金田克美
編集井上治
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 大森一樹の吉川晃司三部作もすべて私の映画館的日常(「京一会館」に入り浸り)において観た。冒頭バタフライだった映画のはず。三部作の分まとめて5点献上。
ひと3さん [映画館(邦画)] 5点(2011-03-25 21:33:50)
5.《ネタバレ》 何が嬉しかったのか・・・劇場で鑑賞しました。吉川晃司のファンであったはずでしたがシリーズ(?)を観ていくと山田さんが良い味出してましたね。懐かしい若い頃の想い出です。当時東京湾でなく広島から泳いで??(岡山かな)だと思ってまして水球選手のバタフライはスゲーのだなぁなんて。思ったりもしました。
成田とうこさん [映画館(邦画)] 6点(2010-07-15 17:08:15)
4.うん~ コテコテのB級青春映画です! でも、結構お気に入り...
コナンが一番さん [映画館(字幕)] 6点(2004-10-22 17:01:04)
3.冒頭のバタフライと「揉んでさすって叩く」という台詞。この2つは未だに忘れられませんね~。しかしキャストを改めて見てみると、凄いですね。
ばたあしさん 4点(2004-07-27 11:58:47)
2.《ネタバレ》 なんか、この映画の吉川晃司と、後の彼にはイメージに随分と差がありますね。今のあの、一生懸命独自のスタイルを作ってる感じよりも、この映画の時のイメージの方が好感が持てたりして・・・。さて、でも、この映画自体はかなり退屈でした。辛口青春映画って感じですが、どうもスッキリしません。最初の軽快な流れがどんどんと失速していって、かなりグダグダとした展開になり、そして気持ち良く終わる事もなく、と。当時の時点で彼がそこそこ大物だったならば、この映画の成り上がってゆき、そして挫折という展開も現実を重ね合わせて見る事もできたでしょうが、何しろまだ新人売り出し状態ですから、絵に描いたような成功物語は空々しく、イメージアップに繋がるとは言い難いような映像、人物像ばかり。うーん。なんか、今もって大森一樹監督のこれぞ!という映画を見てないよーな気がするんですけど、どれを代表作として捉えればいいんでしょうか? 「オレンジロード急行」や「ヒポクラテスたち」を代表作認定!という事で納得しちゃいますかぁ? それでいいんですかぁ?
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 4点(2004-05-20 22:12:28)
1.冒頭、吉川晃司が東京湾の彼方からバタフライで泳いで現れます。「どっから泳いできたんだよ!」「ってかなんでバタフライ?」
と、いきなり映画館の観客が引きまくってしまう結構無茶な冒頭シーンです。
そもそもこの映画を見ている客はみんな「うる星やつら・ビューテイフルドリーマー」目当てで来た客です(と断言してしまいますが)
前年併映の「ションベン・ライダー」の苦い思い出もあって、吉川晃司のバタフライに、のっけから観客の心はブラックアウト寸前です。
  しかし、お話が展開するにつれ、この映画が「ションベンライダー」とは違うことがわかりました、なんとなんと割と面白いのです。
なんせ、蟹江敬三が蟹を食べるのです。それを見るだけでも観る価値がある映画でした。
(意外と豪華キャストなんですよね、こんな映画なのに)
まぁ、きっと今見るとダサダサで思わず床を見つめてしまうくらい寒い80年代アイドル映画だと思いますが、当時、ビューティフルドリーマーを
観に行った僕が意外と面白く観られたし、主題歌(&劇中歌)の「モニカ」(Thanks)は甘酸っぱい青春時代を思い出させるし
..意外と嫌いじゃない映画です、これ。
  まぁ、今後2度と観ることはない映画だとは思いますが。
あばれて万歳さん 5点(2004-05-19 11:21:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4233.33%
5233.33%
6233.33%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS