2046のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 2046
 > (レビュー・クチコミ)

2046

[ニーゼロヨンロク]
2046
2004年【香・中・仏・独】 上映時間:130分
平均点:4.88 / 10(Review 58人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-10-23)
ドラマSFファンタジーロマンス
新規登録(2004-05-23)【きのすけ】さん
タイトル情報更新(2018-08-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウォン・カーウァイ
キャストトニー・レオン(男優)チャウ・モウワン
コン・リー(女優)スー・リーチェン
木村拓哉(男優)タク
フェイ・ウォン(女優)ワン・ジンウェン/wjw1967
チャン・ツィイー(女優)バイ・リン
カリーナ・ラウ(女優)ルル/ミミ
チャン・チェン(男優)cc1966
マギー・チャン(女優)slz1960
ドン・ジェ(女優)ワン・ジェウェン
小杉十郎太チャウ・モウワン(日本語吹き替え版)
五十嵐麗スー・リーチェン(日本語吹き替え版)
本田貴子ワン・ジンウェン/wjw1967(日本語吹き替え版)
塩田朋子ルル/ミミ(日本語吹き替え版)
魏涼子バイ・リン(日本語吹き替え版)
脚本ウォン・カーウァイ
音楽梅林茂
撮影クリストファー・ドイル
製作ウォン・カーウァイ
美術ウィリアム・チャン
衣装ウィリアム・チャン
編集ウィリアム・チャン
あらすじ
『花様年華』の続編的作品。1960年代の香港。作家のチャウ(トニー・レオン)は、女性と刹那的な関係を繰り返していた。やがて彼は、『2046』という近未来小説を書き始める。そこに過去の女性の記憶が甦り、近未来の物語と交錯していく…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
58.《ネタバレ》 ウォン・カーウァイの集大成であり、『欲望の翼』『花様年華』に続く3部作の完結編でもあり、そして記念碑的迷作でもある。前2作にリンクする要素があるため、既に鑑賞していた自分はそれほど混乱しなかったが、ただ右往左往して結論を出せない主人公が己の苦悩に酔っているだけだった。前作でしっかり描いている以上、何らかの形で決着をつけて欲しかった。気負いすぎて、じっくりと煮込み続けた果てに取り返しのつかないものが出来てしまった感じが残る。ちなみに当時予告編でバンバンやっていた近未来SFとキムタク要素はほとんどない。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 4点(2018-05-03 23:13:48)
57.《ネタバレ》 なるほど。失敗しました。この映画、他の映画の続きモノだったんですね(>_<)待望のウォン・カーウェイ映画初挑戦だったのですが、他の映画見つからなくてこれから観ちゃいました。

『花様年華』、『欲望の翼』。今度こっちから観なきゃ!

トニーレオン扮するチャウ氏の、女性との遍歴をチャウ氏本人が書く2046という題名のSF小説の世界観とともに描くという、とっても不思議な雰囲気を持つ映画。キムタクも登場!

なるほど〜、ウォン・カーウェイってこういう映画撮るんだーという印象。

過去の設定なのに近未来の匂いを振りまいて描く愛は大人の物語。私の中では「まだ未完なのでは?」と思うくらい大きな世界観を感じました。私の脳みそでは一度での読み解きは不可能でしたが、前段にあたる映画を観てから再チャレンジしたいと思うだけの力を感じる映画でしたm(_ _)m

あ、恋する惑星も観なきゃ。市内レンタル屋さんで捜索中^ ^
JFさん [DVD(字幕)] 6点(2015-08-28 22:09:07)
56.先に断っておくけど私はキムタクの大ファンでは無い。2004年この映画が日本で公開された日。私は初日から観に行くほどの気合の入れようだった。私の住む地元ではあまりミニシアター系の作品は公開されず、まさか王家衛作品が公開されるなんて思っても見なかったからだ。しかし、初日だというのに席はガラガラ。客層も女性ばかりで、いかにもキムタク目的という雰囲気を醸し出していた。そんな中、気合の入った唯一の王家衛好きは明らかに浮いていた。ただ、いくらキムタクが出ているとはいえ王家衛作品をこんな大々的に全国公開して大丈夫なのか?という一抹の不安を覚えたのも事実。そして、それは予想通りの興行結果となるのである…。

さて、何故今さらレビューを書こうと思ったか。それは、DVDを買って以来約8年振りに特典DISCを観たからである(遅っ)。特に新しい発見は無かったんですけどね。面白かったのは出演シーンが数秒しかないチャン・チェンがちゃっかり記者会見に登場し「どうやってアンドロイドの役を演じたらいいか監督に聞いたら、”いつもの半分の速さで演じろ”と言われた」と真面目に答えた所。あんた、動いてるシーンなんてあったかい?と突っ込みを入れたのは言うまでも無い。

この映画が失敗に終わった理由を分析してみる。完成までに5年もかかったという点。これだけ待たされれば期待が過剰に膨らんでも仕方が無い。次に、あの予告編。CGを使ったシーンばかり予告で流し、いかにもSF的作品であるかのように宣伝した罪は重い。そして、「欲望の翼」「花様年華」を観ていないとついて行けない点だろう。いくら監督が続編では無いと言い張ろうが、トニー・レオン演じるチャウは「花様年華」と同一人物なんだし、その2~3年後を描いているのだから切り離して考えるのは無理ってもんである。また、突然カリーナ・ラウが2046号室で殺されていたというシーンが出てきて、彼女は”足のない小鳥”を探していたというナレーションが出るが、これなんてもう完全に「欲望の翼」のミミと同一人物なわけですよ。観てない人にとっては完全に??となった事でしょう。

最後に結論。これは王家衛が60年代の香港を描いた3部作の完結編であり、これまでのオールスターキャストも集結したお祭り的大作であり、わかる人だけわかればいいという映画である。王家衛ファンなら黙って10点献上!

‥‥と思ったけど、やっぱりつまらないので4点!
ヴレアさん [映画館(字幕)] 4点(2013-11-27 18:14:50)
55.「花様年華」の続編という位置付け、女優陣に中華圏のトップスターがズラリと顔を揃えた豪華キャストと、期待が大きかったのですが・・・。トニー・レオンに女優陣は期待通りだったのですが、何が言いたかったのか分かりづらいし、あまりにも面白くなかったです。辛い130分でした。ウォン・カーウァイ+クリストファー・ドイルの映像美の中の豪華キャストの競演には見入ってしまう部分もありましたが。
とらやさん [DVD(字幕)] 2点(2011-10-25 22:32:08)
54.公開を何年も延ばしていた割には・・・
理解し難いし、映像もそこまで美しいと思わなかった。
監督の自己満足という感じの作品。
Sugarbetterさん [映画館(字幕)] 4点(2011-01-21 20:29:42)
53.何も感じなかったな。

ウォンカーウァイ監督のダメな部分が出ていた。
映像美は相変わらずだが、それだけ。
キャストやストーリー、映像美がバラバラな気が。。。

正直、退屈。

uraraさん [DVD(字幕)] 2点(2009-08-13 00:52:25)
52.タクシーの座席に独り寂しく沈むチャウが哀しすぎる・・・
チャン・ツィイーが着てる芸術的なチーパオ、高そうだけど欲しいな。
mimiさん [DVD(字幕)] 7点(2009-05-15 15:40:09)
51.《ネタバレ》 音楽評のみです(何故なら映画を観ておらず、サウンドトラックのCDのみなので)私には悪い癖があり、テレビやラジオで映画評や公開映画PR等を知る時に、その数秒の音にノックアウトされることが多く、そのベスト映画音楽がいつも梅林茂であり王家衛だったりする。気に入るとしつこく聞き続け、昔ならテープがちぎれるほどにリーバースしメカを壊す。家では破壊マンと親に不本意なあだ名を付けられ不遇な時代を送ったものだが、最近のAV機器はまだ持ちが良い。え?何が言いたいかって?つまり、この映画の素晴らしい所は音楽なのです。オープニングから始まって列車が汽笛のような鐘の音が重なり複合し走り去りエンディングでまた、同じ元に戻る…。奥行きがある音楽性に10点。画像は、たぶんこの先その日が来た時に観ます。
成田とうこさん [映画館(字幕なし「原語」)] 10点(2008-04-06 10:12:05)
50.ウォン・カーウァイ作品の中でも極めて評価の悪い作品になるようだが、これがけっこう好きなのだ。内容は無視。『花様年華』の続編なんてことも無視。まず豪華女優陣を堪能しましょう。健気なフェイ・ウォンの涙。勝気なチャン・ツィイーの涙。孤独なコン・リーの涙に心打たれましょう。一瞬しか出てこないキュートなドン・ジェを見逃さぬように。架空の世界に登場するカリーナ・ラウとマギー・チャンに魅了されましょう。そしてここにもメインで登場するフェイ・ウォンの、唇のラインが美しい横顔にノックアウトされましょう。中国の女優は素晴らしい。鈴木清順がチャン・ツィイーを起用したのは今の日本にピンで主役を張り、画面に映え、存在感があり、さらに色気がある女優がいないからなのかも。そう思ってしまうくらいに中国の女優は素晴らしい。そんな女優たちが総出演ですから。女優と同時に赤や緑に彩られたクリストファー・ドイルの究極の映像を堪能しましょう。過去の彼の作品と比べてもこれが最も美しい映像だと思います。木村拓哉は無視してください。こき下ろすほど悪いとは思わないのですが、そこに映っている人が「木村拓哉」であるということだけで、我々日本人が持ってしまった既成概念をどうしても拭えないから。
R&Aさん [DVD(字幕)] 7点(2008-04-04 14:36:20)(良:1票)
49.キムタクが悪い意味で目だっていた。
国際スターとなるには何かが足りない印象。
作品自体も少し冗長に感じられた。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 5点(2007-09-22 08:44:04)
48.《ネタバレ》 『2046』…情感をそそられるタイトルである。しかもアンドロイドが出てくるとくれば、「2046年、酸性雨が降りしきる香港の街…」といった『ブレードランナー』みたいな世界を想像するじゃないか。
しかし実際は、何だよ!2046って年号じゃなくて部屋の番号かよ!わざわざ近未来を想像させるような数字をタイトルにつけやがって!しかもアンドロイドの出番が少ないぞ!それどころか話の大半はイヤミな絶倫オヤジの恋愛ドラマ。こんなヤツに共感する余地など、お前の中途半端な口ヒゲの面積にも満たない。騙されたぜ。ツッコミに疲れるわ、話は意味不明だわ、画面は暗くて眠くなるわで散々な映画だった。
だがフェイ・ウォンのアンドロイドがすごくきれいだったので、4点はフェイ・ウォンに全部あげる。あげすぎ?いいじゃん。
portさん [DVD(字幕)] 4点(2007-04-07 21:48:00)
47.久しぶりに失敗作らしい失敗作を拝見しました。キャスト目当てでもない限りは、観る価値はほとんどないでしょう。ストーリーがつまらなくて、鑑賞後は本当に疲れました。
はむじんさん [DVD(字幕)] 2点(2006-05-22 01:09:17)
46.断片的な筋書きで、最終的に何も残らない。一体描きたいものは何だったのかもぼやけていて伝わってこない。キムタクの語りが酷かったことだけが記憶に残ってる。
MARK25さん [DVD(字幕)] 3点(2006-05-21 19:26:47)
45.《ネタバレ》 「ブエノスアイレス」ではトニーの肩にレスリーが頭をもたせかけていました。そして「花様年華」ではマギーが。この「2046」では、トニーはチャンツィイーの肩にもたれ、空想の中でやはりマギーの肩にもたれ。しかし最後、トニーは一人でタクシーに乗り込み、隣には頭をもたせかけてくる人も、もたれかかるのを許してくれる人もいませんでした。あまりにも悲しくて観ているのが辛かった・・・。わかりづらい内容ではあるし、宣伝方法にもちょっと問題があった(と思っている人はわたしだけじゃないはず)せいで、予告とのあまりのギャップに怒る人がたくさんいるのも無理はないと思います。しかしウォンカーウァイの映画をずっと観てきたわたしにはすごく好きな、それと同時にとても悲しい作品でした。次はどんなの撮るんだろう?できればもう少しだけ幸せなものにしてほしいです・・・。

かいろさん [DVD(字幕)] 8点(2006-04-17 23:06:41)(良:1票)
44.とりあえず終始ニヤケ顔のヒゲ主役が気持ち悪かった。それと木村拓哉は演技ヘタですね。視線は安定してもらいたい。もっと自然な演技できないかね。まあ不思議と最後まで集中して観れたので点数は甘めです。
やっぱトラボルタでしょうさん [DVD(字幕)] 5点(2006-01-31 22:32:35)
43.根気強く観ましたが、何を伝えたいのか?何を意図しているのか?全く不明でした。映画として完全に破綻しています。しかも場面転換がほとんどなく同じセットの繰り返しに同じ台詞の繰り返しでしょ。いくら金がかかっているといわれても作品には制作費は反映されていませんね。久しぶりに自信を持って駄作といえる作品でした。キムタクも似合ってないですね。服装とかしゃべりとか。フェイウォンとキムタクはいらないです。
たかちゃんさん [DVD(吹替)] 1点(2006-01-23 14:03:42)
42.この人の作品を見るたび,意味不明で起伏の乏しい話を,ヘンテコ(スタイリッシュと言うらしい)な映像でごまかそうとしている感じを受ける.私はごまかされませんが・・・映像のクオリティはあくまで映画の付加価値でしかないと思っているので.
マー君さん [CS・衛星(字幕)] 2点(2006-01-06 15:23:04)
41.木村拓哉は演技が下手。がっかりした。
tuletさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-01-01 02:47:36)
40.私には合いませんでした。話の流れが退屈な上に複雑すぎて誰にも感情移入出来ないし、結局何がテーマなのかもよくわかりません。こういう話は映画より小説向きなのでは?作品自体は1点ですが、不思議空間のフェイ・ウォンが可愛かったのとキムタクのキムタクっぷりにプラス1点です。
クリスタルさん [DVD(吹替)] 2点(2005-12-11 21:28:36)
39.退屈でした。眠くなってしまう
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2005-12-08 17:50:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 58人
平均点数 4.88点
000.00%
111.72%
2915.52%
3915.52%
41017.24%
5610.34%
658.62%
71118.97%
858.62%
900.00%
1023.45%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.25点 Review4人
2 ストーリー評価 4.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 3.50点 Review4人
4 音楽評価 5.00点 Review4人
5 感泣評価 3.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS