Menu
 > 作品
 > オ行
 > 王妃の館
 > ロカホリさんのレビュー
王妃の館 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 王妃の館
製作国
上映時間123分
劇場公開日 2015-04-25
ジャンルドラマ,コメディ,小説の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 原作未読。ポジツアーとネガツアーでダブルブッキングしてヤバい会社を立て直そう、というツアコン会社社長と部下。面白い発想ですね。パリで本格的なロケをしているだけあって観光名所の数々は迫力があって良いです。特にルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿なんて一生行くことはなさそうなので色々見られて楽しい。 登場人物は多種多様で問題を抱えていて配役も悪くないので会話も面白くあります。ただ、水谷豊演じる北白川右京による小説の17世紀のパリの劇中劇にだいぶ尺をとっているせいか、どっちつかずになってしまいほとんどが中途半端な処理で終わっている感が強い。小説の神が降りてくるのは良いけど、あそこまで執拗に描写する必要を感じられなかったし最後のミュージカル風な歌もクドかった。もっと現代のツアー客たちの話の方に尺をとっていたら感想ももうちょっと変わった気がするけど原作はどんな感じなんだろう。まあなんにせよ、世間一般には杉下右京のイメージが完全に定着している中で、志茂田景樹にしか見えない奇抜な格好はある意味思い切ったなと。せめてハーフパンツとタイツは止めて欲しかったが座長がヨシとしてるのでいいんでしょうな。アレでお客さんを逃している気もするけど。色々な意味で水谷豊ワールドといった映画でしたね。
ロカホリさん [映画館(邦画)] 5点(2015-04-28 00:34:25)
その他情報
作品のレビュー数 3件
作品の平均点 4.00点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
2133.33%
300.00%
400.00%
5266.67%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.41
このレビューの偏差値 55.00
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
王妃の館のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS